トランボ ハリウッドに最も嫌われた男の作品情報・感想・評価

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男2015年製作の映画)

Trumbo

上映日:2016年07月22日

製作国:

上映時間:124分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦後、赤狩りが猛威をふるうアメリ力。その理不尽な弾圧はハリウッドにもおよび、売れっ子 脚本家トランボは議会での証言を拒んだという理由で投獄されてしまう。やがて出所し、最愛の家族のもとに戻るトランボだったが、すでにハリウッドでのキャリア を絶たれた彼には仕事がなかった。しかし友人にこっそり脚本を託した『口ーマの休日』に読き、偽名で書いた 別の作品でもアカデミー賞に輝いたトランボは、 …

第二次世界大戦後、赤狩りが猛威をふるうアメリ力。その理不尽な弾圧はハリウッドにもおよび、売れっ子 脚本家トランボは議会での証言を拒んだという理由で投獄されてしまう。やがて出所し、最愛の家族のもとに戻るトランボだったが、すでにハリウッドでのキャリア を絶たれた彼には仕事がなかった。しかし友人にこっそり脚本を託した『口ーマの休日』に読き、偽名で書いた 別の作品でもアカデミー賞に輝いたトランボは、 再起への道をカ強く歩み出すのだったー。

「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」に投稿された感想・評価

生きる為に何が必要か。
そのことを考えた。
食う為か高く飛ぶ為か。
カモメのジョナサンを思った。

にしても、日本にもいますね。
今は特に。
安全地帯から居丈高に物申す者。
私の会社にもたくさんいます。
和夏

和夏の感想・評価

4.0
才能があるだけではなく、映画に対する強い意志もあり、守るものもある。だからこそ、名作をいくつも作れたのだと思う。
映画好きにはたまらないだろうが、そうでなくても仕事に対する熱や家族愛も伝わってくるので、大丈夫だろう。
個人的には、トランボがカッコイイことと、映像がレトロでお洒落だということだけで、ポイント高かった。
おり

おりの感想・評価

3.8
82
思想の強さと信念の揺るぎなさ。
奢りでなく、「永遠に闘い続ける」と宣言できる力強さ。冷戦じたい馴染みが薄かったけれど、こんな戦いがあったなんて知りませんでした。
りたお

りたおの感想・評価

3.4
まず、この内容で評価3.9を出しているfilmarksリテラシー高すぎすごいw

主義、思想とかいいじゃんねって思うけど。こういうのどんどん広まっていって同じ失敗繰り返さないようにしなきゃなのに!!
もっともっと作品観たかった。
R

Rの感想・評価

-
してやったり
なんだかんだ映画が好きなんだな
良いものが作りたいという
素敵な奥さんやな
なぐ

なぐの感想・評価

4.0
ローマ休日についての町山さんの評論を聞いてから知ったダルトントランボの存在。
そのトランボを主人公とした映画が去年公開されていたなんて!!
ローマの休日、スパルタカス等をもう1度見直さねば
haruharu

haruharuの感想・評価

4.0
まさに天才脚本家であり映画界の宝って感じでした。この人が騒動に巻き込まれずに脚本を書くことに集中して向き合えていたらもっと多くの名作を生み出していたのではないかなぁ...なんて思ったり。
jumo

jumoの感想・評価

3.8
身を粉にして脚本を書き続けて、でも全部ヒットしててトランボの安定感が見てて楽しかった
思想の違いで普通に映画を作ることができなくなるって今じゃ考えられないくらい理不尽だけど、出てくる人みんな割といい人でそこもよかった!
ずっと待ってた!

赤狩りにあった売れっ子脚本家だったトランボ...実話が元になったヒューマンストーリー

ブライアンクランストンが主演の映画をずっと待ってた!ブレイキングバッドで彼を好きになった人は必見。主演です。彼の演技たっぷり堪能できます。最高です!

詳しい説明なく赤狩りが〜と始まるストーリー。なんのこっちゃだったが真剣に聞いてればじわじわと理解できてくる。後半は本当に深い。例えるならじわーと口に広がるビターチョコレート。クラシックで濃厚な124分が味わえた。

このテイストが好きな方にはカポーティとヒッチコックもぜひおすすめ。
アメリカ共産党員であり、ハリウッドの脚本家として成功を収めていたダルトン・トランボは、第二次世界大戦後に赤狩りの対象となって、アメリカ映画界から追放される。

「彼らはハリウッドにおける共産主義の脅威です。民主主義をむしばみ国家転覆をねらっている。」

1950年、トランボは議会での証言を拒んだことによって、議会侮辱罪で有罪となり投獄されてしまう。

「"王女と無骨者"?人形芝居みたいだ。」
「この方がいいと?ローマの休日?」

1951年、最愛の家族のもとに戻ったトランボには仕事がなかった。しかし友人にこっそり脚本を託した『ローマの休日』に続き、偽名で書いた別の作品でもアカデミー賞に輝いたトランボは、再起への道を歩み出す。

「不可能だと思われてることをする。」

トランボは脚本家として復帰するべく、映画製作会社の大物たちに立ち向かっていった。

「これは議論じゃない、ケンカよ…虐げる父親は必要ないわ。」

やがてトランボの戦いは、最愛の家族も、ハリウッドで活躍する俳優や監督も巻き込み始める。

「トランボを解雇しないと、不買運動が起こる。」

1970年3月ロサンゼルスでの米脚本家組合ローレル賞受賞式でのトランボの演説がよかった。そしてなにより、この映画は家族愛の物語であり、主人公トランボはもちろんのこと、陰で支える妻と子供たちがよかった。

「私が映画界の人々の前に立つ時、できれば触れたくないことがあります…私です。」

エンドロールでのトランボ本人によるインタビュー映像の言葉に感動しました。

久しぶりに「ローマの休日」を観よう。
>|