最初で最後のキスのネタバレレビュー・内容・結末

最初で最後のキス2016年製作の映画)

Un bacio

上映日:2018年06月02日

製作国:

上映時間:106分

3.9

あらすじ

不器用な僕らが誰よりも輝いていた日々 イタリア北部・ウーディネ。個性的なロレンツォは、愛情深い里親に引き取られ、トリノからこの町にやって来るが、奇抜な服装で瞬く間に学校で浮いた存在に。 ロレンツォは同じく学校で浮いている他の2人――ある噂から“尻軽女”とのそしりを受ける少女ブルーと、バスケは上手いが“トロい”とバカにされるアントニオと友情を育んでいく。 自分たちを阻害する生徒らに復讐を…

不器用な僕らが誰よりも輝いていた日々 イタリア北部・ウーディネ。個性的なロレンツォは、愛情深い里親に引き取られ、トリノからこの町にやって来るが、奇抜な服装で瞬く間に学校で浮いた存在に。 ロレンツォは同じく学校で浮いている他の2人――ある噂から“尻軽女”とのそしりを受ける少女ブルーと、バスケは上手いが“トロい”とバカにされるアントニオと友情を育んでいく。 自分たちを阻害する生徒らに復讐を試みるが、それを機に少しずつ歯車が狂い始める・・・。

「最初で最後のキス」に投稿されたネタバレ・内容・結末

悲しい結末だけど、ブルーは今年のベストヒロイン。ラプトルのブルー超えた。
みなさん書いてらっしゃいますが、幸福度の高い序盤、中盤とショッキングなラストの落差がすごいですね。
私自身、何も知らずに見たので鑑賞中かなり驚きましたし、ダメージを受けて帰路につきました。


Netflix配信の「13の理由」のような、ティーンに向けた映像作品で、これが誰かの救いになればいいと思いますし、大人は救いの手を差し出せるといいなと思います。

この映画の1番キッチリしてるなと思うところは、「みんな考えてね」という開放的なラストにするのではなく、最後にIFの世界をあえて見せるところだと感じました。つまり、あえて模範解答を見せることが素晴らしいなと思います。この模範解答によって、最も根本的なテーマの「個の尊重」が浮かび上がりますし、よりティーンに伝わりやすくなったのかなと思います。(説教くさいと感じる人もいるかもしれませんが…)


あの彼が自分のセクシャリティを受け入れられず、ああいった行動をしてしまったのは、彼が育つ中で身につけてしまった差別意識が原因の1つだと思います。この映画は観客個人の中に眠る偏見みたいなものを認識できる良い機会になるのかなと思います。
日本のティーン向けの映画やテレビドラマなどで、このタイプの映像作品が多くの若い人の目に触れるようになればいいのになと願っています。
上半期に観たCMBYNと君の見つめる先にがゲイであることを受け入れてくれる系だったから油断してた。

LGBTだけでなく、女性の性被害の問題、学校内での発砲事件、終盤にこれだけ詰め込むとか半端ねぇな。
性被害に関しては、日本も他人事ではいれない状況あるため、見れてよかったと思う。
同意のない性行為は犯罪、これ絶対。

ロレンツォの言っていた「完璧な人間なんていない」って言葉、泣けちゃう。
やっぱりゲイであることを欠点みたいに思ってたんかな…、そういう社会だもん。友達思いでユーモアもあってお洒落、勉強もできて芯の強いロレンツォ、憧れる。

ロレンツォには4Pのこと明るく言っていたけど、ブルーはあの壁の落書きを見る度に突っかかりがあったんだろうな。あれはいじめじゃなくてセカンドレイプだよね。

コンプレックスにまみれ追い込まれてしまったアントニオ。本編で彼が知的障害であるかどうか定かでなかったが、もし、そうであるなら学校側の配慮が足りない。障害を考慮せず留年ってそんなのだめでしょ。彼はこれ以上欠点を増やしたくなくて、過ちを犯してしまったんかな…。

映画全体としてはポップな青春ドラマだったのに、ラストはシリアスな社会ドラマしててこの緩急にやられた。

これを供給してくれた映画会社に感謝。
3人が始めて集まるシーンも電車のシーンも素敵。
残された皆は幸せになれるのか…
しかし落差が激しい。
音楽の使い方に3人の妄想など、ちょいちょい挟まれるクサイ演出。
当人より両親たちが不憫過ぎるオチと、正しい対応のハウツーみたいなラストシーンの落差。
ブルーが受けた性的被害の件など全体的にティーン向け警鐘作品の様な印象を少なからず受ける。
起承転結の転までが素晴らしい。

許したら即前戯が始まりそうなボディタッチはLGBT関係無く飛ばし過ぎだと思う笑
間違いだって断言できないように、正解だって言い切れないし。でもロレンツォのお父さんお母さんは大正解だった。
cmbynのエリオのパパが最高だって言ってるひと、私の周りにたくさんいたけどあの映画のなかでのお父さんの言葉は私には過剰で、蛇足だった。
ロレンツォのお父さんお母さんのあったかい言葉が私には嬉しかった。

信じることは愛がないとできないってわかってるから信じることを諦めちゃう。ロレンツォがやんなっちゃうくらい前向きでポジティブでかっこいいから、アントニオは困ってしまったんだとおもう。

少しの勇気と知恵があれば悲劇を変えられたかもしれない。
そういうことが人間と関わって生きていく上でたくさんあったし、これからもあるんだとおもう。だから諦めなくて大丈夫なくらいたくさんの愛と勇気と知恵をもって人と向き合いたい。

レディーガガが最強だって、思い出した。そうだった、
1番最後のシーンがラストだったら良かったのに
そっちが本当のラストで、仲が悪くなるのが妄想なのかもしれないと考えながら視聴
色々と考えるさせられる映画
またみたい
タイトルの意味がわかると悲しい...
こんなに悲しい話だと思わなかった。。
最初は楽しそうだった。あの関係がずっと続いて欲しかった...
殺しちゃう!?って思ったけど、パンフレット読んで「ホモファビア」って言葉を初めて知った。
攻撃的になる人がいるんだね...(._.)
ラストに出てくるもう一つの世界が現実なら良かったのに。
思い出して悲しくなるわ...
演出がどうも臭くて…ダメだった。

拝啓、未来の私へ、とか
「ビッチ!!」みたいな悪口を壁にスプレーで落書きするのも今時ありえない。
3人で仲良くなる過程もなんか無理矢理な感じがした。
こういう青春群像を描きたいなら、もっと繊細にリアルに描いて欲しかった。

音楽も唐突で、好きな曲突っ込みました!このシーンに合うでしょ!ていう主張が強過ぎ。
いきなりミュージカルになるし、壁を白く塗ったシーンも現実味がなくて、「え…?」ってなった。
それが結末への表現でしかないのなら「そうなのね」と言うしかないんだけど、
うーん、構成は素敵だから、ディテールをもう少し詰めて欲しかった。
そしたらもっと感情移入して切なくなれた。
願わくば演出を変えて作り直してほしい。惜しい映画。

ていうかタイトルと、
バスケ少年がオカマちゃんを気持ち悪がってる+銃を狩猟で使ってるって時点で
お察しだった。みんなラストが衝撃的とか言うけど、大体推測できるでしょ。。
さぁいつ殺すんだ、どういうシチュエーションで殺すんだ!?という気持ちで私は観ていたよ

タイトルがわかり易過ぎるので邦題はもうちょっとひねりが欲しかった。
若干の演出の垢抜けなさとかはあったけど、色々な違う人間がいて、それを受け入れられない人もいて…とそういった断絶みたいなものが真摯に描かれていたと思う。

ティーンの怖いもの無しなハメの外し方と、強いと思いながらも弱さを抱えて揺らぐところとか、脚本がとてもよかった。
特に親たちの関わり方がすごく良い。
見守るべきか、口出すべきか、正解がわからず探り探りな親たち。
3人とも完璧ではないにせよ善良な親がいたのに、それでも起こってしまった悲劇に、何が伝え足りなかったのか、どこが間違っていたのか…と考えさせられる。
親にも子にも観て欲しい映画という評がしっくりきた。
ブルーが母親の前で気持ちを吐露するところ、ブルーは私は傷ついてなんかいないと思いこんでいたけど、実は嫌だったというの、未熟さゆえに流されてしまう女の子過ぎて、こういうことがあるから大人は子供を危険から守らないといけないんだなと思った。

ブルーの母親も問題はあるけども、娘の身に何があったのか僅かでも察して父息子を一旦離れさせるのは流石母親だなと感じたし、万能ではないけどとてもありがたい存在に感じた。
アントニオに関しては色々な間が悪過ぎたし、バスケチームはもちろん、両親の元でも兄の死故に居心地の悪さみたいなのを感じていた中での唯一の居場所だった3人の中で、ロレンツォからの恋心はまたアントニオから居場所を奪ってしまった結果になったのが悲劇。
3人の演技も良かった
>|