あなたにふさわしいの作品情報・感想・評価

あなたにふさわしい2018年製作の映画)

上映日:2020年06月12日

製作国:

上映時間:83分

あらすじ

「あなたにふさわしい」に投稿された感想・評価

BB

BBの感想・評価

-
脚本:高橋知由(王国あるいはその家について、螺旋銀河、ハッピーアワー、不気味なものの肌に触れる)
tetsu

tetsuの感想・評価

4.0
近所で謎の映像祭が開幕。
去年の私的ベスト映画『ハッピーアワー』(監督:濱口竜介)の脚本家の一人・高橋知由さんが参加してるということで鑑賞!

ある別荘にやってきた4人の男女。
彼らは2組の夫婦だが、次第にそれぞれが相手のパートナーを気になり出して...。

これぞ高橋知由版(大人の)「テラスハウス」!
機材の不調で音声が聞き取りづらく、重要なセリフを何度か聞き逃したものの"男女関係の変化"など、完全に濱口監督作と通ずる内容で驚いた!

まず、あらすじの時点で同じく複数の男女を軸に描いた濱口監督の過去作『PASSION』を彷彿とさせられていたが、実際に観てみると、まさにその別バージョン!
マンネリ化したパートナーとの関係性に嫌気が差した女性、そんな彼女が新たな男性との出会いを通して"変化"を実感する展開などなど、その要素に多々共通点があり、興味深かった。

大幅にロケ地の変化ができない低予算映画とはいえ、会話劇で手堅く観客を楽しませる高橋さんの脚本力はもちろん、
停滞した恋愛を解決するために必要なのは"相手の変化"か、それとも"自分の変化"なのか。
『ハッピーアワー』では、あえて明確な答えを提示しなかった問いに、意外な展開で回答した結末は本当に痛快!

『カメ止め!』上田慎一郎監督の短編『テイク8』で素晴らしい演技だった女優"山本真由美さん"(『カメ止め!』では主題歌を担当)が今作でも、名演をしており、普通の恋愛映画に飽きたアラサー以上の女性にこそオススメしたい大人の恋愛映画だった!

P.S
前年にはインディペンデント映画ストリーミングサイト"青山シアター"にて配信が行われていたよう。改めて観賞したいので、今後再配信されることを切に望む。

参考

映画『あなたにふさわしい』 予告編
https://youtu.be/3AKc85D6Cbc

映像グランプリ 記念上映会| 日本芸術会館
http://www.art-center.jp/kobe/geikan/eizou2019.html
(今回の上映作品とスケジュール)