娼年の作品情報・感想・評価 - 116ページ目

娼年2018年製作の映画)

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:119分

3.4

あらすじ

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それ…

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香がオーナーである秘密の会員制ボーイズクラブ、「パッション」に入るための試験であった。 最初こそ戸惑ったが、「娼夫」として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていくリョウ。「女性は退屈だ」と言っていたかつての姿が嘘のように、どんな女性の欲望も引き出し、彼との時間を過ごすことによって、彼を買った女性たちは自分を解放していく。やがて静香に対しても想いを寄せるようになるのだが・・・。

「娼年」に投稿された感想・評価

miri

miriの感想・評価

3.3
松坂桃李くん身体張ってます。
冒頭からいきなり始まりますが、うん、ただのエロさだけではない。でもしんどいな。
暗い部分纏っている感じ、松坂桃李くんだからこそ出てるものと思いました。劇中でリョウのことを皆んな"普通な人"だと言うけれどあれは普通なのかな。
1人でみるか映画の内容理解した上で友達とみるのが良いね。カップルはいやかな。
ちえ

ちえの感想・評価

4.0
深いし、見てられない気持ちにもなるし釘ずけになりました。つまらなかったら寝てしまう私ですが展開が気になって気になってどんな終わりになるのか、、、切ない悲しいシーンもありましたがただsexをしている内容でもありませんでした。
映画の途中で席を立った。
こんなことは初めてだ。

濡れ場の是非ではなく、どの登場人物もわざとらしく安っぽい演技。話し方、仕草が不自然でフィクションの域を出ない。薄ら寒ささえ覚える。
これだけセンセーショナルなテーマに挑むのならば松坂桃李を囲む周りのキャラクターにもっと生々しさが欲しかった。ファンタジーが過ぎるせいで、物語が全く頭に入ってこない。
確かに松坂桃李の演技は繊細で作り込まれているのだが、それさえもチープに感じてしまう。
性行為のシーンは一辺倒で退屈。決して下品ではないのだが、なんだかどうも荒々しさに目が行ってしまい、美しい、繊細、エロティックとはほど遠い。
それならばこんなに過激でなくていいからしっかりとした俳優陣を揃えてもっと丁寧に描けばよかったのにと思う。

「俳優松坂桃李」が「体当たりで挑む過激な濡れ場」を延々と見せられているという感じ。家でお酒を片手に流し見するくらいが丁度良い。
原作は未読です。
凄いなぁー、松坂桃李さんここまでやれるのか!もうどんな役でもできるのでは?
娼年になったリョウが、最初は死んだ魚のような目をしていたのに、だんだん水を得た魚のように変化していく。

殆どがリョウが買われているシーンだけど、それ以外の場面ではウルってしてしまうシーンもあったりして、良かったんだけど、中にはちょっと笑ってしまうような演出もあったりして、そういうところでは
冷めてしまって現実に引き戻されたりして
その辺が私の中では残念でした。
リョウくんの人柄が良いので、私もたくさんお話を聞いてもらいたいな、と思ってしまいました(笑)

女性のキャストはエンドロールでお名前を拝見してもわかる人がいなかったのですが、皆さんまさに体当たりで凄かったです。

とりあえずぶったまげっぱなしでしたが、
後味も悪くなかったし、改めて松坂桃李のファンで良かったと思いました。
KSat

KSatの感想・評価

1.5
役者の演技以上に音効が頑張ってる。達した時にお尻をブルブルいわせる松坂桃李とそう指示した三浦大輔の勇気はすごいと思うが。

想像以上に露悪的な内容、ひたすらにダサすぎる演出、舞台的な台詞と演技など、ちょっと見てられない。

笑えるはずの場面も、全く笑えない。
石田衣良さんの本のなかでもこの作品は特に好きで、舞台化されたとき観に行けなかったので映画公開日の今日は、気合い入れて朝一の回見に行きました。

三浦監督の「愛の渦」観たときエロと見せかけてよくここまで人間臭くできたな!って思ったから、
今回もエロと見せかけて...って予測したのだけど、いや、エロだし、アダルトビデオを連想させるシーン(私は笑ってしまった)とかガンガン出てくる。
おまけにショータイムか?と思う演出もありで、多彩(多才というよりも)なエンターテイメントが見られます。

だけど登場人物それぞれや、仕事に呼んでくれたお相手のバックグラウンドを聞くと、この監督にもっと色んなテーマを見せられているんじゃないか?と思ってしまいます。
そこら辺は、原作を読んだときより印象に残りました。

全体を通して、松坂桃李すごい!ってびっくりした。大学生の歩き方、髪型、してるわ~。あとめちゃ体力、ある。

鑑賞料金1600円でよかったのかな?また原作も続編も読みます。
松坂桃李がんばったなあ、、、化けたなあ、、原作ファンとしては、文字で読む方が好きだなあと思ったけれど、描写に怯まずR18でも映像化したことはすごいと思う。こうなると、続編の「逝年」も制作してほしい。
MURANO

MURANOの感想・評価

4.0
松坂桃李が娼夫役で、超本格的な濡れ場を披露! それはもう、尺の半分以上やってるのでは、というほど。

石田衣良の原作と内容は同じでも、映像になって目の前に提示されると、過激度が急上昇しててスゴい。

性描写を誤魔化さずに描ききり、女優陣も全員当たり前のように脱いでて偉い(笑)

ジャズを劇伴に緊張感を持たせながら、肉体表現は激しく、切なく、ときに行き過ぎなほどに、ひたすら欲望を解き放つ。

ここまで潔く突き抜けてると、エロさや卑猥さなんて超越回避するし、一周回ってポップな喜劇っぽく見ることすらも出来ます。

三浦大輔監督、旬な俳優を主演にここまで攻めてる映画を作っちゃうとは!
わこー

わこーの感想・評価

3.0
男女問わず多くの人に見てほしい作品。
特に“今”見るべき映画。

女はこうであるべき、男はこうであるべき、被害者、加害者、障害者はこうあるべき、っていうような共通認識って本当に気持ち悪くて、でも無意識のうちにやってしまってることで
最近「それってよくないよね」って空気感が高まって来てる気がします。
そんな今だからこそ、映画は「人間そんな単純じゃないから!」ってことを描く必要があるんです。
バーホーベンの「ELLE」とか、
この娼年もそういう位置付けの作品だと思います。
だからたくさんの人にこの映画が届いてほしい。

引っかかったのは
リョウくんを完璧に描きすぎているのはちょっとどうなんだと。
だって松坂桃李だもの!と言われればそれまでだけど。
松坂桃李自体は素晴らしかった。
メロメロでした。
彼以外では成立しなかったと思います。
完璧なのはよしとして
せめて、クラブで働いてる他の男の子たちと比較して彼がどう優れているのかをしっかり画で見せて欲しかった。

個人的には「お前は昼の人間として生きていけるのに!」って言うある人のセリフがとても良かったです。

あと笑っていいのかわからないおかしな描写がたくさんでてくるので、終わってから見た人と語り合うのが楽しいです。
カイズ

カイズの感想・評価

4.8
これからの日本では

“「娼年」以前の性描写”
“「娼年」以降の性描写”

と、いうような表現が飛び交うかもしれない。


女性ウケする映画だと思うが、だからこそ、たくさんの男性に劇場に足を運んでほしいと思った。

R18+表記に釣られて(騙されて)観てしまった男性諸君の意見が聴きたい。