ハートストーンの作品情報・感想・評価

ハートストーン2016年製作の映画)

Hjartasteinn/Heartstone

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:129分

3.8

あらすじ

東アイスランドの雄大で美しい自然が広がる漁村。ソールとクリスティアンは幼なじみで何をするのも一緒の大親友。思春期にさしかかり、ソールは大人びた美少女ベータに夢中になる。一方、クリスティアンはそんなソールの気持ちを知り上手くいくよう後押しするものの、内に秘めた親友への特別な感情に気づき当惑する―

「ハートストーン」に投稿された感想・評価

K

Kの感想・評価

3.6
思春期を迎えた10代の少年少女たちの繊細な感情を、広大なアイスランドの自然を背景に静かにリアルに描いた作品。

自然が残酷にも美しく、下手したら自然しかないぐらいのアイスランドの田舎町で行き場のないクリスチャンの切ない感情にすごく心奪われた。

クリスチャン役の少年の演技が良いのはもちろんなのだろうけど、声に出さない感情を上手く捉えるカメラワークや演出が光っていた気がします。

本当に彼らの日常の一部を切り取ったみたいに、特に何か起こるわけでもないストーリーの中で、こうも心が締め付けられるってすごい。

結論とか求める人には向いてないです。
rumi

rumiの感想・評価

3.7
2人の子供の青春を覗くには十分な時間でした。クリスティアンの気持ちが分かる人はもっと苦しみに共感できるじゃないでしょうか。
同性間の特別って愛でもあるので、恋愛と交わる部分もあるんじゃないかな。そこをどちらかが予期しない意味の違う愛が交わると、お互い気味が悪くてなんだか居た堪れないし辛いよね。考えさせられる映画というよりも、子供から大人への成長段階の独特な苦い気持ちを思い出させるような映画だった。
あと、アイルランドの生活、物のセンスが面白い。どこの田舎も閉鎖的なんだなあ。
sae

saeの感想・評価

2.5
狭い。ガキ。つらい。なんだか本当に救いがないな。どうすればいいんだろうね。
小杉

小杉の感想・評価

4.0
ロケーションが良い。思春期だ。
皆が知り合い。小さな村はリアルSNS。
北欧の大自然で余計な娯楽を知らずに生きてくの幸せそう。
Hi

Hiの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

儚く、切なく、残酷な物語。

重々しく、閉鎖されてる街では
隠してきた秘密さえ
町中に広まってしまう。

自分の気持ちが誰に向けられているか
気づいているクリスティアンの
愛おしそうな眼差しを
見るのは心苦しかった。

クリスティンが自殺を図った後からは
正直 早くエンディングを迎えて
迎えてほしいとさえ思えた。
(心苦しくて見ていられなかった)

少年時代の思い出が色褪せることなく
戯れあった日々がずっといつまでも
忘れない事を...

いつか心も体も大人になってしまって
幼い頃の気持ちを失ってしまうことが
なんとも寂しい。

大人になりたくないな。
Yui

Yuiの感想・評価

-
アイスランドの映画って独特の重苦しさがあって少し邦画と似てる気がする。
E

Eの感想・評価

4.0
親友に友達以上の感情があることに気づいてしまったら。ただ仲の良い親友でいることしかできないのか。

思春期真っ只中の、性の目覚めの衝動と残酷さ。閉鎖的な田舎で、自分はゲイかも知れない、このことが誰かに知れたら、という孤独と恐怖。東アイスランドの美しい大自然、他に何もないその場所が美しいほどに、どこにも行き場がなくより辛さが増す。

無邪気にふざけ戯れた少年期の終わり。とてもせつない。
halna

halnaの感想・評価

4.0
儚く美しく残酷な

みんなで馬に乗ってキャンプしに行くとかいう青春時代をわたしも過ごしたかった
nozomi

nozomiの感想・評価

4.4
いつかの
軽くて、くろくて硬い。ちいさな
ころがって底に ひとつ
そんな記憶

どうして欲しいものを素直に手を伸ばせないのか、
きっと誰もが苦しんだ記憶
この少年たちが 等身大に まっすぐに つらぬきとおす
どうして血を吐きながら、
苦しいとわかっていて
あたえようと行動するのか
相手のため?
無償の愛?
美しい気持ち
だけど、きれいなだけじゃ無い、ほんとうは
それは
血を吐くことで
愛してほしいから
そのままじゃ、みてもらえないと 虚ろで、
だから自分にナイフを向けるんだ
血の溢れた傷口を いのちを請うように
一瞬でも どうかそうじゃ無い返事を期待して、だから
その為になら何度も この胸に何度でも突き刺すんだ。

だから君が愛しい

あたりまえみたいに
だってあたりまえだから
好きは間違いも正しいも無い
たったのなにも、差異の概念すら無い。

最後のくちづけは、
とくべつなものだった。感じた。
いとしくて
まもりたいもの
たいせつなものだから
まもりたくて
こころ優しさに触れると
その愛おしさに
年齢も、性別も、隔たりもこえて
その愛しいさまを
与えたくなるから
そのかたちなんだ

愛しいきもちに
名前をつける必要があるのかな
きっと無いよ、
だから きっと溶けていく。
それで大丈夫。それが大丈夫。


転がる石
胸に在る
だけどいつか、
綺麗に 溶けて
きっと
そうなるよ


同性愛をえがく つらくて、だけどどうしようもなく美しい映画は
昔たくさん観てきたから、
あらためてすこしひさしぶりに観て
やっぱり美しいな
でも、予告とかよりもずっと
きれいとかにみえなくていい
きれいだけにみえなくなった、そう
美しくて、でも べつに美しく無い
ただただ泥臭くて、ずっと美しいよりも傷ついていてぼろぼろだ
生きている。なんの差異もなく。そういうこと。
感じられるように
なったことが感じられて、
それが嬉しくて良かったよね。
還る場所が、あるから。
いつだって美しい
美しさは、本当にあるよ。


2018.01.28
m

mの感想・評価

2.2
思春期の訳のわからないコントロールできない感情や行動を理解しきれないのは自分が大人になってしまったからなのかな

ただ観ていると遠い昔の記憶が胸の底のほうでプスプスとくすぶるかんじがした



最後のおでこにキスする所が綺麗すぎて
それまでのモヤモヤジリジリするものが少しだけすっきりした
>|