モリーズ・ゲームのネタバレレビュー・内容・結末

モリーズ・ゲーム2017年製作の映画)

Molly's Game

上映日:2018年05月11日

製作国:

上映時間:140分

3.6

あらすじ

モーグルのオリンピック候補だったモリー・ブルームは、選考をかけた大会で怪我を負い、アスリートの道を諦める。ハーバード大学へ進学するまでの一年を、ロサンゼルスで気ままに過ごすことにしたモリーだったが、勤めていた会社のボスから、アンダーグラウンドなポーカー・ゲームのアシスタントを頼まれる。そこでは、ハリウッドスターや大物プロデューサー、大企業の経営者らが法外な掛け金でポーカーに講じていた。やがて、彼…

モーグルのオリンピック候補だったモリー・ブルームは、選考をかけた大会で怪我を負い、アスリートの道を諦める。ハーバード大学へ進学するまでの一年を、ロサンゼルスで気ままに過ごすことにしたモリーだったが、勤めていた会社のボスから、アンダーグラウンドなポーカー・ゲームのアシスタントを頼まれる。そこでは、ハリウッドスターや大物プロデューサー、大企業の経営者らが法外な掛け金でポーカーに講じていた。やがて、彼女はその才覚で26歳にして自分のゲームルームを開設するのだが、10年後FBIに逮捕される。彼女を担当した弁護士は、打合せを重ねるうちに、目の前の女性がタブロイド紙に書きたてられるような人物でないことを知るのだが──。

「モリーズ・ゲーム」に投稿されたネタバレ・内容・結末

脚本家アーロン・ソーキンの初監督作品はまるで音楽映画のようだった。
長台詞の応酬は歌うようであり、使われる文法や単語はリズムを刻み、編集は台詞の為にある。
映像的興奮は個人的にはあんまりだったけど、役者陣の声、台詞を言う姿に聞き惚れる。言葉と名前の映画。
自らの強さを誇示しようとし、支配欲を満たそうとし、
勝利への渇望を前に愚か者に変わり果てていく男達の中で光るモリーのしぶとさ。血と立ち上がる姿に、
同時期に公開された『アイ、トーニャ』を思い出した。二本立てで観るならこの2つ。
ただし個人的には『アイ、トーニャ』のふてぶてしさの方が好き。
<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・映画好き歴が短いため、アーロン・ソーキンが関わった作品は『スティーブ・ジョブズ』しか観たことがなくって、その『スティーブ・ジョブズ』がめっちゃ好きだった。当然監督のダニー・ボイルの良さもあったと思うけど、脚本の力は大きいと思ってたし、何より会話劇の皮肉っぽさとか頭の良い感じとか、面白かった。で、本作も、会話劇で、アイロニックなジョーク炸裂、頭のいい感じ爆発。wikiによると、キャリアの初め、「戯曲の執筆に活路を見出すと、瞬く間に前途有望な劇作家の地位を確立。」とあったから、もうこれはずば抜けた才能なんだろうなぁ。

・ただの木の枝で、モーグルの選手としての生命を絶たれるという不運に見舞われ、ちょっとポーカーディーラーでうまくいったら嫉妬で追い出され、また波に乗ったと思ったら今度はマフィアに絡まれ、また転落し…と浮き沈みの激しい人生。しかし、モリーはチャンスを確実にモノにする才覚の持ち主で、どんな状況からでも這い上がれる人物だということがわかる。ラスト、冒頭のモーグルでの転倒シーンに戻るけど、また這い上がれるという示唆のよう。後味すっきり!

・父との確執(兄弟はみんな男)。ポーカーの世界へ導いた男との確執。ポーカーを牛耳った男との確執。一人の女性が、男性世界で力強く戦っていく物語でもあった。(色仕掛けほぼなし!)前述の七転び八起き的な話も合わせて考えると、女性にエールを送る作品でもあると思うし、今の映画だなぁと。
女神の見えざる手を見て、ジェシカ・チャステインの魅力に気付かされた、特に声。
今作も良かった。

脚本には驚いた。ラスト数シーンの無理矢理と言っていい盛り上げ方。弁護人の訴えから始まり、父の診察、ひっくり返る裁判。
女神の見えざる手の緻密な構成と比べると真逆の力技。
特に父の診察は、父の登場から涙まで、突っ込まれたら言い訳できないくらいの無理矢理。だけど、何でかな、泣いてしまった。
好き嫌い分かれそうだけど、自分は上手くいってるんじゃないかなと思った。
ラスト、流れをなぞるようにスキーのシーンに戻るのも良かった。

主人公のキャラも悪い奴なのかいい奴なのか、不思議なキャラだった。
モーグルのオリンピック候補だったモリーは試合で怪我をしアスリートとしては引退する。大学に行く予定だったがポーカールームでのバイトからその道に入り、自分でルームを経営するようになる。不法賭博でFBIに逮捕され、司法取引を弁護士は勧めるが、顧客の生活を守るためモリーは了承しない。最後まで司法取引を拒絶し有罪を覚悟し裁判に望むが判決は奉仕活動と罰金だけですむ。
台詞回しと展開が早く目が回る感じ。なのに見ていて途中中だるみするという残念な映画。でも、点数高めだから好みの問題なんだろうね
すごく良かった
ポーカーを実際にするところも父との会話もすごく良かった
父との過去も「木の枝につまづいただけだ」って言って、今のお前が深刻に悩むことじゃない、それだけのことだったんだから今のお前の人生を歩んでくれってスキー選手の時の怪我と合わせて話していて良かった
自伝に基づく映画だから仕方がないかもしれないが、一面的過ぎるように感じた。
テンポがむちゃくちゃいい ナレは淡々と進み、弁護士とモリーの会話やモリーと客たちの会話の熱量がよい その分最後の裁判はあっさり終わってしまって少し残念 裁判シーンがもう少し丁寧?でもよかったと個人的には思う
強い女の人ってゆーから期待してたけど
あらすじが2時間くらい流れてただけ。
好きじゃない。

フィクションやったから残念。
映画が、はじまる前のTOHOシネマズ梅田のスタッフの対応の悪さ、マニュアル通りの連発に憤慨した。好きな劇場だけに気分が悪い!映画は、ジェシカジャンスティンのスキーのシーンとFBIに逮捕されるシーンからはじまる。神の見えざる手やゼロダークを期待してると裏切られる。しかし集中して観ていると彼女の機転や父親との確執、高額な弁護士との駆け引きがいい。しかしロシアンマフィアの残酷なシーンは、やはりヤクザなんやなって思う。
さあこれからどうする!
たぶん大丈夫だろう!
主演のジェシカ・チャスティンが好きで、また面白そうだな!と期待して観に行きました!
が、もう少し緊張感がありつつスリリングな展開なのかと思ってしまっていたのと、映画の作り方のせいかなぁ、だんだんつまらなくなってしまい中盤は飽きてしまいました。
父親との関係性を絡めていくなら、もう少し父親とのやり取りを描いた方が話しを理解しやすかったのではないでしょうか。心理学を学んだ方や多少なりとも知識のある方なら、最後の父親との会話の意味がわかるのでしょうが、なんだかいきなり現れていきなり話し始めてなんだ⁇ って感じになった方とかいたのではないのかなぁ。
ちょっと期待外れの出来でした。
>|