マイル22の作品情報・感想・評価

「マイル22」に投稿された感想・評価

PG12

PG12の感想・評価

-
マーク・ウォールバーグがとにかく口うるさくイラつかせるけど、チェスの駒の名前を持ったオーバーウォッチの面々は新鮮でカッコいい。
りさ

りさの感想・評価

3.7
あらすじ的に気になったのとイコ・ウワイス目当てに視聴。
見てから気づいたけど、スパナチュのベラがいたー!ベラ好きだったので嬉しい!体張って頑張ってた!
イコさんはもう当然って感じで格闘術を披露してくれてて、相変わらずすごかった!イコさんの分、点数高めです!(笑)
マーク・ウォルバーグが演じるシルバは、善悪とか愛国心とかいうのとはまた違う生き方をしてて、与えられた任務に向かって全力で戦い抜くものの、それ以外の部分はまだほんの表面しかわからない役でしたが、ほんの微かに見せる気遣いやバンドをバチバチ引っ張るところ、がシルバも人間だと思い出させてくれました。あとラストのパズルを用意するシーンの静かな凄みはよかったです。
チームの人間がバタバタ倒れていくシーン、せめてトドメ刺していくのかなと思ってたら、あれを渡していくのが……。大江戸捜査網(古い)の「死して屍拾う者なし」を思い出しました。
メンバー、みんなカッコよかったよ……!

巨大アパートの中での銃撃戦や敵との格闘シーンが、ちょっと「ザ・レイド」を思い出しました。そのせいか、銃を撃ってる時より格闘始めた時の方が無敵感がしちゃいました(笑)。

ラスト、えええええ⁉︎とはなるけど、最初のあそこは伏線だろうなとは思ってたので、ダメージはそれほど……(震え声)。
マルコヴィッチの無駄遣いと思わないでもないですが、正直マルコヴィッチのせいで裏切りはそっちと思ってたので、やはり良い配役だったのかもですね。
最初っから最後まで
心臓バックバク!
バーグコンビだけにな!

Wバーーーグ!!

このコンビ作品の中では1番アクションに振り切ってたのでそれ以外の部分がイマイチ、過去作の方が好き

レビューでイコイコ言ってるんで誰だよと思ってたらネトフリオリジナルにあったんでそっち先に見ておいた

トニー・ジャーを思い出した
キレッキレのアクション良いですね
ぶおーんって平行に浮くの最高

内容は難しめで早い展開もあって
気を抜くと置いてかれちゃうかも

ラストはそういう事かーい!となった

これ続編あるの?あるなら楽しみです

デッドマンウォーキングの印象強いローレン・コーハン、やはり強い女性が似合う綺麗な人ですね
銃撃戦は相変わらずスバラシかったが格闘シーンはちょっとアレだったなぁ…
インドネシアを舞台にした怒涛の護送劇❗️

アメリカCIAの秘密工作部隊は盗まれたセシウムの行方を知る男を亡命させるため護送作戦に乗り出す。その距離22マイル。無事に彼を送り届けることができるのか?

マーク・ウォールバーグ×ピーター・バーグの定番コンビで送るアクションスリラー作品

アクション映画好きには堪らない映画でした🤤✨
冴え渡るヘッドショットの連続!
情け容赦ないアクションシーンが好きなので、今作は僕的にストライクでした😆✨
物語の伏線の回収も見事で、ラストではアッと驚かされました❗️

マーク・ウォールバーグ演じるジェームズ・シルバも隊長としては優秀だが、性格に難ありというクセものという魅力的なキャラクターを演じていました。。
“ザ・レイド”シリーズで怒涛のアクションを見せてくれたイコ・ウワイスが見れる幸せ❗️キレキレの格闘シーンは流石ですね。マーク・ウォールバーグが霞んでしまいます。。😱💦

続編が楽しみなアクション作品が増えました🙌

マザーによろしく👍
 フォロワーさんのレビューを拝読して猛烈に見たくなった映画。たまには韓国映画じゃないのも新鮮でよかったです。
お目当はもちろんイコウワイス。そしてこんなところにロンダラウジー!この人、役者もやってたんですね。初めて知りました。イコウワイスのシラットvsロンダのMMAとかやってくんないかな、できれば台本なしのガチで。

 評判以上のアクション満載作品。アクションシーンしかなかったような。冒頭の民家襲撃のアレでツカミは完璧。ちなみにココのシーンはとても大切。そしてしばらくしてようやくイコウワイス登場。自分の贔屓目からなのか存在感抜群、余裕の表情で拘束されるシーンでもう絶対何かしでかしそうな予感たっぷり。放射性物質の在りかを取引材料にアメリカに亡命したいイコさん、そのイコさんを狙う敵、イコさんを守るCIA。三者入り乱れて市街地ドンパチ開始です。イコさんの格闘シーンはもちろん最高ですが爆薬使いまくりの派手なアクションが多くて大音量の映画館でくらい続けるとぐったり疲れます。95分だからよかったものの2時間コースだったら集中力持たなかったかも。それと話の展開が早すぎて、ちょっと自分置いてかれたかもという気もちらほら。100%理解できた自信ありません。
 終盤のあれで一気に目が覚めますが(寝てないけど)どうやら続編があるようで。この結末から一体どう話が展開されるのか、ちょっと楽しみ。

 そういやロンダラウジー、何してたかぜんぜん覚えてない。
ShinMakita

ShinMakitaの感想・評価

3.0


〈オーバーウォッチ〉。それはCIAの隠密特殊部隊。ひとたび始動すれば、アメリカ政府とは一切関わらない非合法作戦に着手する。いま、チームリーダーのジェームズ・シルバは部下のアリスやダグと共に、東南アジアの小国インドカーの米大使館に駐留していた。情報に基づいて盗まれたセシウムを奪還するのが任務だ。しかし、セシウムの在り処をアメリカに知らせた密告者の情報が誤っており、奪還に失敗してしまう。だが直後、その密告者本人が、セシウムの場所を記したPCドライブを手に米大使館に現れた。ドライブを開くパスワードを教える代わりにアメリカに亡命させろと言うのだ。この密告者の正体は、インドカー警察の警官リー・ノア。インドカー政府の高官や軍が米大使館に圧力をかけてノア引き渡しを要求してくるところをみると、どうやらドライブは本物で、ノアはかなりの重要人物のようだ。アメリカ側が身柄引き渡しを拒否すると、今度はインドカー政府は大使館内に殺し屋を送りこんできた。事態を打開するため、シルバは〈オーバーウォッチ〉始動を決定、ノアを速やかにアメリカへと輸送するための作戦を決行する。大使館から、米軍機が待機する空港までの22マイルを突っ走り、ノアを護送するのだ。しかしその護送ルートは、ロシアのハイテク援護を受けたインドカー軍の特殊部隊に筒抜けであった…


「マイル22」。信頼と安心のWバーグ映画です。


以下、外交・軍隊に続く第3のネタバレ。
➖➖➖


待望のピーター・バーグ&マーク・ウォールバーグコンビ(通称Wバーグ)の新作です。これまでの実録シリアスセミドキュメントとは違い、胸アツのジャンル映画路線にシフトしながら「ボーダーライン」の風味も戴いちゃった作品。罵倒マシンガンで精神病み気味なシルバと、ガードの意義が見いだせないほど無敵な密告者ノアの共闘にはもう、手汗かきまくりでした。今回の客演はイコ・ウワイスですからね。そりゃ「ザ・レイド」ばりの団地アクションも用意されてますよ。そしてド派手な市街戦で完全アウェイの展開にハラハラです。めまぐるしいカットカットで緊張を持続させといて脱力感あふれるオチを用意するという、何というか、インテリな大人の皮を被った中2映画でございました。俺的には大満足の一本で、たとえ世間が低評価でも、絶対的オススメ作品!
回想形式にした意味ある、これ? 加えてカメラは揺れるし視点もブレるしで、もう何が何だか。イコ・ウワイスの無駄遣い。
明日はどうかな?


ピーター・バーグ監督 2018年製作
主演マーク・ウォールバーグ


これは来ました\(^o^)/
サイコーの娯楽アクション。
いわゆるWバーグ案件ですが、個人的には過去イチじゃないですか?4度目のタッグです。
いやぁ、興奮したわ。
でも、アメリカでは酷評(‐ω‐;)
みなさん、もっと評価して(笑)
もう、僕はすごい好きです( ˘ ˘ )ウンウン


95分しかないの?
濃厚だったなぁ。
頭もめっちゃ使ったよね。

とにかく不親切なの。
事前に情報が無かったこともあり、冒頭から何が起こってるのか、全然分からなくて、理解しようと必死でしたよ(笑)
また、撮影のカットがとにかく細かく、また、クロスカットで話が進むから、ボーッとしてるとアウトです。
わざとだと思うんですが、カメラも近くて、見ずらい。なになに~?何してるの?って思われるかも。
これから観る方は、目を離したらダメですよ。
ただ、ぜひ、情報なしで観て欲しいので、今回は印象だけのレビューにしますね。


凄かった戦闘シーン。
ほんと、息付く暇がない。
特に格闘シーンがたまらん。
マークは何となく誤魔化してる気もするけど(笑)、イコ・ウワイスが凄いのよ!
こりゃ、是が非でも「ザ・レイド」とか観ないとダメだね!


あと、マーク・ウォールバーグ演じるジェームズ・シルヴァのチームメンバー、アリス・カー役はローレン・コーハンでした。彼女「ウォーキング・デッド」のマギーですよ\(^o^)/
アクションも痛々しく頑張ってました( ˘ ˘ )ウンウン


ジョン・マルコヴィッチは情報チームの分析官ビショップ役。存在感バッチリ。この情報チーム、みんなチェスのコマの名前が付いていましたね( ˘ ˘ )ウンウン


そんな感じで、登場メンバーも素晴らしい。
ぜひ、アクションメインで楽しんでください!



さて、今回もプチ音ネタ💩ウンチクンです!

エンドロールで流れていた曲は「Is You Ready?」といい、パフォーマンスするのはMIGOSです。
僕は初めて知りましたが、2013年にデビューした若いグループなんですね。なんでも、2017年にメジャーデビューしたセカンドアルバム「カルチャー」がビルボードチャート初登場首位を取った新進気鋭のヒップホップグループのようですね。若いし、凄いなぁ!
そんな若いグループが、こんなメジャー作品で曲を提供するのもすごい。この「Is You Ready?」はヘビーで、めっちゃカッコイイです( ˘ ˘ )ウンウン
MIGOS、要チェックですね( •̀ω•́ )و✧

……と、思ったら、MIGOS知ってました。
Cardi Bの「Drip」で共演してたグループでした。って、誰も知らんよね(笑)



さぁ、戦闘アクション好きのみなさん、今作はおすすめですよ~。考えるな、感じろ(^-^)
ぜひ、劇場へどうぞ\(^o^)/
はっち

はっちの感想・評価

3.0

ミスターガラス公開初日!
ということで
それ目当てに地元の映画館へ…



しかし


じ、上映されてないだとッッ!?
なんでやねん.°(ಗдಗ。)°.
だからここの映画館は流行らん(ry



と嘆いていると
マイル22を発見。



主演マーク・ヴォールバーグ


彼は
「テッド」シリーズ
「バーニングオーシャン」
で観たことあったけど
演技派で上手い印象。

上映時間95分で時間もちょうどいいし、これにしよ!(ヤケクソ



公開初日でしたが金曜日ということもあってか人はまばら。
まぁR15だし、女性も観に来なさそうやろなぁ…

ん?
隣の席、若い女性がいる。

こういったドンパチ映画で年齢規制のある映画でも
しかも公開初日に、1人で来るって
ホンマの映画好きなんやなぁ。

「ピーターバーグ✖️マークヴォールバーグで"ダブルバーグ"ですね(๑・̑◡・̑๑)」

みたいな感じで話しかけるべき?

(右脳の天使)
いやいや
それはイケメンに限る。
痛い目見るから、やめとけ。


(左脳の悪魔)
いやいや
出会いはどこに転がってるかわからないもんやで。
ホラ、行け!


と訳のわからん試行錯誤をしていたら
映画泥棒が踊りだしてた。
あっ クソ…





※以下ネタバレ注意

ジェームズ・シルバ(マーク・ヴォールバーグ)のもと、アリス・カー(ローレン・コーハン).サム・スノウ(ロンダ・ラウジー).ウィリアム・ダグラス三世(カルロ・アルバン)らCIA特殊部隊はアメリカの東海岸の郊外にいた。

彼らのミッションはロシアのスパイのアジトを奇襲し諜報員を捕まえて情報の押収だった。

しかし、予期せぬ事態により
作戦が「確保」から「殺害」に変更。
シルバは逃げようとした諜報員を追い詰めた時、

「後悔するぞ」
と言い残す。

シルバは
「慣れっこさ。」
と意に介さず射殺するー。


その16ヶ月後…

東南アジアの国家、インドカーのアメリカ大使館にいた一行。
そこでの彼らの任務は盗まれたセシウムを見つけ出すこと。
その量は4キロ。
ものすごい量ということもあり、シルバはあからさまにイライラする。
チームにも罵詈雑言を言い放つが、家庭内で問題を抱えるアリスには遠回しに気遣う気持ちの余裕は見せていた。

アリスのクソ夫役がピーターバーグだった瞬間、館内から笑い声が…
もちろん隣の方も。


そんな中、ひとりの現地人がアメリカ大使館に保護を求めてやってきた。
警官のリー・ノア(イコ・ウワイス)である。
彼はロックをかけたハードディスクに入れた情報と引き換えにアメリカへの亡命を要求。
情報とはセシウムの隠し場所。
アリスは
「はよ、情報を出さんかいな!」

ノアは
「は?国から出るのが先やわ!」

と互いに譲らない。
しかもディスクには8時間以内にロックを解除しないとデータが自動消去してしまうウロボロスドライブだと判明。

ノアが現れてから間もなくインドカーの外務審議官と保安局長が大使館にやって来る。
彼らはスパイ容疑を理由にノアの引き渡しを強く求める。

インドカー要人の訪問と同時に、外部から2人の男が大使館に侵入していた。
彼らはノアが拘束されている部屋を見つけ、襲撃!

狭い室内でアツく激しいバトルが始まった!
多勢に無勢の中、ノアは必至に反撃。
駆けつけた職員らが見たのは、血まみれで息遣いの荒いノアと2人の死体。

この事態を受け、アメリカ大使館はノアの亡命を受け入れることに。
国外脱出をシルバのチーム7人に任せることになった。
ミッションは大使館から22マイル(35.4Km)離れた飛行場の移送機にノアを届けること。
果たして一行は無事にノア"小包"を無事に送り届けられるのだろうかー。









ノア役のイコ・ウワイスって筋肉ムキムキやなぁ〜
と思ってたらなんと、インドネシアの武術家で大会で優勝したこともあるんだとか。

また
屈強な女性兵士役サム・スノウ役のロンダ・ラウジー

この方、柔道で北京オリンピックで銅メダル獲得してる!!
しかも今はプロレス団体WWEと契約したプロレスラー。


実は僕も学生時代、格闘技をやってまして

京都府の大会で優勝したこともあるんですᕦ(ò_óˇ)ᕤ

華奢で体調崩しがちなので
周りからは
「そんな風には見えん」

と言われ、信じてもらえないので
あまり自分から言わないようにしてます。。。



で、結局
右脳の天使が勝って隣の女性には声は掛けられず(当たり前❗️

そのバチが当たってか

次の日にインフルエンザを発症してしまうというヽ(;▽;)ノ
神様、ひどいヽ(;▽;)ノ
そこまでしやんでもヽ(;▽;)ノ





あと、実は
「アンブレイカブル」も
「スプリット」も
観たことなかったんで、ミスターガラス観ないで良かったかも笑
>|