リバーズ・エッジの作品情報・感想・評価

リバーズ・エッジ2018年製作の映画)

上映日:2018年02月16日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.6

あらすじ

若草ハルナ(二階堂ふみ)は、彼氏の観音崎(上杉柊平)が苛める山田(吉沢亮)を助けたことをきっかけに、夜の河原へ誘われ放置された<死体>を目にする。「これを見ると勇気が出るんだ」と言う山田に絶句するハルナ。さらに、宝物として死体の存在を共有しているという後輩でモデルのこずえ(SUMIRE)が現れ、3人は決して恋愛に発展しない特異な友情で結ばれていく。 ゲイであることを隠し街では売春をする山田、そ…

若草ハルナ(二階堂ふみ)は、彼氏の観音崎(上杉柊平)が苛める山田(吉沢亮)を助けたことをきっかけに、夜の河原へ誘われ放置された<死体>を目にする。「これを見ると勇気が出るんだ」と言う山田に絶句するハルナ。さらに、宝物として死体の存在を共有しているという後輩でモデルのこずえ(SUMIRE)が現れ、3人は決して恋愛に発展しない特異な友情で結ばれていく。 ゲイであることを隠し街では売春をする山田、そんな山田に過激な愛情を募らせるカンナ(森川葵)、暴力の衝動を押さえられない観音崎、大量の食糧を口にしては吐くこずえ、観音崎との体の関係を重ねるハルナの友人ルミ(土居志央梨)。 閉ざされた学校の淀んだ日常の中で、それぞれが爆発寸前の何かを膨らませていた。そうした彼らの愛憎や孤独に巻き込まれ、強くあろうとするハルナもまた、何物にも執着が持てない空虚さを抱えていた。そんなある日、ハルナは新しい死体を見つけたという報せを、山田から受ける・・・。

「リバーズ・エッジ」に投稿された感想・評価

初、シネマ尾道。看板の写真撮り忘れた。
服装かわいいねぇ。オザケンだねぇ。
ハダカがすぎる気はするけど、二階堂ふみ綺麗だねぇ。
ぐみこ

ぐみこの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

個人的にとても好き

生きるとは何なのか、愛と何なのか嫌でも突きつけられる

一つ気になったのは、インタビュー風の時、女の人は下手から、男の人は上手から撮られていたけどこれはなにか意味があったのかなぁ
namuge

namugeの感想・評価

-
これだけの大女優になってもなおスクリーン上で裸をさらけ出し、濡場もキッチリと演じる。二階堂ふみって最高やな。

入り乱れる生のイメージと死のイメージ、2回ある首絞めシーンが印象的。生を実感できない二階堂ふみの不感症セックスシーン。

山田君とその彼女の地獄のような会話シーンと豚が暴れるシーンがいいっすね。
すだ

すだの感想・評価

-
青年期に見るやつ
大人になってこの雰囲気に流されてはいけない、、
みたあと生きる気力とか食欲を全部なくした…それでも何かを感じて生きていこうって話なんだけど
若草さんの突き抜けて沈めない感じにほんのり共感して暗い気持ちになった
誰にもどうにもできなくて修復できないことが多すぎて、とてもとても憂鬱になる、、
インタビュー形式の演出はちょっと?と思った 誰が取材してるんだ?ってかんじで

レビュー読むと漫画の方がわかりやすい?ようなので、気になった

ストーリーは興味深くて、最後までスクリーンに集中できた。
だけどなんだろうなぁ。
暴力や性描写とかも嫌いではない。
映画的に面白い・つまらない云々というより、なんだが好きになれない。
時代特有の空気感、リアルだった。土居志織ちゃんのファンになりました。(ぽっ
kouza

kouzaの感想・評価

5.0
岡崎京子の原作に、主題歌がオザケンというだけで、ファンは満足。
原作にとても忠実なので、原作ファン的には大満足の映画でした。
主要役者がみんな体当たりで圧巻。
吉沢亮が、山田そのもの。
二階堂ふみちゃんの熱意が、この映画化実現に繋がったみたいなので、本当に凄いな、と思います。
90年代の邦画の、よく分からない不安定さ、世紀末の絶望感とかが出てて、20年くらい前の邦画を観たような気分になりまふ。
原作読んだことない人にとっては、退屈かも。
きき

ききの感想・評価

3.5
90年代の若者は必ずしもああいうセックスドラッグバイオレンスみたいな青春をすごしたわけではないけれど、岡崎京子やトレインスポッティングやレオス・カラックスやウォン・カーウァイなどのちょっとチープな退廃的世紀末カルチャーが蔓延していたことなどをおもいだした。
しかしバブルが崩壊していたとはいえ90年代ってまだ余裕があったんだなとおもう。生きている実感がないとか死のうが生きようがどうでもいいとかって、余裕がないと考えられないと気がする。そして40代になった彼らはふつうのおとなになって、Facebookで再会したりするのかなあ、と思ったりした。

森川葵ちゃんが小沢健二のことを小沢くんっていってるのちょうエモい。
yu

yuの感想・評価

3.5
「傷つきながら、忘れながら。たまに泣いたり、怒ったり、笑ったりしながら、感じて生きていきたい」
満たされているようで満たされていない日々を繰り返し、平気なふりをして過ごしていく複雑さ。閉ざされた環境の中でもがいても出口がみえない、何者にもなりきれない私たち。この10代の閉塞感がすごく懐かしい(懐かしいにしたくないけれど)。だんだん歳を重ねていくごとに平気なふりが上手になっているだけで結局は逃げられず囚われたままで生きていくのかもしれない。
各登場人物の衣装などに90年代の懐かしさと新鮮さがあって個々の個性がうまく表現されていたと思う。
>|