スリー・ビルボードのネタバレレビュー・内容・結末

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。

「スリー・ビルボード」に投稿されたネタバレ・内容・結末


徐々に被害者と加害者が分からなくなっていくような展開。
登場人物1人1人が何かしらの犠牲者に見えるような魅せ方も巧みだった。

どこにぶつけていいか分からない憎しみや悔しさ、悲しさを仮初めの対象に注いでいるんだな、と。

彼らがどこに向かっていくのだろうと、ずっと見つめてしまうような、ラストの余韻の残り方も好きでした。
なんて物をみせられたんだ。

タイトルの付け方から、「田舎町に起こった優しい奇跡」みたいなもんだと思うやん?とんでもない予想外見せつけおってからに。

どちらも間違ってない、でもこのままではいけない。とでもいうような、苦しく気持ちの悪い心象をベタリ、ベタリとペンキのように観客の心に塗りつけながら話が進んでいく。
わからなくはない、でも、それはダメだろ、と、思った途端そちらもあちらも、、、
誰も聖人ではなく誰も悪人ではないが、噛み合わない心根が、狭く窮屈な田舎町の檻の中でお互いを傷つけ合う。
最後まで少しもスッキリさせてはくれないが、要所に見せるそれぞれの人間の美徳が、心を打つ。所長も、宣伝屋も、警官も、母親も、みんな最後に「許してあげる」事を示す、ほんの小さな行為が、塗られたペンキを乾かしていくよう。

所長が少し綺麗すぎる見せ方をしている事、父親に良さや葛藤をみせ切らなかった事が少し引っかかるが、重箱の隅なので忘れます。

人間ドラマが好きな人にはまず文句なく勧めますが、結構えぐってくるので、健康な状態で観るのをオススメします。
すごい話だよ。

1つの事件に関わる3人
それぞれの心に事件の影があって。
それでも生きている、その生き様。

ポスター会社の兄さんは あんな事されても良いやつだし。
新たに心を寄せてくれる男性の存在も良かった。

犯人よ、アイツであれ!!と思ったよ、、

最後サムロックウェルとフランシスマクドーマンドが一緒に車に乗り込んでからの会話と笑顔が素晴らしい。
とても映画らしい映画。
登場人物の誰一人として感情移入はしづらいんだけど、物語が進むにつれて魅力的になっていく感じが好き。
音楽もとても良かったし、最後の終わり方もよき。
面白かった
前評判が良かったので、気になっていた映画
勝手にミステリーと思っていたら、ヒューマンドラマだった

母親、警察所長、警官 この三人のキャラクター設定が良い

市民との接し方や思考、行動、評判三者三様でありながら、心情の移り変わりや影響しあっていくところは、演技も良いし見応えがあった

ストーリーも二転三転するし、市民もみな個性的な設定。気になるセリフは、そんな脇役からだった

怒りは〜
ただ、梯子を〜 など

ラストまで、色々考えさせる好きな展開
どんでん返しを期待して見ていたけど、人間ドラマに焦点をおいた映画だった
各キャラが単純に悪いやつで終わらないのでこういうのもアリかなって思う
よくよく考えるとありえないだろーってのはあったけど
たまにこういう素晴らしい映画に出会えるから、映画を観るという行為がやめられません。

娘を殺されたミルドレッドのある行動から始まるドタバタ劇。

ストーリーは先読みできなくて、どんどん引き込まれました。
笑えるところもあって、ファーゴみたいな独特な雰囲気。

登場人物がすごい良かった。みんなキャラクター際立ってたなぁ。
一見悲しい過去を背負った母親だが、中身はぶっ飛んでるミルドレッド。見る立場によって180°印象が変わる署長。暴力的で差別主義だが最後はいい奴のディクソン。
3人の登場人物と3つの看板。これもう狙ってるとしか思えんよね。

過激で下品な表現は多いですが、人間の内面を丁寧に描いた奥深いヒューマンドラマでした。
最後まで、犯人が分からずスッキリしない終わりかっただったが、主演の女優の演技に圧倒された。
1回目は別に面白くないなーと思ったけど、2回目見たらなるほどーってなった。
娘を殺した犯人逮捕のために奔走する母親だからさぞいい母親だったんだろうなって思ったら全然そんなことないし、署長も嫌な人間なんだろうって思ったら家族と街の人思いのとてもいい人間だし。
1回目見終わった後に予想外の展開!っていうコメントが割と多くて、そうかな?って思ってたけど多分映画にあんまり慣れてないからこれが予想外だ!と思うこともあんまりなくて映画のセオリー的なものをちゃんと分かってる人の方が楽しめた映画なのかなと2回目に思った。
看板屋がやけど男にジュースを差し出すところから変化しだすのが面白い。でもやっぱり元旦那はぶちのめして欲しかった…。
主人公が誰にも負けないかんじで息子のクラスメイトにも容赦しないシーンがすごい好き。
とても評するのが難しい内容だ。

娘をレイプされて殺された母親。
いつまでたっても犯人を検挙できない警察を批判するために彼女が出した3つの看板と、それに対する田舎町の人々の反応。
批判対象の中心たる、街の尊敬を集める署長。
母親と契約し看板を出したことで暴力警官に目をつけられる若き看板屋。
署長を尊敬し、それがゆえに看板屋をつけ狙い看板を出した母親と対立する暴力警官。
一連の騒動の煽りを受けふさぎ込む母親の息子。
若い愛人を作りながらも看板のことで怒る母親の元夫。

これらの登場人物が互いの思惑、気持ち、そして行動が軋轢を生み、事態は展開していく。
その根底には人種や職業、立場や境遇から来る愛憎があり、人物描写に深みを与えている。

この文章を書いていて改めてこの映画を思い返すと、何よりも際立つのはまさに「人物描写の深さ」かもしれない。
善人はただの善人ではないし、悪人もただの悪人ではない。
そもそも、善人も悪人もいないのだ。
当たり前の話だが、人間は多面性を持っているのだ。
その多面性とは、自らの性別や人種や職業や立場や生い立ちから醸成されたもので、それが彼らの人格を形成している。

そうした深みを伴って描写された人間たちが織りなすドラマだからこそ、この作品は素晴らしいのだと思う。
>|