私は、マリア・カラスの作品情報・感想・評価・動画配信

「私は、マリア・カラス」に投稿された感想・評価

SAKURA

SAKURAの感想・評価

3.8
すごい歌声を聞けて、
とても贅沢な時間を過ごせる作品でした。
pilmo

pilmoの感想・評価

3.3
マリアカラスというディーバは知っていたけれど、彼女の人生に触れたのは初めて。
映画を見てから彼女の、生い立ちや人生を調べてみたところ、映画で語られる以上の苦悩や生い立ちの不幸さがベースとなり、良くも悪くも彼女の人生を作っていったと言えると思う。
小さい頃から愛を知らずに育ったが故に、愛に素直すぎて愛に裏切られても信じてしまう。
オペラ歌手として頂点に立ちながらも、常にマスコミに追いかけられ精神的に休める場所は少なく、若くして不可解な死を遂げた人生は、幸せだったのだろうか。
映画としてはただただ、生前のインタビューと、公演をつなげただけの芸のないものだと思うが、彼女の人生を知るいいきっかけになった。
1923年生まれオペラ界の歌姫のマリアカラスのドキュメンタリー

「夫は名声という美酒に酔ってしまった」
Tom

Tomの感想・評価

4.2
カラスのインタビューがこんなに残っているとは知らず興味深いでした。月並みでオペラ詳しくないですが彼女の声は別格、ハンクスのフィラデルフィアでの挿入曲はほぼ毎回泣かされます。
デニロ

デニロの感想・評価

2.5
子供の頃にマリア・カラスという面白い名前を知っていただけだし、わたしの知っている彼女の唯一の作品が映画『王女メディア』だった。興味のほどが知れると思う。

エンドロールで使用したフィルムの元を紹介していたけれど、そのフィルムは没になったニュース画像やパパラッチ画像、そして周囲にいた人々の個人的なフィルムなんだと思う。それを闇雲に繋げているだけで作者の思想なるのもが感じ取られない。ところどころに入るマリア・カラスの言葉なるものが説明以上の何ものでもない。

こんなダラダラしたもので紹介されても誇り高いマリア・カラスは喜んではいまい。

それにしても1970年インタヴューに答えるマリア・カラスの舌鋒鋭い発言には恐れ入る。
棘

棘の感想・評価

4.6
良質なドキュメンタリーを観た、、という手応え。個人的にマリア・カラス好きなので贔屓目がないとは言えません
ジャッキーを見ていたので、オナシス氏がここでつながった😳

マリアカラス、初めて知ったけど素晴らしい歌手!
天性の才能を持ってたんだろうな😌
KRK

KRKの感想・評価

3.9
マリア・カラスの歌声の圧巻なこと!
音源だけで聴くのもいいけど、彼女のステージ映像と併せて観るとさらにグッと迫ってくる!

母親、夫、メディア、音楽、色んなものに翻弄された彼女の人生に胸を締め付けられるものがあったけど、それでも凛として、純粋に愛を求めるマリア・カラスにすごく惹かれました。
chuchuyama

chuchuyamaの感想・評価

3.5
歌唱シーンやインタビューなど貴重映像満載だし、自叙伝からの言葉もちゃんと織り込まれていて、一人のアーティストの人生を紐解くお手本のようなドキュメンタリー。
私がマリア・カラスを知らないからこの評価になるんだと思うんだけど、祖母に連れられて観ることになったオペラ歌手のドキュメンタリー。当時のテレビ番組に出演してた映像や手記を組み込んでマリア・カラスの生涯を伝えてくる映画だった。美しい人でハバネラって曲が素敵だった。
>|

あなたにおすすめの記事