ダーケスト・マインドの作品情報・感想・評価・動画配信

「ダーケスト・マインド」に投稿された感想・評価

うに

うにの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

設定も演出もいいんだけど
尺が足りてないから
詰め込みすぎて早足。
勿体ないからドラマにすべきだったかなあ。
リーアムの記憶消すのはずるい

続編はやくみたい。
29de83o

29de83oの感想・評価

3.3
人類が大量に死ぬ現象が起きた。それは何らかの超能力を持ち始めた事にあった。収容施設からの逃亡劇が始まる…
ゴッチ

ゴッチの感想・評価

3.0
中盤が少し、だれてたような気がする、もう少し上手くまとめてくれればって感じでした。
設定はすごく良かったけど、力使ってるシーンを、もう少し見たかった。
雪だる

雪だるの感想・評価

2.0
凡作。ティーンエイジャー向けの能力もの。強みが何もない作品。シリーズ化狙うにしては仕掛けがなさすぎ
あー

あーの感想・評価

3.4
想像より面白かった
ラスト少し悲しいな…
続編を想起させるような終わり方だったから続き気になる

ぐでたま出てきたのはビックリ!
外国でも有名なのかな?
皆んなを助けるために。。
敵の敵は味方?!

謎の伝染病が蔓延し、子どもの90%近くが死んでしまった世界。生き残った子ども達は超能力をもつようになる。その力を恐れ、事態を強制的に収拾しようとする政府に子どもたちが反発し、自分の生き方や道を見つけるSF青春ストーリー(о´∀`о)

「X-MEN」と「メイズ・ランナー」と「クロニクル」と「HEROS」を足して割ったみたいな感じ。
最近流行の、女子が強くてカッコイイ映画。
アクション少なめ。

事態の収拾を図る政府によって、子どもたちは収容所に入れられ能力ごとに5つに色分けされる…
グリーン 知能の向上
ブルー テレキネシス
ゴールド 電気を自由に操る
レッド 炎を操る
オレンジ マインドコントロール
レッドとオレンジの子こどもは、脅威として即殺処分と判断されるらしい。
私なら何色の力が欲しいかな…やっぱブルーかな(p゚∀゚q)
てか子どもを即殺処分とか、怖すぎる。レッドも怖っ(笑)

オレンジであることを隠してグリーンとして生きていた主人公ルビーが、収容所を脱出した後出会うリアム・チャウズ・スズメの3人がイイ(ノ´∀`)ノ
ブルーのリアムイケメンやし、ゴールドのスズメは口がきけない子なんやけどめちゃかわいい。グリーンのチャウズのキャラが特に好き(*´艸`*)

3人で旅をしてるシーンすごい良かった♪

日産車やアウディ、ぐでたまなど、ちょいちょい目に止まるものも(笑)

そして施設に到着して、明らかに悪いこと考えてそうなリーダー登場(笑)あのキャラもザ・悪役という感じで好きですが(笑)

若者ならではな甘酸っぱいラブロマンスもちょこっと。

そこからの、あのラスト。切ない。

でもあの終わり方は、続編ありきなんですよね?結局何も解明されずに終わるし。子どもたちのその後が気になります!!

面白かったけど、アクションよりは葛藤と青春ドラマがメインなので、超能力バトルを期待してみるとちょっと肩透かしを喰らってしまいます…(-∀-`笑

ティーンズ向けの作品です♪
FREDDY

FREDDYの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

アレクサンドラ・ブロッケンの小説『The Darkest Minds』をジェニファー・ユー・ネルソン監督が映画化したSF作品である本作は、"IANN"と呼ばれる未知のウイルスが猛威を振るい、感染した子供たちの98%が命を落としていた近未来のアメリカを舞台に、ウイルス感染の後遺症で超能力に目覚めてしまったことで、政府によって強制的に収容所での厳しい生活を強いられていた10歳の少女ルビーの6年後の姿を追ったものとなっていて、反政府組織のメンバーである医師のケイトの助けを得て収容所から脱出したルビーが、政府や賞金稼ぎに追われる中で出会った超能力を持った仲間たちや愛する者のために未来をかけた戦いに挑んでいくという内容なのだが、突如として猛威を振るった謎の病気の生存者である子供たちが超能力に目覚めることや、超能力を持った子供たちを脅威に感じた政府によって能力別に色分けされ収容所に収監される展開、そして大統領の息子クランシーがリーダーを務める超能力者たちの安息の地である「イーストリバー」や、反政府グループ「リーグ」の存在など、映し出されるものは何てないものでとくに真新しさは感じられず、超能力者同士の戦いもわりとこじんまりとしていて物足りない気持ちにさせられたことは確かなのだが、ルビーを演じたアマンドラ・ステンバーグの演技はとても良くて惹かれるものがありましたし、マンディ・ムーアやグェンドリン・クリスティーが出演していることもそうですし、台詞こそはないがズーを演じたミヤ・チェフも愛らしく、内容としても、続編ありきの作品という印象を強く受けるものではあったが、気軽に楽しめるものとなっていて決して悪くはなかったですし、続編があるならば観てみたいと思わされましたね。単純ながら面白かったです。
記録用

色々な要素が入った映画だった。ストーリー展開も小気味よくちょっと切ない結末。
この映画っめ日本の企業がスポンサーなのだろうか。車は日産、台詞のない女の子の名前はスズメ、子供達が集まる場所がEDO。中国資本が入った映画が増えてる中で、親近感を持って見れました。あまりストーリーとは関係ないけど。😅
ダイバーシティ、青春色強めな感じ。学生青春物とダイバーシティが好きなら楽しめます。続編あるーーー?
誕生日プレゼントがぐでたまキーホルダーって…

精神的な戦いって目に見えないからなんか見た目地味になるな〜詰め込みすぎだけど3部作の一作目とかなの?

ズーちゃんがずっと可愛い
グウェンドリンさん出てたんだなぁ!!
>|