ダリダ~あまい囁き~の作品情報・感想・評価

ダリダ~あまい囁き~2016年製作の映画)

Dalida

上映日:2018年05月19日

製作国:

上映時間:127分

ジャンル:

あらすじ

60年代フランス。ミス・エジプトに輝いた美貌とそのエキゾチックな歌声で一躍フランスの国民的スターとなったダリダ。聴く者の心に直接語りかけるような歌声が愛され、アラン・ドロンとのデュエット曲「あまい囁き」や「18歳の彼」など大ヒットを連発し、デビュー以来30年、休むことなく第一線を走り、きらびやかなステージに立ち続ける。 富と名声を手にし、幸福に包まれていたはずの彼女だが、ヨランダ(ダリダの本名)…

60年代フランス。ミス・エジプトに輝いた美貌とそのエキゾチックな歌声で一躍フランスの国民的スターとなったダリダ。聴く者の心に直接語りかけるような歌声が愛され、アラン・ドロンとのデュエット曲「あまい囁き」や「18歳の彼」など大ヒットを連発し、デビュー以来30年、休むことなく第一線を走り、きらびやかなステージに立ち続ける。 富と名声を手にし、幸福に包まれていたはずの彼女だが、ヨランダ(ダリダの本名)自身は愛に何度も傷付き、ダリダとして恋するヨランダのときめきと痛み、幸福と絶望を情感あふれる歌へと昇華させていく―― 。

「ダリダ~あまい囁き~」に投稿された感想・評価

makiko226

makiko226の感想・評価

3.8
2018/5/25 角川シネマ有楽町 a
Meine Lieber Herr
ダリダを知る方々やファンクラブでは悪評価のようです.私自身もエディット・ピアフと互角でありながら日本での認知度が低くなりつつある中で、知らない方は観ても解らないと思いました.また入門編としても内容が不十分かと思います.ですが生誕85周年のダリダを作品として取り上げたことは評価できるかと思います.
リョウ

リョウの感想・評価

2.6
ダリダというこの歌手を知らなかったのでビックリした!まさかシナトラを上回ったとは(汗)
主演の女性は演技経験ないのだそう。でもステージ上とかとても堂々としてスゴかった。手足がスラッと長くてキレイだ。
しかし曲が自分にあまり合わなかったのかな。途中2度寝てしまった。
そして気が付いたら彼女が47歳になっていた。この辺りの歳月の流れがイマイチわからなかった。
彼女のこと知ってるとまた違った楽しみ方が出来たんだろーなー。
しかし美男ばかり捕まえているが男選び悪すぎだろ!特に自称17000 歳とか言ってるあの男はバカ過ぎ。確かにかっこいいけどさ。
Kaoru

Kaoruの感想・評価

4.1
オンナは弱し、されど母は強しってゆうけれど、ありゃ嘘だな。

人による。そして見方による。

そう思わざるをえないし、そもそも弱い強いってなんなんだね?笑。そう感じさせる作品。ダリダは強かった。常にブレなかったし、常にダリダだった。だけれど、ヨランダ(ダリダの本名)は弱かった。とてつもなく。

ダリダのせいであんな人生の結末を迎えたヨランダだったけれど、ダリダのおかげであんなに強く生きれることもできたという事実。そしてダリダの強さは、間違いなくヨランダの弱さからきていて、あの人は傷付けば傷付くほど人を惹きつける歌を歌うからまったくややこしい。ベクトルを歌に向ける感じ、ホント素敵だと思う。

弟さんは今もご健在で、この作品のさまざまなことを監修してるっていうんだから、かなり事実に忠実に従っていると思われ。アタシもてっきりアランドロンとデキてたのかと思ったから、こんな裏話があったと知れてよかったわ。

あと余談だけれど、弟さんの手腕がすごいと思ったわ。当時イタリアではミーナという歌手(パローレパローレの原曲を歌っている人)が流行っていて、それを彼女に歌わせたり、アメリカ進出や路線変更などなど、ダリダが長く愛されたのは弟さんの才覚があってのことだと思う。この姉弟の関係性なくしてはこの物語はなかったなあと思うし、最後のオトコを除き、彼女に惚れられたオトコたちも不遇はあったけれどやはりみんな素敵だったなぁと思うわ。
だけれども最後の半分詐欺師みたいなダメ男が1番長い付き合いで、10年も寄り添えたのは、もしかしたら作品では分からない魅力があったのかもしれない。

何故彼だったのだろう…今でもずっと考えてしまう。
オンナの選択はいつも不思議で分からない。だからオンナっておもしろいんだなぁ。そう思えた作品。

なにより、悲しいけれどステキな歌にたくさん出会える作品。だけれど悲しくなかったらこんなステキな歌ではなかったんだなー。特に女性にオススメです。
Ayomot

Ayomotの感想・評価

2.7
実際の人は知らなかったけど、何となく聞いたことのある曲があって時代を感じられた

フランス映画特有の、行間が飛んでいく感じが苦手だなと改めて思ったw

悉く彼氏が死んでいく様は、現実とは思えない不気味さだった
Wonkavator

Wonkavatorの感想・評価

2.9
主演女優のダリダっぷりもなかなかの検討ぶりなのだけれど、ミュージシャンの伝記映画ってこれまでの経験上そこそこ見応えあるの多いんだけどそれらの秀作に比べると小粒感というか、映画としての魅力に欠ける。
ファンだけが観れば良い作品なのかもしれない。
いち麦

いち麦の感想・評価

4.0
恋多き私生活に絶えず憑き纏う死の影の“正体”が次第に浮かび上がる。テンポ良く繋げられた場面場面を彩るポピュラー楽曲。そのどれもが其々の時代の流行を取り入れたアレンジでスタッフの力量が改めて窺えた。
主演S.アルヴィティの美貌は勿論だが、A.ボルギ、N.シュナイダー、N.デュヴォシェルら伊仏イケメン俳優が次々の登場で眼福。R.スカマルチョは要の弟マネージャー=ブルーノ役なので全編に亘って締めていた。
のん

のんの感想・評価

3.0

アラン・ドロンとの「あまい囁き」(パローレパローレパローレ~)を歌った人の伝記というのと、ちょっとシャンソン好きなので観てみました。

「人間は愛に向かってるのよ」って彼女のセリフが心に残りましたね。

主演女優は美しいし、私服もインテリアも舞台衣装も全てが美しく、また彼女の恋愛遍歴に名前を連ねる男たちも皆素敵で「死」さえ美しく見えてしまう。もちろん、その裏で、もがき苦しむ醜さだって抱えてたと思うけれど、それすら華麗に見えてしまうのが哀しい。


で、更に哀しいかな、映画そのものよりダリダの恋人役の面々にうっとりしてしまう私。特にジャンとルチオ。
ジャン・ソビエスキー役のハンサムな青年は、胸騒ぎの恋人でドランの心を「Bang Bang」した男の子ですよね。しかも胸騒ぎの恋人で採用されたのはダリダ版のBangBang。こんなところでドランのセンスの良さを改めて認識。
次に18才のルチオ役のブレンノ・プラシド。彼はジュリアーノ・ジェンマを連想させる哀しげな可愛さが印象的でずっと眺めていられるw
mpc

mpcの感想・評価

3.7
フランスの歌姫ダリダの栄枯盛衰ストーリー
ミスエジプト→プロデューサーに見出だされてデビュー→略奪結婚→年下と浮気→離婚→一回り下の男子と恋愛→怪しい啓蒙家に走る、、それに反して孤独な私生活。これぞスター物語王道!といったある意味テンプレ通りの流れで苦手なフランス語中心ながらもタブロイド的に楽しめる

アデルを彷彿させるハスキーな彼女のヒットナンバーを堪能
来日映像も出てきて嬉しかったな
本人の歌をもっと知ってれば良かったなあ
mini

miniの感想・評価

2.5
"人間とは死に向かって生きることだ
綱渡りをするみたいに
生と死のバランスを保ち
落ちないようにする
愛への存在でなきゃ"
>|