響 -HIBIKI-の作品情報・感想・評価

響 -HIBIKI-2018年製作の映画)

上映日:2018年09月14日

製作国:

上映時間:104分

あらすじ

スマートフォン・SNSの普及により、活字離れは急速に進み、出版不況の文学界。 そこに現れた一人の天才少女、彼女の名は『響』(平手友梨奈)。 15歳の彼女の小説は、圧倒的かつ絶対的な才能を感じさせるもので、文学の世界に革命を起こす力を持っていた。 文芸誌「木蓮」編集者の花井ふみ(北川景子)との出会いを経て、響は一躍世の脚光を浴びることとなる。 しかし、響は、普通じゃない。 彼女は自分…

スマートフォン・SNSの普及により、活字離れは急速に進み、出版不況の文学界。 そこに現れた一人の天才少女、彼女の名は『響』(平手友梨奈)。 15歳の彼女の小説は、圧倒的かつ絶対的な才能を感じさせるもので、文学の世界に革命を起こす力を持っていた。 文芸誌「木蓮」編集者の花井ふみ(北川景子)との出会いを経て、響は一躍世の脚光を浴びることとなる。 しかし、響は、普通じゃない。 彼女は自分の信じる生き方を絶対曲げない。 世間の常識に囚われ、建前をかざして生きる人々の誤魔化しを許すことができない。 響がとる行動は、過去の栄光にすがる有名作家、スクープの欲だけで動く記者、生きることに挫折した売れない小説家など、様々な人に計り知れない影響を与え、彼らの価値観をも変え始める。 一方、響の執筆した処女作は、日本を代表する文学賞、直木賞・芥川賞のダブルノミネートという歴史的快挙にまで発展していく。

「響 -HIBIKI-」に投稿された感想・評価

Spike

Spikeの感想・評価

3.8
周りに惑わされず自分に正直に生きる事って凄く純粋で、だからこそ響かされ惹きつけられるんだと感じました。

正に「サイレントマジョリティー」を描いた作品。

エンドロールで流れる平手友梨奈の『角を曲がる』円盤化希望。
小骨

小骨の感想・評価

4.0
いつもは観ないが友人の紹介で久々の邦画。
権威ある人にすぐへこへこしたり、スキャンダルに過敏だったり、「そういうものなのよ」って圧力をかけてくる「大人」とか「社会人」の描写の生々しさは邦画じゃなきゃ描けないなとは思う。
で、それに対して真っ向から慣れ合い拒否する主人公がどう立ち回るのかって言うのが本作なんだけど、
正直、見る人によって、どんなテーマだったかの解釈が大きく変わると思う。(…狂い咲きサンダーロード?)

…ので、ズンときたセリフを2つピックアップしてあとはネタバレラインより下に書く。
「惰性だよ。いずれお前にもわかるときが来る。自分の世界と現実との折り合いってものがな」
「ねぇ約束して!あんなこと二度としないって!」



---以降、若干ネタバレ気味な、トーク/考察ネタ---



・メインテーマはなにか
物語の構成としては、主人公に対して、二つの対比構造があるかなぁって。

ただ本を読のが好きで、書きたいものが多くあり、
誰もに認められるほどの文才を持つが、
相手の事情を鑑みたり、社会の一員として慣れあうことが一切できずに暴力で解決してしまう女子高生の主人公に対して、

主人公に才能を見出してなんとか出版したいし主人公にいざこざを起こさないことを第一にしたり、出版で儲けをとるのを第一にしたり、あら捜ししてそれら妨害したりするのを第一にしたり、事情や慣れあいを覆そうとも思わない大人、
の対比の構図。

書きたいものをただ書くのではなく、書けないのに書く、書きたいものとは別なものを書く、事情に自分を追い込んでしまった作家、
の対比の構図。

で、主人公を抜くと、ただ生々しいだけの現実になるなぁって。
つまり、事情をかかえる作家と、事情を抱える大人社会に対して、「もともとやりたかったのはこうで、そんな事情なんて本当に意味があるのか?才能さえあればそんなものすべて吹き飛ばせるのでは?」っていうのが本作のメインテーマかなって。
そのために用意された「慣れあわない」かつ「自分の力を示せる暴力と文才を持つ」という設定を持ったメアリー・スーが主人公かなって。

例えるなら、狂い咲きサンダーロード。
大人社会に対して、「そうじゃないだろ」「俺はそうは思わない」と若さのエネルギーだけで立ち向かっていくヤンキー。
それをヤンキーから作家に置き換えた感じ。

でも、そういうifに対して、最終的に、
「私の事は我慢しようと決めてた。でも友達が傷つけられたから」
「また次の作品ができたとき、あなたに最初に読んでほしい」
とか、最終的に、主人公にも守るものができていって、
「大人社会」とのなれ合いを強制されていくことになる兆しがわずかに見えるのが、
作品の終わりとして、メアリースーに適切な死の可能性を示していて良いなって。

(主人公にも家族がいたのにあの性格で家族に何も言われなかったのか、とか、あれだけ本を読み漁っておいて大人社会の汚さとかなれ合いとか一切学ばなかったのか、とかのツッコミがないあたりがメアリースーなのかなっていう)


・「自分の世界と現実の(ry」のあたりの会話の疑問。
「(書きたいことがないのに)じゃあなんで書いてんの?」って主人公が言った瞬間、
自分でも自分の発言に驚いてんだよね。とっさに周りの人を見渡すレベルで。
それって今までの主人公の動きから考えると少し、解釈が合わないなって。

自分には書きたいものがないという経験がないから聞けた?
相手を傷つける発言だったと気付いたからとっさに自分の口を押えて周囲の人を見渡した?
周囲の人を見渡してヘルプを求めるという動作はどこから来た?
一個目の仮説まではありうる。そのあとの二つ目三つ目の仮説が真だとすると、処々の立ち振る舞いは、様々な立ち振る舞い方を知った上での「自身へのキャラ付け」ふぁったということになるけど、大丈夫か。

・最後の踏切のシーンへの疑念
大人社会に対して舐めてかかるのは、自分にはそれだけの文才があるからだという自負があるのはわかるが、
自分の手前で止まるかわからない電車の前に立ちはだかって「私はまだ死ぬつもりはない」って言うのは、
物理法則に対して舐めてかかってるのか?

そこから導けるのは、
「自分が違うと思っていたことに反抗してた」わけじゃなく、
ただ「『相手はなんでもよくて』自分の力がどこまで通用するか見たかっただけ」という。
この程度の運試しで折れたりはしないという意思表示なんかもしれへんけど、特に挑む必要がない上に、試すのが自分の才能でもなくてただの運ってどないやねん…大物感は出るけど…みたいな。

・作家に必要な感性とセンス
作家として人に影響を与える、世界を変えるのに
「事情」に揉まれない、ってことが必要なのかなって思ってたけど、
「作者ごときが、本の評価決めてんじゃねーよ!」
っていうのもひっかかるね。
Candy

Candyの感想・評価

4.0
平手出てるから見てみた
原作も何も知らなかったけどそこそこ楽しめた
平手って演技上手いんだな
ドラマ出てたときも確かにそこまで下手な印象はなかったけど
続編があるなら是非見たい
ゆい

ゆいの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

無理やりな所も多少あったにせよ、
割と原作通りに進んで良かったです(というより安心した笑)
ただ漫画の方が登場人物達の心情がより分かっちゃうのは時間の都合上しょうがないかな、、、

響と平手ちゃん、2人の雰囲気がマッチしていて最高でした。
特に芥川賞、直木賞同時受賞した時の記者会見でマイク投げるところからはまさに欅坂でみる平手ちゃんな感じでゾクッとしました!
また動物園とかで見せた笑顔は初期の平手ちゃんを彷彿とさせたし、素な感じが良かった◎

観て損はしない。平手ちゃんの魅力によりのめり込む。
小市民

小市民の感想・評価

3.2
原作読まず、主人公がアイドルとも知らず何の先入観なく鑑賞。暴力が生々しいも、才能と固執からの正当化の描写すごい
傑作。まず響を演じた平手友梨奈の演技に惚れた。圧倒的才能を持つ響は芯が強く、自分や相手にストレートで狂気的な振る舞いを見てて夢中になる。認めざるを得ない才能ってかっこいいと感じた。また、響のセリフは心に響きました。そして、普段はクールな響も動物園のシーンで見せた笑顔は可愛い。
記者会見で響と記者(野間口徹)の個と個のぶつかり合いの撮影方がかっこよくて好き。
文学界にスポットを当てた映画はなかなか見ないので、本に興味持つようになった!原作読みます。
きょん

きょんの感想・評価

3.0
映画館で観なくてもいいかなあ。。
感想は「何も知りませんが、これ、続編やりますよ」やらなきゃ響を囲う豪華キャストの意味は?と突っ込んでしまいましたが。。

響は見ていて気持ちよかったけどそれだけだったかなあ。。それこそ中身をもっと求めてしまった。。
右の棚と左の棚なら左に置いてしまうかも(笑)
とえ

とえの感想・評価

4.0
面白かったなぁ〜

突如、文壇に登場した天才女子高生小説家 鮎喰 響(あくいひびき)の物語

女子高生 鮎喰響が書いた小説「お伽の庭」が、出版社の新人賞を受賞すると、たちまち「女子高生の天才小説家誕生!」と反響を呼ぶことになり…

私がこの映画を観てとても共感したのは
「みんな、世間の目を気にしすぎじゃね??」という響の生き方

小説家たちは、書き上がった作品について「世間にどう評価されるか」ばかりを気にして、周りから褒められる作品を書こうとする

それは、小説家に限らず、全ての人に言えること

何かを発言したり、表現したりする時に、周りの人たちに認められたいという承認欲求が出てしまい、いつの間にか、自分の思っていたことと違うことを表現してしまっている

そうして本音ではないところから生まれた作品は本当に面白いものなのか?と、問いかける

響が「天才」と言われたのは、そうした「周りから認められたい欲求」がなく、ストレートに、ありのままに、書きたいように自分の思いを表現したからだ

そして、そんな響がもてはやされるようになると「出る杭は叩きつぶす」とばかりに、マスコミは響の欠点を一斉に叩き始める

それでも、響のように「誰に突っ込まれても揺るがない自分」があって「友達がいじめられたら仕返しをする」ような熱い情熱があれば、周りの人たちは、自然とその人を評価するようになるのだ

そんな真っ直ぐな響を観ていると、私自身の中にも「周りの視線を気にして、いい子ちゃんになろうとする私」とか「認められたい承認欲求」があるような気がして、考えさせられてしまった

みんなが響のように生きられたらいいけど、彼女のような生き方はとても難しいのだ

しかし、世間の目ばかりを意識した表現には、つまらないものしか生まれないのも事実だ

表現したいことがあるなら、世間の目を気にせず表現するべきなのだ

だからといって、何をしても良いというわけではなく、やるなら、響のように最後まで責任を持つべきだ
どんな批判も受けて立つ覚悟を持って表現したとき、その人の最高傑作が生まれるのだ

その他にも「自分は才能がない」と決めつける小栗旬には「勝手に決めつけて落ち込んでんじゃねーよ」と思ったし、
人の作品も読まずに決めつける柳楽優弥には「こういう人いる〜!!」と思った

響は、最近の「作品自体よりも、その周りの現象」を評価したがる世の中に「モノ申す」ために生まれたキャラクターなのだと思った

アーティストなら作品で勝負しろ
ということなのだ

そんな作品を、そんな世界のど真ん中にいらっしゃる「秋元康センセイ」がスーパーバイザーとして参加しているんだから面白い

世間の欲求を形にして、一大王国を築いてきたように見える秋元センセイだけど、そう見えて、そうではないということなのか

それとも、秋元康も響のように生きたいということなのか

響だったら、秋元康をどう評価するのか、聞いてみたいところだ
Abby

Abbyの感想・評価

-
とにかく平手さんが可愛いくて、カッコよかった(*≧∀≦*)

自身の才能に対してこんなに無頓着な人は流石にいないだろうけど、悦に入るよりはいい。

とにかく何も考えず気楽に観れました(/▽\)♪
mii

miiの感想・評価

2.8
平手さんの存在感が価値の映画。
原作の響より可愛げもあり、大人達を軒並み喰ってしまう空気感が素晴らしい。
リカ役のウィルソンさんはもう少しギャルみがほしかった…可愛かったけど。。
原作にあった各作家の葛藤がバッサリ切られ、幼馴染の狂気感が完全に無きものにされ、原作の癖があっさり風味にされてるのが少し残念。ラノベ書く子(名前は失念)の現代っ子ぽさが、リカの特別感と、さらにその上をいく響の異質感を引き立たせていた気がして、尺の都合上仕方ないんだろうけど削る判断をしてしまった部分が味なのになぁーと勿体ないところが多い。各俳優の演技力でなんとかしたまとめたという感じがした。北川さんは心ここに在らずの演技にみえて、あまり役柄が合わなかったのかな?
>|