最初で最後のキスの作品情報・感想・評価

「最初で最後のキス」に投稿された感想・評価

Ryo

Ryoの感想・評価

4.1
クラスに馴染めない、あるいは馴染もうとしない男女の物語。

年上の恋人だと思っていただけだったり、同性愛だったり、それを受け入れられなかったり。

個性を全面に押し出すってかなり勇気のいることやと思うな。否定的な視線から肯定的な姿勢で見るだけで景色は変わってみえると思う。

最後のシーンは衝撃的。“たられば”で簡単に変えられるくらいの人生なら勇気なんていらんね。
ro

roの感想・評価

3.6
10代の三角関係って使い古されたテーマだけどなんだかんだいいなーと思って観てたら・・
青春映画、という言葉で表すにはあまりにも短絡的すぎる映画でした。

予告編以外の前情報なし。観ようか悩んでいたけれど、君の名前で僕を呼んでが好きな人は絶対観た方がいい!というツイートを見て決意。
都内でギリギリ鑑賞。吉祥寺ココマルシアターにて。

✔️なにも調べずに観に行ったら結末が衝撃的すぎてショック😭
実際の事件がモデルになっていることを鑑賞後に知り、さらにショック😭悲しい。
誰も悪くない、でもそれゆえのやるせなさがつらい。

✔️ところどころ、現実なのか空想なのかわからなくなる。
例の事件のシーンもそう。

✔️とにかく!主人公のご両親が素晴らしい。こんな人になりたいし、こんな人に出会いたい。

✔️ラストのMikaのhurtsがぴったりすぎて泣ける…
個人的に映画冒頭にはWe are golden がハマるのではないかと思った!!3人に踊ってほしい。

✔️古着屋のファッションショーのシーンとてもいい!!

思春期、10代前半~半ばまでに独特の
勢い、輝き、儚さ、危うさ、がぎゅーーーっと詰まってる。
眩しすぎるほどのキラキラ感、でもすぐ裏に危うさが潜んでいる感じ。
前半~中盤までのPOPな音楽とカラフルな映像が印象的なぶん、ラストに近づくにつれてのヒヤヒヤ感との対比がつらい。
観れてよかった。映画っていいなあとも思えた映画でした。

この映画を日本で観れるようにするために配給会社を立ち上げてくださった日本イタリア映画社の方に感謝しかありません。

お悩みの方いらっしゃいましたら、全力でおすすめします!!
saki

sakiの感想・評価

4.0
若者の、思春期の、脆い?危うい?感じが痛いほど伝わる。

彼らの弾けるエネルギーも深い闇もどちらも若さ。
Fukui

Fukuiの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

あと少しみんなが優しくなれていたら、あんな最期にはならなかったのか......
考えさせられたララランドと違い、意図がわかりやすかった2パターン見せるラスト、そうあってほしい、こうだったら違っていたかもとあの瞬間が分岐点のように描かれていたが、そんなに簡単な話じゃないんじゃないかと勘ぐってしまう。

ブルーはこの先どう生きていくのか、この過去をどう語るのかとなとばかり考えてエンドロール見つめた。母親と心から和解する日はこないのかな、受け入れることはできると思うけれど。

ファッションショーのシーンが最高だった。もう一回見たい
wam

wamの感想・評価

4.0
痛い。すごく、すごく張りつめてて、ちょっと揺れただけで全て崩れてしまうような関係だったんだね。でも、かけがえのないもので。楽しくて。

アントニオの登校を待つロレンツォの笑顔が忘れられない。
ロレンツォは真っ直ぐで、アントニオは繊細で。どちらももうちょっとだけやわらかくなっていれば……と思わずにはいられない。ね、ブルー……。

ブルー、とても可愛かったな……
おげん

おげんの感想・評価

3.7
これもポップなLGBT映画。主人公のクセが強すぎてあまり共感はできないけど、悩める若者の危うさがよく描かれていると思う。
nana

nanaの感想・評価

-
10代の頃に出逢いたかった!
誇張なしで、生きていく上で大切なことを教えてくれる映画でした。

観た後はきっと誰もが自分にとっての「あの時」を思い出し、自分はどうすればよかったのか?と、きっと自分自身に問いかけてしまうと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=pi_AJxsdOKo
猫

猫の感想・評価

3.6
ラスト近くで、
チケット購入時には言えなかった
(題名をハッキリ覚えていなかった!)
この邦題が甦り
、、、
そんな!まさか!…
…………

ちょっぴり主役の男の子のクセが
強すぎる感はあるけれど、
自分を認める過程で「空想」は必要なのかも?とも思う。
彼女は書くことで自分を支えたし
それができなかった「彼」がああいう行動に出たのだと 
…納得できる。

ただ
クセが強すぎて、好き嫌いが別れる映画かも?
『彼の見つめる先に』
は、爽やかで胸キュンだったけど、
お国柄なのか?
いや敢えて明るいキャラを出しているのだろう。
ファッション・音楽、ハート…
そんなキャラがあったっていいじゃないか♪
って、思った。
人間だもん、いろんなキャラがいて当たり前。

何故か『シンプル・シモン』
を思い出したよ。

 2018.9.6 センチュリーシネマにて鑑賞
なぺ

なぺの感想・評価

3.9
最高の青春をしてたはずが、いつの間にかギリギリになっていた 強がりで未熟な3人 一瞬のしあわせとゆらぎ 結末にはびっくり!きっとみんな悪くないのにね
>|