志乃ちゃんは自分の名前が言えないの作品情報・感想・評価・動画配信

志乃ちゃんは自分の名前が言えない2017年製作の映画)

上映日:2018年07月14日

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」に投稿された感想・評価

記録

記録の感想・評価

4.2
なんで怖いからって自分を笑わないでいてくれた人から離れてしまうんだろう、妙に現実的な感じで見てて良い意味で不安でもやもやした気持ちになった。人に受け入れてもらうより自分を認めることに気づいたのかな。吃音、音痴、空気が読めない、高校生の人と違う人をバカにする空気感、1人で食べるお弁当、どれも他人事じゃないので見てて色々思い出した。2人が打ち解けていくシーンが美しかった、主演の2人が難しそうな役をしっかりこなしてて上手だった。
青

青の感想・評価

3.0

甘ったれてんじゃねーぞクソガキ
話せる話せない関係なしに 性格ひん曲がっててさ そんなに手放したい関係だった?

"私を嘲笑わないでいてくれたのに 最低だよね"って 自分でわかってるのに
自分に寄り添ってくれるひと 自分で突き放してさ

生活環境?大人のせい?わからん


かよちゃんの歌で泣いちゃった
あーしあわせになって どうか
めい

めいの感想・評価

4.1
蒔田彩珠めあてで鑑賞したが、原作が押見修造さんだったし吃音モノとも思ってなかったので驚いた

主演2人のシーンがとても美しかった
自分は菊池に痛々しいぐらい共感したので彼を責める気にはなれない

ティッシュ1箱分ぐらい泣いた気がする
Alice

Aliceの感想・評価

3.8
吃音症の女の子とミュージシャンを目指す歌下手な女の子との友情物語

志乃がはじめに歌うシーンがすごく良い!

あとは概ね予想通りのストーリー展開だったかな?

青春は1度きり
こんなふうに1歩を踏み出せるのは素敵な事ですね

このレビューはネタバレを含みます

吃音症で自分の名前が言えなかったり、思うように言葉を発することが出来ない志乃は教室で孤立していた。
ある日、自転車を倒してぶつけてしまったことがきっかけで同じクラスの加代と会話をするようになる。ミュージシャンになりたいが音痴の加代は志乃が澄んだ歌声を持つことに気付き、文化祭でデュオを組まないかと持ちかける。

二人がお互いのコンプレックスを理解しながら仲良くなっていく描写がとても良かった。田舎の海のある景色の中に彼女たちの姿はとても映えていたと思う。特に舟の中で寝転んでいるシーンが好きだ。

ラストのシーンで、志乃の喉から腹から絞り出される声と、とめどなく溢れ出す彼女の感情に目が潤んだ。誰だってなりたくてなってるわけがない。

そして志乃は前へ進む。
彼女が教室で誰かと笑い合える日が来たのだ。
新たなスタートを切る高校一年の二人の抱える劣等感と友情を描いた青春もの。
主演は「もみの家」の南沙良と「朝が来る」の蒔田彩珠の演技に定評がある二人。

志乃(南沙良)は母音から始まる言葉が吃(ども)ってしまう吃音症障害を持っている。
それで自分の名前が言えない。
友達は欲しいが誰も近寄らない。

加代(蒔田彩珠)は子供の頃からミュージシャンになるのが夢だった。しかし重度の音痴で中学はそれで馬鹿にされていた。独りでいるのが好きなタイプ

志乃は歌をうたっている時は吃らず、しかも歌ウマ。
加代は一緒にバンドを組もうと提案する。
「しのかよ」の誕生だ。

設定が1990年代半ばなだけ有って、
加代の部屋にはCDがニルヴァーナ、オアシス、ソニックユースにグリーンデイと90年代ロックがメイン
でも壁に飾ってあるアルバムがクリームにポスターはボブディラン。

それなのに歌うのは加藤和彦と北山修の「あの素晴しい愛をもう一度」
ミッシェルガンエレファント「世界の終わり」
ブルーハーツ「青空」
統一性ある様な無い様なラインナップ
でもこの趣向悪くない、結構好きですね。
路上ライブシーンはMVな感じでよかった。
ちなみにブルーハーツとミッシェルは原作には無く、当時学生だった頃の監督の趣味らしい、なるほど

ラスト文化祭で披露したオリジナル曲「魔法」が良かった。
ゆうほ

ゆうほの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

率直な感想は
小中学校でみせられそうな映画

朝が来るから気になっていた蒔田彩珠と押見修造原作きっかけで視聴
美しく晴れやかなロケーションと3人の暗い過去のコントラスト、不安定で未成熟な年頃の残酷さ、あまりにも無神経な教師、前向きになったと思いきや結局また塞ぎ込み、舞台には立てなかった結末

生々しくリアルで演技力が光っていた

当時そんな年頃のときに観ていたらどう思っていただろうと想像もつかない
冷静に淡々と観ることしかできなかったのがもったいなく思う

舞台でオリジナルソングを歌う姿、見たかったなぁ
序盤の2人が仲良くなっていくところが丁寧に描かれていたぶん、ラストの3人がほろ苦い。
マ

マの感想・評価

4.2
こんなにもかき乱されて、ぐるぐる考えてしまう作品を観るのは久しぶり。

障害となってることを治そうとするよりも「本人には何をすることで補うか」と「本人の考え方をどう尊重するか」が大切だということを加代ちゃんが不器用なりにも必死に体現しようと努めてた印象。
鑑賞記録
私も主人公ほどでないが、人前で緊張してうまく喋れない人間。気持ちわかるなぁ。
>|