ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューションの作品情報・感想・評価

ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション2015年製作の映画)

The Hunger Games: Mockingjay - Part 2

上映日:2015年11月20日

製作国:

上映時間:137分

3.3

あらすじ

「ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション」に投稿された感想・評価

sakkiii

sakkiiiの感想・評価

3.2
シリーズ完結するまで見たかったけど、ファイナル1で凹んで、でもファイナル2は見応え復活してよかった!
若干展開読めたとこもあったけど、スカッとしてすっきりした場面もあって◎
すごくシリアスな展開からの終わりがあれでよかったのかと少し疑問。

途中地下を通ってキャピタルへ行く時にゾンビみたいなのが出てきたり音で脅かそうとしたりホラー映画かと思ったり、地上に出たら今度はスターウォーズかって言うぐらいスノーと反乱軍の銃撃戦になったり何だか最初の方が面白かったような気がするなー
1ssey

1sseyの感想・評価

3.3
若干持ち直したかな。流石に戦闘シーンは増量、カットニスの弓での戦闘はしっかり堪能できるし、1人ずつ仲間を失いながら官邸へ近づいていくのもやっと王道な感じでよかった。

しかしながら、やっぱりカットニスもスノーもコインも思考回路がどうかしてて、逐一冷めてしまう。
首都のあちこちでトラップ作動してるのに、まだ国民避難してなかったんかい!って感じだし、カットニスの2股の結末も言いがかりにしか見えなくて、フラれた方が不憫過ぎる。

処刑場のシーンも「でしょうね」だし、スノーにはもっとこの世界観の根本的なカラクリを話してから死んで欲しかったなぁ。
パグレ

パグレの感想・評価

1.9
①ハンガーゲーム
②ハンガーゲーム2
③ハンガーゲームFINAL:レジスタンス
④ハンガーゲームFINAL:レボリューション ←いまここ

トータル8時間強におよぶハンガーゲームシリーズの最終話。
なんでFINALが2個あんのや~ってネタにしてましたが、起承転結で言うと3作目と4作目どちらも扱いとしては結に含まれる感じだったから納得。

シリーズモノということで、いまいち理解できてない部分や疑問に思った部分があっても「続編でフォローされるのだろう」って感じで特に気にならなかったわけですが、なかなかの消化不良で幕が閉じてしまった。

なかにはシッカリ解決された伏線もあります。例えばクソ大統領がカットニスのことを大いに警戒しつつも子供扱いしていたこととか。その辺の主軸となる部分は概ね説明されていた。
でも、回を重ねるごとに伏線回収を上回る物量で新たな疑問がわいてくるんだよ。

レジスタンスがなぜ勝てたのか謎。
いや正確に言えば勝因はハッキリ分かってる。舐めプだ。
なぜ舐めプしちゃったのかが謎なんだ。
キャピトルは首都を攻められている。余裕で有事だ。なのにクソ大統領陣営はなぜか未だにゲーム感覚で反乱軍を迎撃しようとする。ゲームメーカーに迎撃戦の指揮をとらせたり、戦場に仕込まれたイベント型のトラップでレジスタンスを倒そうとする。完全に舐めプだ。

カットニスは相変わらずの二股っぷり。キスが軽いのなんの。
ハンガーゲームという極限状況下で吊り橋効果だとかもあり、演技だったはずが本気でピータに惚れちゃうのは分かる。ピータ普通にイイ奴だしな。
かといって、もともと好きだったゲイルを嫌いになる理由もないので彼への恋心もまだ残っているというのも理解はできる。
たださ、シチュエーションごとに両方とキスしたりするか?そういうとこやぞ。
どちらかを選べないのならば、中途半端なことせずに「ひとまずどちらも選ばないという選択」をしてくれよ。頼むぞマジで。

メインとなるストーリーや物語の結末そのものは、それなりに良かった。
妹が選ばれたとき自らを犠牲に立候補して救ったように、最後は自分の手を汚してクソッタレな負の連鎖を断ち切ってくれた。グッジョブ。
人間が心の奥底に秘めている暴力性とか、関わりのない人に対する無関心や冷酷さとか、自分が正義の側だと判断した人たちが悪側へ向ける容赦のなさとか、2人を同時に好きになってしまう思春期の若者とか、シリーズ全て見終わって今思い返せば色んなテーマが詰まってたな~と思います。

ま、とはいっても、結論としては
「続編でフォローされるのだろう」と思っていた部分が放ったらかされまくっていたので
そのツケとして最終章である本作の評価は少し低めにせざるを得ないといった感じです。

後日談みたいなの、もう少し具体的に欲しかったよ
whip

whipの感想・評価

3.0
作品を重ねる後に退屈になる/相変わらず映像は迫力がある/意地で4作品観た感がある
3に続いて4

ストーリーはますますどうでもよくなってきた

絵的にはふんだんに予算を使って楽しませてくれたけど、カットニス達がスノーが仕掛けた何かに追いかけられたびに助かり方がご都合主義的すぎてさすがに興醒め

ポッドとかミュートとかえらく怖くて何度か絵に描いたように飛び上がってしまったけど

アナモレンズこってこてのカメラと照明は相変わらず素晴らしい

会話シーンの切り返しでカットごとに照明を作り込んでいる功罪で光の辻褄が合わなくなっているけど、これは作り手の好みといったところ

キャストのパフォーマンスも申し分なく、「心の指紋」「スリービルボード」思い出しながらウディハレルソン見てるだけで、「シッピングニュース」「キングスマン」思い出しながらジュリアンムーア見てるだけでも満足

キャストといえば、これがフィリップシーモアホフマンの遺作になってしまった

撮影中に亡くなったということもあって、話の展開としては3より多くていいはずの出演シーンがものすごく少なくて喪失感が……

「パンチドランクラブ」はじめ、好きな役者さんだけど、向こうの人ってなんでクスリやっちゃうかなー……残念

ジェニファーローレンス 14/24
Akiyo2

Akiyo2の感想・評価

3.0
ドナルドサザーランドがだんだん憐れに思えてくる。シリーズを通して良かったと思うのは衣装かな。それにしてもジェニファーローレンスに抱っこされた赤ちゃんが気持ちよさそう。
AkioSogo

AkioSogoの感想・評価

3.4
GYAO!の配信で鑑賞。

あまりに時間が長すぎるという評判が目立つので、3作目を飛ばして4作目を鑑賞しました。

さすがにもっとコンパクトにまとめられたのではないかと思わざるを得ない。
とはいえ結末には満足してます。
犬犬

犬犬の感想・評価

3.2
〈1〜3までの総合評価〉
子供たちが殺しあうとかいう悪趣味な娯楽映画的な題材は好みではないですが、ひょんな事から1を観てしまい、最後まで観ることに。
ただ総合的な映画の内容としては殺し合いというよりは人間の本能や性を描いておりまた集団心理や人間社会も描いた映画で、またとある歴史的な革命も抽出させるようなそんな映画でした。
まぁただ悪趣味な題材には変わりありませんが。
jyave

jyaveの感想・評価

3.3
原題:THE HUNGER GAMES:MOCKINGJAY-PART2
日本劇場公開日:2015/11/20
キャッチコピー:
『ハンガーゲーム』ここに完結!
>|