ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューションの作品情報・感想・評価

ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション2015年製作の映画)

The Hunger Games: Mockingjay - Part 2

上映日:2015年11月20日

製作国:

3.3

あらすじ

「ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション」に投稿された感想・評価

UENO

UENOの感想・評価

3.8
どうもGEOでレジスタンスのパッケージを見て借りたはずが、中はレボリューションだったらしく、Part2から観てしまった…

結局、観なくてもストーリーを理解できてしまったので最後まで気付かず、過去作の見どころ映像を見て発覚した。

最後まで様々なことに心を揺さぶられるカトリス。
戦闘能力は高くないし、後先を考えず行動してしまうし、恋心にも決着をつけられない、不安や恐怖と懸命に戦い続けるような、ある種「弱い主人公」であるにも関わらず、
周りから「あなたは広告塔として必要」と本当はやりたくないことを「やりたくない」と言えず、周りの意志によって振り回されていた彼女が、最後の最後に自分で自分の意志を決定する姿は、ようやくこの人は自由になったんだと感じた。

あと、新婚の2人がああなったことは、ある種カトリスとピーターへの「一歩間違えていたらこの2人もこういうことになっていた」という隠喩になっているように思う。

このシリーズは人の弱さや戦争・政治の根本的な部分を描いていて、本当に興味深い。映像の迫力もすごいし、次の一手が予測できない。良い作品だった。
さん

さんの感想・評価

3.3

ハンガーゲームシリーズ第3作目後編🎬

シリーズを通して統一されたトーンを貫き、戦争とその発端となる権力、犠牲となる者たちといった決して軽くはないテーマを主人公カットニスの目線で最後まで描ききったことは素晴らしいです👏

カットニス役ジェニファー・ローレンスの演技と存在感は誰もが称賛するでしょう!!死のゲームを乗りきったことで反乱軍のシンボルとして祭り上げられた少女が、プロパガンダであることを受け入れてでも宿敵を倒そうとする、その結果の悲しみ。そしてようやく手に入れたもの。泣けますね😭
ついに完結!!!

ハンガーゲーム4です🙆

アメリカではこれは後編。

ついに革命開始😁😁

しっかり続きで始まる👏

革命の為にバレへんよーに行動するから前半は静か😅
話し合いも多いし🤔


カットニスは結局どっちが好きなん?笑
″パールハーバー″のケイトベッキンセールみたいになってるやん😂😂

ショックなシーンもあって凹むけど
反乱が始まったらド派手で
最終戦争勃発やなぁと思う🤔🤔




全体としては
やっぱり後編ってストーリーを進めなアカンから
話すシーン多くなりがちってのがな😅

アクションもーちょい見せて~ってなる笑



でも、やっぱり漂う悲壮感が このハンガーゲームの良さであり オリジナリティなんやなって思う👏

それでもシリーズで一番悲しいのが最後ってのがな😭😭


全部を通せば 良かった👏👏
シリーズ制覇😤笑
やっと終わり…
お話的には好きだし映像もすごいんだけど、マトリックス的になってきちゃって、だらけたわ。
おつかれさまでした。
ハンガーゲーム完結作の後編。

展開は読めちゃったけど、ジェニファー・ローレンス始め俳優の魅力でカバー!

Stay with me.
-Always.
のくだりはキュンときてちょっと巻き戻した🤣
大団円。
げざん

げざんの感想・評価

4.0
ついに、完結…
カットニスの衣装かっこいい。
これまで勝ち残ってか仲間たちがどんどん死んで行くのかつらい。
展開の終焉が目に見えていくから見てて寂し悲しくなっていった。
2人が戻ってよかったのかな。

最初の作品と比べてジェニファーローレンスが艶美になってて感動した。
mu

muの感想・評価

4.5
なんとなく見始めたものの、どんどん目が離せなくなり、最後にはどハマり。
3日で全シリーズを観賞しきってしまった。
科学の力に驚かされつつ、キャピトルの住人たちの奇妙なファッションに、子供達の死を面白おかしく放送するテレビに違和感しかなかった。どうやってここまで格差が生まれたのだろう?
カットニスに希望の光を見出した12地区の住人たちの気持ちが痛いほど伝わってきて、苦しいけど、よく出来た作品だなぁと。
プリムが死んでしまったのはとても悲しかったけど、カットニスがコイン首相を射るためには大事なシーンだったのだと思う。
亜莉栖

亜莉栖の感想・評価

4.2
原作ファンとしては納得のいく作品になってました。ジェニファーにウディハレルソン、シーモアホフマンと好きな俳優・女優さんばかり出てて、満足です。

シリーズを通して思う事は本を読んでからであれば、より楽しめるという事です。
予告編やチラシだけで判断すると間延びしてるように感じるかもしれません。
MiYA

MiYAの感想・評価

3.5
少数精鋭部隊が潜入して大統領の命を狙う。味方が次々と斃れていき、かなりワクワクする展開。ところがカットニスが大統領と対峙する前に味方の爆撃で終了。そりゃないぜ、と思ったら、その後の展開がなかなか秀逸。暫定大統領になった反乱軍のボスがハンガー・ゲームをやるとか言い出す。専制者を倒しても、また新しい専制者を生むだけだったという皮肉。そこでカットニスがとった行動は至極納得のいくもの。

映画として盛り上がりに欠けるという見方もありますが、シリーズの大団円としては納得のいくものでした。

本作撮影中に死亡したフィリップ・シーモア・ホフマンの登場シーンがやや不自然だったのはやっぱりちょっと残念(大事な会議に彼がいなかったり、唐突に彼の手紙が読まれたり・・・)。
Ayan

Ayanの感想・評価

5.0
Stay with me のシーンがお気に入り。わたしはやっぱりピータとけっこんしたい。
>|