あなたにふさわしいの作品情報・感想・評価・動画配信

「あなたにふさわしい」に投稿された感想・評価

バニラ

バニラの感想・評価

2.3

このレビューはネタバレを含みます

離婚の危機に直面する2組の夫婦が別荘をシェアする5日間の物語。
配信開始を待ってたミニシアター、厳しさからの「あなたにふさわしい」なのか。
仕事の関係とは言えクロスしてダブル不倫は迷いながらの様相、本心は表してる。
ブランドネーム開発、発想勝負で時間かける仕事じゃなさそうだけど。
イメージ良さげカメラマン、今度があればと言ってて「明日も朝ここに居ます」は変でした。
演技はセリフ読んでるお芝居に感じた。
シャワーしたら匂いわかってしまうので修羅場は見たかったかも。
不倫のリアル感は無かったと思う。
ネタバレ。

中学生の恋愛物語のように理想的な感じ。
ひとりで手紙を読むのに声を出して読まないと思う。
お猿さんのエサやりみたいで、ラストまで盛り上がらずの会話劇「あなたにふさわしい」で結末だった。
しかし振り回しすぎてた。
hokt

hoktの感想・評価

3.5
なんだこの女?っていう怒りの感情が

オチで浄化される、

途中の鬱陶しい感じも全てはこのラストのためにと思うとすごい作品だと思う
演技が演劇調で違和感。意図的なのだろうけれどカメラの揺れが気になりすぎる。2組の夫婦+1人の関係が描かれるが、主役美希が夫婦の関係性の不一致を被害者的に訴えているが、貞操観念がなさすぎで腹が立つ。大人5人がみんな幼稚すぎる。何を描きたかったの?
n

nの感想・評価

-
こういう「普通」(普通は悪いことではない)の話を普通に撮っちゃったらもったいないよ...。顔→顔→顔、みたいな。もっと遊べばいいのになーって思っちゃう。
開始30秒で小さくゆらゆら揺れる画面に酔いそうになりました。
4角(5角!?)関係の不穏な雰囲気を表現しているのかな?と思った作品。
主人公だけが最終的に自分だけスッキリしたんじゃないか?と思いました。
2021/242
あおい

あおいの感想・評価

2.5
内容も終わりかたも「???」しか残らなかった。何も考えずに観るなら良いかもしれないけどね。これ本当に5日間?私なら1日で帰るかもしれない。

自分が相手にふさわしいかなんて考える事は少なかったな。
何をもって「ふさわしい」になるのか分からないし、考えたら抜け出せなくなりそうだからってのが一番の理由。
若い時は好きっていう気持ちだけで平気だったけど、そうじゃなくなるのはこの夫婦に限ったことではないよね。
それなのに?しか残らなかった。

でもこんな夫婦達と別荘で5日間も一緒とか絶対嫌だ。罰ゲームでしかないもん。
終始えーーーってなってた。
ま、それぞれに非はあるな。
他人は自分の都合のいいようには動かないし、コントロールもできない。
人と人との関係は、永遠のルーティンでは続かないことを再認識。
コロナ禍で、外からの刺激が少ない分、周りを改めて見直すいい機会だな。
宝隼也監督作品


専業主婦の飯塚美希(山本真由美)はブランドネーム開発をしている夫・由則(橋本一郎)に対して不満を持っている
ある日、由則の仕事のパートナー・林多香子(島侑子)とその夫・充(中村有)とともに別荘を借りて 2 組の夫婦で 5 日間の休暇を過ごすことになった
しかし現地に着くやいなや由則と多香子は急遽発生した仕事上のトラブルを解決するため別行動に
美希と充は不満かと思いきや実は二人は隠れて浮気していたのだった
その夜、由則が話す仕事の思想を聞いた美希は由則との間にある溝が埋まらないことに気づいてしまう。。
森の中で出会った訳あり野鳥カメラマン(鶏冠井孝介)を巻き込み美希はどんどん暴走していく。。






以下ネタバレ



2組の夫婦が織り成す大人の恋愛事情
というか美希に振り回される人達という構図
男女の仕事のパートナー
その妻と夫が不倫関係
どろどろした先に関係がバレて二転三転
4人以外の登場人物、野鳥のカメラマンと美希の逃避行逃が始まるのかと思いきや最後は元の鞘に収まる?
ハッピーエンドかな?違うか😁


美希の台詞
わたしはあなたにふさわしくない
あなたもわたしにふさわしくない

世の中にお互い相応しいと思っているカップルってどれぐらいいるのだろうか。。
大人のバカンス映画。

非日常の生活で起こる会話、そこで暴かれる秘密、それによって変化していく人間関係。
一瞬一瞬を噛み砕くと胸焼けしそうな作品ですが、それを感じさせないキャスティング、作り込まれた繊細な空気感によってすっきり描かれていたと思います。
飯塚家と林家は、共に夫婦で別荘で5日間を過ごすことに。
最初から理想の夫婦がある訳でなく、上手く行かなくて当たり前、お互いが相手にとってふさわしい存在になっていくことが夫婦愛であると感じた。
飯塚の妻はなぜ不満を抱くようになったのか、その理由がよく解らなかったが、私は、妻が最高の悪者に思えた(笑)
>|

あなたにおすすめの記事