ブラッド・スローンのネタバレレビュー・内容・結末

「ブラッド・スローン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

パッケージに騙されるべからず。
アマゾンのあらすじを読んで、主人公がのしあがる話?と思ったが、全然違う。家族を守る為に自分を犠牲にする話。救われないラストに一直線。ぶれない。余韻が重い。
ラストまでの展開が読めず、サスペンスとしても秀逸だった。掘り出し物感もあり、点数高め。
刑務所仕切ってるような組織なのにボス1人殺しただけで下克上できちゃうんかいって思ったのと、刑務所の人達髪型が大体同じでヒゲがあるから途中見分けつかん。
でも話とても面白いし、終わり方と最後の曲が悲しげで好きだった。
記録用
エリート人生を歩んでいた主人公は妻友人夫妻を乗せた車で飲酒運転により事故を起こし友人がなくなり刑務所へ。そこで、ギャングのルールを知り、のしあがる主人公と出所してからの銃の売買の闇取引のストーリーを時系列が入れ違いながら進んでいく。そのため、あらすじを知らないとわかりにくい気がする。最後は刑務所の大ボスを倒してボスになり終わる。頭と仲間、コネを使ってボスに成り上がる。
ただのサラリーマンだった人がいくら刑務所でやることがなく筋トレばかりしているからといって、あそこまで強くなり、暴力人殺しまでできるようになるのかは謎。
切ないなあ・・・
この人は確かに悪いことをしたけど、そもそもの罪は飲酒運転による事故であって。
人生を棒に振るほどのことになってしまった。
最終的に上り詰めてるからある意味すごいけれども。
刑務所に入った最初にカマ掘られてた彼ならこうはならないわけで、主人公はそういうゴタゴタを避けようと深みにはまっていって・・・
才覚がありすぎた故にこんなことになったのかな。

最後、おまわりさんにも気に入ったって言われてたけど、今後どんなふうになるのか気になってしまった。

あと、息子くんはえらいね。
まあまあ。
頭脳や身体を駆使して刑務所内でギャング抗争に勝ちのし上がっていく様子を楽しみにしてたのに、あんまりそこは色濃く描かれてなくて残念。
最初に黒人を殴った、食事に隠された風船を指示通りボスに持っていった、スパイの男を刺殺した(たぶんこれも上からの指示)、全体の乱闘でスペインのボス的なやつ?を偶然助けた、くらいしかなくない?
もっと自分の頭で考えて先回りした行動とかでのし上がっていくのかなーと思ってた。

あと、家族を今後人質にされないようにビーストを殺して天下を取るために自ら刑務所に戻ったのはある意味理解できるけど、わざわざショットガンを殺したのはなぜ?
目指す着地点は同じだったんなら、ショットガンを殺す必要ない気が。
ショットガン殺害容疑をかけられるリスクもあるし、ショットガンの裏切りのせいで売買が失敗したことにした方が家族を狙われるリスクも減るのに。
元々エリート街道だったんだし、「ショットガンの裏切りに殺意が湧いた!」とか「ショットガンみたいな裏切りものが組織内にいると今後危ない」とか考えたわけでもなさそうだし。

結論としては、最初の刑期(16ヶ月間)をレイプされようがリンチされようが耐えて静かに過ごしていた方が家族の元にも戻れて良かったんじゃないかなあと思ってしまう…!
交通事故で刑務所入っちゃった金融エリートが喧嘩と頭で成り上がって、そこのボスになっちゃう話。
昨日観た ジェーンドゥの解剖 に期せずして続いた松竹エクストリームセレクションという特集映画だった本作であるが、こちらも残念ながら半年もすれば観たことを忘れてしまいそうな映画。

テーマは良いのに魅せ方がお粗末過ぎるというか、期待を大きく下回る結果に。

映画としての見せ場がほぼ皆無で淡々と物語が進み、あっさり終わってしまった感じ。

ガツンと来るものが何もなかった。
不慮の事故からの人生の転落。
家族は救われたが、収容所のボスになるまでの敬意が曖昧で
スッキリしない結末が、至極残念でした。
主人公家族を中心に描かれすぎて、事の発端の交通事故で亡くなった友人とその彼女の事がおざなりになってるのが残念。あと、家族を救う為という命題はいいんだけど、散々他人を殺しておいて自分は刑務所の王になるとか虫が良すぎる。ラストに息子は主人公の事を許したけれど、仲間を殺された彼を許さない別の囚人に殺されるんだろうなと推測。なんて悲しい話なんだろう。
好みのタイプの映画
どんなだったか忘れそうなのでサマリー。

株トレーダーで家族と幸せに暮らしていた主人公が飲酒運転で友達夫婦に被害を負わせてしまったことから実刑を受け入れ、刑務所入り。
白人グループに入るなりギャングに染まりすぎて、ズブズブとハマっていく。あだ名はマネー。
刑務所からエリアを取り仕切るビーストに脅され、簡単に抜け出せないことを悟ったマネーは任されたシャバでのシゴトを逆手にとってビーストを始末、そのイスを勝ち取る。

でも結局そのトップの座を今度は守り続ける恐怖との戦いなわけで、闇社会にいる限り家族を守るのは大変だと思う。

ジョン・バーンサルいつも通り良かった。

ブレイキング・バッドの弊害で、ちょっとやそっとじゃ成り上がりクリミナルストーリーを楽しめなくなってる笑
>|