脱脱脱脱17の作品情報・感想・評価

脱脱脱脱172016年製作の映画)

上映日:2017年09月02日

製作国:

上映時間:116分

3.4

「脱脱脱脱17」に投稿された感想・評価

和歌山の野外映画祭で鑑賞。
この映画でthe peggiesをすきになる。ゆうほがかわいいのと、ノブオさんも愛らしい。「はっしれー!はっしれー!」
「だだだだセブンティーン」と発音します。
親との関係とか過去のトラウマとか、モヤモヤした現状からの脱出をはかって少し大人になる青春映画は多々あれど、まずはやっぱりタイトルが素敵。頭に残るし

しかも松本花奈監督がこれを撮ったのが17歳て。恐ろしい。
同世代やからこその題材への誠実な向き合い方を感じれたけど、突き抜け感がもーちょっと欲しかった。
ちなみに監督も最後にチラッとエキストラで出てきたよ。これがまたびっくりするくらい可愛い

あとは、高校17年目のハゲたおっさん高校生ノブオやら、中盤の舞台となるストリップ小屋の面々もキャラクターは強烈やけど、何より主演のリカコを演じたペギーズの北澤ゆうほ。美人て感じではないけど、丸顔ともっちり感にヤられた上に声がめちゃめちゃ好きで、もともとムーラボの一本てことで作中にも曲がいっばい使われてることもあり、帰り道でCDポチった。

結論。女の子がお花畑で頭に花を一輪さして、「ちゃんと可愛いって言って?」ってゆう映画は好き
紺色

紺色の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

母親のために泣くリカコと、母親のために泣かないマリアの対比が素敵でした。
ノブオが34歳なのは、17年留年してるからで、17には特別な意味があると思いました。華のセブンティーン。
話が進んでいく中で、だんだんとノブオが可愛く見えてくるし、リカコもノブオさん→ノブオくん→ノブオと、呼び方が変わっていくにもキュンとしました。
魚とって!とか、好き放題わがままが言えるリカコが羨ましい。
ギターをかき鳴らす音が、こっちの不安を煽ってきてとても怖かった。ドキドキした。
窓辺に座ってギターを弾くリカコが綺麗だったし、そのあとマリアにギターを教える姿が、かつてのリカコの父のようでホロリとしました。
応援なんかいらない、誰も私に構わないで。と言っていたリカコが、ノブオの応援のお陰で、って変わったのが感動しました。
ミヤギ

ミヤギの感想・評価

4.3
痛切で、でも爽快。
感情や衝動の言語化を一切しない。そのままの形でぶつけてくる。
17歳でこれはすごい。みたいな評価がたくさんなのが少し悔しいような。でも17歳の一瞬のうちにしか撮れない映画であることも事実なのかも。
the peggiesとの相性はバツグン。
全体的なノリについて行けなかったが、北澤ゆうほが可愛かった。

スクール水着最高。
マト

マトの感想・評価

2.4
・34歳のおっさん高校生。34歳というけれどハゲすぎやろw 芸人のユリオカ超特Qをさらにもっとおっさんにした感じ。
・「今年も僕は17歳」っておまえは田◯ゆかりか!
・リカコの母ちゃん筋金入りのウザさ。
・チャットモンチー的な曲が劇中でかかりすぎるくらいかかる。
・ちょっと長いかなぁ。もうちょいコンパクトにしてほしい。とはいえ当時高校生の女性監督が撮ったってのは驚き。
y

yの感想・評価

4.5
観たらすごく元気になった!★☆
もう17歳、まだ17歳
若いっていいな~☺︎
yukihiroya

yukihiroyaの感想・評価

4.0
ユーロスペースにて。当時17歳の女子高生が監督したとは全く思えない内容の濃密さと画の強さがあって驚く。特に出演と劇中歌を手がけた北澤ゆうほの楽曲が良かった。
主演の北澤ゆうほがボーカルを務めるthe peggiesは、かれこれ3年以上ライブに足を運んでいる身だけど、そのひいき目を抜きにしてこのスコア。

当時17歳の女子高生監督が最後の夏休みを使って撮った作品だという、その若さでこのクオリティすげーバイアスを差し引いてこのスコア。

そうでなければ、思わず5.0を付けてしまいそうな108分。計り知れない魅力と可能性を感じる作品でした。

17歳のギター女子リカコと、17年間通い続けるオッサン高校生ノブオのラブストーリー(?)は、その設定が意味不明なんだけど、終盤その秘密が明かされるところでウルっと来た。

リカコ役の北澤ゆうほ、最初は棒読み感が気になったものの、話が進むほどに気にならなくなった。これは、ノブオ役の鈴木理学の包み込むような存在感が非常に大きいと思うし、そのコントラストがこの作品のファンタジー感にピッタリはまっているのでしょう。テレビドラマ版の「電車男」で完全棒読みながらエルメス役を200%演じ切った伊東美咲に通づるものがある。

一番印象に残ったのは、リカコと父親の再会シーン。まさかこんな形で再会するとは。

監督はもちろんスタッフも大半が10代の若者だったということで、細かい突っ込みは野暮というもの。ただ、伊豆あたりにあるはずのストリップ劇場の屋上シーンが、いきなり都会のビルで撮られているのは残念でした。一瞬、前後関係が理解できなかったw
sato4

sato4の感想・評価

3.3
<インターナショナルバージョン>にて鑑賞。タイトルの語呂の良さが素敵。当時17歳の女子高生監督による作品という点で評価を甘くしてしまいがちだけれども、そこを加味しないとスコア的にはこのような感じ。特にテンポが悪かったところが大きなマイナス点だけれども、何だかダメダメな主人公ふたりが最後は愛おしく見えてきたので、監督が描きたかった事は伝わってきたように思う。印象的なシーンも多かったかな。個人的にはリカコ役の北澤ゆうほさんのようなタヌキ顔の女性は大好きなので、彼女だけはいつまでも見ていたかった。
>|