リバーズ・エッジの作品情報・感想・評価

リバーズ・エッジ2018年製作の映画)

上映日:2018年02月16日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.5

あらすじ

「リバーズ・エッジ」に投稿された感想・評価

とまと

とまとの感想・評価

4.2
映画を観て生まれて初めて途中で観る事をやめようかと思った作品です。
出演者皆の闇に自分が呑まれてしまいそうでとても怖かった。自分の身の回りで起こるだなんて考えられないような内容でもどこかリアルで吐き気がした。
"他人事じゃない" そう心のどこかで何かが訴えかけていました。
たなか

たなかの感想・評価

3.0
漫画を「読む」ことと映画を「観る」ことはあまりにも違う体験なのだと感じた。
もう叶わないことなのかもしれないけれど、岡崎京子の新作が読みたいと心から思った。
nekop

nekopの感想・評価

2.9
なにこの映画
グロいんやけど?

二階堂ふみてこんなに脱いでいいんや…
R

Rの感想・評価

3.2
最後、劇中よりはみんな落ち着くとこに落ち着いたのだろうけど、誰もまだ救われてはない気がしてなんかポカンとした感じ。
yasu

yasuの感想・評価

3.3
ラストはなんとなくこれから先を感じれるけどハッピーな感じでもなくて好き...

でも途中はちょいちょい嫌な気持ちになるw
akaneee

akaneeeの感想・評価

-
死があるからこそ、なんだよなあ。
二階堂ふみの身体、吉沢亮の顔が
ただただ美しすぎた…
李

李の感想・評価

3.3
登場人物全員にそれぞれ人間味を感じさせられてとてもリアルな映画だった。作品の世界観や演出もとても好みだけれど、何より役者さん達の演技にずっと見惚れてました、、特に森川葵ちゃんが凄く魅力的。
香港

香港の感想・評価

2.3
やっぱりこれは小沢健二の帰還があってこその企画なんだろうか?だって「アルペジオ」がなかったら、もうこれ懐古趣味だと思う。2018年に90年代と切り離せない話を作る矛盾を、当時の証人であり現代の証人でもある小沢健二という稀有な存在一人で潰してるように見えるんですよ。この曲一点のみにおいて、均衡を保っている映画って気がします。

まあ、そういった部分が咀嚼できずに、残滓として残ってしまったのは、自分が90年代に10代を過ごしたからなのかなって気もします。もしかすると自分の手に負えないタイプの映画なのかも。
imoko

imokoの感想・評価

4.4
悶々とした高校生らの空虚な時間。
キャスティングも素晴らしい。
makoro

makoroの感想・評価

4.0
森川葵の演技がすごく良かった。原作に忠実で見終わった後はなぜかもやっとした変な気持ちになった。
>|