偶然と想像の作品情報・感想・評価

「偶然と想像」に投稿された感想・評価

えりこ

えりこの感想・評価

4.0
運良くオンライン試写会で鑑賞の機会をいただきました。

3話の短編からなるオムニバス映画。
それぞれカラーが違うけれど、どのお話もまるで一本一本が長編映画の如く見応えがあり、とても贅沢な時間を過ごせました。画面から目が離せなかったなぁ。
偶然がこんな風に展開していくなんて、予想もしない方向に行くのがすごく面白かったです。
どれもすごく良かったのだけど、特に3話目に元気をお裾分けして貰いました。
moon

moonの感想・評価

3.8
#偶然と想像
オンライン試写会

"偶然"という3つの物語

運命にも皮肉にもとれる偶然は、
まるで言葉遊びのように人生の岐路を選択する

全てが見えないからこそ作品の面白さがある

そして"想像"は過去と人物像が
私の中で動き出し、
未来も見えるような不思議な感覚が生まれた

3話とも言葉の掛け合いが絶妙!

@FansVoiceJP



短編なので、観やすかったけど
これはなんだろー
言葉のチョイスに打ちのめされる

無駄な言葉がないというのか

掛け合いの楽しさと残酷さと
運命の分かれ目や
過去との訣別と

言葉って
口から出るから、すごく重みがあるんだな〜

俳優さん達も、
正直、普段から脇もできる実力者達なのだけど

さすが!
と思う間の取り方と
表情の自然さが絶妙でした

濱口竜介監督は、やはりすごい方ですね!


第一話 魔法(よりもっと不確か)

第二話 扉は開けたままで

第三話 もう一度
ま

まの感想・評価

4.2
豊かな会話の波に浸って溺れる至福の2時間だった。日本語って、美しいなぁ。とくに3本目の「もう一度」がお気に入り。自分の日常にもあんな偶然、というか面白いことが起こらないかなぁ、なんてついつい淡い期待をしてしまう。
偶然の運命に怒り、偶然の運命に癒される
------------------------
Fan's Voice様独占最速オンライン試写会にて鑑賞。

"偶然"をテーマにした短編3話。
どれも会話劇メインなことと急なズームアップ(ワンシーンだけだけど)、漂う空気感にホン・サンス監督の『逃げた女』を思い出した。なんとも言えないこの空気感、好き。

どの作品も言葉の持つ面白さ(言葉で感情や状態を表現することの面白さであったり、数ある言葉の中からどの言葉を選んで話すのか、とか)で溢れていて、なんとも文学的な面白さに溢れている。


3短編の中では特に第一話『魔法(よりもっと不確か)』と第三話『もう一度』が甲乙つけ難く好き。

『魔法(よりもっと不確か)』は初っ端からのえらい長回しに驚き笑うのと同時に会話(内容自体と、途切れることなく続いていく言葉たち)がとても面白い。

また、その感情を理解することはできるんだけど、言語化することが難しい感情をよくぞ言語化してかつ映像化して描いたなと、その表現力にただ感動。面白い。

狼狽える中島歩さん、良い。



第三話『もう一度』は単純にお話が面白すぎて爆笑😂
偶然の出会いは想像以上のものだった。

偶然起きたこの状況はどうなっていくのか、面白おかしくて目が離せない。

とらやの羊羹が食べたくなります🤤
偶然に満ちた日々に生きる私たちにとって、何も偶然ではないと知るような感覚。想像を越えた瞬間のよろこびと、奇跡に近い偶然を呪ったり祝ったりする、不思議な感覚に満ちていた。
とし

としの感想・評価

3.7
2021年11月29日
映画 #偶然と想像 (2021年)鑑賞

3話からなるオムニバス映画で、どの作品も偶然からの展開が面白かった

朗読のようなセリフ回しは、言葉へのこだわりと会話の掛け合いを大事にしてるんでしょう
感情を出さない分表情に注目しますね

試写会 @fansvoicejp さんありがとうございました
薫

薫の感想・評価

3.3
Fansvoice試写会にて
3部作の会話劇。
女性が主役だけど、それぞれ違うキャラクターで会話で話が進んでいく感じ

3作目の偶然再会する女性2人の話が意外性があって面白かった。

しかし自分は会話劇ってあんまり好きじゃないんだなってわかったかなあ。
会話ってすごいな、この作品を見て驚きほど感じた。本当に、味わう深いねぇ、、、
ヤマハ

ヤマハの感想・評価

4.0
FansVoiceJPオンライン試写で観賞。
会話劇を中心とした3つのオムニバス作品。
三角関係や勘違いの再会など設定は様々だか、どの話でも会話によってどんどん本心が表れていくのが面白かった‼️自然に撮られている分、役者の自然な演技を引き出していると感じた✨
お気に入りは1本目かな!
オンライン試写会鑑賞。

3篇からなるオムニバス作品。
ほぼ1対1の会話劇からなっている。

ふとした日常から生まれる「偶然」。
いいことばかりじゃないからこそ、人生を歪ませてしまう怖い存在でもある。

3話とも違った楽しみがあり、飽きることなく外れがなかったなぁ。
濱口竜介監督作品外れないなぁ~。
>|

あなたにおすすめの記事