ギャングースの作品情報・感想・評価・動画配信

『ギャングース』に投稿された感想・評価

ウニbonz

ウニbonzの感想・評価

2.5
トランクから散らばる諭吉さんたち

(諭吉→そろそろ万円札の人物が変わりますね→そしてそろそろ1円玉の価値ってどうなんだろうって議論されても良いと思う→作るだけ損する硬貨をいつまで作るんだ→本当のギャングースは先生と呼ばれたがる→グース→草刈りにガチョウ→夏)
YasTkg

YasTkgの感想・評価

4.0
サバイブ!サバイブ!

色々心にぶち込まれる作品。
とりあえず、牛丼食おう。
namibia23

namibia23の感想・評価

2.5
原作に比べるとあまりにもソフトでグロさもなくがっかりしてしまった…
星が低いのは私が原作漫画がとても好きで映画にもそのテイストを期待しすぎたためなので逆に原作未読の方が楽しめるかもしれない
dropham

drophamの感想・評価

3.4
少年院で過ごした3人(カズキ、サイケ、タケオ)が窃盗団ギャングースを結成する。その仕事内容は、犯罪者限定で窃盗や強盗をする「タタキ」というものである。そんな「タタキ」をしている最中に、振り込め詐欺のアガリ(収益金)の隠し場所を偶然知ることとなる。管轄しているのは半グレ系アウトロー集団である「六龍天」のものであった。彼らにバレずに「タタキ」を行うが、すぐにバレてしまい絶体絶命のピンチになる。
悪の道に進まないと聞かないフレーズがたくさんありました(笑)。やはり家庭環境って大切なんだなと感じました。本当はやってはいけないことなんだけど、窃盗を行う作戦がとても奥深かったです。
Linuxxx

Linuxxxの感想・評価

4.4
ヘルドックスを待ちきれず再々再鑑賞🤣
これ、いつ観ても好きです。
まさ

まさの感想・評価

3.4
思ったより面白かった。
現実世界でも振り込め詐欺のボスがこんな感じで捕まりまくればいいのになぁー。
daruma

darumaの感想・評価

4.2
GYAOで。ただのコメディかと思ったら…めっちゃよかった!!入江悠監督、お名前だけは知っていましたがこんな社会派の方でしたか!重いけどスカッとする上に考えさせられる…よき。
特筆すべきは「空白」や「さがす」の伊東蒼ちゃんが出てます!
冒頭にキノフィルムズと出て、これは絶対はずさないだろう!と思いましたが、見事に正解。

高杉真宙くんはめっちゃ作品選びがいいね!
私が観る高杉くん、当たりが多い気がする。
(世界でいちばん長い写真、見えない目撃者)

加藤諒くんの変顔が最高だった!(笑って泣ける)

彼らと渡辺大知くんの御三方がメイン。
(渡辺くんも台詞無い時の些細な演技が巧いよね)
トリオもの、結構好きかも。

あと、脇がおおー!って感じだった。
金子ノブアキさん、安定すぎる。
安達が見た事あるような…この方誰だっけ?と思いながら観ていたんですが、MIYAVIさんだった!!(BLEACH観てます)
こういう役、似合うね。

エンドロールで笠松将くん!
なんか居たような気がしたけど、やっぱりそうだったのか!
(どこの誰かと言われると思い出せないが…)

あと、坂口涼太郎くんや板橋駿谷さんも出てました!
水間ロンさんがまたしてもルーツの役。
斉藤兄弟もエンドロールで気づいたけど、全然わからなかった!

全くの余談ですが、金子さんの子分?で少年院時代の因縁の人が、途中、三浦貴大さんに見えたんですが(キングダム2観たばかりだからか!?)、違いました…菅原健さんという方です。ちょっと似てる?
チンピラっぽい役ですが、個人的にいい感じだなと思いました。

伊東蒼ちゃんは観る前にざっくりキャストを見て、居る!と把握してから観始めました。なので驚きはなかったんですが、端役かと思いきや結構出てるというか、準メインみたいな役で驚いた!
この頃からもう、うまいです…

wikiを見たらこれは漫画原作らしく(その感じは確かにあって途中でそうかな?と思った)、主人公は加藤くん演じるカズキみたいなんですが、映画では高杉くんのサイケがメインになっています。未読なので比較はできませんが、かなりいい感じに変えてるんじゃないかな?
(原作はもっともっとヘビーそうな…尺が長いのもありますが)
脚本に和田清人さん!またお会いしましたね^^
私、この方の書く脚本、かなり好きです。映画ですと森山中教習所(マイベストムービーに入ってます!)、ドラマは新宿セブンや日本ボロ宿紀行などを書かれています。
ちょっと追ってみたいです…!(って前も書いたような。。)

(今気づいたけど、そうかボロ宿に笠松将くんゲストで出てた!入江監督が鈍牛倶楽部の人だからかもだが…)

展開がとにかくずっとずっと引き込まれる感じで、どうなるんだろう…最後まで分からず、凄く楽しめた。

中盤、世界は狭いというか(人間関係が閉じてるというかすぐぶつかる、笑)、あちらの世界とこちらの世界はやはり分断されていて、行き来が難しいんだなぁ…というのを感じて切なくなったが、実はそれがフリとなって、ラストの展開に繋がっているのがめちゃくちゃ凄い!
ハッとしました。
(意図しているのか、たまたま私がそう感じただけなのかはわかりませんが…とにかく戦慄だった。中盤で思った事がそのまんまラストで台詞となって現れた)

ラストの映像が引きなんですが、最初はこの引きで終わるのはどうなんだ…と思ったんですが、いやいや!!めちゃくちゃよかった。だんだん画面に入る人数が増えていって、市井の人感が凄く出ててよかった。あの人たちは特別じゃなくて、何処にでも居る人。もしかしたら私の周りにも居るかもしれない。そのことが印象付けられて、とても良かった。

入江監督には、これからも抗った作品をどんどん作って欲しい!
TAKESHI37

TAKESHI37の感想・評価

3.4
【Netflixで日本字幕付き鑑賞】

MIYAVIさんの悪役の雰囲気が良かった。

あれ?篠田麻里子いたっけ?
気付かなかった。。
加藤諒くんが良かった。
振り込め詐欺のドラマスカムと似てる。
Anri

Anriの感想・評価

3.7
篠田麻里子に一生気づかんかった。
金子ノブアキがカッケェ

こうゆう裏社会の話なんやかんや見てまうけど、どう締めくくるかってムズいよなぁ。
金子ノブアキの語りはめっちゃ「スカム」思い出した。

その人の過去が今にどうしても影響してまう気はするし、けどそれだけで決めつけるのも良くないですよね。

原作ではもっと3人の過去があったらしいから観たかったな。
>|

あなたにおすすめの記事