ナショナル・シアター・ライヴ 2018 「エンジェルス・イン・アメリカ 第一部 至福千年紀が近づく」の作品情報・感想・評価

  • Filmarks映画情報
  • イギリス映画
  • ナショナル・シアター・ライヴ 2018 「エンジェルス・イン・アメリカ 第一部 至福千年紀が近づく」の映画情報・感想・評価

ナショナル・シアター・ライヴ 2018 「エンジェルス・イン・アメリカ 第一部 至福千年紀が近づく」2017年製作の映画)

National Theatre Live: Angels in America Part One - Millennium Approaches

上映日:2018年02月02日

製作国:

上映時間:220分

4.1

あらすじ

「ナショナル・シアター・ライヴ 2018 「エンジェルス・イン・アメリカ 第一部 至福千年紀が近づく」」に投稿された感想・評価

あさ

あさの感想・評価

-
あっという間に流れた4時間。なんとね、1幕ごとに一回寝てました。申し訳ない。
(むしろそのせいもあって一瞬だったのでは…)

ネオンが取り入れられたセットがモダン。ミレニアムで千年紀はわかりますが、至福と入れる意味とは?わかってませんでした。

モルモン教って初めて聞いたかも。アメリカにおけるユダヤや黒人差別、意識のあり方もさながら、80年代が舞台だったけれどほぼほぼ現代の変わらないのではと思う部分も。これは私の捉え方が軽いのかもわからんけど、AIDSという重いトピックスを持っててさらに人種や同性愛の〜って割にかなりコミカルに描かれてる。これもこの演劇ならでは?
80年代というとサッチャーがいてイギリスでは『パレードへようこそ』やら、ちょっと前の70年代後半にはソープ事件もあったり、世間の目が痛いイメージあるけどむしろそちらではなくて〜というか。

今では治療でかなり生きられるAIDSだけど、当時の死亡率や治療法の状態を考えると恐ろしいものだったのでしょうね。こんな症状出るんだってのも初めて知りました。

アンドリューガーフィールドって誰?から入りましたが顔ちっさ。プライアーの話し方好きです。最高に気になるところで終わり。私はこのままぶっ続けで二部を見れますが、焦らされると気になるやつ。
moe

moeの感想・評価

-
笑った
けどもっと自分が宗教のこととか政治のこととかわかってれば100倍楽しめたんだと思う
はと

はとの感想・評価

5.0
神戸アートビレッジで鑑賞。

言わずと知れた超有名戯曲。戯曲が本当に素晴らしい!ずっと笑って、笑いながらずっと切なくて、でも笑って、でも切なくて…と笑いと切なさが波のように繰り返し寄せてくる感じ。私の語彙では上手く書けなくて悔しいのですが、パーフェクトな戯曲だと思う。そして、アンドリューの演技は本当に本当に素晴らしいです!

ちょうど数日前にトニー賞3部門受賞していて、主演男優賞を獲得したアンドリューはとても素敵なスピーチをしていました。

すごく良いのに、お客さんが少なくて悲しかった。NTLをこれからも続けて欲しいからたくさんの人に見て欲しいと思いました。夏に東京でも再上映決まったみたいです。若い人は事前にレーガン政権、共和党政治、モルモン教、ロイ・コーン、ユダヤ人、エイズという病がどう扱われていたのかを当時の世相と合わせて少し予習したほうが楽しめると思います。

映画ではないのでスコアはふさわしくないと思うけどこの感動を残しておきたいので5をつけました。
やぐ

やぐの感想・評価

4.2
想うことも考えさせられる事も沢山ありましたが、まず第1に、2部が早く観たいと想う気持ちが先行します。
カズヤ

カズヤの感想・評価

4.3
アンドリュー・ガーフィールドの100%の実力が観れる
ネイサン・レインの怪演

俳優たちの演技の筋力とスタミナが凄まじい。

しっかりとトレーニングを積んでいないと、到底できない演技。
第二部への大いなる序章!なのかなと思いました。俳優たちがひとつひとつ丁寧に積木を積み重ねていて。己に課せられた苦しみとひたすら対峙していく様に時折根負けしそうになります。彼らに何をもたらすのかなあ。気になる。
haruka

harukaの感想・評価

4.3
幕を追うごとにどんどん盛り上がって行くのが本当におもしろくて、特に、二幕ラストの二部屋の会話が交錯するシーンは圧巻で鳥肌が立った。
どの役者さんもすごいなといつも思うけれど、今まで見てきた役柄を思い出してはやっぱりアンドリュー・ガーフィールドってすごいなあと月並みに思った。
ネオンが本当に好みで、セットの造りも観ていておもしろかった〜。
NNN

NNNの感想・評価

3.8
悩み苦しみの人間模様が描かれていて、アンドリュー・ガーフィールドの演技が素晴らしい!!
笑える描写もあってルイス役ジェイムス・マッカードルの性格は反則〜(ちょっと面倒くさいキャラだなぁ)笑

舞台のネオンカラーがとても良くて「戦火の馬」「夜中に犬に起こった奇妙な事件」を手がけたマリアン・エリオットの作品が好き〜
り

りの感想・評価

3.6
祝福の舞台。ファンファーレ。
わかるかわからないか、で言えば80%くらいわからない。

何かを失っても、どれだけ苦しくても、完璧でない世界に折り合いをつけて前に進むしかない。
素晴らしい舞台でした。


劇というものが観たいけど
どれからみたらいいのかわからない、
チケットが高すぎて無理
とかいう人は
ナショナルシアターライブを
おすすめします。
学割2500円でイギリスの素晴らしい舞台を映画館でみれますので


あーすごかったなぁ
演技もすごかったし
演出も素晴らしかった
あっという間の4時間でした
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品