パヴァロッティ 太陽のテノールの作品情報・感想・評価・動画配信

「パヴァロッティ 太陽のテノール」に投稿された感想・評価

mari

mariの感想・評価

3.7
オペラは全然詳しくないけれど、
聴いたことのある歌が流れていました。
三大テノール歌手が集まって
歴史的な建物で歌うって素晴らしかった。
映像で観られるのは幸せでした。
生で歌声を聴いたらすごいんだろうなと。
自分の気持ちに正直で、素直で
チャーミングな人だったのかな、と思いました。
nago19

nago19の感想・評価

3.5
甦る三大テノールを先に見たので1人だけ亡くなっていて残念だったけど、こちらは生前の映像がたくさん。冒頭のアマゾンシアターも気になった。お茶目な人という印象。ひまわりがぴったり。馴染みのある誰も寝てはならぬはやはり聞き応えがある。人気が出たらお金儲けに走るのは当然だと思うけどちゃんと還元してる。若い女性に行っちゃったのはイタリア男なら仕方ないのかも。ただ亡くなっていく時、長年の妻に看取られ娘たちも大人になって安心して亡くなるのと、若い妻と幼い子どもを残して死ぬのでは心残りが違うかな。自分で選んだんだから悔いはないだろうけど。面白かった。
犬

犬の感想・評価

3.8
鉄の釘

神の声を持つと言われたイタリアのオペラ歌手ルチアーノ・パヴァロッティの生涯を追ったドキュメンタリー

批判

インタビュー
貴重な映像、音源もあります

家族
プライベートな話題
知られざる人柄が分かります

偉業
オペラが楽しそう

テノール
いろいろ知れる

不倫

ダイアナ妃との関係

戦争
ジャンルが違う人たちとも交流

3人の共演は鳥肌でした
さと

さとの感想・評価

3.6
テノール歌手パバロッティのドキュメンタリー。食いしん坊で甘ったれ愛されキャラの人となりは伝わりますが、映画としては普通の出来かな。オペラやオーケストラ好きとしては、やっぱり曲を通しで視聴したいんだよなー。なので少し減点。

艶のある声のピークはこの頃でしょうか。彼の十八番、プッチーニのNessun Dorma
https://youtu.be/z2b5BqTbvo0

私は無宗教ですが、音楽や絵画などの芸術に神を感じる瞬間があります。パバロッティの伸びやかなテノールにも神が宿ってるのが見える。まさにgifted!

隣で指揮するのはシャマラン監督???ではなく、インドのマエストロ、ズービン・メータ氏。最近観た「OLD」、引きずっているな私…。
oka

okaの感想・評価

4.3
彼については名前しか知らなかった。
それでも彼を身近に感じた。
彼からは「生きる」という素直な生命力を強く感じた。
ドキュメンタリーだが、全く飽きることなく『映画』を観ている気分だった。ドキュメンタリーというより、ドラマというジャンルの映画作品を観ているようだった。

彼の愛くるしい笑顔や言動を見ていると、惹き込まれていた。きっと彼の周りの人々もそうだったんだろう。

トスカ「星は光りぬ」で涙がボロボロと溢れた。

彼の歌声から感情というものがダイレクトに脳天ぶち抜いて心に入ってくる。

映画が始まって1分38秒で彼の魔法にかかっていたように思う。

パヴァロッティはあまりにも自分とかけ離れていて、素直で愛らしくて、羨ましくもあった。

1人の人の人生が詰め込まれていた。愛も苦悩も、戦争、宗教観、社会、家族、音楽。

見終わった今から見返したいと思うのは、見終わって「彼は1人のただの男だったんだ」と思ったからだろう。

有名なオペラ歌手としてではなく、ただ1人の人間がどう生きて、周りの人間にどう愛されていたかを改めて観たくなった。
彼を知らない人でも、そのすごさがわかる、魅力がぎゅぎゅっとつまったドキュメンタリー。
人間ってこんなこともできるんだな。

このレビューはネタバレを含みます

 パヴァロッティは、ロン・ハワード監督のイタリアのオペラテノール、ルチアーノ・パヴァロッティについて監督した2019年のドキュメンタリー映画です。 [5] [6] 2019年6月4日にファトム・イベントを通じて全国初演イベントを開催し、2019年6月7日に劇場公開された[7][8]。 パバロッティはアメリカとイギリスのベンチャーで、CBSフィルムズとハンウェイ映画がディストリビューターを務めています。 [9]


内容
1 概要
2 生産
2.1 サウンドトラック
3 解放
3.1 ホームメディア
4 レセプション
4.1 切符売場
4.1.1 米国およびカナダ
4.1.2 英国
4.1.3 その他の地域
4.2 重要な対応
5 「」も参照
6 参照
7 外部リンク
概要
ドキュメンタリーは、アマゾンのジャングルで確立されたスターオペラテナーのパバロッティで始まり、エンリコ・カルーソがかつて新しい劇場を開くために演奏した舞台を見ることを主張しています。パヴァロッティは、かつてカルーソが演奏した舞台で歌いたいと思っています。古い劇場は一時的に彼のために開かれ、彼はステージ上で短いアリアを歌います。その後、ドキュメンタリーは故郷のイタリアのモデナに戻り、パバロッティは貧しい中流階級の家庭に生まれました。彼の父親は地元のパン屋で、母親は家政婦です。10代の頃、パバロッティは父親が所属する合唱団の一員になる。彼は熟練した歌手になることを期待して彼の声を開発し続けています。

彼が最初の主要な役割のオーディションを受けると、パバロッティは彼のパフォーマンス中に指揮と権威を持つ高いCを打つ能力によって自分自身を選び出します。オーディションの後、彼は彼が数回高いCを打つことを可能にするオペラにキャストされます。パヴァロッティの評判は広がり始め、彼は「高Cの王」として知られるようになります。ジョーン・サザーランドやミレラ・フレニなどの世界的に有名なソプラノと共演し、レコーディング活動も開始する。

彼は彼の友人、仲間のテナーホセ・カレラスが白血病の治療のために入院していると聞くと、パバロッティはカレラスが世界クラスのテナーの口径で本物の競争相手として戻ることができるように彼に元気を得ることを望むように彼に電話します。カレラスは白血病治療を無事に完了し、回復期間ニューヨークに行きます。そこでパヴァロッティ、カレラス、プラシド・ドミンゴは、メトロポリタン・オペラのシーズンが進行中の期間、同じホテルに滞在しています。プロモーターは、彼らの3人が同じホテルに滞在していることを聞き、彼らがすべてサッカーファンであることを知って、彼らが3人が同じ会場で演奏できるワールドカップ決勝の前夜にコンサートを手配できることを彼らに提案します。彼らは熱心に同意します。

ズビン・メータ指揮をとったスリー・テノールズのコンサートは、1990年にローマで開催され、観客を対象に行われます。これは、世界的なDVD配信のために記録され、スリーテノールは画期的な成功です。「O solemio」の彼らの遊び心のある歌は、カレラスとドミンゴが曲のオープニング歌詞の繰り返しからパバロッティのシグネチャートリルをエコーして、目立つヒットになります。3人はまた、フィナーレとして「ネスン・ドーマ」の3つのテノールバージョンをステージ上で即興で行います。彼らは次の3つのワールドカップ決勝[10]で後続のコンサートのために再会し、最終的には30以上のコンサートを行います。

1990年のコンサートの録音版は、ビルボード100のトップリストに確立されたロックスターの行為を上回る、史上最も売れたクラシック音楽アルバムになります。カレラスのキャリアが再開され、パヴァロッティは20世紀の優れたテナーの一人としてキャリアを続けている[彼はオペラよりも大規模なソロコンサートに出演する傾向がますます増えています。

ドキュメンタリーはまた、最終的に2000年に彼の長年の妻アドゥアとの離婚につながった彼の多くのガールフレンドや事件を説明しています。2003年、彼は元パーソナルアシスタントのニコレッタ・マントヴァーニと結婚しました。2007年、膵臓がんの治療のため入院。9月6日、彼は故郷モデナの自分の寝室で膵臓癌の合併症で死亡した。

プロダクション
この映画は、家族のアーカイブ、インタビュー、ライブミュージック映像を使用してルチアーノ・パヴァロッティの財産の協力を得て制作されました。 [5]

監督に加えて、ロン・ハワードはブライアン・グレイザー、ナイジェル・シンクレア、マイケル・ローゼンバーグ、ジャンヌ・エルファン・フェスタと共にプロデューサーを務めた。デビッド・ブラックマンとディコン・ステイナーがエグゼクティブ・プロデューサーを務めました。 [1]

サウンドトラック
公式サウンドトラックアルバム『パヴァロッティ:映画からの音楽』は、2019年6月7日にデッカ・レコードによってデジタルダウンロードとCDで世界中でリリースされました。スタジオとライブ録音の22トラックを備えています。 [12]

リリース
2019年2月10日、CBSフィルムズによる第61回グラミー賞で、2019年6月7日にアメリカの劇場公開を宣伝した。2019年7月15日、エンタテインメント・ワン・フィルムズを通じてイギリスで公開された[1]。 [13][14]

ホームメディア
この映画は、2019年9月24日にブルーレイディスク、DVD、デジタルセットとして米国のライオンズゲートを通じて、11月25日にイギリスでユニバーサル・ピクチャーズによって別々に公開されました。 [15][16]

チャート (2019) ピーク
位置
アイルランド音楽DVDチャート (IRMA)[17] 1
アメリカのミュージック・ビデオ・セールス (ビルボード)[18] 2
英国公式ミュージックビデオチャート (OCC)[19] 1
レセプション
ボックスオフィス
平成22年10月7日パヴァロッティは、米国とカナダで470万ドル、他の地域で180万ドルを売り上げ、世界総額は650万ドルです。 [2][20]

アメリカ合衆国とカナダ
米国とカナダでは、パバロッティは17都市の19の劇場からオープニングウィークエンドで$144,032を稼ごしました。この映画は第2週末に221,207ドル、20位、3回目は431,140ドルを稼いでいました。95%の増加は、1,014,228ドルの興行収入で16位に終わった。 [22]

第4週末、映画は288の劇場で553,067ドルを稼ぎ、6月30日までの週に17位に終わりました。公開の第8週末に、映画は135の劇場に減少していました。9回目の週末に94回の上映会で85,156ドルを稼ぎ、合計4,425,534ドルを稼ぎ出しました。 [23]

イギリス
英国では、この映画は第2週末に42の映画館から£30,456を売り上げ、スクリーンあたりの平均は£725で、最初の週から92%減少し、興行収入は£492,763($610,157)の総額で23分の1に終わりました。 [24][25]第3週末に48スクリーンで別の£25,197($30,646)、27スクリーンの4番目に£14,015($16,857)を作り、8月11日までの週に合計£601,010($722,889)を売り上げました。 [26][27][28] 2019年9月15日現在、映画は9週目に総額£705,400に入りました。 [29]

その他の地域
ニュージーランドでは、2019年6月13日にマッドマン・エンターテインメントを通じて公開され、オープニング・ウィークエンドの50スクリーンで46,260ドルを売り上げ、興行収入で8位に入賞しました。9週間にわたり、総額391,659ドルを売り上げました。この映画はまた、2019年8月11日現在、ポーランドで295,236ドル、ポルトガルで49,641ドル、ロシアで46,087ドル、スロバキアで22,030ドル、アラブ首長国連邦で10,191ドルを売り上げました。 [30]

クリティカルレスポンス
レビューアグリゲーターロッテントマトでは、映画は83のレビューに基づいて87%の支持率を保持し、平均評価は6.89/10です。ウェブサイトの批判的なコンセンサスは、「パバロッティは、その主題に対する明らかな愛情が伝染することを証明するドキュメンタリーでそびえ立つ文化的人物に面白い賛辞を払う」と読んでいます。 [31] Metacriticでは、この映画は、20人の批評家に基づいて、100点中66点の加重平均スコアを有し、「一般的に好意的なレビュー」を示している。 [32]

CBSニュースは、「パバロッティについての新しいドキュメンタリーは、彼の伝説的な声のように舞い上がる」と言いました。 [33] USAトゥデイは、この映画は「偉大なテナールチアーノ・パヴァロッティが世代のためにどれほど大きな役割を果たしたかの鮮やかなリマインダーとして機能する」と述べ、「感染性のビーミング、ハワイアンシャツを愛するオペラスターが彼の人生を生きた情熱的な方法は、パバロッティの最も魅惑的な要素である」と述べた。ニューヨーク・タイムズ紙は「ルチアーノ・パヴァロッティが悪い一日を過ごしていたら、歌手の人生を語るアップビート映画、あるいは少なくともそのより良い瞬間であるパバロッティからそれを知らないだろう」と語った。一方、NPRは「すべての正しいノートを見逃す」と述べ、「パバロッティは良い物語を語るチャンスを逃したような気がする」と付け加えた。ワシントン・ポスト紙は、ドキュメンタリーを「ひどいがタイムリー」と表現し、オペラ愛好家が見るべき「平凡な映画、不完全で迷惑」と表現した。 [37]

 以上Wikipediaから引用

 流石ロン・ハワード手堅くまとめています。
チアーノ・パヴァロッティの生きざまがありありと描れています。
素晴らしかった!!
うさぎ

うさぎの感想・評価

3.9
映像でもこの歌声

トリノオリンピックでの誰も寝てはならぬ

https://youtu.be/EwlE_qNSWLw

これで初めてパヴァロッティを知り、この映画で彼の人となりを知る。とてもチャーミングな人だった。この翌年に亡くなったのか。
三大テノールの一人で神の声を持つと言われたイタリア人オペラ歌手のドキュメンタリー。
ずっと笑顔で優しく素晴らしい人間性。
昨年10月、いとうせいこうさんの父親の葬儀で、パヴァロッティに目覚めたみうらじゅんさん。
日本で彼の意思を継ぐ者が現れて本当に良かったなと思いました。
lovely

lovelyの感想・評価

2.0
テノールの歌声に癒される…才能溢れた、選ばれし人の典型的な生き様。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品