ハートストーンの作品情報・感想・評価

ハートストーン2016年製作の映画)

Hjartasteinn/Heartstone

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:129分

3.9

あらすじ

東アイスランドの雄大で美しい自然が広がる漁村。ソールとクリスティアンは幼なじみで何をするのも一緒の大親友。思春期にさしかかり、ソールは大人びた美少女ベータに夢中になる。一方、クリスティアンはそんなソールの気持ちを知り上手くいくよう後押しするものの、内に秘めた親友への特別な感情に気づき当惑する―

「ハートストーン」に投稿された感想・評価

kmkngl

kmknglの感想・評価

3.5
荒涼な自然に囲まれたアイスランドの田舎町で少年2人が思春期のもやもやに悩み傷つきながら少し成長する話。

青春映画にしては暗い。
2人の住む田舎町は過酷な自然環境と閉塞感の充満した人々で、少年に宿っているはずの命の輝きは、ただ大自然の中の動物の死骸のように悲しいほどに無力に描かれている。若さは眩しくもなく、危うさも美しくはない。

でもだからこそ、傷つきながらも進んでいくさまが尊く感じる。ほんとに、思春期てこんな感じだったなと思える映画でした。
最近気づいたのはアイスランド、アルゼンチン、旧ユーゴスラビアこの三ヶ所については街並み景色がわたしは好きなんだろうという事に気づく。

2カ月以上経ってしまったけど景色は覚えている、もう一回DVDで観たい
gigiro

gigiroの感想・評価

3.7
アイスランドの風景が美しい。思春期ゆえの性への関心がリアルな感じだった。
親友を好きになってしまったが相手はストレート。
叶わぬ恋に見ててこちらが辛くなった。
美しく尊い映画でした
Ray

Rayの感想・評価

3.7

映画館で鑑賞。

よりによって1番の親友を好きになってしまうとは…。
行き場のない気持ちを、
必死でこらえようとする、
クリスチャンが観ててとてもいたたまれなかった。
あまり客入りはよくなかったのもあるかもしれないが、
作品自体の音、特に出演者たちの息づかいまで聞こえて、こっちまでドキドキというか、気づいたら息を止めてた。
北欧の作品は性というものに特に、
真摯に向き合っていると感じる。
抑圧された環境の中、自分の性に気づく。

拠り所のない感情を持て余し、彷徨い、もがき、揺れ動く多感な思春期。
瑞々しくも切ない少年の姿に胸がしめつけられる。

アイスランドの自然豊かな映像が美しい。
Nodoka

Nodokaの感想・評価

5.0
親友だからこそ言えない気持ち
しかも同性ということで、さらに言えなくなっていく気持ち
積もりに積もっていく想い
これが溢れてしまったときに友情は脆く崩れてしまう
分かっていても、近づきたいその気持ちを抑えることは出来ない
とても良かった
アイルランドの曇った天気と、広大な自然
心にグサッと刺さった
Moa

Moaの感想・評価

3.0
予告編から期待し過ぎた。
好きになれなかったのは、主人公がガールフレンドや周りの男の子に比べて幼過ぎないか...という違和感が最後まで気になってしまったからかな
映像はとても綺麗。
全体的にじめじめしている。北欧ってこんな感じ?
NZRK1

NZRK1の感想・評価

4.1
20170916 シネモンド
P0

P0の感想・評価

5.0
記録
>|