劇場版ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT (ファーストコンタクト)の作品情報・感想・評価・動画配信

「劇場版ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT (ファーストコンタクト)」に投稿された感想・評価

tt

ttの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

正直あまり期待しないで見たんだけど、傑作だった。個人的には劇場版ガンダム00を彷彿とさせる、ファーストコンタクトもので、異生物と共存したいという、物語に込められた願い、想いは同じだと思っている。ただ作品に求められた要素や、設定などの違いからオチが変わってきていると受け取った。ただこの異性物との接触、共存、あるいは乖離は、現実での人種問題、民族問題、ポリティカル・コレクトネスの不足による差別などの、メタファーとして観ることができて、そう観ると「夢を失い、現実だけをを見た大人が星を汚染した。」という台詞は重い。これが2001年に作られたと思えないほど、今の時代への示唆が富んでるので、今こそ観るべき作品だと思った。あと映画本編とは関係ないけど、ムサシが怪獣保護に積極的な理由が「夢を諦めていないから」というのは本編でも描かれてきたが、この映画でそれが大変重要なこととして描かれていて「本当の勇気」を持ちえたムサシ少年だからこそ、大人となったムサシにコスモスは力を与えたのだろうなという補完も出来ました。あと個人的には推し怪獣(というか異星人)のバルタン星人が敵としての役割で出てきて嬉しかった。
総じてテーマと内容に齟齬無く、綺麗にまとまっている良作。ウルトラマンいらないんじゃないかなと思ったほど。
Yasu

Yasuの感想・評価

3.5
急に見たくなって久々に鑑賞。本当に公開当時ぶりぐらいかもしれない。
初めて映画館で観たウルトラマンなので、記憶には結構残ってたけど、改めて見直すとかなり作り込まれてたのだなと思った。

コスモスTVシリーズの前日譚として、少年時代のムサシがコスモスも初めて出会うお話。子供が主人公なので、ジュブナイルなテイストだけど、中身は「文化の全く異なる相手とどう付き合うか」「闘うことの意味」「優しさとは?」と言った『ウルトラマンコスモス』の核となるテーマがきちんと濃縮されてた。バルタンを“もしかしたら人間も争いの果てにそうなるかもしれない”存在の流浪の民として登場させることで、ただの侵略者とせず描いてたのも良かった。
また、人間/バルタン共に“夢・未来を信じて走る子供たち”と“それを忘れてしまった大人たち”とやんわり二項対立させた物語作りもさり気ないけれど、考えさせられる演出だった。
バルタンの最期と、チャイルドバルタンのメッセージ、20年前の作品だけれど、全く色褪せてなぁと少し感動した。
るい

るいの感想・評価

3.8
ウルトラマンコスモス20周年
テレビシリーズは全話観ていて、そういえば劇場版三部作をちゃんと観てないなぁと思って見直そうと、まず一作目
テレビシリーズの前日譚で主人公、春野ムサシの少年時代にウルトラコスモスと初めて出会った話、ジュブナイル色が強く、大人も結構考えさせられます。ウルトラマンコスモスはシリーズ通して結構メッセージ性が高いのが特徴なんだけど、この作品も夢を忘れた大人達の争いに子供達や平和的解決に奮闘する民間組織SRCの活躍が描かれる、夢を忘れない、信じ続けること、叶えることの大切さ、子を想う親の気持ち、敵のバルタン星人も例外ではなく、侵略を目論んだのも未来がある自身の子供達を想ってのことで、でも争いだけでは何も解決しないよと、子供達に教えられるというか気付かされたなこの作品で、本当観て良かった。大人こそ観て損はない1作
なゆた

なゆたの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

もう何度も観てるんだけど、YouTubeでコスモスのテレビシリーズが今配信されてるので久しぶりに鑑賞!

間違いなく名作。バルタン星人の涙に涙。
こんなにメッセージ性強かったっけ。やっぱ最高だよコスモス。

人は理解できないもの、未知のものを恐れ、排除しようとする。今までのウルトラマンは怪獣といえば倒すべきものだったが、コスモスでは怪獣も他の動物と同じ生き物という考え方で、これがものすごく好き。
侵略宇宙人、悪者の典型であるバルタン星人ですらコスモスの手にかかれば、深刻な事情を抱えた生き物になる。
「優しさ」とは何か、1番初めに教えてくれた大切な作品。

そして間違いなくこの作品の雰囲気を深めてくれているのが冬木透さんの音楽。全曲が名曲で、物語やテーマを最大限に伝えてくれる。
2021.06.24 - 2021.06.25
#超大怪獣大特撮大全集2021.6月
りくな

りくなの感想・評価

2.0
微妙だったー。

最初の宇宙でのウルトラマンVSバルタン星人はかっこよかったし引き込まれたけど、その後のウルトラマンはいる・いないの展開が長すぎた。飽きた。

後半のウルトラマンVSバルタン星人はよかったと思うけど前半がほんとにつまらなかった。
登場したバルタン星人のソフビとか持ってて懐かしかったわー。本でも読んでたなー。

あとやっぱりこの時代のCGが好きだなー。
zash

zashの感想・評価

4.0
「少年とウルトラマンの出会い」

TVシリーズの前日譚となり、春野ムサシとコスモスの出会いが描かれる。
全体的にジュブナイル映画の様相を呈し、スティーヴン・スピルバーグの『E.T.』に「ウルトラマン」を組み込んだような作品。
初代の『ウルトラマン』を準えたものにもなっており、まさに「ウルトラマン」があるべき姿を見ているかのよう。
『ウルトラマン』オリジナルキャストのカメオ出演も嬉しい。
怪獣を倒すことは果たして正義なのか問うたメッセージ性の強さも秀逸。
改めて「ウルトラマン」の可能性を大きく広げた作品と言えるだろう。
青T

青Tの感想・評価

3.8
ウルトラマンコスモスとムサシとの出会い。ドラマ本編を見たならこっちも見るべきだ、見てよかった。
バルタン星人の背景も初めてちゃんと知った。
警察官のお父さん、行ってきます言った後、秒で職場に着くの面白い。郵便局と警察署に挟まれた家って便利だけど落ち着かなさそう。
大人になりたくないなぁ。
夢を追いかけて全てが変わりますように。
当時ウルトラマンはそろそろ卒業かな状態の私とウルトラマン最大ブームがきている弟で映画館に行って見たのを思い出す…。今ポスター見ると👊ではなく✊にするあたりコスモスらしいなってふと微笑む

あなたにおすすめの記事

似ている作品