最初で最後のキスの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

最初で最後のキス2016年製作の映画)

Un bacio

上映日:2018年06月02日

製作国:

上映時間:106分

あらすじ

不器用な僕らが誰よりも輝いていた日々 イタリア北部・ウーディネ。個性的なロレンツォは、愛情深い里親に引き取られ、トリノからこの町にやって来るが、奇抜な服装で瞬く間に学校で浮いた存在に。 ロレンツォは同じく学校で浮いている他の2人――ある噂から“尻軽女”とのそしりを受ける少女ブルーと、バスケは上手いが“トロい”とバカにされるアントニオと友情を育んでいく。 自分たちを阻害する生徒らに復讐を…

不器用な僕らが誰よりも輝いていた日々 イタリア北部・ウーディネ。個性的なロレンツォは、愛情深い里親に引き取られ、トリノからこの町にやって来るが、奇抜な服装で瞬く間に学校で浮いた存在に。 ロレンツォは同じく学校で浮いている他の2人――ある噂から“尻軽女”とのそしりを受ける少女ブルーと、バスケは上手いが“トロい”とバカにされるアントニオと友情を育んでいく。 自分たちを阻害する生徒らに復讐を試みるが、それを機に少しずつ歯車が狂い始める・・・。

「最初で最後のキス」に投稿された感想・評価

Marie

Marieの感想・評価

3.1
高校生の頃のこと思い出しながらみていた。
死んだ、と思うくらいキツイことあったなと思った。しかも自分のしでかしたことで。一喜一憂が毎秒くる。毎秒がザクザクしてた。傷つく以上に傷つくみたいな時あったし、今でも時々あるし。一体、どの時期にこれを見るのがいいんだろう。高校生の時にみたって、あの頃の私は助からないだろうなと思った。今も、助かってないまま、生きてる。

人を好きになるって、誰がどんなふうに思ったって自分と相手とその周りの誰かに影響があって、その気持ちによって嫌われたり傷ついたり。好きだけで済まなかったことがたくさんあった。何にも分からなくなって不安だった。それは今もたぶん変わらないのかな。忘れたけど。命がけ。

好きな気持ちを大切にして持っておくことをそれでいいとどこかで誰かが教えてくれたら、確かに気持ちが少し落ち着くし、わからない不安も、当たり前だよと言ってもらえたら、仲間がそう言ってくれたら、大丈夫に思える瞬間があるのかもしれない。友達は、何歳になっても必要で大事。

好きな人ができたら、みんながこれからもっともっと幸せになるんだよって思えるといい。

久しぶりに映画を見て苦しくなって泣いちゃったな。こういう時間、大事。

最初から最後まで服がひたすら可愛かった。

終わった瞬間は、エレファントという映画を思い出していた。高校生の頃の日常の危機感と閉塞感、目の前の風景から逃れられない動けなさと爆発的解放みたいな、もう次の瞬間なにが起こるかわからないあたり。
slv

slvの感想・評価

3.7
厳しい現実から逃避するかのようにロレンツォは空想する
自分は人気者で憧れの存在だと…

その現実とのギャップ、彼の心情を想像するととても切なかった

時々現れるミュージカル調のダンスシーンは、少しぎこちないダンスがご愛敬だけど楽しげでとても良かった

しかし、ラストは受け入れられないよ…
たらこ

たらこの感想・評価

3.9
この映画はもっとたくさんの人に見てほしいと思った。とくに若い世代に。
たく

たくの感想・評価

2.3
全く前情報なしで観たのですが、「ああっ、こういう映画なんだ?」と思ってたら、20分位で雲行きが怪しく、、

マイノリティー、ありのままの自分でいい、がテーマの作品はもう最近増えに増えて飽和状態。

ではそのマイノリティーと理解のない人達が、これからどうやってお互いに寄り添うか、がテーマとされるべきなのに、ほとんどハンブラビ法典的なやり方しかできない3人組。
マイノリティーな問題には土地性とか文化的、時代背景などあるけれど、倍返し方針だとずーーーっと変わらない。

親たちがそのことに気づかせて彼らを救うのかというと、決してそうではなく「これでいいのかしら」で、子育てってむつかしいよねーん。で終わってしまう。
所々、ああ、このセリフだけでも救われるなあ、と思うけれど、決してこの映画にしかない!というようなセリフではない。。

調べたら一応実話を基にしてるそうなので、実話通りにしてるとこがあったのかもしれませんが、、いやもう少し変えられたでしょう。。

彼らの孤立感を美化して描いちゃうから、自分らしくいること、の方が大事のように誤魔化そうとしてる。こんなやり方綺麗でもなんでもない。

曲の使い方と、やたらと左右に動くカメラとか、個人的には全然好きではなかった。
曲に明らかに意味をつけて流すなら、もっと選曲を絞って欲しい。

ロレンツォは最後の選択が間違ってる。自分がマイノリティーの辛さを一番分かっているのなら、絶対そこにアントニオを入れてはだめだと思う。ましてや彼はまだどういう感情なのか分からないわけだし。

そして大事なあるシーンは、対象が自分であって欲しかった。
目の前でそうすることで、残された人達が本当に考えると思うから。

結局、ブルーが無理をしていて本当はいやだった、という成長に気づく以外は誰も成長していない。。

なのにラスト手紙も、説教地味たこと言いやがって!という内容。

泳ぎに行くシーンも、あんなの同性じゃなくても「あっ、、えっ、、?」てなるわ、、。
それをあたかも同性愛の受け入れがたさみたいな問題にしやがって。。

そんな感じで(本当はネタバレ含んでて語れないとこもっとあるけど)私は全然好きになれない映画でした。。
きつ、、、、、、、、
何度も、特にラストはあまりにも悲しくて、泣いてしまう

全てが悲しい
劣等感と他人の目に苦しむアントニオの気持ち
自由に生きるロレンツォの眩しさと性の苦悩
奔放なブルーの強がりと脆さ
親との関係や現実からの逃避、青春の輝きまで
全てがわかりすぎるくらいにわかる気がしてしまった。

君の名前で僕を呼んで 見た人
これも見て欲しい…
y子

y子の感想・評価

4.5
ロレンツォには目の前のことなんて見えてなくて ものすごく強くて もう悲しむのをやめたんだってくらい別次元な人だったから惚れまくり

親が素敵

視野が狭くなるって怖い
yokopi

yokopiの感想・評価

4.2
弾ける青春よ!!!輝く若者たちよ!!

大人になると、世界は広いし何とかなるさだし幸せも諦めも自分である程度は気持ちをコントロールできることを知るけれど、
自分の若かりし頃のことを思うと、そうじゃなかったなぁ。世界は狭くてどうにもならなくて雁字搦めで身動き取れなかった。

映画の中の彼らは、孤独や悩みを抱えながらも仲間になれた。キラキラした時間を一緒に過して怖いものなどないかのように見えていたのに。ひとつほころび始めるとあっという間にキラキラはどこかへ行ってしまった。

人を自分を追い詰めない。それができたら、あのラストは変わってたよね、きっと。

たくさんの若い人に届いてほしい、素晴らしい作品です。

ブルーの履いてた、ターコイズグリーンのドクターマーチンがめっちゃ可愛いかった〜
かつ

かつの感想・評価

4.8
3人の無敵感と不安定さがリアルすぎて、眩しくて切ない
高校時代を思い出してううっとなったし、ラストはもう…
今まで観たティーンエイジャーもの(?)の中で1番好きかもしれない…
当時62歳の黒崎さんという方がバルセロナへのシンガポール航空の機内で、到着までに4回鑑賞して、「G7のなかで日本だけが配給の権利を持っていない」ことに疑問を感じて自分で会社を立ち上げて権利取得して上映まで至っている映画です。
もうこの時点で観たくなる。

撮影部分でおもしろい撮り方をひていたり、多数散りばめられている妄想シーンの中でも特に印象深いシーンがあったり。

なによりも、伝えるメッセージが「知恵と勇気を持つことの大切さ」という今の時代に正直恥ずかしくて真正面から言いづらいことをストレートに作品に落としていて、観た後に心地よかったです。

アップリンクでは5人くらいしか観客がおらず、おそらく相当な赤字になってしまっていますが、黒崎さんが権利を取得して日本で上映してくれなければ、イタリア語がまったくわからない自分がこの作品に出会うことはなかったので、感謝しかないです。ナイストライです黒崎さん。
m

mの感想・評価

3.9
今流行り?のLGBT系でも
まだまだ差別がなくらない現実を
つきつけてくる衝撃の結末
こうだったらなっていう願いで
終わるのが切なくて仕方ない
レディガガのBorn this wayの歌詞が
こんなに合ってて良かったとは!
三人がそれを楽しそうに歌って
踊ってた光景が忘れられない
>|