ウエスト・サイド・ストーリーの作品情報・感想・評価・動画配信

ウエスト・サイド・ストーリー2021年製作の映画)

West Side Story

上映日:2022年02月11日

製作国:

上映時間:157分

3.8

あらすじ

『ウエスト・サイド・ストーリー』に投稿された感想・評価

主演の2人がすごく可愛いかった。
こういう映画だとそこが重要。

古いお話だけど、良さを残しちゃんとレトロさもあった。
あとやっぱりダンス・音楽が良いですね。

ロミジュリを元にした作品と聞いていて結末はロミジュリと同じと思っていたから、「あれ、そうなの?笑」と思った。
sumicco

sumiccoの感想・評価

3.6
久しぶりに
評価でスーパー悩んでます、今。

テクニカルポイントは
間違いなく5.0なんですよ。
でもストーリーの魅力点が3.0なんです。
すんごいイケメンなのに
なぜか異性として見れない、みたいな(笑)

かといって
真ん中とって4.0ってのも
なんか違うんですよねえ…


はるか昔に
舞台を見たことがあったんですけど
指パッチンの対決モノという印象ばかりで
ここまでロミジュリだったこと
すっかり忘れておりました。

それもあって
ラストにわずかな不満が残った感じです。
この流れならこうくるんだろう…と
構えていたところに着地しなかったので。

でもステップや
ハンドパフォーマンスなどは
何度も感嘆の声。
舞台と違って360度
アングル問わずに観れるの最高です。
ji

jiの感想・評価

-
愛は恐ろしい程に美しく、脆いね。
私はこの映画の終わり方が好きだった。
あい

あいの感想・評価

4.0
全てが名曲。大好きなミュージカル映画。

にしても、ベイビー・ドライバーの印象が強いトニー役の彼がこんなに上手に歌えて意外だった。
ろこ

ろこの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

差別のある町の身分の異なる2人の切ないストーリー

ミュージカル映画が大好きなので見てみましたがすごく切ない物語でした。
2人の人種がもし同じであれば結ばれる運命だったのに
2人は織姫と彦星のような関係に思える

ミュージカルのシーンも全体的に切ない雰囲気でした。
おゆ

おゆの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

思ってたのと違くて悲しかった( ᵕ ᵕ̩̩ )
自分では選ばないからみれてよかったな〜ミュージカル。
アレハ

アレハの感想・評価

2.5
ロミジュリ構文自体がそんなに刺さらないのでこれもストーリーはそんなに…曲もあんまり…
でもやっぱ全力でお金かけると画面の何もかもが華やかで見てて楽しかったな!
YKKY

YKKYの感想・評価

3.2
うーん、トニー・クシュナー脚本で期待していたんだけどな、、、
名曲揃いなのは間違いない、ただ新たに加えたシーンが話のテンポを明らかに悪くしていて途中で飽きた。すごく体感時間の長いミュージカルだった
終わり方がさらっとしていたのもなんだか残念。
主演のマリアの子はめっちゃ良かった、トニーは微妙
アニータもめっちゃダンスできるし新たなスター誕生か?!
tomtam

tomtamの感想・評価

3.9
名曲揃いの名作。ダンスシーンは明るいので気分も上がるが、後半のストーリーが悲しく心に残る作品。
ドクのお店で働いている人が女性になっていて最初は疑問を感じていたがこれはこれで来るものがある。
こ

この感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

元々ミュージカル映画がそこまで得意じゃないからか、物語のテンポがかなり悪いように感じていまいち内容がしっかり入ってこなかった。

史実上のアメリカにおけるヨーロッパ系とプエルトリコ系の対立を知らなかったし、移民という存在が勢力を拡大している時代背景には驚いた。

ウエストサイド版ロミオとジュリエットといえば合点がいくかもしれないが、それにしてもやりきれないフィナーレ。人を傷つけないための嘘が最悪の形で幕を閉じる。

明るいミュージカルの舞台であるのに反して差別問題によって繰り返される復讐劇が題材であったのは明暗分かれていてリアルだった。生まれながらにして刷り込まれる人種の優劣という腐った固定観念がより国家を腐敗させるのだと恐ろしく感じた。

兄を殺したトニーを一瞬で受け入れたのは違和感しか感じなかったし、2人の愛の再構築にもう少し時間を費やすべきだったような気はする。

トニーの亡骸をプエルトリコの人間達も運んだのは、和解への兆しだろうか。
スピルバーグらしからぬ作品だったような気がする。
>|

あなたにおすすめの記事