ナショナル・シアター・ライヴ 2017 「ハングメン」の作品情報・感想・評価

ナショナル・シアター・ライヴ 2017 「ハングメン」2016年製作の映画)

National Theatre Live: Hangmen

上映日:2017年04月14日

製作国:

上映時間:165分

3.9

あらすじ

「ナショナル・シアター・ライヴ 2017 「ハングメン」」に投稿された感想・評価

yochi

yochiの感想・評価

-
漫画を読んでいるようだった 後半は急に映画っぽくなる(ただしマーティンマクドナーの) 2019ねん初映画館でいちばんわらったのが下ネタだったのくやしいけど隣の人もすごい笑っていたので良かった “hangmen”って複数形なの、あの場にいた自分が一番かわいい人たち全員を指してるように思えてならない 不吉な顔の人っているよね
鱗粉

鱗粉の感想・評価

4.0
結局全員が全員自分のことしか考えてない言い合いがとても面白かった
結末も何とも言えない
笑えるように演出してあったのが救い
せりな

せりなの感想・評価

3.5
イギリスらしいっていうか、ブラックコメディでした。

テンポよく進んでいくし、面白いんだけど笑いどころもちょこちょこあるし、テーマは重いし落ちもある意味シュール。

こんな作品を面白いと見せてしまう役者さんと脚本、演出にイギリスの演劇界の凄さを改めて感じました。

元執行人の娘役の方、この舞台で本格的にデビューした方らしいんだけど、凄く魅力的な役者さんでした。スクリプトも読んでみたいな。
s

sの感想・評価

-
バーニングオーシャンの爆音からのNTLだったので、スクリーンもスピーカーも20M先にあるのかと思った。声ちっさい。

朝から出勤で前日も寝不足だったにも関わらず、バーニングオーシャンではとにかく爆発で眠くなるはずもなくむしろ覚醒して見てたから、ハングメンで一気に睡魔が来て、前半爆睡。
なんとか意識を回復したのだけど、前半終了時にわかることと言えば、主人公がハングメンだ ということ。見る前と同じ情報。それ以外皆何で騒いでるのか意味不明で、なかなかない後半のスタートだったのだけど、後半普通に面白かったから、前半もきっと面白かったのだろうなと後悔。
Kitty

Kittyの感想・評価

4.5
今年一本目のNTL
エッジの効いたブラックジョークがガンガン飛び出る作品。映画館であんなに吹き出したのは初めて。
絞首刑が廃止され、元死刑執行人でパブを営む主人公を中心に展開される物語。
役者の演技は、脇の脇まで細かく作られており見事。脚本も振り落ちがよく練られておりそれを活かす間とテンポ感とタイミングが1度も外すことなく決まりに決まっていた。良くできたコントかと見紛うほどのブラックコメディ。かと思いきや、休憩直前からサスペンス感がグッと高まり休憩に入るあのタイミングも抜群に高揚した。エンターテイメントとしても一流。
それだけに留まらないのは題材とテーマがしっかりあり、それに付随する要素として、それがあるからだろう。
素晴らしかった
まつこ

まつこの感想・評価

3.9
元死刑(絞首刑)執行人の男を巻き込んだ密室ブラックコメディ。

マクドナー作品は皮肉や揶揄が多すぎて合わないことがあったり、語学力がないために言葉遊びが理解できず、残念ながらわからない笑いがあるんですよね。(「The Cripple of Inishmaan」で撃沈しました…ラドクリフくんはすごかったけど!)

だから、苦手な作家さんなのかもなぁと思っていたのですが、本作はとても面白かったです。

それでもブラックに変わりないマクドナーの世界。可笑しみを感じられたのはキャストとの相性が良かったのもあるかもしれません。

ちょっと小太りな娘役のBronwyn Jamesが可愛くて!可笑しくて‼︎大好き!彼女の好演に本国でも期待が高まっているようです!
いやぁ〜帰って縦ロールの練習したくなるくらいハマるキャラ!最後のシーンなんてサイコー‼︎

これ映画化して欲しいなぁ。
デヴィッド・モリッシーもいいけど、コリンとかでも観たいなぁ。あの青年はジェシーなんぞでどうでしょう?モチロン娘役は彼女のままで‼︎

後、NTLのカメラワークがとても好みなんです。俯瞰で舞台装置もわかるし、心情を語るシーンはちゃんと寄ってくれる。個人的には昔の海外ドラマ(フルハウスとか)みたいだなぁと感じていて、とっても見やすいんですよね。

言葉や距離の壁を越えて届けられる幸せ。期間や上映場所、時間の制約はあるけれど、「今年もまたNTLに行こうかな!」と思わせてくれる開幕に相応しい素敵な1本でした。
ナショナルシアターライブ2回目!

サスペンス色も混ぜつつ、個性的で人間味のあるキャラクター達と、テンポのいいコメディで、ハラハラドキドキしたり、ヒヤリとしたり、笑ったり、いろんな感情を味わうことができました。なんだか得した気分です笑

英語やイギリスについてもっと理解があれば笑えたんだろうなという部分もありましたが、詳しくなくても十分に楽しめます!
なーこ

なーこの感想・評価

3.4
やっぱりイギリスのコメディは面白いっ!!

ただ、地元ネタ?が少し多かったのではと思った。全くイギリスのことを知らずに、ちょっと観てみようという人はなかなか笑えない部分もあるのでは。


比較的最後に観たコメディ「人と超人」がめちゃくちゃ面白かったので、どうしても比べてしまう!!
また上映しないかな〜!!!

舞台芸術もかなりカジュアルで凝ってはいましたがいまいち独創性に欠けるかなと...。完全に好みの問題なので仕方ないですが笑
その分俳優さんは間の取り方が上手な方が多く、ある意味とてもシンプルな作品かと思います。

ブラックジョークの類いも多く、飽きさせない場面展開で時間があっという間!
じわじわと考えるべき余韻もある。

私には皮肉っぽ過ぎた場面も...。


冒頭にインタビューシーンがあったのですが、ベネ様やアンスコ、マキシンピークなど、私の好きな俳優さんが沢山出てきてとてもテンション上がってた!!

こういう所もNTLの見どころ!!
ntlive『ハングメン』
天才マクドナーも凄いが、演出も凄い!猛烈なテンポでじゃんじゃん進むが一寸先の予測も不可能。
知的なようで、品も無くて、コメディのようでいて相当ブラック。
これもまた、見逃せない作品でした。
arakimaki

arakimakiの感想・評価

4.5
NTLive『ハングメン』観た!!すっっごく面白かった〜〜!!!映画的ってツイートで見たような気がするけど納得。これもう1回観たいなあ。役者さんたち全員素晴らしかったわ…興奮。

こういう会話劇すごく好きなのでほんとにNTLiveに来てくれてよかった…!感謝しかないわあ。映画的というか、タランティーノとか好きな人もハングメン好きじゃないかなあと思ったり。

ハングメンのパンフを読んでいたら長塚圭史さんの寄稿文に「マクドナーの劇作集を日本でも出版すべきだと私は切に願う」と書かれてあって、そうだそうだ!!と大きく頷いたのです。読みたいよ!日本語で!!
>|