ジョギング渡り鳥の作品情報・感想・評価

ジョギング渡り鳥2015年製作の映画)

上映日:2016年03月19日

製作国:

上映時間:157分

3.7

あらすじ

「ジョギング渡り鳥」に投稿された感想・評価

たろ

たろの感想・評価

2.0
サンクスシアターにて

うーむよくわからん•••
もこもこ星人はなんとなく可愛かった

こういう映画ならもうちょい短くして欲しいな
オチも蛇足感ある
りょう

りょうの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

あの宇宙人たちがいなかったら、登場人物に入り込んで(共感して?)見る普通の映画で、それはそれで良かったかも知れませんが、あの宇宙人たちの御蔭で、第三者的に「観察」するような見方が織り込まれた、不思議な体験でした。宇宙人が入ってくると、自分がそちら側である気分になってきます。自分は水族館の客で、他の客と一緒に、魚を観察してるような . . .

そして、宇宙人たちが移っていない「普通の」映画的な映像から得られる感じとの対比がさらに不思議な気分です。
ま

まの感想・評価

3.6
不思議
古澤さんの盲目の人役が面白上手いし、山内さんすごい楽しそうだった
印象的なショットがたくさん。河川敷の前景、中景、後景が幾重にも折重なるもの、舗道を歩く男女の横移動、ぐらぐらの手持ちから地面に張り付いた男のビシッと決まった構図、何もない雑木林。映画制作途中という名の下いろんな画が雑多に共存するのは『ことの次第』だなと
nene

neneの感想・評価

-
何が言いたいのかも分からなくて、ただただ長かった。

ジョギング渡り鳥の歌だけが残った。
いけ

いけの感想・評価

-
奇跡のような瞬間が随所にあるのはお見事です。撮ることによって撮っている側が変容する体験。増殖するカメラの中で映画は、どうあるべきか?
震災後のフィクションとの向き合い方。

一つの疑問として、映画を撮ることをそこまで持ち上げてよいのか?
buccimane

buccimaneの感想・評価

4.5
全員が原発関係の名前になってるのは後でパンフ見てから気づいたけどお茶飲むのとこで声かけて集まるの震災以降の感じだと思った。
映画の形を壊す的な尖った感じは無くてこういうことやっても全然OKでしょって信頼のうえでやってて見てて本当に開放感がある。
ズルいけどラストの監督の眼差しにはグッとくるな〜。
古本屋の男が一見最もインテリ風だけど適当な相槌とかしか言わないし監督と女優はよくくっつきますよね的なこと言ってて軽薄過ぎた。
トークがあったけど監督が「小津監督の正面切り返しで会話するのも同じ時間が流れてるとは思わないし」みたいなこと言ってたのなるほどと思った。
dayan

dayanの感想・評価

-
こういう映画のことは肯定したいがもう少し観る人間のことも考えてほしい。この内容でこの長さはだめでした。たのしくない。もう出たいな、と思った時点で残り一時間あったから死ぬかと思った。せめてこれで笑えたらいいのだけど、ここにあるかもしれない可笑しみみたいなものも一切感受せず。わたしの目にモコモコ星人は映りませんでした。
見終えて3日後に自分の行動と共にこの映画のワンシーンが頭をよぎって少し感動してしまった。最近見た中ではダントツで好きでした。
4

4の感想・評価

-
映画は作り物。
走り方が綺麗な人が多くて良かった。
何にも属さないし縛られない。
>|