モリーズ・ゲームのネタバレレビュー・内容・結末

モリーズ・ゲーム2017年製作の映画)

Molly's Game

上映日:2018年05月11日

製作国:

上映時間:140分

3.7

あらすじ

モーグルのオリンピック候補だったモリー・ブルームは、選考をかけた大会で怪我を負い、アスリートの道を諦める。ハーバード大学へ進学するまでの一年を、ロサンゼルスで気ままに過ごすことにしたモリーだったが、勤めていた会社のボスから、アンダーグラウンドなポーカー・ゲームのアシスタントを頼まれる。そこでは、ハリウッドスターや大物プロデューサー、大企業の経営者らが法外な掛け金でポーカーに講じていた。やがて、彼…

モーグルのオリンピック候補だったモリー・ブルームは、選考をかけた大会で怪我を負い、アスリートの道を諦める。ハーバード大学へ進学するまでの一年を、ロサンゼルスで気ままに過ごすことにしたモリーだったが、勤めていた会社のボスから、アンダーグラウンドなポーカー・ゲームのアシスタントを頼まれる。そこでは、ハリウッドスターや大物プロデューサー、大企業の経営者らが法外な掛け金でポーカーに講じていた。やがて、彼女はその才覚で26歳にして自分のゲームルームを開設するのだが、10年後FBIに逮捕される。彼女を担当した弁護士は、打合せを重ねるうちに、目の前の女性がタブロイド紙に書きたてられるような人物でないことを知るのだが──。

「モリーズ・ゲーム」に投稿されたネタバレ・内容・結末

自伝に基づく映画だから仕方がないかもしれないが、一面的過ぎるように感じた。
テンポがむちゃくちゃいい ナレは淡々と進み、弁護士とモリーの会話やモリーと客たちの会話の熱量がよい その分最後の裁判はあっさり終わってしまって少し残念 裁判シーンがもう少し丁寧?でもよかったと個人的には思う
強い女の人ってゆーから期待してたけど
あらすじが2時間くらい流れてただけ。
好きじゃない。

フィクションやったから残念。
映画が、はじまる前のTOHOシネマズ梅田のスタッフの対応の悪さ、マニュアル通りの連発に憤慨した。好きな劇場だけに気分が悪い!映画は、ジェシカジャンスティンのスキーのシーンとFBIに逮捕されるシーンからはじまる。神の見えざる手やゼロダークを期待してると裏切られる。しかし集中して観ていると彼女の機転や父親との確執、高額な弁護士との駆け引きがいい。しかしロシアンマフィアの残酷なシーンは、やはりヤクザなんやなって思う。
さあこれからどうする!
たぶん大丈夫だろう!
主演のジェシカ・チャスティンが好きで、また面白そうだな!と期待して観に行きました!
が、もう少し緊張感がありつつスリリングな展開なのかと思ってしまっていたのと、映画の作り方のせいかなぁ、だんだんつまらなくなってしまい中盤は飽きてしまいました。
父親との関係性を絡めていくなら、もう少し父親とのやり取りを描いた方が話しを理解しやすかったのではないでしょうか。心理学を学んだ方や多少なりとも知識のある方なら、最後の父親との会話の意味がわかるのでしょうが、なんだかいきなり現れていきなり話し始めてなんだ⁇ って感じになった方とかいたのではないのかなぁ。
ちょっと期待外れの出来でした。
ストーリーもキャラクターも良くて面白かったんだけど、プラダを着た悪魔から自伝原作を疑ってかかる癖がついて、自分のせいで少し楽しめなかった。年取るってつまらないもんだなぁ。
主演の女優さんはなんとなくジュリアロバーツを知的にした感じの色々出来そうなタイプで良かった。

あと父親との和解シーンは泣きかけたけど、5歳の時から浮気してて、しかも分析医としてその影響をわかっていながら浮気辞めずにし続けて結局離婚したんかい!ってすぐ涙は引っ込んだ。
ケビンコスナーが良いから誤魔化されそうになるけど、威圧的支配的なのに誠実でないって…かなりムカつく父親だった。

ラスト唐突に彼女達の誠実さが報われたのも肩透かし。

でもテンポよくて何度も権力のある男達に打ちのめされても、それに同化せず信念を曲げないまま立ち上がる女性は見飽きることなく楽しめた。まぁそれを作ったのは父親なんだよなぁと思うとよく出来てると言えなくもない。

アーロンソーキン初監督作。
大好きなイドリスエルバとジェシカチャスティン出演なのですごく楽しみにしてた。
オリンピックを目指す程のスポーツ選手だったモリーが何故高額賭けポーカーの胴元になりそして逮捕されてしまったのかをモリーの暴露本を原作に映画化したのが本作。
これアメリカ版
『しくじり先生 俺みたいになるな!』
だよね?


ジェシカが演じてるから『女神の見えざる手』や『ゼロ・ダーク・サーティ』なんかをイメージしてしまうが、実のところモリーは頭が良くてまともな普通の女性に見えた。
彼女が幼い頃から出来のいい弟たちにコンプレックスを抱えながらも、父親に愛されるために頑張ってきていたという事実。
さらに父親への愛情が歪んだあげく、支配階級にある男達を翻弄したかったんだろう的に言われるという…
なんなのそれ…
なんか切ないじゃん…。
泣けるじゃん…。


全て失ったモリーだけれど、家族はまだ繋がりあえたし、また立ち上がれるというエンド。
ハッピーエンドみたいに清々しい感じにしたものの決してハッピーエンドじゃないよね?
とりあえず最悪のエンドは避けられたけども、っていう。
あと原作は読んでないけど、ちょっとウェットな感じが合わなかったかな。
これアーロン・ソーキンが監督せずに脚本のみだったらどうなったんだろう、とかも少し思う映画でした。それにしてもドルを円変換してたら頭痛くなった…
女神の見えざる手があまりに良かったので、この映画が見たかった。

どこに焦点を当てて見る?予告ではポーカーの話なので、きっと騙し合いの映画?と思っていてが、全く違うことに最初の1時間で知る。

実話なので、話は淡々と進むので、もしかしたらこれって駄作?と考えて始めてました。

ところが佳境に入ってくると、ケビンコスナーがいい味出してくて、思わず涙を浮かべました。隣のネェちゃんも泣いてたぐらいです。そこまでガマンが必要です。そこまで来ると面白さ満載です。

個人的には女神の見えざる手の方が好きです。
展開早くて面白い!
自信家なモリーも弁護士の熱弁も、圧倒的でかっこよかった
父に愛されたかったっていう想いが結果として人生を狂わせていったけど、最後のシーンを見てるとお父さんの不器用な人間味もどこか共感できた。
でもやっぱり愛情は伝え続けないと意味がないんだなと噛み締めた。
愛とか勝利への貪欲さが人間を狂わせることをとてもかっこよく描いた映画でした。笑
モリーがきれいでそれだけでも見ていられる笑
オリンピックアスリートその後・実話シリーズ二作目。強い女シリーズ好き。最高。「女神のー」に続くジェシカさんのはまり役。

オンピックに向けての父親からのしごき、オリンピック舞台での怪我と挫折と冒頭からの怒涛の展開。(ソーシャルネットワークと同じ監督だった。)

そして、ハーバード進学が決まってたぐらいめちゃ賢かったのに、新たなステージとして選んだのが賭場経営というマッチョ。行きがかり上知ってしまった、賭場の儲かり経営スキーム。勝ち負けの虜になってる世界の富豪のおっさまたちを心理的に支配し世界に君臨できる胴元。しごき鬼軍曹父のトラウマ克服、父親越えには、これしかないっ!さすがアスリート、目標を決めたら達成するまで努力する脳の回路ができておる。全くブレない。決めたルールは踏み外さないのが、カッケーかったです。

世界の金持ちが私の賭場に大集合!世界は私のものよ、おほほほ!という叶姉妹的な寄せ乳状態もかっこよかった。ギャンブル依存症のおっさまたちのしょうもなさとそこで交わされるホントの経済情報が最高でした。そこで交わされる情報の方がお金になるのにそこは換金しなかった潔さ。
あと、告訴後の司法取引とか知らんわ、ルールに照らし合わせたら私有罪、曲がったことが大嫌い、というのもかっこよかった。

ギャンブルって、心の弱さが見えるもんですね。マイケルセラのポーカー王って違う土俵で相手をコントロールしてたし、尊敬してた無性に強いおっさまも心理戦で弱さ露呈、負けると陰謀論に取り付かれるおっさま、ド素人の強さこそ本当かと思ったら詐欺師だったし。

そして、ケビンコスナー父なら、そりゃファザコンになるわな。最終的にボディーガードだし。

そして、次のステージへ、負けても負けても続けることが勝利への道とまとめてあって、最高でした!
>|