ハートストーンの作品情報・感想・評価

ハートストーン2016年製作の映画)

Hjartasteinn/Heartstone

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:129分

3.8

あらすじ

東アイスランドの雄大で美しい自然が広がる漁村。ソールとクリスティアンは幼なじみで何をするのも一緒の大親友。思春期にさしかかり、ソールは大人びた美少女ベータに夢中になる。一方、クリスティアンはそんなソールの気持ちを知り上手くいくよう後押しするものの、内に秘めた親友への特別な感情に気づき当惑する―

「ハートストーン」に投稿された感想・評価

瑞々しく
滲むような痛さがある。

ふたりの少年の物語。

友情の延長線上に
こぶのようにできてしまった
やるせない気持ち。
友情と愛情と。

筒抜けの土地柄、
こぶを隠し貫く少年と
思春期らしさを全うする主人公。

やり場のない想いは
ふとしたことでバランスを崩す。

凸凹とした心の混乱を、
じっくりとしたカメラワークで、
ぱぁん!とした抜きで、
捉える。
淡い表情の変化、まつげの先の光。

アイルランドの
低い薄雲と合っていた。

暗い表情の大人たちばかりの中、
少女たちが
見た目以上にタフなのところも良かった。
アイスランドの美しすぎる自然と
度々映る生物の死骸の対比
ヤンチャな田舎町の少年でずっといれたら良かったのにね
観終わってからも後を引く切なさ
Bee

Beeの感想・評価

2.3
少年2人が美少年です。

クリスティアンが特に綺麗というか、引き込まれる俳優さんだなと思った。
同性を好きになるのにはやっぱ怖いのも不安もあって周りが認めてなかったらと思うと、この世界にも腹がたつんだなって。
絶望感を味わっちゃうんだなと悲しかった。

LGBTがもっと認められますように。
皆にももっと理解されますように。
応援しています。
hagy

hagyの感想・評価

3.5
”青春LGBT系映画“
と評してしまうにはもったいない良作に思います
👏👏
リサ

リサの感想・評価

3.2
淡々と進むおかげで長く感じた…クリスティアンが美形だったから頑張って観れた
rie

rieの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

アイスランドの風景が美しい〜
こんな美しい風景の中でも、暮らしてる側は閉鎖的で鬱々とするものなんだなぁ…
思春期の繊細な感情が痛々しい。最後、クリスティアンのおでこにキスするシーンにソールの優しさを感じた。
elie

elieの感想・評価

4.3
ぬぅぅぅぅ...
ふぅぅぅぅ... !!!!
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
切なさと興奮で胸がいっぱい
_:(´ཀ`」 ∠):
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
大好きな親友に対する
今までとは違う特別な感情に
気づいてしまった少年
"お前のためなら何でもやる"
がじわじわ効いてくる...
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

もうクリスティアンの目が...
あの目は親友を見る目じゃない
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

でも言えないんだよね
好きって 言えない...
だからちょっかいかけちゃうけど
冗談だよって気持ちに嘘ついて
誤魔化しちゃうし
応援なんかしちゃったりして。
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
人の気も知らないでって
叫びたくても
本当の想いは淀んだ水の中に
隠す事しかできなくて
見てるこっちも苦しくなる😭
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

息遣い、表情、手から伝わる想い
舐め回すようなカメラワークや
成長スピードの違う体格差とかも
なんとも言えないそういう雰囲気を
うまーく醸し出してる
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
しかしアイスランドの盛んな若者たちが
提案するゲームのけしからん事(笑)
ソールの姉さんといい
女子達がまたいい感じに
悪い顔してて怖いね〜◎
小さな村では噂もすぐ回るし
美しい少年達に反して
魚や動物を使った残酷な描写も
この村での生き辛さをより感じさせる
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
でもあのカサゴとソールの優しさが
そういう比喩だったのかと
最後に気づいてちょっと救われた
この村では"醜い"と排除される想いが
もっと広い世界で潰されずに
生きられますように...
あさ

あさの感想・評価

4.7
最後のカサゴは誰なのか
人に釣られて命を絶たれたと思っても、水中でまた泳ぎだす
クリスティアンは引っ越してしまってもうあの村で会うことはなくなったんだろう

なかなか高評価なので構えてましたがこれもまた良作

BGMが最小限に抑えられているから生活音に自然と耳が傾く
まさに繊細な映像作品という印象だった
役者の表情や動作、また自然の音や村そのものが全て
思春期の中の反抗、性の芽生えと自我との衝突
こんな小さな村にいたから、彼らには都会に逃げ出す道しかなかったのかもしれない。それも彼らにはまだできないことだった。

ラストシーンがヒュグラのモーリスと少しだけ重なったように見えたの

ただ動物の命が奪われるシーンが多くてね、それも必要なシーンなんだけどね
dsqu23

dsqu23の感想・評価

3.9

幼い頃はそこに居ることへの意味なんて考えずに過ごしてる。目の前のことに向き合って考えて。
外へ出て、やっと少し見える

彼らはこれからどう思うんだろう、と思ってしまった

アイスランドで散歩したい。
rann

rannの感想・評価

3.9
思春期をここまでストレートに描いた作品を初めて観た。主人公の2人は男の子なのだけど、これは男女関係なく誰が観ても、どこか共感したり、懐かしい感情が蘇るんじゃないかな。作品の冒頭での、魚を釣って、思いっきり叩き潰して殺すシーンからインパクト抜群。かなり残酷に見えたけど、何てことなく当たり前に生き物(食べ物)は殺す。醜い魚を海に帰してあげるのではなく踏み殺す。あのシーンからソールの人としてまだ未完成な人間性を強く感じた。ソールやクリスティアンには同情もする物語だけど、大きな目で見れば、彼らだって誰か、または何かの脅威になる。
生きている限り誰かに傷つけられるし、傷つける。
兄弟の煩わしさや、家庭環境の危機感、噂の種になることへの懸念、時間を持て余すあの感じも、遠いアイスランドで描かれているはずなのに、どこかノスタルジックな感覚に包まれて、色々想い出した。
人が成長する時に通る過程は、国や地域はさほど関係ない。そこは人類共通かなと思った。
>|