志乃ちゃんは自分の名前が言えないの作品情報・感想・評価

志乃ちゃんは自分の名前が言えない2017年製作の映画)

上映日:2018年07月14日

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

3.9

あらすじ

高校1年生の大島志乃は上手く言葉を話せないことで周囲と馴染めずにいた。そんな時、ひょんなことから校舎裏で同級生の加代と出会い、一緒に過ごすようになる。 人と距離を置き卑屈になりがちな志乃だったが、加代からバンドを組まないかと誘われたことで少しずつ変わっていく。ふたりで過ごす夏休みが平穏に過ぎていくと思っていた志乃だったが、自分をからかった同級生の男子・菊地が強引に参加することになり…

「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

演技が上手で話しに引き込まれた。歌も映像も良かった。
個人的にはラストは陳腐でも3人仲良くしてもらいたかった。
一夏を駆け抜けた後の残夏の余韻がすごい好こだった。
眩いばかりの光源と主人公のハンディを等身大目線にまで引き込む演出力で結構緊張しながら観てました。
苦味のある青春映画好き

…全く関係ないけどレンズフレアが出てくるとJJエイブラムスが笑いながら脳内で駆け抜けていくのどうにかしたい
natsu

natsuの感想・評価

3.7
なんか残念なんだ…
なんだろ。やっぱり脚本?
途中なんか、ものすごくよかったんだけどな…

2人の夏休み。ふたりの世界。でも外と繋がってる。外の人に自分を見せて、解放する。そのためのふたりの時間。きらっきらしてた。涙がでてきたー
わたしもね、居たんだよー、そんな存在が。高校生の時じゃないけど。。もう気づいてないけど独占欲?彼女がいればいい、みたいな…

ウザい存在の彼の気持ちもわかる。嬉しいんだよね。カヨちゃんと好きなものおんなじ。わかる人いたーって。居場所って。でも、そう思ったら一直線の彼は、確かに邪魔だわ。
まあこれが、空気読める彼だったら、展開変わって全く違う映画になってただろねw高校生バンド結成!みたいな音楽映画に!?←ならないし〜


カヨちゃん役の蒔田さんがものすごくハマってた。是枝映画で見たっきりだったけど、洋楽好きな田舎のロック少女ぴったり。髪型も、ギターを弾く華奢な腕も、一匹狼なとこもアンニュイな授業風景も。そのへんの可愛い女優さんと違う雰囲気。蒔田さん推します!

んで。
私は、文化祭シーンがダメだった。志乃ちゃんの言いたいことはわかったが、志乃ちゃんはなんであの場面であんなに喋れちゃうんだろ。はあ?ってな感じ。現実味が…
そんでよくわからん生徒ばかりなのに、周りがシーンとしちゃってて。映画でよくある場面みたいになっててなんか見てられなかった。。
これは私が歳をとりすぎたせいなんだろうか…。今までならば感動シーンって思えたかもなのに。。
そこでガクンとなってしまって。最後の落とし所もよくわかんなかったなあー。結局3人うまくいかないってこと?だれか教えて〜


志乃ちゃん歌はよかったよ!女子高生らしいまっすぐな声。
選曲がまた…
彼女が歌う、いや歌わされてるミッシェルの世界の終わり。素直な歌。歌ってるのにニコニコしちゃうおじさんの気持ちよーくわかるわ!!

それから、これ今の時代の話じゃないよね。
あの制服(セーラー服って過去のもの)、ミュージシャンの名前(ニルバーナとかフレイミングリップスとかさ)あと部屋に貼ってあったポスターとか。あと、ルーズソックスの女子高生たちいたしな。。
今だったら、吃音とか発達障がいとか名前つけられて、障害理解とか共生とか言われて教育方法ちがうし。
空気感なのかな、今の時代の話にも見えちゃうのは勿体無いというか、、、そのへんもうちょっとなんとかできないものかと思った私なのでした。
いち麦

いち麦の感想・評価

4.0
周囲から距離を置かれる存在の者たちが模索する繋がりの脆さ危うさ。タメのカットが重々しい空気を漂わす。最後の着地の自然さも印象的。クラスメートの岡崎加代や菊地強の人物像が興味を引いた。
Jerry

Jerryの感想・評価

1.0
キャストの方々は何も悪くない。

この人たちは何にも分かっていない。

「陰キャ」という生き物、彼らの真髄を何も理解していないまま表現しようとしている。
そしてストロボエッジの世界以上に存在し得ない高校の雰囲気と世界観が、見ていて目を覆いたくなる。

名優、蒔田彩珠さんが可哀想に思わざるを得ません。
美しい世界と映像に、距離感の丁寧な音が志乃ちゃんだけじゃなくて、物語に引き込まれた
苦手なことの克服や理解って難しいなぁと
スイートプールサイドに続く、押見修造作品の実写映画化という事で期待してたこの映画、凄く良かった。演出も役者の演技も、とても丁寧で繊細。全カットどの画を取ってもバチッと決まっていた。過剰なハレーション、レンズフレアも登場人物達の瑞々しさ、息苦しさを感じさせて個人的にはハマりました。(人によってはうるさすぎると感じるかも)
主演の南沙良さん、いやぁ素晴らしい女優ですね。かなり難しい役どころをうまく演じていました。歌うシーンが多くありますが、雑味ゼロのまっすぐ純粋な歌声は心に響きました。
もた

もたの感想・評価

3.3
レンズフレアが気になる。すごくイモいけど、それもまた魅力かもしれない。
自分が恥ずかしいなと感じてしまう要素が満載で途中から直視できなくなってしまった。

学校のロケーションがうらやましくなるぐらいに良かった。

このレビューはネタバレを含みます

どんな人にもなおしたいけどなおせない欠点がある。それが人を傷つけないものなら恥じてはいけないと感じた。
>|