トランボ ハリウッドに最も嫌われた男の作品情報・感想・評価

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男2015年製作の映画)

Trumbo

上映日:2016年07月22日

製作国:

上映時間:124分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦後、赤狩りが猛威をふるうアメリ力。その理不尽な弾圧はハリウッドにもおよび、売れっ子 脚本家トランボは議会での証言を拒んだという理由で投獄されてしまう。やがて出所し、最愛の家族のもとに戻るトランボだったが、すでにハリウッドでのキャリア を絶たれた彼には仕事がなかった。しかし友人にこっそり脚本を託した『口ーマの休日』に読き、偽名で書いた 別の作品でもアカデミー賞に輝いたトランボは、 …

第二次世界大戦後、赤狩りが猛威をふるうアメリ力。その理不尽な弾圧はハリウッドにもおよび、売れっ子 脚本家トランボは議会での証言を拒んだという理由で投獄されてしまう。やがて出所し、最愛の家族のもとに戻るトランボだったが、すでにハリウッドでのキャリア を絶たれた彼には仕事がなかった。しかし友人にこっそり脚本を託した『口ーマの休日』に読き、偽名で書いた 別の作品でもアカデミー賞に輝いたトランボは、 再起への道をカ強く歩み出すのだったー。

「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」に投稿された感想・評価

tu

tuの感想・評価

3.9
030_2018

【基礎】
★★★★★
【構成】
映…★★★
シ…★★★★
設…★★★
役…★★★★
ノンフィクション好きの私は、早く見たかった作品!

赤狩りって、名前は知っていたけれど実際はこんな感じだっんだなぁと…。

なんども見たローマの休日の裏側にこんな現実があったとは、全く知らなかった!

どんな辛い日々もゆらぎない信念と支えてくれる家族がいれば、乗り越えられるんじゃないかと思った。
NumaChan

NumaChanの感想・評価

3.7
赤狩りによって、国からスパイ疑惑をかけられてしまい、映画業界から追放されてしまい、刑務所に入れられてしまうまでに至ってしまう...。
しかし、トランボはそれでも偽名を使ってまでも脚本作りをした。
それは、死んでしまった友人の為であり、家族を守る為であり、自身を追放した映画業界へのささやかな嫌がらせでもあったりするのかもしれない...。

例え彼の思想が国から敵と認識されていたとしても、『ローマの休日』でオスカーを手にしたのは紛れも無い事実であり、彼自身の実力なのだろう。
そんな彼と仕事をした人々も相当に勇気というか肝が据わってるなと感心した。
特にフランク・キングとカーク・ダグラス。

彼が様々な事を経験したからこそ、終盤のインタビューやスピーチの言葉に非常に重みが籠もったんだと思う。
osaya

osayaの感想・評価

-
ブライアンクランストンが好きになった作品。

素晴らしい映画が生み出されてきた背景に、赤狩りとの長い戦いがあったのかと思うと気が遠くなったし、抵抗していたからこそ生み出された映画もあるのかな。

トランボと彼の家族、仲間への葛藤や感謝や愛情が、最後のスピーチに集約されているようでぐっときました。

堅苦しくシリアスになり過ぎず、でもどっしり見応えのある作品。
fun

funの感想・評価

3.6
厳しい時代を生き抜くというのは本当に大変だったんだろうなと映像ではそこまで悲惨な感じにしていなかったけどもっともっといろいろあったんだろうなと思想、人権、肌の色など考えさせられることがたくさんありました。
それにしてもローマの休日がこんなおじさんが脚本したものだったなんてこの作品のことが話題になるまで知らなかった。
ダグラス家の威力はカークありきというのがよく分かりました。
マイケルの自信たっぷりなところはお父さんにそっくり。
この時代にジョン・ウェインやグレゴリー・ペックなんかが背が高かったのでカークも大きいイメージだったけど以外とこじんまりしていました。
最後のスピーチで乗り越えてきた苦難と家族へのリスペクトがすごく感じられました。
エンディングの本人たちの写真を見てすごい再現度の高さに脱帽。バスタブに入ってる写真は可愛くさえ思えました。
娘さんにとっては憎らしかっただろうけど。
良い。が、弾圧されて家を失い、仕事を失い家族や、命さえ失った人が何人いたかと思うと。
正しい気持ちを突き通したいというのはわかるが、大抵の人はこうした映画に残ることなく死んでいくんだ。そしてオレは、きっとそこに含まれるんだ。
kana

kanaの感想・評価

4.2
「ローマの休日」の脚本家ダルトン・トランボの伝記ドラマ。赤狩りによって偽名での創作を余儀なくされた彼と彼の家族の波乱の半生を描く。家族の愛に支えられながら不屈の闘いを繰り広げる姿が胸を打つ。

ブライアン・クランストンの重厚感ある演技が物語に味わいを持たせていたと思う。
masa1

masa1の感想・評価

4.0
2015年アメリカ伝記映画
「トランボ〜ハリウッドに最も嫌われた男」
ニクソン大統領下の赤狩りのアメリカで、ブラックリストにあがるも信念を貫いた敏腕脚本家トランボの実話。
ローマの休日、スパルタカス等オスカー作品を書いた脚本家らしいけど、こんな裏話が有ったとは知らなかった。
ジョンウエンが保守派、カークダグラスは革新派ってのも興味深い。
にしても、トランボ役のブライアンクライストンは良い演技してた。
ラストの演説は泣けた(T ^ T)
仕事ができすぎて嫌われてるのかと思いきや、共産主義者だから嫌われてる話。歴史が苦手な人には難しいかも?
ローマの休日の脚本家さんなんだね。
悪者扱いされても貫き通すかっこよさがある。ウイスキーを指で混ぜるのが好きだったな。
おね

おねの感想・評価

-
とにかく折れない。
家族はもっと大変だったと思うが、終わり良ければすべて良し。
ジョン・グッドマンが出てくると一気に面白くなるね。
>|