地下街の弾痕の作品情報・感想・評価

「地下街の弾痕」に投稿された感想・評価

Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

1.8
‪「地下街の弾痕」‬

‪本作は細雪に特典ディスクとして収録された森一生監督による大映京都が国家警察大阪管区本部の指導の末に、

製作した密輸団検挙に活躍する警官隊の労苦を京マチ子と二本柳寛を主演に描くセミドキュメンタリーで、

この度初見したが中々見応えがあった。妖艶にダンスする京が美しい…。‬
ooの

ooのの感想・評価

2.9
地下鉄の闇、カツミとの追いかけっこ、パトカー白バイの疾走。
警察のプロパガンダ的な終結にはがっかり、大人数を越した塊と化した警官隊によるトダ、丸腰の古賀を追い詰めるのだ。
ラングの作品のタイトルみたいだが中身は超退屈。クソつまらない。映画の内容よりも、上映中に溜まりまくったESのことばっか考えていたのは覚えてる。