• Filmarksトップ
  • トランボ ハリウッドに最も嫌われた男の感想・レビュー

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男(2015年製作の映画)

Trumbo

上映日:2016年07月22日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:124分
    監督
    ジェイ・ローチ
    脚本
    ショーン・マクナマラ
    キャスト
    エル・ファニング
    ブライアン・クランストン
    ダイアン・レイン
    ヘレン・ミレン
    アラン・テュディック
    ジョン・グッドマン
    ルイス・C・K
    アドウェール・アキノエ=アグバエ
    マディソン・ウルフ
    あらすじ
    第二次世界大戦後、赤狩りが猛威をふるうアメリ力。その理不尽な弾圧はハリウッドにもおよび、売れっ子 脚本家トランボは議会での証言を拒んだという理由で投獄されてしまう。やがて出所し、最愛の家族のもとに戻るトランボだったが、すでにハリウッドでのキャリア を絶たれた彼には仕事がなかった。しかし友人にこっそり脚本を託した『口ーマの休日』に読き、偽名で書いた 別の作品でもアカデミー賞に輝いたトランボは、 再起への道をカ強く歩み出すのだったー。

    「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」に投稿された感想・レビュー

    a
    aの感想・レビュー
    7時間
    -

    ローマの休日の脚本家。
    どこに重きを置いてみればいいか分からなくて前半私は迷子になった。
    トランボという人、知らなかったけど他の作品も観たい。
    きなおさん
    きなおさんの感想・レビュー
    17時間
    3.9
    嫌われてた理由が思ってたのと違った( ´∀`)

    あんなにやりたい放題でよく家族は愛想つかさんなとそっちに関心。
    でも結局トランボが共産主義を通した理由と結果があんまりよくわからないからそこまでせんでも…ネェ( ´∀`)という気持ちに。

    あとは、脚本に向かう、タイプライターを打つ姿がよかったー!煙草の煙とか、風呂場での執筆とか、画的にすごいすてきでした!
    ゆみな
    ゆみなの感想・レビュー
    18時間
    3.3
    赤狩りって言葉になんとなくの知識しかない私でも、わかりやすく感情移入しやすい作り。面白かったですね。

    とにかく暗黒時代は本人も家族も辛そうで…でもめっちゃ出来た奥さんで母親なクレオ(ダイアン・レイン)には頭が下がりました。トランボ役のブライアン・クランストンもハマり役で、バスタブで仕事するあの姿を観れたのも嬉しかったなぁ。良作でした。
    のるこ
    のるこの感想・レビュー
    19時間
    4.8
    家族のため、自分の名誉のため、ブラックリストによって虐げられた大勢のため、共に戦い命を落とした一人の友のため、己の才能ただひとつを掲げて反共主義者と戦った男の物語だった。
    トランボが時には家族や友人を苦行へ巻き込み、時には家族や友人に支えてもらいながら戦う姿が決してただの綺麗事ではなく泥臭く描かれている。
    裏切り者もいれば、静かに信念を突き通す者もいる。名誉を取り戻そうと奮起する者、思想関係なく才能に惚れ込む者、腕力にものを言わせて立ち向かう者、巧みな文章で幅広く思想を批判する者。本当に沢山の人々が混乱と失意と憤怒の中で懸命に生きた時代が生々しく描かれている。
    反共思想に立ち向かうためかもしれない、自由を守るためかもしれない、芸術的表現を制限させないためかもしれない、はたまた自分の名誉のためかもしれない。しかし、それぞれが自分の流儀で異を唱え、戦う姿に賞賛を送り応援せずにはいられない。献身的な家族の様子に涙せずにはいられない。
    ハリウッド黄金時代の闇がまざまざと、しかし上品に一本の映画になっていました。傑作。

    おまけ。
    ヘレン・ミレンの悪役はやはりゾクゾクするほど憎らしくて最高。
    あと、アラン・デュディックが珍しくいい人の役で驚いた。
    SyomaFunakata
    SyomaFunakataの感想・レビュー
    19時間
    4.0
    「ブレイキング・バッド」のブライアン・クランストンが主演でめっちゃキャラクターが違くて笑う笑 内容は、メッチャ濃くてまさしく「孤軍奮闘」。自分の大義のために、得意な手段で世界を変えようとする矜持に惚れました。
    Daiki
    Daikiの感想・レビュー
    21時間
    3.7
    2016年公開映画124本目。

    ロバート・リッチって誰?

    ハリウッドから追放されても、偽名を使って書いた『ローマの休日』と『黒い牡牛』でアカデミー賞を受賞した脚本家ダルトン・トランボとその家族を描いた人間ドラマ。
    何故トランボが偽名でやらなければならなかったのかは、冒頭でざっくり説明してくれるので、歴史を知らない人もそもそもトランボを知らない人でも観れる親切設計。

    絶対に仲間を売らず、自分が犠牲になることは厭わない。
    彼の人間性が、彼の脚本で携わった作品に濃く反映されているのだと改めて感じることができた。
    そんな彼でも家族を疎かにしてしまいがちだった。
    しかしながらそんな彼を家族を支えてくれる。
    本作では妻や娘など周囲の人に支えられているトランボという描写が非常に印象に残った。

    また映画愛も感じられた。
    例え争っていても、面白い映画を作りたい、それをお客さんに届けたいという気持ちは世界共通ではないだろうか。
    トランボを通じて、映画を作る人たちの努力と、世界共通楽しめる映画の素晴らしさを再確認できた。

    ダルトン・トランボの作品は実は観たことがないのでいち早く観ないといけないと猛反省。
    ハリウッドと映画界に名を残す人物ということで、映画製作に携わっている人、特に脚本家には刺さる名作であろう。
    50年代名作が今もなお人気を博すのには、こんな映画界での経緯があったのだと、一映画好きとして観て知るべきである。

    もしかすると明かされていないだけで、トランボが書いた往年の名作がまだあるのかもしれない。
    なかまる
    なかまるの感想・レビュー
    1日
    2.9
    最後まではまれず。
    やっほ
    やっほの感想・レビュー
    1日
    4.0
    オスカーの“価値”って…
    Dalton Trumbo
    ここに名前を記し記憶する
    tacksan
    tacksanの感想・レビュー
    1日
    3.8
    隠しきれない才能と不屈の魂により、赤狩りを乗り切り伝記映画まで作られてしまった男、ダルトン・トランボ!
    劇中で紹介されてた黒い牡牛観たい!でもDVDになってない!
    Nash
    Nashの感想・レビュー
    1日
    3.4
    ハリウッドで実際にあった赤狩りをテーマにした実話。
    今こうして好き勝手に映画にスコアつけてコメントできるのは、自由な時代なんだなーと実感させられる映画でした。
    >|