トランボ ハリウッドに最も嫌われた男の作品情報・感想・評価

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男2015年製作の映画)

Trumbo

上映日:2016年07月22日

製作国:

上映時間:124分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦後、赤狩りが猛威をふるうアメリ力。その理不尽な弾圧はハリウッドにもおよび、売れっ子 脚本家トランボは議会での証言を拒んだという理由で投獄されてしまう。やがて出所し、最愛の家族のもとに戻るトランボだったが、すでにハリウッドでのキャリア を絶たれた彼には仕事がなかった。しかし友人にこっそり脚本を託した『口ーマの休日』に読き、偽名で書いた 別の作品でもアカデミー賞に輝いたトランボは、 …

第二次世界大戦後、赤狩りが猛威をふるうアメリ力。その理不尽な弾圧はハリウッドにもおよび、売れっ子 脚本家トランボは議会での証言を拒んだという理由で投獄されてしまう。やがて出所し、最愛の家族のもとに戻るトランボだったが、すでにハリウッドでのキャリア を絶たれた彼には仕事がなかった。しかし友人にこっそり脚本を託した『口ーマの休日』に読き、偽名で書いた 別の作品でもアカデミー賞に輝いたトランボは、 再起への道をカ強く歩み出すのだったー。

「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」に投稿された感想・評価

PI

PIの感想・評価

3.8
自由な国アメリカかと思っていたけれど、ひと昔前は人種差別運動や共産主義排除など、大変な時代があったんだと映画から学んだ。

あんなにハードな仕事をしても、次々と頭に浮かんでくるものなんだ。
トランボ天才!
tuji

tujiの感想・評価

3.5
トランボ、天才すぎる。作る上での、苦悩が全くなく、書けば、いい作品が生まれる。無敵すぎて、ちょっとリアリティがないかも。実際は、作品を作る上で、色々あったのかもしれないが、今作では、焦点が政治になってたのかも。
ぬ

ぬの感想・評価

4.0
ローマの休日にこんなエピソードがあるだなんて知らなかった!(笑)自分にとっての信念を貫くって辛いし難しい。けど、この人は反発を受けながらも貫いて、しかもそれが最後報われて本当に良かった。
ヒステリックな共産主義排斥の社会で、アメリカのような民主主義国家であっても全体主義的に社会は動いてしまう。
差別している方も自分の安らかな自由主義の日常が、恐ろしい共産主義者に破壊される恐怖に敏感に防衛反応したんだろう。
今の日本も世界もあまり変わらない俺も含めた民衆の反応だと思った。
北朝鮮の脅威に中国や韓国からの領土問題、民族や宗教の違いなどからくる恐怖に抗うことができるだろうか。
仕事への能力と執念が本当にある男の話でもあった。
出演者が一様に抑えた説得力のある演技やってよかった。
脚本家の話だけあってセリフとかジョークがいいなぁと思った。
話の展開も途中からガンガン引き込まれた。すごいお話。
時代に翻弄されながらもやるべき事を貫き通したその姿が素晴らしい。。

事実に基づいたお話。
ピナコ

ピナコの感想・評価

3.8
大変な時代があったんですね

『追憶』でも観た赤狩り

名前を伏せて書いた
『ローマの休日』

才能凄いですね
『スパルタカス』も観てみたい
ダルトン・トランボを主人公に、ハリウッド赤狩りを描いた力作。

実写映像を交えながら、現代の俳優の演じるドラマであるが、この映画で作ったパートでカーク・ダグラスなど著名人は本人そっくりの俳優を集めたのはアメリカ俳優の層の厚さを感じる。

ダルトン・トランボを演じたブライアン・クランストン、トランボの妻を演じたダイアン・レイン、その娘を演じたエル・ファニングなどが好演。

劇中のトランボ発言「ブラックリストは、ロバート・リッチを生み出した」は名言。

のめり込んで観てしまった映画である。
アメリカの赤狩りについては、ちょっと日本人には共感してないと思う難しいテーマだと思う。
けど、映画の中で子供が聞く、共産主義とはなにか?っていう質問に、トランボは君が学校でお昼ごはんがない友達がいたらどうする?子供は、分けてあげる。と答えて、君は小さな共産主義者だよって説明をするシーン、ちょっと見方が変わった。
keico22

keico22の感想・評価

3.8
知らなかった。この人の事。才能は隠しきれないのね。自由が逆に自分を縛ることもあるけどとても幸せなんだな
>|