アンセイン ~狂気の真実~の作品情報・感想・評価・動画配信

『アンセイン ~狂気の真実~』に投稿された感想・評価

主演のクレア・フォイは『ファーストマン』『蜘蛛の巣を払う女』とほぼ同時期に出演しているが本作も奇妙な魅力がある女性を演じている。ストーカー被害に遭い転職し生活拠点えお変えた事でストレスが溜まりカウンセルを受けた所、何かの手違いがあったかの様に入院措置となってしまう。誤解を解こうとすればするほど投薬され更には拘束されるという被害にあうが徐々にこれは自分が狂っているからと思ったり妄想し始める。そこにストーカーしていた男が施設の職員でいる光景を目の当たりにする。
作品はカフカの不条理劇の様な序盤で観客も何が起きているか理解出来ずにクレア・フォイ演じるソーヤーと同じ不安な気分にさせられていく所は中々良く出来ていると思ったね。
後半に入っても妄想なのか明確にならないが真実の輪郭が見えて来るという所もスリリング。
スティーヴン・ソダーバーグ監督がiPhoneで撮影したという事が話題になっているが、作品も良く出来ているかと。
ラストのPTSD的にショットも効果的だ。
yab

yabの感想・評価

3.8
怖いねえ、、。医療が権限を以上に持ち過ぎている結果がこんな結果をもたらすと思う。本当に怖い話しだ。ただ後半では、結局個人が薬によって犯された人生と戦わざるおえないことを力説しているように感じられる。可哀想、、、。
りぼん

りぼんの感想・評価

3.4
ストーカーから自衛しまくっとる被害者が書類ちゃんと読まずにサインするか?すふかぁ…
こんな執着されてたら良い人でいられる訳はないが主人公以外だとヴァイオレットがめちゃくちゃ理不尽で可哀想だったわ

このレビューはネタバレを含みます

ストーカーと保険金詐欺?で強制入院のダブルコンボ、絶望的な状況なのに良くやった。でもきっとストーカーについては一生苦しむのだろうと思うとやるせない。1人のストーカーのせいで自分の人生が一気に変わってしまうんだなと思った。
k

kの感想・評価

3.3
定点も、誰かに監視されてるような視点も、変に斜めな角度からの撮影も全部iPhoneカメラ撮影なのは驚いた。後半の車内の暗視カメラの映像の臨場感が良い。カメラの撮影も映画内容に対してもストレスが溜まるし、すごくぶん殴りたい気持ちになった映画だった。あとちょい役のマットデイモン。
なおす

なおすの感想・評価

2.7
これiPhoneで撮影されてるんですね~iPhoneってやっぱりすごいな・・。映画とかもとれるとかCMあった気がするけど、ほんまにとってるとは・・・。
これはわざとなのかこれがそうなのか、画質がちょっとあらい?色味が古い感じもあって、それがなんとなく怖い感じを演出してて良かったです。

なんかやばいんですが、デイビットがだんだん可哀想に見えて来て・・・。
もちろんストーカーしてるのはやばいんですが、ずっと愛してるって言っててなんかちょっとかわいそうになってきました・・・。
保険金詐欺の精神病院。

大阪のあいりん地区でも路上生活者をターゲットに行われていたし、、、。

プラス ストーカーが偽名で看護師として働くという二重の難関

潜入ジャーナリスト、母、同室の女性
たくさんの方が犠牲に。

しかしストーカーって本当怖い。
どうやったらキッパリと諦めてくれるんだろう。

程度が酷いと、ストーカーされる方も病んでしまうのが分かる。
キャスト全員が異様な雰囲気でサスペンスとしては意外と面白かった。iPhoneで撮影した作品なので、異質な感じに拍車がかかり「ぞわぞわ」します。




以下ネタバレ

1人だけ大スターが出てきます。この映画の予算配分はその方に回ってるでしょうね草
iphoneで撮影!!
古典的なスリラー。低予算でもしつかりやれるソダーバーグ
masashi

masashiの感想・評価

3.3
まぁまぁかな?
これiPhoneで撮影してるんだよね?
綺麗に撮れてるから、びっくりしてる

ストーカーこわ!!!!
>|

あなたにおすすめの記事