アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノールの作品情報・感想・評価・動画配信

「アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノール」に投稿された感想・評価

555

555の感想・評価

3.5
盲目のハンディキャップがある世界最高峰のテノール歌手の人生を描いた映画。
アンドレア・ボチェッリといえばサラ・ブライトマンと歌うTime to Say Goodbye が超有名ですが、久しぶりにYouTubeで動画を見て、なんでこんなに美しい声が出るん?と感動し動画漁って、いきついてこの作品。
え、そもそも彼のために作られた曲だったなんて知らなかった。そして和訳もなんて素晴らしいんだTime to Say Goodbye...

邦題はアンドレア・ボチェッリ〜奇跡のテノール〜ですが、原題はThe Music of Silence
この沈黙がキーで、祈りとかそういう雰囲気に近いのかな。
話の流れは期待しないほうがいいというか、ありのままの感じなんだけど、青年期の歌は全編本人が歌ってるとのことで、それだけでも見る価値あり。
美しい音楽が絶え間なく続く映画はいいな〜

微かに残っていた視力が失われた時の母親の嘆きが涙でした。

あと、映画とは関係ないですが、エド・シーランと共演したPerfect symphony が最高です。ビヨンセとのPerfect duetも優しい愛への希望があふれていて大好きだけど、アンドレア・ボチェッリがイタリア語で歌うと完璧な愛って感じで壮大。そして息子さんがイケメンすぎて鼻血。
ざくろ

ざくろの感想・評価

3.2
挫けそうになっても見ていてくれる人はちゃんといるし、彼も自分を信じて前に進んでいった。
人の温かさや努力に忍耐、人間の力を感じさせられる映画でした。
Snow

Snowの感想・評価

3.6
誰かな?って印象でしたが一度は聴いたことのある歌声でした😆
素晴らしい伝記でした😊
Kazushi

Kazushiの感想・評価

3.5
「 沈黙 」

視力を失うシーン。
胸が張り裂けそうでした。
人は視覚に頼る生き物だし、
在った微かな光すら感じられないのは
どれほどの嘆きだっただろうか。


愛する支えができても
声のために”沈黙”を守る。
最後の自己表現まで押し込めて。


沈黙は愛であり、覚悟。
目が見えなくなったボッチェリ。心に残ったのは、視覚障害者がよくつく仕事のピアニストは嫌だという。また、歌が上手かったから、オペラ歌手を目指す。ハンディキャップがあっても、譲らない事が、ボッチェリの強さだと思う。
sen

senの感想・評価

3.8
オペラには全く興味ない私ですが、初めて彼の歌声を聞いた時(確かセリーヌディオンと歌った「The prayer」)、「こんなに綺麗な声があるのか」と衝撃だったのを覚えてる。
本当に心地良い。

彼の人生を見ていると、視力を失い、声を失い、才能がないと言われたり、たくさんの苦労や挫折があってもなお、ご本人が最後に言っているように、偶然なんてものはなく、全て神様が用意していたかのように進んでいったように思えた。

信仰心とかあまりないのですが、自分を信じて、神様からのサインに耳を傾けていれば大丈夫なのかもしれないと思えた。
人と比べて、思うように進まなかったり、理想と現実のギャップに焦ったりするけど、もしかしたらそんな必要ないのかも。

とにかくアンドレアさんの歌声をこんなにたくさん聴けて幸せ♡

俳優さん、そっくりでびっくりした。

一点だけ、なぜイタリア語にしなかったのだろうか…?終始不自然さが気になった。
"The music of silence"(沈黙の音楽)ってそういうことか!
.
観る前はなんとなくボヘミアンラプソディとかグレイテストショーマンと同じなのかな?って思ったけど
その両方とも違う静かに身体の内側が震えた感じがした
.
原題は"The music of silence"。オペラ歌手の話なのに「沈黙の音楽」ってどゆこと?って思ったけど、見終わってあぁ、そういうことか。って腑に落ちた。
"Andrea Bocelli"とか"Con te partiro"とかだったら絶対にそうはならなかったと思うの
.
「映画を見なさい」っていう環境に疲れてしまった時にこれを鑑賞したけど、とっともいい映画に出会えたぁ🎬
Time to say goodbye聞いたことない人はぜひ聞いてほしい。本当に素晴らしい歌声だから‼️それが聞きたくてこの映画見たようなもん。笑
.
音楽は、人生を、心を、豊かにする。
ライブドキュメンタリーかと思ったが評伝劇だった。だが面白かった。
Yagi

Yagiの感想・評価

4.0
・アンドレア・ボチェッリ、数年前のデイヴィッド・フォスターのコンサートDVDで彼を知ったが、それ以前の名声を得るまでの半生を知ることができた
・ボチェッリ自身、視力を失いつつも弁護士になるほどの努力家だが、静かに見守る両親や情熱的に励ます叔父さん、勉強を見てくれたキノコ狩りおじさん、才能を信じて待つ妻、歌唱を磨き上げる策を示す師匠等々周りの人々にも恵まれた
・“どこへ?”“月を見に”
・トスカーナは風光明媚だなぁ
totoruru

totoruruの感想・評価

3.8
努力と忍耐



世界最高峰のテノール歌手アンドレア・ボチェッリが自らの激動の半生をつづった自伝的小説の映画化。

半生といっても本作はアンドレア・ボチェッリが売れるまでのお話。

売れてからの話はほぼありません。



生まれつき視力に難があり、少年期に失明してしまったボチェッリ。

失明するシーンでの母親の悲痛の叫びが胸に突き刺さる。


失明してからのボチェッリは挫折と努力の繰り返し。


場末のピアノ・バーで『乾杯の歌』を歌うシーンが素晴らしい。

燻っていたボチェッリの歌への想いが解放されたかのようで心が震えた。



そして、アントニオ・バンデラス演じるマエストロとの出会い。

バンデラスがイイ感じに年輪を刻んでますね。

あのエル・マリアッチが、これほど渋いおっちゃんになるとは。


マエストロがボチェッリの成功を見届けたあとに、月を眺めるシーンが最高に素敵。



優しい家族や周囲の人々(特にジョヴァンニ叔父さんの存在が大きい!)に甘えることなく努力を続けたボチェッリ。

そして沈黙を貫き忍耐強くチャンスを待ち続け、35歳という遅咲きでのデビューを果たしたことに感服です。



歌唱シーンは全てボチェッリ本人の吹き替え。

なので当然ですが素晴らしい歌を聴くことができます。


良い音楽がストーリーと一体になって作品の質を上げていました。
>|