はじまりの街の作品情報・感想・評価

はじまりの街2016年製作の映画)

La vita possibile/A POSSIBLE LIFE

上映日:2017年10月28日

製作国:

上映時間:107分

あらすじ

秋深まる北イタリアのトリノ。アンナとその息子ヴァレリオはローマからスーツケース一つを提げ、この街にやってきた。夫のDVから逃れ、親友カルラを頼って心機一転新しい生活を切り開くつもりだ。しかし、アンナは見知らぬ土地で仕事探しに焦り、ひとり寂しい時間を過ごすヴァレリオとの溝は深まるばかり。そんな親子をさりげなく見守る陽気なカルラに、近所のビストロオーナーの温かいまなざし。人生最高の日がやってくるまで…

秋深まる北イタリアのトリノ。アンナとその息子ヴァレリオはローマからスーツケース一つを提げ、この街にやってきた。夫のDVから逃れ、親友カルラを頼って心機一転新しい生活を切り開くつもりだ。しかし、アンナは見知らぬ土地で仕事探しに焦り、ひとり寂しい時間を過ごすヴァレリオとの溝は深まるばかり。そんな親子をさりげなく見守る陽気なカルラに、近所のビストロオーナーの温かいまなざし。人生最高の日がやってくるまで、どんな逆境にもめげない母の勇気と健気な息子の優しさに胸が熱くなる。美しいトリノの街を舞台に、新たな人生の可能性を指し示してくれる感動作。

「はじまりの街」に投稿された感想・評価

紫式部

紫式部の感想・評価

3.8
夫のDVから子供とトリノの有人の元に逃げ出してきた母と息子と彼等と関わる人達。

思春期前の純粋な少年のピュアな純情が、痛々しい程に切なくて、そして彼を気にかける母親の不安な居たたまれなさも強く共感できて、秋のトリノの景色と共に心温まる物語でした。
物語は、ローマで暮らすアンナ(マルゲリータ・ブイ) と息子のヴァレリオ(アンドレア・ピットリーノ )が、夫のDVから逃れて、トリノの友人カルラ(ヴァレリア・ゴリーノ)のもとで暮らし始めるところから始まります。

序盤から中盤にかけては、なかなか映画の焦点が定まらず、もたもた感が強く、やっと終盤にかけて、ああ、この映画はヴァレリオの成長物語なんだなと分かってきます。

http://www.movieimpressions.com/entry/2017/11/20/214012
八木

八木の感想・評価

2.3
 子どもの造形がよくできていると思う。主人公のヴァレリオが、きっちり「理由なき反抗」が出せていることが、健全で特に問題のない姿に見えた。そして、一般的な中学生程度の子どもって超気持ち悪いな、という素直な感想が出てきた。僕はですね、反抗期失敗してるのかもしれんですけど、例えば『反抗するために皿を割る』みたいな映像を見ると、「そこは止めるラインじゃないかな」ってすごい気になるんですよね。ちょっと盛りすぎたのではないかな、と。もっと言えば13歳の子どもをイノセントであるとみることができない病なのかもしれません。さらにもっと言えば、ヴァレリオを見て不快だったんですよ、ずっと、エンディングまで。
 もう一つ例えば、娼婦にうっかり恋をするくだりがあるんですね。そのアプローチに、「声はかけず遠くから眺める」っていうのを延々と繰り返して、興味を誘って最終的に声をかけてもらうに至るんです。そういう、自分からリスクを取りにいかない上けど性欲はバリバリ見せつけるバランスのとれなさが気持ち悪い。そして、娼婦に「あんた私がどういう商売してるかしってるの」と聞かれ「うん」とはっきり答えてたのに、そのうえであんな行動取ることとかも。反抗期ってさ、あそこまで見事に吐いたツバ飲み込むもんなのかね。僕は超絶理屈の上で生きる人間なので、リスクを取れないなら結果を求めない、事実を受け入られそうにないなら「うん」と言わないっていう逃げ道を作るリアリティもあっていいんじゃないかと思うんですよ。ていうかそっちの方が自然じゃないの。ヴァレリオは、はっきりいってメチャクチャ気持ち悪い中学生なんですよ。すげえ不快だったわー、長い間。でも、役者も含めてそのやな感じが「とてもよく出来てる」とは思った。あとはこれを楽しめるかどうかですね。
 急に引っ越してきたその地で「父と会えない、友達もいない、毎日自転車でぐーるぐる」とイタリアの吉幾三発現かというセリフを吐いておるんですが、ヴァレリオの学園生活ってほぼ描かれてないから友達ができないことが引っ越してきたことに丸投げされるのはちょっと納得いかなかったりするのよな。その割に娼婦にストーカーみたいなアプローチする、ある種狂った距離の詰め方するしさ。すわ性犯罪者ですよコイツ。
 それからまあラストですよね。もちろん詳しくは書けないけど、「だからその経緯書けよ」とか、「ローマのほうはなんも解決しとらんがな」とか、しっとり曲流してケツまくってんじゃないよ、と思いました。僕は楽しめなかったです。
 ただ、カルラとマチューのパートはハートウォーミングで良かったです。常に不穏ではあるから、どっかで豹変してもめごとのタネになるのではと恐れてしまった。でもまあ、マチューだってちょっとやりすぎてますよね、あれ。そら捕まるやろ。
Mari

Mariの感想・評価

4.3
泣きました。だって、少年が、純粋だから、だって、必死だから、だって、不器用だから。自分の想いを外に出せないから。本当に、良い映画だった。人は、絶対、幸せになるために、進むんだと思った。辛いことがあっても、今より、善くなるために。
歌が素晴らしい。最後は、本当に良かったねぇと触れてあげたい気持ちになった。皆に幸あれです。
ANRI

ANRIの感想・評価

3.9
なんかうるうるくる映画で、日常のリアリティを描かれてて息子のヴァレリオが可愛くて可愛くて仕方がなかった笑


男の子に男親がやっぱりいた方が良いよねと実感○

初めは友達出来ないし、上手いこといかないしで荒れ始めて心配やったけど最後は上手く収まる感じで良かったー!!


母親の友達好き!!
お家も良い感じやった✨
自由気ままに行きてる感じが素敵やった❣️
ヴァレリオがデートに行くシーンで前髪立てててかっこいいと褒めてデートの時の視線は?ってゆってヴァレリオが目を細める所が好き❤️


近所に住んではる人達が優しくて良かったなって感じ!


あの金髪の女の子も可愛かった✨


とりあえずヴァレリオ男の子13歳の事がよく分かる映画でした!
ぷち

ぷちの感想・評価

3.8
ママにあたって怒り爆発した後に、素直に謝るヴァレリオかわいすぎ。
困っている人に手を差し伸べられる人間になりたいって改めて思う。
み

みの感想・評価

3.9
どうにも上手いこといかないけど、なんとなく少しずつ前に進んでいく感じがよかった
街並みの美しさと息子のなんたるかわいさ
人物の背景にふれすぎない、みたいなところもよかったのかも
「自転車」「気球」は人生をより華やかなものにするのだと学びました。
ゆき

ゆきの感想・評価

3.9
こういう映画を観ると、その国に少し旅行に出て、こんな母子、生きる人たちを垣間見てきたような気分になる。
DVは別としても、多分、どこにでもありそうな日常なのだけど、本人たちにとっては、出口の見えない時間。
昨日より今日、今日より明日、笑ってたら良いなぁ。
もう少し、この国にとどまって、そんな彼等を見ていたくなる、そんな映画でした。
父の母に対するDVのため、ローマからトリノの友人宅に居候した母子・アンナとヴァレリオ。ほとんど引っ越してからの孤独な僕の物語でした。13歳、思春期というにはまだ早く、かといって猫かわいがりするような子どもでもない。一番難しい年頃の男の子かもしれません。
同世代の友達はできず、カルラの家の近所にあるビストロのオーナーに助けられたことから、彼には心を開いていきます。そして、もうひとり若い売春婦ラリッサとも親しくなるのですが、彼が感じていたのは友情なのか淡い恋心なのか(・・?
父のこと、母の隠し事、そして孤独な自分。13歳の少年の心が悲鳴をあげているのがひしひしと伝わってきました。ヴァレリオは母や周りの大人たちと心を通わせることができるのか?
トリノの紅葉した街並みが美しかったんですが、壁の落書きはいかがなものかと^^; まあ、街並みにとけ込んではいたような気はしますが。
エンドロールとともに流れる力強いイタリア語の歌が印象に残ります。どんなことがあったとしても人生ほど素晴らしいものはない!って感じ。淡々とした物語ながら、母子の愛情と葛藤、そして人の優しさを感じられる素敵な物語でした。期待値は低かったけれど良かった♪