最期の祈りの作品情報・感想・評価

「最期の祈り」に投稿された感想・評価

Kohtaro

Kohtaroの感想・評価

-
2017年アカデミー賞短編ドキュメンタリー映画部門ノミネート作品。

選択肢が人を苦しめるのだと思った。エモーショナルなシーンが多い一方、病院の背景だとか客観的なデータももう少し欲しいとも感じた。
hnka

hnkaの感想・評価

2.8
医療密着ドキュメントの短いバージョンのようなものだった。
我々人間は常に生と死の狭間でいつ死の底へ落ちるか分からない恐怖を肌に感じながら生き、そして死の底へ落ちかけている時には常に生にしがみつき「生きたい」と奇跡を信じる。運命だから死を受け入れることは口では簡単に言えても実際には到底厳しい。
c

cの感想・評価

3.8
「いつかみんな死ぬしなー」と思いながら見たけど親を亡くしたときのことを思い出して辛くなった。けど定期的に見たい。どちらが幸せかは分からない。倫理。あとみんな自分の意見をはっきり言っていていいなと思った。
Mika

Mikaの感想・評価

3.0
あっという間の30分だった

自分が患者本人なら、人工呼吸器になんか繋いでほしくない
延命措置で家族に苦しんでほしくない
でも、自分が家族だったら、本人がチューブを外したいと望んでも受け入れるのは難しい
どんな形であれ生きてほしいと思ってしまう

難しいなと考えさせられた
てぃだ

てぃだの感想・評価

2.8
たった20分ちょいで終末医療の現場を・・って無理。このヘビーな題材をこんな短い時間でってのがそもそも間違ってる気がする。みんな葛藤している様だけは確かに伝わるし、無数のチューブに繋がれた人間の姿は見てるだけで涙出てくるんだけど、なにもアメリカの医療現場だけじゃなくて日本や世界中でも似たような光景が毎日繰り広げられていることを考えると、この部分だけをこんな大袈裟に切り取るのにあざとさみたいなものをやや感じた。
NaoHarada

NaoHaradaの感想・評価

3.5
2017年の短編ドキュメンタリー部門で受賞を惜しくも逃した作品。医療の世界での倫理とは。
Netflixオリジナル。
第89回アカデミー賞 短編ドキュメンタリーノミネート作品。

終末期治療の選択。
患者と親類、医者や看護師はその時。

辛い映像だったな。
疑似体験的に観れてよかった。
django

djangoの感想・評価

3.9
『キル・チーム』の監督が撮った、終末医療をテーマにしたドキュメンタリー。
20数分しかないですが、かなりキツイ内容でした。
『キル・チーム』は、いい、悪いがはっきりしていた。
この映画は、答えが出ない。
ただ、家族の決断を見守るだけ。
信仰、経済問題、医者同士でも喧嘩ごしに議論。
触れる程度に問題を見た感じ。
深くはないんだけど、入門編としていいと思う。
nono

nonoの感想・評価

-
終末期医療の意思決定の授業を思い出した
医療技術が進歩したが故の問題。ほんとに難しい
第89回アカデミー賞 短編ドキュメンタリー賞ノミネート作品。
>|