father カンボジアへ幸せを届けた ゴッちゃん神父の物語の作品情報・感想・評価

father カンボジアへ幸せを届けた ゴッちゃん神父の物語2018年製作の映画)

上映日:2018年04月07日

製作国:

上映時間:95分

4.5

あらすじ

2015年、8月。カトリック神父・後藤文雄、愛称・ゴッちゃん(撮影当時86歳)。 「これが最後の旅になるかもしれない」…この映画は、年老いた後藤がそう言ってカンボジアへ旅立つところから始まる。1929年新潟県長岡市の、浄土真宗の寺の息子として生まれたかつての皇国少年は、いつしかカトリック神父となり、独身にして14人の子どもを育て上げた。逃れられない戦禍、最愛の母との最悪の別れ、家族との軋轢・葛…

2015年、8月。カトリック神父・後藤文雄、愛称・ゴッちゃん(撮影当時86歳)。 「これが最後の旅になるかもしれない」…この映画は、年老いた後藤がそう言ってカンボジアへ旅立つところから始まる。1929年新潟県長岡市の、浄土真宗の寺の息子として生まれたかつての皇国少年は、いつしかカトリック神父となり、独身にして14人の子どもを育て上げた。逃れられない戦禍、最愛の母との最悪の別れ、家族との軋轢・葛藤、思春期の初恋、そして人生の多くを費やすこととなるカンボジア難民の子どもたちとの出会いと関わり、、、その人生は、見えないなにかに導かれるかのごとく紡がれていく。1981年、祖国の内乱や殺戮から日本に逃れてきたカンボジア難民の子どもを受け入れ育て、その関わりから始まったカンボジアでの学校作りは、広がった支援の輪により、19校にのぼる。 その集成となるカンボジアへの旅と故郷長岡への旅、そして後藤の日常を追った足かけ2年にわたる記録に、後藤の半生を加えて織り交ぜ追いかけたドキュメンタリー映画。 「平和を考え続けた巡礼のような人生」を送る86歳の神父ゴッちゃんが、いまを生きるあなたへ届けたいメッセージ。

監督

ナレーション

出演者

「father カンボジアへ幸せを届けた ゴッちゃん神父の物語」に投稿された感想・評価

botan

botanの感想・評価

3.9
知り合いすすめられて鑑賞。最近はエンターテイメント映画よりもこうしたドキュメンタリーの方が心打たれることが多くなってきたような気がします。こんな人間くさい神父さまがいるなんて‥そしてカンボジアの子どもたちってなんでこんなに瞳がキラキラしてるんだろう‥
ご縁があって後藤神父やラーさんなど映画に登場する方々とお話ししたことがあり、またカンボジアに実際に足を運び、彼らの生い立ちやカンボジアの歴史を自分の耳で聞き、目で見て、頭で理解しているつもりだった。けれども、まだまだ知らないことがたくさんある、という当たり前のことに気付かされた。
お2人をはじめとして、カンボジアでお世話になった方々のことをさらに知ることができた今、彼らのために自分にはなにができるのか。改めて考えさせられる素晴らしいドキュメンタリーだった。
ごっちゃん神父様の映画です

知ってる人なのです

カンボジアが少し前まで独裁政権下にあるなんて知らなかった

殺し合い憎しみ合うことがどうしてできるのか、人間って恐ろしい

たくさんの人に見てほしい
20日まで、新宿武蔵野館にて毎朝10時から
なつ

なつの感想・評価

-
この子ども達の輝かしい瞳、表情!
希望であり、宝ですね、子どもは。
ゴッちゃん神父の後藤さん、
良い意味で“普通”の感覚を持ち合わせ、ユーモアに溢れた人間くさい方でした!
これ製作陣はボランティアだそうで愛されているのが良くわかる。
ただ残念なのは映画が、後藤さんの人生に依りすぎているかなぁ。
もう少しカンボジアを描いて欲しかった。
後藤さんは、『この映画は難民問題として捉えて欲しい。今も苦しみ心に大きな傷を負った人々の力になって頂きたい』と話されていた。
どうすればカンボジアの人々の“自立”に繋がるのだろう…。