君が君で君だの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

君が君で君だ2018年製作の映画)

上映日:2018年07月07日

製作国:

上映時間:104分

3.8

あらすじ

尾崎豊、ブラピ、龍馬。なりきり10年!君のことが大好きだから、君の好きな男になりきる。自分の名前すら捨てた男3人の物語が、ついに動き出す。 好きな女の子の好きな人になりきって、自分を捨て 去り、10年間彼女を見守ってきた3人の男たちの愛の結末を 描いた恋愛譚。

「君が君で君だ」に投稿された感想・評価

ずん

ずんの感想・評価

3.8
ギリギリ? いや、めっちゃアウト!なド直球恋愛映画
やってはいけない境界線の向こう側に行ってしまった3人
家の中は見てはいけないヤバい空間が広がり、彼女を監視盗聴する姿は狂気じみて異常そのもの
ただ好き、から始まった歪んだ愛情も彼女を救えるのなら全部帳消し!
肩組んで尾崎を歌いたくなること間違いなし!
なずな

なずなの感想・評価

4.3
松井大吾監督
高杉真宙くん

舞台挨拶あり


あんた、
あそこまで人に思われたことある?

うっとりばばあと眉なしチンピラ
の、小競り合いが面白すぎた


池松くん、衝撃のブラダン…(尾崎)

ブラピは意外とまともだった…

少し胸が痛いです…(龍馬)
看護師が安定の山田真歩ちゃん


全部がまるごとイカレテル。



ビタミン補給にJ Jレモン🍋
お財布に優しい?辛ラーメン🍜
ゆゆゆ

ゆゆゆの感想・評価

3.8
まさにアイドルとオタク。
彼女が生きているだけでいい、彼女の幸せが自分の幸せ、遠くから見てるだけでいい。あんな狭い部屋が基地みたいに見える。狭い暗い部屋に3人もいるとワクワクするだろうな。ちょっといきすぎた感はあるけれど、でも3人を見てると憎めない。
ここまでいかなくとも、誰しもこういう存在の人はいるのでは。
出てくる人もみんな好き、髪の毛もシーンの池松くんはもう尾崎豊でした。
竹輪貫

竹輪貫の感想・評価

3.8
見逃さなくて良かったです!

大抵の映画には「この役合ってないんじゃ?」と思う人が一人はいると思っていましたし、それは仕方がないことでもあると思っていました。ですがこの映画は全員が適役で、特に向井理さんと高杉真宙さんはすごかった。
多面性のあるとても難しい役柄だと感じましたが、素晴らしかったです。

まあもちろん池松さん、満島さん、大倉さんはもうどうしようもないくらい最高ですけどね笑笑
you

youの感想・評価

3.0
松居監督、壮ちゃんの地元福岡での舞台挨拶付きで鑑賞。お2人の話を聞いてから観られたのはすごく良かった。
「熱量」っていうものがスクリーンを通してもこんなに伝わる映画があるんだ、と思った。
段階的にではなく既に茹で上がった状態を先ずは観客に突き付ける構成からして。

度を越した3人の共同体をはっきりと異常なものとして、それこそ共感を拒むレベルで以て描いている訳ですよ、感情としては理解出来るものではあっても。

ですから客観的に観ていられる訳ですよ、或いは安心を思いながら。

自分、とやらを確立出来てはいないから誰か他人を通してそれを見出そうとする未熟さ故の必死さだったり、単純に同性の友人ときゃっきゃする姿を羨ましいと思いながら。

ところが不意の瞬間に、もの凄く単純にして卑近な言葉で、冷静ぶった観客としてではなく、3人の共同体を面白がって、なんなら仲間に加わりたいとさえ考えている言わば当事者としての回答を、求めてくる場面が御座いますわね。

ところでその該当場面に登場する夜回りの看護士、これに扮していたのが山田真歩だったのかしら、だとしたら完璧過ぎる配役、大倉孝二との相性もばっちりに思いましたものですからその二人の共演で以て例えばおかしな夫婦ものなんかが観てみたいわね、勿論松居大悟監督脚本で、それはさて措き。

詰まり。

この瞬間の為に俺は映画を観ているのだ、と強く感じさせてくれる場面、これがしっかりと用意されて御座いまして。

「アズミ・ハルコは行方不明」に続いてまたぞろやられっちまいましたよねこりゃあ、と。
anna

annaの感想・評価

-
この映画観るともれなく辛ラーメンを食べたくなります

食後の鑑賞はオススメしないです😇😇
りん

りんの感想・評価

5.0
僕が僕であるために。堕ちていく君が、どんな生活になっても君で、どんな君も君だ。
すとう

すとうの感想・評価

4.5
僕が僕であるために
帰国入国
うぇーい
北北西
8人ギリ
ウスバカゲロウ

みんなの熱がすっごかった。
あずみ

あずみの感想・評価

4.5
自主映画の空気を纏い、本当に自由で愉しい
松井大悟監督、すげえ映画つくっちゃった。なにがすげえかって、監督や役者陣が製作中に感じたって言う「熱量」がスクリーンを通しておれに伝わってきたってこと
そういう熱い熱い熱量の塊の作品にはなかなか出会えないし、ほんとに大切にしたい


出てる役者陣、もれなくすんばらしい
YOUはYOUでYOUだが、それがいい
『息もできない』以来のキム・コッピ。めっっっっちゃ綺麗になってた。笑った顔が吉高由里子
>|