娼年の作品情報・感想・評価 - 116ページ目

娼年2018年製作の映画)

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:119分

3.4

あらすじ

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それ…

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香がオーナーである秘密の会員制ボーイズクラブ、「パッション」に入るための試験であった。 最初こそ戸惑ったが、「娼夫」として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていくリョウ。「女性は退屈だ」と言っていたかつての姿が嘘のように、どんな女性の欲望も引き出し、彼との時間を過ごすことによって、彼を買った女性たちは自分を解放していく。やがて静香に対しても想いを寄せるようになるのだが・・・。

「娼年」に投稿された感想・評価

cma

cmaの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

本編の8割はベッドシーンであることにびっくりしたのが本音。

女なんてつまらない。
性行為なんて、順序の決まったただの行為だ。
女に関して冷め切ってるリョウ君だったが、
ある彼女に会って その気持ちが変わるキッカケが生まれる。
"娼年"となり、働くこと。
女には、
一人一人 いろいろな形の欲望がある。性癖がある。誰にも打ち明けられない秘密がある。

"女は歳を重ねることを罪のように感じるが
それが何故か、僕には分からなかった。"

容姿、年齢、欲。
客にペースを合わせ、心を開き
また、その欲を引き出す。

ただ、ごく普通な平凡な大学生。
どこか、寂しげな目に惹かれるものがある。

演出の仕方も、とても美しかった。

松坂桃李だから、リョウ君 を演じられたのではないのでしょうか。

素敵でした
上映時間の半分以上が最中という衝撃的な作品でしたが、見終わった後に嫌な後味のない映画。
いろんな性癖の人が出てくるので思わず笑ってしまう場面も結構あったり、つっこみどころもあったり、重くなりすぎず見れます。
松坂桃李くん演じる領くんの女性の年齢の重ね方に対する考え方がとても素敵で、女性としても学ぶところがありました。
生きてりゃ色々あるよな〜と、なんだかスッキリとさえしました。

松坂桃李をキャスティングしてくれてありがとうと言いたくなります🙏笑
話的にはこの歳で観る映画じゃないリアルすぎる

光の映し方がこれまでにないくらい綺麗だった
松坂桃李が好きで、原作読んで観たけど映像化されると話を知ってても圧倒された。
2回ぐらい濡れ場で笑った。
ヒロミさんの女のスイッチの入り方すごい
原作未読。
率直な感想ですが、松坂桃李体張ってますね〜
R-18指定の為、もちろん良い子は観れません。
本作のほとんどがS◯Xシーンです。

個人的には刺激が強いかなぁというシーンもありました。
しげ

しげの感想・評価

3.5
映画館補正を入れてのこの点数。
面白くないことはないが、これは小説で読んだ方が面白い部類の作品ではないかな。
松坂桃李が説明口調なのが気になった。
小説好きな人が映像化を楽しむ分には良いと思う。
ちーこ

ちーこの感想・評価

3.0
ちょっと期待して観に行きました
うーん、あまり面白くなかった
全くもって、エロさもなく
心情に訴えかけられることもなく
主人公のリョウの成長、、どこ⁉️
って感じでした
顔が優しくなったぐらい

色んな性癖があり、欲望があるのはわかりましたが
女性の欲望ってこれ
プロの娼年って、これでプロ
って思いました
男性目線だなぁと思いました
リアル感もあるようでなかった
あの抱き方はちょっと笑笑
ごめんなさい🙏
買いたいと思うほどの魅力が感じられなかった
身体と心にグッと来るモノが欲しかった
演出が違うと、リョウの優しさと思いやり、成長
最後に終わりましたと報告する、割り切ったプロの心、が見る側の心にも染みた気がします

まあ、最初のお客さんとのやりとりが1番いやらしかったかな☺️
スリーショットでイク‼️笑笑
2パターンありましたが、、
女友達との泣きながらの、、は悲しかった
などなど、、、軽く話す感じ笑いながら

とにかく、松坂桃李くんの顔と、お尻は
素敵でした💕
みや

みやの感想・評価

2.5
二十歳の森中領は恵まれたルックスと東京の名門大学に通っている知性を持ちながらも、日々の生活や女性との関係に退屈さを感じながら無気力に、大学にも通わずにバーでのアルバイト生活に明け暮れていた。

そんな領は、ある日バーで美しい年上の女性静香と出会う。「女なんてつまらない、SEXなんて規則的な運動にすぎない」と冷めた目で言う領に、静香は”情熱の試験”を受けてみないかと誘う。それは静香が経営する会員制ボーイズクラブ”Le Club Passion”で働く為の試験だった。

退屈な日常から抜け出す為に領は情熱の試験を受けるのだけれど、その試験とはまだ十代の様な幼さの残る女の子と静香の目の前でSEXをするというアブノーマルな試験だった。
他人の目の前でSEXをするなど通常の神経の持ち主であれば絶対に出来ないと感じるのだけれど、日常に退屈さを感じていた領はその試験に挑むが静香に不合格を出される。自分本位のSEX、女性の想いやサインを全く読み取っていないと言う事が不合格の理由だったのだけれど、試験台の若い女の子咲良の推薦で、領は次の日からLe Club Passion で娼夫リョウとして働き始める事となるー

序盤から明かされる領の十年前に亡くなった母への想いがこの作品の根底に流れている。母性への憧憬、崇敬を持ち合わせているリョウはだからこそ自分を指名してくれる客である自分より年上の女性達を、蔑んだり憐れんだりせずに寧ろ尊重し丁寧に接し、彼女達の心と身体の欲望を満たしていきそれと同時に自分自身の虚無感も満たされていく。

作品の中で「リョウは普通だから」と言う台詞があるのだけれど、全く持ってリョウは普通ではない。そもそも普通とは何だろう?普通である人間などいないのではないのかと感じた。其々が其々の趣味嗜好があり、それは性的なものにも言える事で其々がアブノーマルな嗜好を持ち合わせていると感じるし、性欲は決して渇望する事がないのかもしれない。たとえ七十歳になったとしても…

母親の死の真相、静香の真実は作為的に感じたし、静香と咲良の関係性もアブノーマル過ぎて辛く思えた。全篇通して繰り広げられるSEXシーンは、序盤は観ていて恥ずかしくなるのだけれど、中盤からは何故か滑稽に見えるから不思議だ。それはやはりそのSEXがリョウが言っていた規則的な運動にすぎないからであって、そこに感情が存在していれば観る者も情緒的なエロスを感じれるのではないのだろうか。
記録

記録の感想・評価

2.3

このレビューはネタバレを含みます

原作はきっともっとそれぞれの心情が描かれて美しいはず。映像化すると嫌な意味で美化されるから、これはあまりはまらなかった。
auマンデイ。
良い子は見ないように!
終始あのシーン。体を張ってる桃李さん。
筋肉質のお身体ですよ。
下手なA○より、エロいです(笑)
途中で、笑えるシーンもあります!
一緒に見に行く相手を相当選ぶ作品です。
事前にある程度、今は情報が手に入るので、まあ、そこは。
レンタルするのが勇気いるでしょう(笑)
ところで、黒沢年雄さんの歌は?(笑)