ハートストーンの作品情報・感想・評価・動画配信

「ハートストーン」に投稿された感想・評価

リエ

リエの感想・評価

4.0
すごい映画を観た!と久しぶりに思った。
クリスティアンの悲しみの深さと重さをこれまで自分が分かってるつもりでいたことが恥ずかしい。
アイスランドの景色も圧巻。
サム

サムの感想・評価

3.4
思春期のモヤモヤ系映画はあまり得意ではなかったけどこれは感情移入や共感ができて観ていて飽きなかった。
閉鎖的な保守的な村の現場が痛いくらい描かれていて観ていてツライ。
すごく自然な少年たちの演技も良かった。
とても美しいくて狭い世界。その中での生と性が本当に切なかった。誰が悪いわけでもないのが余計に切ない。それも含めて美しい少年たちの話だった。
mazmboss

mazmbossの感想・評価

2.7
狭い世界では生きにくいよね。

冒頭の魚とカモメでメンタル抉られた....

このレビューはネタバレを含みます

映像美と叶わぬ恋、死との直面などの点から、シングルマンやムーンライトとの共通点を感じる。
しかし、同性愛の苦しさは、もっとも率直に、そして身に迫ってくるものを感じた。主人公が少年という純粋な心の持ち主という点もあるのかもしれない。
そして、大体は同性愛者同士の物語が多いが、今回は同性愛者がストレートを愛してしまうという、当事者あるあるをまさに綺麗な形で再現した点がこれまでとは異なり、より見るものの共感を誘っていると思う。

しかし、途中のシーンを見ても、クリスチャンの愛してしまうソールは、本当にストレートなのか?って思ってしまう。
ストレートも100%ではなくって、グラデーションであるとはよく言うけれど、まさにそんな感じ。
でもソールはまだそれに気づいていない、クリスチャンは自分自身では気づいている。その違いなのでは無いか、と。
marika

marikaの感想・評価

4.0
雪が降るのを見て思い出した映画。
釣り上げられて、お前は醜いと踏み付けられる魚に居た堪れない気持ちになるのは、身に覚えがあるから。
異質を認めないこの小さな世界は息苦しく、水の中でだけは叫ぶことができた。
誰の想いも叶わない。
魚はすぐに腐る。
どんよりとした曇空が覆う大自然はやがて長い冬に閉ざされ、雪が溶ける頃には離ればなれになったとしても、悲しくはない。
いつか彼がのびのびと泳げることを願って。
ykp

ykpの感想・評価

3.3
もう2度と見ないと思うし見たくない。
繊細な感情は壊れそうなほど純粋で、綺麗な映像は消えてしまいそうで、眩しいほど美しい光は残酷で、現実は最後まで痛々しくて苦しかった。
えりか

えりかの感想・評価

4.0
ソールはずっと「普通」の男の子だった、それがとても残酷で辛かった
NAO

NAOの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

監督が幼い頃過ごした漁村での経験をもとにかいたらしい。

最後の献辞の感じでは監督がクリスティアンなのだろうか…?と。

1番苦しくてたまらない気持ちになったのは、冷たい湖に入り誰にも言えない気持ちを吐露して叫んだところ。

友達より恋人に夢中で優先してしまったり、そんな温度差の違いは良く生まれる。
でも相手にとっては友達で、同じ土俵にさえ上がれない事、そしてそれを責められないことの辛さよ。

クリスティアンはソールのことを誰よりも大切な親友なんだと思いたくて、そういう気持ちなんだと自分に言い聞かせたくて、お前のためならなんでもしてやるー!と明るく言い放つがどうにも苦しくて、だけどこの気持ちを思春期の少年にはハンドル出来なくてどうしたら良いかいっぱいいっぱいだったのだろう。

光、影、そしてグレーディング、そして音。
とても良かったけど、

おませさんの姉たち、女友達の男の子達を馬鹿にしたりしている扱い方や、母親に対する態度、ファストフード店の店主が子供が来ているのにポルノを観てるなど、性に対する描写で少し嫌悪感を抱いた。

クリスティアンの父親がソールたちを崖に連れて行ったのは罰なの?アウトドアを経験させて楽しませる為?馬小屋の手伝いも諸々、どうしたらいいかわからなくて男らしいことをさせてみたりするのってよくある親の焦る気持ち。
二人を背後からミラーで確認した真意が気になる。
父親は気づいていたんだろうな。
自分で確かめたかったのだろうか。
ゲイの友達と喧嘩してしまったのもそういったところから複雑な気持ちになったのだろうな、と。

最後ソールが手を握ったとき、振り解かずに手を更に重ねたとき、クリスティアンはきっと自分の争う心に降参し自分の中で認めることができた気がした。
最後のおでこへのキスの特別感、そのあとの笑顔。

重々しい後味から一瞬にして切なくも優しくて、そして清々しいカタルシスを感じた。
あいの

あいのの感想・評価

3.7
生と性の残酷な一面を北欧の大自然の中で目の当たりにしたようだった。クリスティアンの気持ちを理解できないソールに罪は無いんだけど、俯瞰してみている身としてはめちゃくちゃ辛かった。見応えのある作品です。
>|