最初で最後のキスの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

最初で最後のキス2016年製作の映画)

Un bacio

上映日:2018年06月02日

製作国:

上映時間:106分

3.9

あらすじ

不器用な僕らが誰よりも輝いていた日々 イタリア北部・ウーディネ。個性的なロレンツォは、愛情深い里親に引き取られ、トリノからこの町にやって来るが、奇抜な服装で瞬く間に学校で浮いた存在に。 ロレンツォは同じく学校で浮いている他の2人――ある噂から“尻軽女”とのそしりを受ける少女ブルーと、バスケは上手いが“トロい”とバカにされるアントニオと友情を育んでいく。 自分たちを阻害する生徒らに復讐を…

不器用な僕らが誰よりも輝いていた日々 イタリア北部・ウーディネ。個性的なロレンツォは、愛情深い里親に引き取られ、トリノからこの町にやって来るが、奇抜な服装で瞬く間に学校で浮いた存在に。 ロレンツォは同じく学校で浮いている他の2人――ある噂から“尻軽女”とのそしりを受ける少女ブルーと、バスケは上手いが“トロい”とバカにされるアントニオと友情を育んでいく。 自分たちを阻害する生徒らに復讐を試みるが、それを機に少しずつ歯車が狂い始める・・・。

「最初で最後のキス」に投稿された感想・評価

vanitas

vanitasの感想・評価

-
展開が急すぎてびっくりしたけど実話なのか… まるで13の理由みたいだった

ティーンは今いる場所が世界の全てだと思い込んで追い詰められてしまう傾向があるのはよく言われるけどここまでなのか…
偏見は人を殺すというのがどういうことか少しわかった

言葉にして伝えることがどれだけ大切か身に染みた

「君は僕にとって眩しすぎる」っていうセリフ、分かりすぎて号泣した
え、めちゃよかった。
公開館少なくない?わたしが気づいてないだけ???

前半「500日のサマー」かよ、ってもっとこういうのが好きな脳内お花畑女子向けの宣伝するべきじゃない?とか邪念ばっか生まれたけど後半よ。。。

青春にあのときこうすればよかったは通用しない。前半とは打って変わってビターな結末に抉られた。これ実話かぁ。
まさと

まさとの感想・評価

4.0
はみ出し者の高校生3人の恋と友情をほろ苦く描いた青春ドラマ。
よくある青春ドラマと思いきやラストの衝撃に凍りついた。しかも実話とは・・

多感な10代の思春期を自分はどう生きてきたのか&自分の子供が10代の時に
親として本当に力になれたのかなど深く考えさせられた。
aj

ajの感想・評価

-
実際にあった事件をミュージカル仕立てに明るく作った部分は凄く気にくわなかった。
ラストはラ・ラ・ランドみたいに「あのとき、こうしとけば、こうならなかったのに」みたいな終わり方は凄く腹が立った。
Elijah

Elijahの感想・評価

4.5
ようやく日本公開されたので劇場鑑賞。
思い返せば台湾映画で見掛けるような物語だった、と。
前半の陽気な描写と本国版ポスターからは想像し難いビタースイートな作風で、邦題の意味が鑑賞後に腑に落ちる。
自分が1mmも想像していなかった結末が衝撃的で、イタリアがカトリックの本拠地であった事を否応なしに思い出す。
ひとつの言葉や行動で変わる未来、特に思春期の頃は…。
冒頭から随所に挟み込まれるヒロインのモノローグがひりひりと後味を遺す。
劇中で流れるLady Gagaの「Born This Way」と好きなMIKAの「Hurts (Remix)」がハイライト的→youtu.be/vPKkmu-pBMQ
ミーハー的に言えば…。
レオナルド・パッツァーリ演じるアントニオが素直にカッコいい!
そりゃあロレンツォが惚れるのも解る♥
ブルーの父親役のジョルジョ・マルケージも劇中では「冴えない」と言われていたけれど、個人的には小洒落ていて清潔感があって素敵だったけれどなぁ。
…と言う訳で、お気に入りの一本に加わりました♪
いつかこの映画をもう一度観なおす事が出来るだろうか、と自問するくらいに苦しい
マホ21

マホ21の感想・評価

4.0
#71
個性個性個性、SNSは良い悪いじゃなく当たり前、アイコンはレディーガガ、
わたしたちの世代だなあっていう映画で残酷なほどリアルだった。

ラストまで見て、邦題の意味がわかるし、田舎の閉鎖的空間が、未来になって解放されて、多種多様さが普通になれば、ifの未来もある、その示唆が遣る瀬無くて、でもそのifに向かっていきたいと思う
林則徐

林則徐の感想・評価

4.0
学内ではみ出し者の、男女3人の青春を描くイタリア映画。青春と言っても甘酸っぱいだけじゃなくて、現代のマイノリティに関するいじめや偏見、17歳という子どもの彼らにはどうすることも出来ない理不尽な問題への葛藤....いい....好きです....。

特にロレンツォのキャラが凄く好き。はっきりとした自分の意思を持って、楽しくポップで大胆に!って生き方いいなぁ!最高!ブルーとの親友感もなかなか良かった。

前半のポップさからの一転して特に終盤が凄かった....個人的には(あ、これはやるな...)と思っていたものの実際にこの結末を叩きつけられると心にくる、そんなエンド。確かに重い気持ちにはなるけれど、想いの行方というか、登場人物の最終的結論をはっきりと見れたことが私としてはスッキリした。

イタリア映画って色彩感覚の違いなのか、暗めの映画でも可愛い配色の画面作りしてるのが多い気がする。これは個人的な意見だけど、それも理由として女性人気が高いのかな〜。
ai

aiの感想・評価

3.5
それぞれに問題を抱えた高校生男女3人。トラブルを起こしつつも楽しい居場所を作り、ひたすら「今」を生き延びている。若さを謳歌する彼らがとても輝いている。この映画を「皆に見てほしい」と思う気持ちはよく分かる。彼らの姿は、国に関係なくあり得る私たちの過去であり、未来でもあるから。
>|