ナショナル・シアター・ライヴ 2018 「エンジェルス・イン・アメリカ 第二部 ペレストロイカ」の作品情報・感想・評価

  • Filmarks映画情報
  • イギリス映画
  • ナショナル・シアター・ライヴ 2018 「エンジェルス・イン・アメリカ 第二部 ペレストロイカ」の映画情報・感想・評価

ナショナル・シアター・ライヴ 2018 「エンジェルス・イン・アメリカ 第二部 ペレストロイカ」2017年製作の映画)

National Theatre Live: Angels in America Part Two - Perestroika

上映日:2018年03月16日

製作国:

上映時間:260分

4.2

「ナショナル・シアター・ライヴ 2018 「エンジェルス・イン・アメリカ 第二部 ペレストロイカ」」に投稿された感想・評価

あさ

あさの感想・評価

-
怒涛の8時間観賞遂げて謎の達成感みたいなものあるんですが、最後の最後で睡魔に打ち勝てませんでした…嘘やろ…

二幕まではむしろ一部より集中してたのに…、一部より喜劇要素多かったです

とにかく眠りの天使に誘われた部分を埋め合わせるためにもこれからドラマ版を見ようかなと…
決して退屈とかではなく、劇自体は質が高くて裏切られませんでした,

反省点としてNTL毎回終わる時期にやべってなって駆け込むので今度から余裕を持っていきましょう…そしてこれから帰路につくためまた2時間の移動…(寝)

みんなにケーキを焼きましょう
moe

moeの感想・評価

-
あのパペットのシーンね、、むり!
本当に演技に圧巻、最後拍手しそうになってしまった
Yuhudgens

Yuhudgensの感想・評価

4.0
神戸アートビレッジにて。

アンドリューの表情、呼吸
全てに魅力された4時間だった。

目指したい芝居が、ここにあった。
さと

さとの感想・評価

5.0
神戸アートビレッジで鑑賞

2部は1部よりさらに笑える場面が多く、全キャスト素晴らしい演技で最高の作品だった。
とにかく戯曲が傑作。台詞が秀逸。シニカルでウイットに富み、心にドンと突き刺さる印象的なセリフだらけ。さすが世界各国で上演され、リバイバルでもトニー賞を獲るだけのことはあります。

そして全ての人物が愛しく思える鳥肌ものの演技力。アンドリューが突出してすごいのはもちろんですが、ルイス役のジェームスマッカードルも難しい役をチャーミングに演じてるなと印象に残りました。

多様性と寛容と愛、人種と偏見と差別、人はみんなありのままで素晴らしいというメッセージはもう何十年も映画や演劇で繰り返し表現されてきたけど、この想いは受けとめるべき人達に届いているのかなぁ。初演から30年弱過ぎても世界はさほど変わったとは思えない。不寛容な人や偏見を持つ人はそもそもこういう作品に触れることはないのかもしれない。
それでも、できるだけたくさんの人に観て感じて欲しいと思う素晴らしい素晴らしい名作です。

ラストは本当に感動しました。
アンドリューガーフィールドの演技力に感動して震えました。英国や米国での舞台を生で見てみたい。
竹

竹の感想・評価

4.2
登場人物たちが第一部に増して彼方此方で巡り会いながら複雑に絡み合っていく第二部。面白さや可笑しさでさえそこにはあるのに、そのいびつな奇妙さこそが人間らしくて愛おしく思えた。ハンナとプライアーの関係が一番面白くて可愛くて好きでした。舞台装置も、第二部は上下の動線がとても面白かった。
アンドリュー・ガーフィールド、すごかった。第二部なんてほぼ泣き通しなのに、最後の最後に我々が彼に、プライアーに祝福されるラスト。感動と幸福を噛み締めました。舞台って、本当役者のエネルギーがすごい。生命すり減らしてるかんじがして、きっとこれ、生で見たらどうにかなってしまいそうだなと思うほど。あ〜〜いつかがーくんの舞台生でみたいなあ!
時に大いに道を踏み外したりとんでもない過ちを犯しながら人間は歩み続けていく。神が求めるそれとはどんどんかけ離れるものである。それでも変容を恐れない。信じる。それぞれの中に育んだ神がきっと祝祭してくれるから。
シンプルに収束していく。偉大なる業は偉大なる神に委ねるだけではない。天国や本当の天使よりサンフランシスコの雑踏や我々が造りし天使の像から流れる噴水が尊かったりする。
俳優の皆さんお見事!スタッフの皆さんもお見事!!カーテンコール感動した。アンドリュー・ガーフィールド、とっっっっっってもチャーミングゥ。
エイズになったことで、愛し合っていたパートナーは恐がって去っていった。
そしてそのパートナーは、寂しくて誰かを求めてしまった。
エイズになった彼は、エイズになった人たちは愛する家族やパートナーが看病してくれるものなのに、自分には誰もいなくなったと元パートナーを責め立てる。
どちらの気持ちもわかるけど。愛って・・何。

でも、そんな彼にも安心できる存在との出会いがある。
どこで見つけたの?と友達が問うと、
お互い見つけあったの💖って。
これがまた、元パートナーの浮気相手のお母さんってのが、愛おしい。

みんな一生懸命。
剥き出しになっていく全てのキャラクターが愛おしい。

アンドリューガーフィールド、ブラボー!
MISSATTO

MISSATTOの感想・評価

4.1
第1部の上映期間が短すぎて見逃したものの、アマゾンプライムでドラマを見て、第2部はなんとか見ました。
素晴らしいの一言。
今、またキャストを変えて再上演してるらしく、見に行きたい気持ちに狩られてしまった…

もっともっと海外の舞台を映画館で見たい。
NNN

NNNの感想・評価

3.8
天使の存在がこの二部で多く登場する。
アンドリューの演技が本当に素晴らしくて好きになった。
一部と合わせて8時間くらい観たのに飽きないくらい演技・演出が良かった。
ラッセル・トーヴィー(ジョー役)、幸せになって欲しいな。

希望持って生きようて思った舞台でした。
>|