PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3「恩讐の彼方に__」の作品情報・感想・評価・動画配信

  • Filmarks映画情報
  • 日本映画
  • PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3「恩讐の彼方に__」の映画情報・感想・評価・動画配信

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3「恩讐の彼方に__」2019年製作の映画)

上映日:2019年03月08日

製作国:

上映時間:68分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3「恩讐の彼方に__」」に投稿された感想・評価

blueapple

blueappleの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます


日本へ帰ろう


狡噛さんが外務省へ至るまでの
道のりがここで明かされましたね👏

テンジンかわいい。
眠眠

眠眠の感想・評価

3.9
ひたすら狡ちゃんを拝める映画。
異国情緒な感じも良き。
面白かったです🙆‍♀️
k

kの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

短い時間の中で政治背景があんまり語られなかったのがちょっと残念。
マッチポンプねぇ…。平和の為に弱い人間を犠牲にするのは確かに非道い、と言える…でも、正しいままで正しい場所へ辿り着くことってどうしたら出来るんだろう(だってたくさんの人が死んでいるんだ)。特にこうやって泥沼化、複雑化した紛争に於いては。ガルシアだって平和を望む一端であったことは間違いないと思うから。
とか言えちゃうのは私が平和な国でのうのうと暮らしてる外野だからなんだけど。コウちゃんの選択はやっぱり正しいのかもしれない…。

そしてコウちゃんは槙島という男を対話相手として内包しながら生きているんだね。


『悪霊とは過去のことだ。未来からやって来る悪霊はいない。(中略)死んだ人間に支配されて生きるということ、それはつまり、悪霊に取り憑かれているということ』
実質レオンだったと言われてああ!たしかに!みたいになりました。というか、ランボー。
劇場3作のうちでもめちゃくちゃアクション多くて大満足でした
あまり覚えてないけれど記録として。
戦闘シーンに監修が入ってるので圧倒的肉体戦。PSYCHOPATHシリーズの戦闘シーンは信頼してます。
最後痺れます。
★あらすじ
南アジアで放浪を続けてる狡噛はある日、ゲリラに襲われてる難民バスを助け、1人の少女と出会い、新たな事件に巻き込まれていく。

★感想
やはり狡噛慎也が1番好きなので3作品の中で1番好き。
シーアン事件以降の動向が描かれていて、自己犠牲を厭わず、人を救う彼の姿に憧れます。

フレデリカここでも出てくるってことはシーズン3で外務省とか絡んできてそこに狡噛もいる感じだな。
ますます続きのアニメが楽しみになってきた。
PSYCHO-PASSっぽさはあんまりないんだけど、狡噛さんいるだけでPSYCHO-PASSって感じするな〜〜〜
うめ

うめの感想・評価

4.0
これは狡噛の物語だ

槙島と共に失われた彼の一部

いくら必死に抗っても

それが埋まることはない

せめて

目の前の人だけでも

そんな叫びさえ

虚しく響くだけ

戦うことでしかできない

無骨な男の生き様


シビュラシステムも出てこなければ

ドミネーターも出てこない

それなのに

PSYCHO-PASSでないようでいて

やっぱり

これもPSYCHO-PASSなんだよなぁ

SS2に引き続き登場したフレデリカ

3rdシーズンへの期待が高まるラスト

見事な構成の3部作でした


私の周りではあまり芳しくない3rdの評価

でも

ここまで来たら突っ走ります!
ら

らの感想・評価

4.0
ドミネーターとか出てこないし、PSYCHOPATHっぽさがないところはあるけど、狡噛さんがいるPSYCHOPATHは最高だなぁと思う。かつては復讐に囚われていた狡噛さんが復讐を否定してるの感慨深い…

狡噛さんがーー!!戻ってくる〜〜〜!!!!って死ぬほど嬉しかったの覚えてる
PSYCHO-PASSシリーズのスピンオフ3作目。
チベットを舞台に狡噛慎也が活躍するお話で、一係が一人も出てこなければドミネーターも出てこないという異色の作品。
『ファークライ4』みたいな雰囲気かな。
激しい戦闘シーンはあまりなく、割とまったりとした空気の中、狡噛が自分自身を見つめ直す旅といった感じ。
でも最後の列車上での戦闘は興奮したな。
脳内回想で槙島が度々登場するのも1期ファンには嬉しいポイント。
あと監督が劇場版の失敗(?)で反省したのかニホンジン英語の台詞が一切なくなったのは良い傾向。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品