君が君で君だのネタバレレビュー・内容・結末

君が君で君だ2018年製作の映画)

上映日:2018年07月07日

製作国:

上映時間:104分

3.8

あらすじ

尾崎豊、ブラピ、龍馬。なりきり10年!君のことが大好きだから、君の好きな男になりきる。自分の名前すら捨てた男3人の物語が、ついに動き出す。 好きな女の子の好きな人になりきって、自分を捨て 去り、10年間彼女を見守ってきた3人の男たちの愛の結末を 描いた恋愛譚。

「君が君で君だ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・松居監督の作品は『私たちのハァハァ』と『アズミ・ハルコは行方不明』しか観たことがないけど、「青春の衝動・暴走」を描く人っていうイメージではあった。そして本作もそんな調子だけど、さらに加えて「狂気的」「童貞的」なのと、男性側の話なので松居監督自身の内面とかもより色濃く投影されてるんではないかと思うんだけど、そのせいか3作品の中で一番頭おかしかった。正直やりすぎだと思った。笑

・現実的なシークエンスと、デフォルメされた内面世界的な妄想シークエンスとが、乖離しすぎていたような気がしていて、ちょっと没入感が削がれたというか、冷めた目で見つめてしまった部分はあった。ここで言うのもなんかおかしいのだけど、私も結構本作の3人組に近いくらい変態的な部分を持っている自覚はあって(笑)、なのに仲間になれないのは残念だったかも。ひょっとしたらひょっとすると、この映画で描かれる彼らを輝かしいと感じるのでなく、冷めた目で見てそこから去っていく映画なのかなぁ。うーんわからんー

・ブラッド・ピット、尾崎豊、坂本龍馬のキャラ付けが生かされていない、という感想を見かけるし、確かにそう思うけど、別にそういう映画でもないような気がするから私はどうでもいいかな。

・とにかく狂気的。池松壮亮の演技は見ごたえあり。池松壮亮が出てる映画は全部観たくなってしまう〜。
首輪してる高杉真宙くんと女性物下着を着てる池松壮亮くんの言い争うが見れます。
池松くん、ひまわり食べたり人毛食べたりで凄かった。
ヒミズの染谷将太ばりに凄かった。

究極の愛だけど私には理解ができない愛し方でした。
予想以上にこじらせというか、いかれた連中たちでびっくりした。彼らの愛の形を理解したかったのだけど、結局最後まで理解できなかった。。どういう愛され方したら、そういう風に育つんだっていうセリフあったけど、激しく同意。好きだけど、干渉したくないっていうのが全然理解できなかった。。そしてラストに尾崎が割とすんなり更生しちゃった感じ。
え、、どのタイミングでそうなった?って。もっと尾崎の過去を知りたかったー。でも。池松君と向井さんの新境地見れただけでも満足。
何とも現在の日本映画界を象徴する典型的な作品の印象。俺が学生時代に仲間と撮っていたような自意識過剰な押し付けがましい感じに胃もたれしました。こんなプライベートフィルムぽい作品に出資する人達って度量が大きいなぁ。
姫役のキム・コッピは素晴らしかった。彼女を前提にした配役だよね。満島真之介も面白かった。向井理のイラつき具合が観客目線で有り難かった。
さて、ラストはどう解釈すれば良いの?新たなホラーの始まり⁉︎怖すぎるよ…
ぜんっぜん理解できないような、いやこれ私たちの物語じゃんと思うような。「君が君で君だ」ってタイトルが最高です、そういうことだよね!

私もたぶん、ひまわりは食う。
もし永遠の愛が存在するとしたらこうゆうことなのかも。頭でもなく心でもなく訳の分からない部分で思わされてしまう。自分と相手の間に何も無い関係。始まらないから終わる心配もない。相手に嫌われる不安も無い。ただただ自分しだい。もはや、義務感すらあるように想い続けるのみ。尾崎の中では好きとゆう気持ちさえ明確に見つけ出せていないようで。ずっとずっと誰にも汚されず、自分の手垢さえついていない呼び名の分からない感情を抱えて生きてきた10年間。誰から教わるわけでもなく呼吸を始めるように、ごく自然にソンを想って生きていく人生を歩み始めたのか。それにしては、ブラピにソンの向かいの部屋を見せられた時の反応は一般の人の一般的な反応だったのが気になる。どこから狂ったのか。謎だな~。中盤のシーンにて、ベランダで煙草を吸うソンと窓辺で手鏡を持つ尾崎の間に何が無くて何が有ったのか。謎だな~。色々と誰かと話したくなる。やってること自体は最悪だとゆう事は断固としてそうだと思うけれど、その核にある想いの深さや純粋さのパワーは本当に凄い…!!そして、この脚本のこの役に説得力を持たせてくる池松壮亮はいくら池松壮亮だからって期待を突き抜ける絶妙なバランスの熱演で言わずもがな最高。なんでもかんでもコンプライアンスなこの時代にこんなオリジナル脚本ぶっ込んできた松居監督たまらない。本当にたまらない。大好き。時代への反逆とか、奇を狙ったとか、そうゆうことではなく全くもって純粋な監督の恋愛観から作られたって所が本当にもう敵わない。まぁこの映画を観てストーカー推奨だと思う人が居れば、そうゆう頭の人が居るからテレビからバラエティが減って教育的な番組ばかり増えていくことになっているのでしょう。全く考えずに観て、その後も考えずに、ただただその場で楽しいと思う映画を好む人が大半かもしれないけど(少なくとも私の周りはそうなので)映画館を出た後も「あれはどうゆう事だったんだろう」「あの時のあの人の気持ちって?」と考えてしまうような作品が個人的には好きなので…この映画は数日経っても登場人物の事を考えてしまって何度も遠くまで足を運んで繰り返し観に行ってしまったほど個人的には大好きな作品になりました。共感なんて必要ない。視聴者に合わせた視聴者のための映画は安心かもしれないけど、全くこちら側に媚びてこない恋愛映画に興味がある方は試してみてはいかがでしょうか(笑)

これとは少し違うかもしれないけど、大切にしたい気持ちって大切にしたいと思い過ぎて誰にも触れさせたくない。打ち明けた傍から漏れてしまいそう。空気に触れて自分が思っていたよりもずっとずっと軽いものになってしまいそう。だから、自分の中で誰にも邪魔されず大切に保管しておきたい。なので、松居監督の言ってた「好きな人に会ったり想いを伝えるよりも、会えないけど相手を想ってる時間が1番幸せ。」って気持ちはこれ以上ないほど分かるー!!でした。
120%犯罪なのに、学生時代と変わらないはしゃぎ方。
多分あの女の子からすれば、恐怖でしかない。
でも、あの部屋の中で時が止まって、気持ちだけがそれぞれのベクトルで増長していくさまは確かに異常だけれど、情けなくも愛おしいと感じた。必死で守りたいと思い、文字通り見守ることしかできない、だから全力で常識を捨て去ってしまった姿に。
「中途半端な」向井理の台詞は、そんな風になれない全ての第三者の声だった。
大倉孝二さんの首輪がとれた瞬間から、学生運動の内ゲバってこんな風だったのかもしれないと思った。
比較的余白のある終わり方で、ホッとしました。
変態だと思うけど、純愛があって。
真っ直ぐだけど、いびつで歪んでて。純情だけど、狂気があって。
痛みがあるけど、優しさがあって。

心を掴まれた感じで堪らない。

エンディングの歌よかた
泣いた

最初はコメディかと思った
しかし物語が進むにつれテーマがもう3段階くらい深いところにあると気づく

10年かけてどんどん疲れて悲惨になっていくキム・コッピを見るのは辛かった
けど、最後のほう尾崎の妄想の中の空港での告白シーンを見て
人類みな愛する人に愛される世の中なら幸せなのになと思った
妄想から覚める終わり方もよい
みんな幸せになってほしい
池松壮亮、満島真之介、大倉孝二が一人の女性を恋よりも、愛よりも深い強い気待ちで見守り続けてたが、そんな平和な日常に急遽異変が起こる物語。

ハイテンションと、不思議なパワーにひきつけられてしまう。そして、片思いの恋や、愛を超える感情は、もはや恐怖であると感じた。

しかし、これが本当の愛かもしれない。

3人のキャラがすごい、特に池松壮亮の演技が凄い、ブラは付けるわ、髪は食うわ、ひまわり食うわとぶっ飛んでいたな。

女性には気持ち悪いの一言で済まされそうな作品。
>|