ブラッド・スローンの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ブラッド・スローン2016年製作の映画)

Shot Caller

上映日:2017年09月30日

製作国:

上映時間:121分

3.8

あらすじ

エリートコースを歩み順風満帆な人生を送っていたジェイコブ(ニコライ・コスター=ワルドー)。ふとした事故を起こしたことで監獄に収容され、人生が一変する。収容された監獄は、殺し合いの抗争渦巻く暴力が支配する世界だった……。この酷薄無情の悪の世界で生き抜く術はただひとつ、“殺られる前に殺る”。男は体を鍛え全身凶器と化して、熾烈な抗争に立ち向かう!

「ブラッド・スローン」に投稿された感想・評価

セイ

セイの感想・評価

4.0
漢による漢のための、ぶち殺してでも成り上がっていくしかないという映画。
ここまで食いいるようにみた映画は久々でした。
人間として生き抜くことは、決して誰もができたい世界がある
papigiulio

papigiulioの感想・評価

3.7
This “thriller” shows how incarceration changes a persons life. It reminded me a little of the movie Blood In Blood Out. https://filmarks.com/movies/7994

I mostly wanted to see the movie because of the great cast: Nikolaj Waldau, johnny Bernthal and Omar Hardwick.

It’s rare to see Nikolaj Coster Waldau who is famous for his role in Game of Thrones, in a more serious role. But he performs and delivers. Bernthal’s screentime is too short as usual.

It has some questionable parts but I still liked it.

この映画は幽閉されたら、人生はどう変わるのを示す。なんか、昔のブラッド・イン・ブラッド・アウトhttps://filmarks.com/movies/7994 という映画を少し似てる。

特にキャストが良かった「ニコライ・ワルダウ、ジョニー・バンタール、オマル・ハードウイックなど」ので見たかった。

ワルダウさんはゲーム・オブ・トローヌの出演しか知らない。こういう真剣な映画で出演するは初めてをみた。よくやったと思います。もちろん、バーンタールのスクリーンタイム短すぎた。

あちこちはちょっと疑わしいけど良い映画だった。
Ken

Kenの感想・評価

3.4
面白いストーリーだけど展開に刺激が足りずちょっと退屈しがちだった
ムショものは基本ハズレがないけど、やはり本作も面白かった。

二つの時間軸に分け、どうやって身を守りのし上がるかと、出所後の訳ありのヤマを同時に描き、最後は上手く着地してくれた。

派手さはないけど骨太だ。
生きるために否応無く黒い世界に染まっていく男の"歪んだサクセスストーリー"なら好みだったんですが、ひとつの悲劇から家族が崩壊していく様を割とストレートに描いたドラマという感じですかね。

ブラッド・スローン(血塗られた王位)って邦題はいいですね!でも、どこにでもいるような凡人が"王"になるんだから、やはり主人公の葛藤の部分はもっと丁寧に見たかったです。

同じ刑務所ものならジャック・オディアールの『預言者』の方がずっと凄みがあるし、深い人間ドラマになっているなあと思いました。
Finisterre

Finisterreの感想・評価

2.6
かっこよかった。昔、絵に描いたような良い男性が…それでも、生き様は変わらずかっこ良い。。
hsmt

hsmtの感想・評価

-
プリズンサバイヴと同様に最高の作品でした。
父親として家族を守るが故にギャングに染まっていく様は、環境によって人は簡単に変わっていくいうのが伝わってきます。
バイオレンスシーン多いですがオススメです。
かわわ

かわわの感想・評価

3.7
刑務所と外の世界がハッキリしていたのが良かった。10年って言う時間の流れも分かりやすかったし何より演者がかっこいいやつ多くて痺れました。
mmmm

mmmmの感想・評価

4.0
その髭似合わない
なーんてことを考えながらも楽しめた。
そっちの世界でサバイバル〜〜
>|