志乃ちゃんは自分の名前が言えないの作品情報・感想・評価

「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」に投稿された感想・評価

mako

makoの感想・評価

3.8
《2018#234》
原作は押見修造の人気コミック。 
自身の体験をもとに描いた代表作。未読です。 

志乃は人前や緊張すると言葉がうまく出てこない。だが歌は上手い。 
加代は音楽好きだが音痴。ギターを練習中。 
その二人がひょんなことから友達になる。 

志乃は言葉がうまく話せないのがコンプレックス。 
加代は音痴がコンプレックス。 
その二人がバンドを結成し、文化祭に出場することに。練習を通して仲良くなっていく。志乃は居場所を見つけたようだった。二人の時間はとても楽しく観ている私も微笑ましく見えました。孤独だった二人がお互いを必要とし、目標に頑張る。 
そこに志乃の言葉をからかったクラスメートの菊池がバンドに参加したいと言ってきた。 
そこから志乃は加代とぎくしゃくしだす。 

志乃にとって加代は特別な人だったんだろう。自分を認めてくれた友達だから。バンドは二人だけの居場所だと思っていたのに菊池が入ってきて志乃は嫉妬したんじゃないかと思う。それに菊池には悪い印象しかない。 

私も当初、菊池は嫌な奴だなと思いましたがバックボーンが明かされ菊池も悩んでいるのを知ったときには胸が痛みました。 

今作では志乃の痛みだけではなく、加代や菊池も痛みがある。そしてこれはこの3人だけではなく、誰でも痛みがあるんだよと教えられているようでした。 
程度の差こそあれ、皆、何かに悩み苦しんでいる。 
そこで、殻に閉じこもるのか前に進むのか。 

最初は志乃に感情移入しましたが、後から段々志乃の言動が嫌になってきました。 
加代と菊池は志乃と関係修復しようとしてるのに志乃は聞き入れることができない。 

文化祭のシーンとラストが思っていたのと違っていて、いや違ってもいいんだけどそれがなんかモヤっとしました。 
あと志乃に担任教師がかける言葉にイラッときました。頑張ってる人に対して“頑張ろう”と言うのは言っちゃいけない。どれほど傷つけているのか分かっていない。それは励ましではない。 

あまり良いことを書いていませんが良い映画でしたよ。楽しいことだけじゃない、悩みや苦しみ痛みが滲み出る青春映画でした。 

志乃ちゃん役の南沙良、加代役の蒔田彩珠二人の演技はとても良かった。加代が文化祭で歌うシーンはグッときました。 

最終日に観に行けて良かったです。 


劇場鑑賞 #119
最初はもどかしかったけど歌が歌えるようになってからの流れで胸いっぱいになって泣いてしまう。映画館で観れてよかった。また乃木坂MVから続いて湯浅監督好きだってなった。
尊いっ!これを〝尊い〟と呼ぶんだな!

お前ら尊いぞ!と思って観てたら菊池のバカが出てきやがってバカ何してくれてんねん!と思ってたらもっと最高の展開に。

****

全体的に漫画っぽい。
菊池がとくに完全に漫画キャラ。

原作は漫画。

原作漫画も読みましたが、シチュエーションからセリフから大体同じ。
菊池はホントに漫画でしか成立しないキャラ。

それをそのまま漫画キャラとして演じた萩原利久が素晴らしい。

主演二人はもちろんだけど。


****


歌もいいね。〝魔法〟だったかな。
あのシーンも素晴らしい。
地味だからこその痛々しさとその熱い戦い。
ちひろ

ちひろの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

自分の嫌いなところを無くしたり消したりしようとするのではなく、自分を認めてあげる強さと柔らかさをもつ大切さ。
きょむ

きょむの感想・評価

3.5
吃音をテーマにした青春映画。
主人公役の女優さんの演技がとてもよかった。
MR8

MR8の感想・評価

2.7
まったりとした空気の中で時折緊張する状況がむずがゆく、ロケーションも選曲もツボでズルいなあ!これは良いぞ!……って、思えていた冒頭30分辺りまでのテンポであの結末まで引っ張っていってほしかった。

キャラが物語上の嫌悪感を超えたところまで侵入して、破綻してしまったらダメかなと。
ほしの

ほしのの感想・評価

3.6
これが現実、現実、現実なんだ…。
リアルによく描かれてる。
自分の鬱屈とした学生生活を思い出して胸が苦しくなった。
こういう経験を経て皆んな成長していくんだなぁ。
wataruN

wataruNの感想・評価

4.6
泣いた 気がついたら涙が…
ラストシーンもありきたりなものではなく、、
理想と現実
演技も素晴らしいし音楽の話も楽しい
ミッシェル歌ったりツボもバッチリ笑
素敵な映画だった
aw

awの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

青春映画でした。

原作は読んでません。
でも読んでみたくなりました。


もっともっといろいろなこと
があるんだろうなと思いながらも
登場人物を、エピソードを限定し
描きたい所を絞った、
という感じがしました。

いろんな大人とか(良い・悪い両方)
周囲からの干渉(いじめとか親切ぶった迷惑とか)
そういうのは切り取ってる感じがしました。
リアルさには欠けるかもしれませんが、
こうした方が映画としては良かったと思います。


撮り方については、
結構遠くから撮るのか多いね
ということと、
横スクロールゲームみたいな構図が多いね
(ファミコンのスーパーマリオみたいな構図)
ということが印象に残りました。
良し悪しでしょうけど、
「またその構図?」
って感じがしたのはどうなのかな?

何回か観ると、繰り返しのようで違いがあること
(前半と後半での対比とか)
に気付けたかもしれません。


いろいろ書きましたが、
観て良かったと思います。満足です。
もっとあの子達の成長していく姿を
見ていたかったです。
大事な気持ちほど
伝えるのって難しいよな。
自分は吃音ではないけど
志乃ちゃん気持ちが
痛いほどわかる。
>|