スリー・ビルボードのネタバレレビュー・内容・結末

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

あらすじ

最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。

「スリー・ビルボード」に投稿されたネタバレ・内容・結末

息が詰まる展開。
悲しみと怒りが連鎖するが、誰かに許されたり期待されたりすることが流れを変える。

最後は呉越同舟といった感じかな。
本当に良い映画を観ました。
人は間違いを犯しても変わることはできる、償うことは出来るのだと教えてくれる、とてもとても優しい映画でした。
ディクソンが火災から守った事件ファイル、オレンジジュースとストローの向き、ミルドレッドがディクソンに言った感謝の言葉、元夫のテーブルに静かに置かれたワインボトル。こじれたものが解かれていくような感じがすごく沁みました。
ラスト、ミルドレッドとディクソンがどのような決断をしたのか、結論を出さずに映画は終わりますが、「道々考えればいい」というミルドレッドの台詞はとても希望に満ちたものだったと感じました。
とにかく私が一番言いたいのは、ピーター・ディンクレイジが相変わらず超イケメンで胸が高鳴りっぱなしだったということです。
 娘さんを殺されたお母さんが警察の無能っぷりを批判する看板をたてたことで田舎町がざわわする話。

 殺人犯捜しの話風のストーリーで進むのかと思いきや、人の憎しみや怒りのぶつけあいをどうやって許していくのかというのを描いている映画で人間の心が変化していくのを静かに丁寧に描いていてそれでいて退屈させることのない100分間でした。

 娘さんの事件を捜査しないと警察の怠慢を訴える主人公にみんなから慕われている警察署長にレイシストの巡査やその家族たちを適度に配分して全員が無駄なく機能していて力強さが伝わってくる映画でした。登場人物が「この人善人、この人悪人」というわかりやすい勧善懲悪な配置になることないふわふわしているキャラクターたちが不思議で面白かったです。

 リアリティの面からすると放火しても追及されることなく簡単な証言でアリバイがあるというだけで逮捕されなかったり、署長の手紙一発で改心しちゃったりして今まででいくらでも改心するきっかけがあったのではなかろうか、つまり署長が悪いんではないかと思っちゃったり、たまたまバーにいたら犯人らしき男が自ら武勇伝を語る男と出会ったりする偶然だったりが気になったりもしましたが憎しみの連鎖を断ち切る方法の1つを見せてくれて面白い映画でした。
3枚の大きな看板から始まる設定がミステリアスで興味深い。予想していたジャンルは、ミステリー調で謎解き要素やどんでん返しが強いのかと思っていた。けれども「大切なのは愛だ」とか語り出して、全くもって期待していなかったハートフルな要素が出てきてびっくり。

ミルドレッドが看板を通じて怒りを表明したことによって、間接的にも直接的にも街中の人間関係が変化をしていく。その事によって出会った人、助けてくれる人、結果的に傷つく人。色んな感情を持った人との交流が生まれる中で、最終的に想いを共有して同じように戦ってくれる人が現れる。

『デトロイト』を観たときは「警察って…」と思ったけど、『スリー・ビルボード』の世界の警察は誰もが根に温かさを持っている。それぞれのタイミングで、それを差し出してくれる人達だった。

映画館で鑑賞直後は「そこで終わるんかい」と思って処理をし切れなかった。けども、余韻が残るので、時間が経つほど、あーだったのかなぁーと想像することを楽しめる映画だった。
ただただ引き込まれて見てしまった

この映画に悪者はいなかったと思う

主要人物3名それぞれに
良い感情、悪い感情を持ちながら見ていたと思う

とにかく感情の変化や考え方の変化が伝わりやすい描写だった

事件は別物だが、映画の主軸は所長の人間性だから生み出したものになっていると思う

終わり方は物騒な事をしに向かう道中だが綺麗に感じた

好きな映画でした!
舞台設定がかなり良かった。
長回しで警察官が広告屋を2階から落とすシーンめちゃくちゃ好き。ラストも超好き。
他人と自分の怒りとどう向き合うかっていう映画だと思った。
後悔・怒り・悲しみ・罪悪感。これらネガティブな感情の行き所を失った人々が起こす行動は、さらなるネガティブな結果を生んでいく。
まさに止まらない負の連鎖。
だが、その中である決定的な負の行動と精一杯の優しさと暖かさを持った言葉がクロスし、事態は少しずつポジティブな側面を持ち始める。
どの登場人物も哀しく、愚かで、どうしようもなく人間的だけど、だからこそ人として善くなる可能性も秘めている。
脚本の緻密さ、俳優陣の演技の素晴らしさ、シリアスなテーマに潜ませた僅かなポジティブさ。
まさに非の打ち所のない作品。
ただ、砂っぽい国で行われた凄惨な事件でリダクテッドを連想しなかったのは私の見識の浅さであった。
反省。
もう一度観返したら、さらなるディティールの巧みさに気付いて、また評価が上がるかもしれない。
ただ、シリアスな社会派ドラマとして比較すると、現時点ではデトロイトの方が個人的好みとしては上かな。

余談だが、警察署長は演じているのがウディ・ハレルソンなので、絶対に腹に一物抱えた奴だと思っていたら、最期まで超いい人で面食らったw
娘を殺された悲しみに暮れる母親が、事件解決に至らない警察を非難するために郊外に3枚の看板を立てる。

事件解決に至るミステリーでも母親の警察への復讐劇でもなく、泥臭い人間ドラマな映画でした。

映画を見ていくと、サムロックウェル演じる人種差別主義でマザコンの警察がだんだんといいやつに見えてきたり、人間の描き方が良かった😄

フランシス・マクドーマンド演じる母親も、悲しみから感情を押し殺して警察・街の人に復讐してるのかと思ったら、彼女なりの葛藤があったりで。
行き過ぎた正義、ぶつけようのない悲しみ、止まらない怒りから行動はどんどんエスカレートしていくが、「怒りは怒りを生む」と言う言葉が彼女を変えた気がする。
「殺すかは道々で決めましょう」の一言に、彼女の心の中で何かが変わってるのだろう、


喪失感に苦しむ登場人物ばかりなのに、どこか笑えてしまうシーンがあるのは脚本の良さなのか、演者さんの良さなのか、すごく良く練られた完成度の高い作品でした🙆
怒りは怒りを生む
主人公の怒りが町を巻き込むんだけど
主人公も葛藤していて
途中で怒りを抑える事に成功したりもした
自分にひどいことをした相手に
優しくできるのか
優しさのオレンジジュースはグッときた
でも犯人捕まらないのには
さすがにモヤっとした
ミルドレッドが1番の悪人に仕立て上げたかったウィロビー署長が、実は悪人ではなく情に厚い人間だったというところが良い裏切りだった。
それぞれ自分にとっての正義があって、他者が善悪を決めることは簡単に出来ないなと感じた映画。

怒りは怒りを来す って言葉の通りだなーと。ラストの2人はまた怒りと衝動に任せてレイプ犯を殺そうとしに行くかのように見えたけれど、車内での「殺すかどうかは道々に決めましょう」と言うミルドレッドの表情はなんだか憑き物が落ちたようだった。
>|