ブラッド・スローンの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ブラッド・スローン2016年製作の映画)

Shot Caller

上映日:2017年09月30日

製作国:

上映時間:121分

3.7

あらすじ

エリートコースを歩み順風満帆な人生を送っていたジェイコブ(ニコライ・コスター=ワルドー)。ふとした事故を起こしたことで監獄に収容され、人生が一変する。収容された監獄は、殺し合いの抗争渦巻く暴力が支配する世界だった……。この酷薄無情の悪の世界で生き抜く術はただひとつ、“殺られる前に殺る”。男は体を鍛え全身凶器と化して、熾烈な抗争に立ち向かう!

「ブラッド・スローン」に投稿された感想・評価

思っていたのとちと違ってたぁ…
もっとムショ内で、酷い目にあいながらも体を鍛えたりして這い上がって行く様を期待してたんだけど、結構あっさり認められちゃって、最強になっちゃう。
amazonのあらすじからは、そう読めたんだけどなぁ…
株式ブローカーの主人公がひたすら現実的な闘いでのし上がるストーリーが素晴らしかった。
知力を尽くして家族を守ろうとする男の生き様に痺れた。
あらすじと違うような…
主人公、見た目も性格も変わりすぎ
簡単に各ボスに会えすぎ
戦士になるか、奴隷になるか究極の選択を迫られる主人公。
リアルな描写とストーリーでスリル溢れる映画だった。
TRB

TRBの感想・評価

3.9
日本とは違う、アメリカの刑務所という特殊なコミュニティを中心に繰り広げられるギャングの世界。

ゲーム・オブ・スローンズのニコライ・コスター=ワルドーが主演。
新たな一面が見え、ギャングに染まる過程での表情が良かった。

特に目、背筋が凍る演技から、残した良心との使い分けが印象的だった。
tipsy806

tipsy806の感想・評価

3.5
ギャングとは無縁の生活だった主人公がこうなるとは…。これがアメリカ刑務所のリアルなのかと思うと半端ないし、アメリカの刑務所は更生施設とゆうよりか密度の高い危険地域。
家族のためにここまでしてしまったんだな。
そして、主人公の劇的ビフォーアフター。アフターがかっこよかった。
gdbsdta

gdbsdtaの感想・評価

3.3
プリズンサバイブに似てると思ったら、どーりで同じ監督。最初は新鮮味ないかなと思いきや、後半は良かったです。
ただ前作の方が個人的には好きですね。
sachiki

sachikiの感想・評価

3.8
たった一つの事故でこんなに人生変わるかってくらい主人公が変化してた。
刑務所で生き延びる為にギャングになって、最後は家族の為にと短い時間ながらうまくまとまってた。
最初は単純に刑務所内でのしあがっていく作品かなと思ってただけによい意味でストーリーに裏切られた。
堀の中の面々がやけに迫力あるなと思っ
刑務所での血で血を洗う下克上モノはやっぱり面白い!

主人公が徐々に変化していく過程や、ワル達との応酬は観ているだけでワクワクできた。
負の泥沼感みたいなのは韓国映画を連想させる。
そしてあの何とも言えないラストシーンがとても気に入った。
ただ、期待してたジョンバーンサルの使い方は微妙。

「預言者」が楽しめた人は間違いなく今作もおすすめ!
タビ

タビの感想・評価

3.4
つ、つらいっす😢
重いし、私的にはしんどい映画でした。

なので、時々早送り😖
しっかり観れば良かったのかも知れないけど、感情移入しすぎて直視出来なかったよ。ヘタレです😔

ん〜、家族の為なのは分かるけど、辛すぎるよ😭

骨太の良い作品やし、評価高めなのも分かります。
あぁ、アタシって根性無さすぎ😭
>|