ハッピーアワーの作品情報・感想・評価

「ハッピーアワー」に投稿された感想・評価

まえだ

まえだの感想・評価

5.0
じっくり鑑賞。
我ながら、ちゃんと観たなぁ。と思う。
朗読会のシーンなど、思わず映画の中の人と自然に拍手しそうになるくらい空気につられた。
時間をかけているからこそ入り込んだし、寄り添えたと思う。
こんなに押し付けがましくないよく喋る映画を他に知らない。
距離がすごくちょうどよくて心地よい。
結構報われないし、楽しいだけじゃないんだけど、この先の自分の人生がとても楽しみになりました。
映画と人生の関係。「映画は必ず人生より短い」のだが、この映画は人生より短すぎる。
もち

もちの感想・評価

-
5時間超の映画をはじめて観た
しんどさはなく、終わってみればあっという間でそれだけでもすごいことだと思いました。わざわざこんな長時間の作品をつくり、一つ一つのシークエンス・台詞にちゃんと意味を持たせ、最後は伏線を回収するという作業を絶妙にやってのけている。舞台は神戸。
ほんとうに、観る人によって感じ方が変わるのだろうと思う。

みんな棒読み、これが不思議なことに慣れた。(後半にかけて上手くなっていったのもあるかも…)『寝ても覚めても』の東出くんの大阪弁も然りですが。慣れるものかと。
『寝ても覚めても』のときは「この監督女をなんだと思ってるのか」と恐ろしくなったけど 『ハッピーアワー』は女という生き物の有り様がとても鮮明だなという印象を受けました。
余談だけど朝子と桜子が重なって見えるところがあった。台詞も同じところがあったみたいです。

「面白かった」とか「最高」とかそういうのではない、とにかく今までにない体験で、でもわたしは濱口作品がなんか「好き」で、時間を割いて見てよかったと思える作品でした。
演技が素人とかあるシーンが長すぎるとかそういうのどうでもいいって感じ

4人ともそれぞれに好きなところと嫌いなところあるわ
エモーション。エモーショナル。

言えなさと聞くこと。

愛。

それは地獄。

公平が一番好き。
よくぞ5時間弱も掛けてこんなアーバンでお洒落な女性ドラマを作ったものだ。濱口竜介氏は本物である。

クスッと笑えるパートもあり、シリアスなパートもありとツボを押さえた構成が非常に良くできているから長尺にも関わらず全く退屈しない。

愛してもいない旦那に妊娠させられた女性が謎の消失を遂げてから始まる各々の女性たちの心境の変化がきめ細かく描かれており、幾分文芸的な作りだった。

濱口監督らしいシネフィル的な趣向も数多く見られるが、そこまで鼻につかない。今の邦画にしては珍しい機知に富んだ台詞の宝庫である。全編が神戸ロケなので列車や夜景が妙に印象に残る画作りでそこもまた面白い。

役者さん全員がド素人っぽいのだが、しっかりとした演技力を見せている。近年稀に見る秀作。
Dick

Dickの感想・評価

3.5
2016/02/22シネマスコーレで鑑賞時のレビュー

●まとめ:映画の文法に従わない5時間超の異色作。
「面白かったか?」、「つまらなかったか?」と聞かれれば、「面白かった」と答える。
ストーリーに納得し、共感するが、褒めることは出来ない。

❶映画には「映画の文法」がある。
「映画の文法」とは何か?
それは、1895年の映画誕生以来、星の数に上るほど多くの映画人が、「良い映画」を作るために、創意工夫と試行錯誤を繰り返しながら、積み重ねてきた努力の集大成なのだ。
それを一言で要約すると、「観客を楽しくさせるための方策」であると思う。

➋歴史に残る名画や、そこまで至らずとも、心に残る秀作には共通点がある。
それは、「映画の文法」に従っていると言うことだ。

➌一方、わざと「映画の文法」に従わず、観客にショックや不快感を与えて印象つける手法もある。
「カルト・ムービー」と言われる作品にはこの手法によるものが多い。
しかし、この種の作品の支持者はマイナーであり、メジャーな支持は得られない。

❹さて、ここから本作について語ろう。
本作には「映画の文法」に従っていない点が多くある。
以下、登場順に説明しよう。

❺問題1:環境騒音が大きすぎる。
①車のエンジン音、クラクション音、足音等の環境騒音が絶え間なく、異常に大きく誇張されていて、耳障りで不快になる。
②これが登場人物のイライラや不安を強調する演出効果であることは理解するが、こんな手法に頼らずとも同じ効果が出せるのだ。

❻問題2:逆光撮影が多いが、人物の顔の表情が陰で見えない。
①1回、2回ならまだしも、3回、4回と続くとイライラする。腹立たしくなる。
②表情を隠すことは、感情を隠すことで、その人物が何を考えているのかを分からなくする演出効果であることは理解するが、こんな手法に頼らずとも、同じ効果が出せるのだ。
③「映画は光と影の仕草だと思います。」と巨匠市川崑が言っているが、陰影(かげかげ)では話にならない。

❼クレジットを見るまでは、本作のスタッフには、「録音技師」も、「照明技師」もついていないのではないか?と思った。しかし、エンドクレジットでは両者共記載されていた。
つまり、録音技師も、照明技師も本来の仕事をしていなかったことになる。
考えられる原因は2つ。
①両者共素人だった。
②監督の意向で、技師の意に反した仕事をさせられた。
答えが②であることは明白だ。
「整音」はクレジットがなかった。
③こんな直接表現を進めると、雨を降らせたり、臭いを出させたりする4DXの世界になってしまうだろう。

❽問題3:尺が冗長で長すぎる。これが最大の問題。
①特定のシーンをドキュメンタリー的に長々と撮っている。
特に長いのが3つある。
ⓐワークショップ「重心に聞く」。
まるで、想田 和弘の「観察映画」だ。
ⓑワークショップの打ち上げ会。
ⓒ若手女流作家の朗読会。
②この3つのエピソードはつまらなくはない。それどころか、興味深く面白く観ていられる。
張られている伏線の効果も理解する。
③独立したドキュメンタリーならそれでも良いが、本作は劇映画なのだ。
こんなことをしていたら時間がどんどん長くなってしまう。
④実際に、本作は5時間17分の長尺で、第1部から3部までに分けて上映され、3本分の料金が必要で、観客にも負担をかけている。
⑤第1部から3部に分かれる場合、タイトルは毎回出るのがしきたりだが、本3部作ではタイトルが出るのは第1部のみ。これも観客に対する配慮が足りない。
⑥5時間以上かけないと名画が出来ないと言うのなら仕方がないが、そうでないことが問題なのだ。
⑦事実、名作と言われる日本映画の大半は2時間以内である。
黒澤明、小津安二郎、溝口健二、市川崑、大島渚、木下恵介、成瀬巳喜男、今井正、山田洋二等の一流監督なら、2時間以内で仕上げていただろう。
⑧一昨年公開されたツァイ・ミンリャン監督の引退作品『郊遊 <ピクニック>(13台湾)』は、2014年度外国映画マイワーストテンのトップだったが、同じシーンを長々と撮る引き延ばし撮影が随所にあった。それでも上映時間は138分である。

❾黄金時代の日本映画は、今観ても面白い。
若尾文子や市川雷蔵の映画は、何回もリバイバルされても、客が入る。
その理由は、スターの魅力が一番なのだが、それに加え、映画自体が面白いことが重要な要因だ。

❿これ等の作品に共通する一番大事なことは、「映画の文法」に従っていると言うこと。

⓫私の提言:
①本作は5時間を超える長尺で、前売り料金も3,600円する。だから、敬遠する観客も多い。
②2時間以内に収めれば、当日料金は一般1,700円。面白い映画なら、客は2倍も3倍も入る。
観客の疲れは少なくなり、映画館の収入も増える。
そして、それは「映画の文法」に従えば可能なのだ。
これこそ「ハッピーアワー」だ。
4410

4410の感想・評価

4.2
良かったシーンなんて、選んでいたら疲れてしまう。全てがさんざめいてみえた。お世話様でした。と言いたい。

何が嘘で、何が本当で、何が良くて、何が悪くて、そういうものを全部取っ払ったときに、みえてくるものが沢山あった映画だった。すごく健やかな映画。俺は健やかな映画が凄く好きなんだなあ、と思わされた。自分の好きな映画ってなんなんやろ、ってずっと思ってきたけど、少し自分の中で答えが出た気がする。俺は、健やかな映画が好き。

何より、女性陣の声がいい。なんでそんな声がお芝居で出るんやろ、と。とても興味深かった。人が人を静かにずらすような声が沢山あった。そんなお芝居がいっぱいある。

いわゆる単調なお芝居に埋もれている役者と、そうでない役者はいてしまったものの、前者が映画を引っ張ってくれててよかった。5時間を越える映画を、そういう声たちが映画の中へ連れてってくれた。

やはり、濱口映画は女の人って凄いなあと思わされる。女性への尊敬と憧れを自分はすごく感じる。「女性的」という部分をこんなにも助長させてくれるのは、凄く自分の思うものと涼しげにマッチさせてくれる。

あまり観てはいないのだが、黒澤明より小津安二郎の方が好きだ。だから、濱口竜介は好きなんだという、しみったれた弱い理論が自分の中に生まれる。

何度か眠らされてしまったが、「寝ても覚めても」5時間と少し、この映画の中にはずっと自分は居た。

フォークやボサノバを聴いてる感じに近い。自分はすごく、この映画が好きだ。
3回に分けて、6時間超を一気に鑑賞🎥

俳優さんではない、素人さんが役者さん
4人の女性のそれぞれを描く
最初は少しだけ違和感があったけれど、
それを過ぎたら大丈夫
長時間なので、登場人物にだんだんと思い入れが強くなっていく

クリスマスに自分のためにたっぷりと時間を使って観たい映画を観に行く
とても贅沢な過ごし方だった🎄
人と人との繋がり方、気持ちの交わし方、関係の築き方を丁寧に表現した作品だった。


前半部分で「重心に聞く」という胡散臭いワークショップを描くシーンがある。

ワークショップの内容は、すべてのモノには重心があって、それを探してみようというものである。

やけに時間をかけて、描写するので、間延びしてると感じたが、観終わると、このシーンがとても重要だったと思った。

ワークショップで行うことは以下の4つである。

1. パイプ椅子を斜めに立てる
2. 人と背中を合わせて、立ち上がる。
3. 人のハラワタ(お腹)の音を聞く。
4. 額を合わせて、相手に念を送る。

1では、まず不安定なモノでもバランス、重心さえ取れれば、立って安定することを説明する。

2は背中合わせで座った状態から、お互いの背中を借りて、手を使わずに立ち上がってみる。相手を信頼して、かつ、他の人の重さを気遣わないと立つことが出来ない。2人だと簡単だが、これを3人、4人と増えていくと難しくなっていく。10人ともなると立つ事が出来ない。

3は人のお腹に耳を当てて、内臓の音を聞いてみる。お腹の音は、本人が思ってもいないような、気がついていないような音がする。本人の意思で、音は変える事が出来ず、また他人に聞いてもらわないとわからない。

4は2人で額を合わせて、相手に念を使い、思っていることを伝える。何となく伝わってる気もするが殆どの場合は伝わらない。伝わったとしても、マグレで、そして、その答え合せは結局、言葉を使って、会話で確認するしかない。


このワークショップのシーンでは、それぞれの行為の意味を明確に示さない。しかし、映画は、この物語を通して、このワークショップで行った事の大切さを紐解いていく。

他人を信頼する事、聞いてみる事、しっかりと伝える事。そして、人と人と重心を探して、バランスを取ること。一度、崩れてしまったバランスも、また別の重心を見つけられること。

人生は不安定で、何が起こるか、分からない。だが、それに対して、人が出来ることは常に最善を尽くしておくこと、また、起きてしまった事に最善を尽くすことである。そんな気持ちにさせてくれる映画だった。

脚本を3人で書いているのも、作品全体の雰囲気と合っていて、面白いと思った。


映画は300分以上ある長編だが、最初から最後まで観てしまう画作りは素晴らしかった。


作品の描き方としては、暗い印象だが、メッセージとしては、とても前向きな良い映画でした。
>|