トランボ ハリウッドに最も嫌われた男の作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • トランボ ハリウッドに最も嫌われた男の作品情報・感想・評価

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男2015年製作の映画)

Trumbo

上映日:2016年07月22日

製作国:

上映時間:124分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦後、赤狩りが猛威をふるうアメリ力。その理不尽な弾圧はハリウッドにもおよび、売れっ子 脚本家トランボは議会での証言を拒んだという理由で投獄されてしまう。やがて出所し、最愛の家族のもとに戻るトランボだったが、すでにハリウッドでのキャリア を絶たれた彼には仕事がなかった。しかし友人にこっそり脚本を託した『口ーマの休日』に読き、偽名で書いた 別の作品でもアカデミー賞に輝いたトランボは、 …

第二次世界大戦後、赤狩りが猛威をふるうアメリ力。その理不尽な弾圧はハリウッドにもおよび、売れっ子 脚本家トランボは議会での証言を拒んだという理由で投獄されてしまう。やがて出所し、最愛の家族のもとに戻るトランボだったが、すでにハリウッドでのキャリア を絶たれた彼には仕事がなかった。しかし友人にこっそり脚本を託した『口ーマの休日』に読き、偽名で書いた 別の作品でもアカデミー賞に輝いたトランボは、 再起への道をカ強く歩み出すのだったー。

「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」に投稿された感想・評価

suzu

suzuの感想・評価

4.4
自らの思想を貫くことの素晴らしさと家族の尊さが満ち満ちている作品。

こんなにも偉大な脚本家を虐げる当時のアメリカ社会が疎ましく思える。


これを機に彼の作品をもっと観てみよう!
china

chinaの感想・評価

4.6
家族愛がいい。
トランボって天才だな…
冷戦時代の共産主義者の迫害が実話に基づいて描かれている。
そしてエルファニングがサムウェアから大きくなってる、かわいい……
具視

具視の感想・評価

3.1
レンタルにて。
自分の政治の主義を貫くのも大変だなとは思った。凄い人だったんだなとは思いつつも何か主人公が好きになれなかった。
まこと

まことの感想・評価

4.0
世界の偉人伝 27人目


「ローマの休日」「スパルタカス」の脚本家ダルトン・トランボの伝記映画


時代がどれだけ自分に味方していなくても決して挫けることなく心を折ることもなく、ただひたすら家族のことだけを想い懸命に生きる

自分が置かれた場所で全力を尽くした彼の姿は眩しかったし、なかなか気持ちだけで頑張れることも少ない中でそれをやり通したことには感服せざるをえません


2015年のアカデミー主演男優賞はブライアン・クランストンでよかったのでは?と思わせるほどの熱演でした
大戦後の米ソ冷戦の中、アカ狩り激しいアメリカで共産主義者として弾圧されても己の信念を曲げずに脚本を書き続けた男トランボの半生を描く。

特に前知識なく観たので共産主義やら何やら雰囲気に馴染めずしばらく作品に入っていけませんでした(国も時代も違うしと言い訳)。

しかしそこを乗り切ると後はグイグイと引き込まれました。
意志を貫くこととその困難さがヒシヒシと伝わってきます。
ラストが(スタッフロール含めて)圧巻の大作。

トランボ氏はその意志を貫いただけではなく、家族愛、友人愛に満ちた人として描かれておりヒューマンドラマとしても素晴らしいです(実際には家族からは奇人と思われていたかもしれませんが。自分の父親だったら大変だと思います)。

名前を伏して脚本を書いてもヒットを出すというのは本物の才能に恵まれていた証拠なのでしょう。『ローマの休日』しか観たことありませんが他の脚本作品にも興味が湧きました。

才能、努力、忍耐…。まさに偉人ですがさすがにハード過ぎる人生なので、自分は緩い人生でありがたいなぁと思う今日この頃。
gdbsdta

gdbsdtaの感想・評価

4.4
実際の彼の事はよく知らないが、この映画でのトランボという男は非常に魅力的だった。
様々な困難が来るが、ブレないスタンスで切り抜いていく様に高揚する。
エンドロール中に実際の彼の言葉が出て来るので、最後まで見逃せない。
まだ見た事ない彼の作品や、好きだったパピヨンやローマの休日を見返したいと思った。
ソファに座ると3秒で寝てしまう父がエンドロールまで起きていた(奇跡)
エンドロールの実際の映像、よかったなあ…

2017-72
思想統制の時代の中、自分の思想信条を曲げずに奮闘する男の話。あと家族愛。


物書きおじさんがクールな話。
厳しい立場におかれながらも素晴らしい脚本を次々書けるこの人、本当にかっこいい!!!それがなんにしろ、一つ大きな信念を持ってる人ってやっぱりすごい魅力的!!
>|