リバーズ・エッジの作品情報・感想・評価

リバーズ・エッジ2018年製作の映画)

上映日:2018年02月16日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

あらすじ

若草ハルナ(二階堂ふみ)は、彼氏の観音崎(上杉柊平)が苛める山田(吉沢亮)を助けたことをきっかけに、夜の河原へ誘われ放置された<死体>を目にする。「これを見ると勇気が出るんだ」と言う山田に絶句するハルナ。さらに、宝物として死体の存在を共有しているという後輩でモデルのこずえ(SUMIRE)が現れ、3人は決して恋愛に発展しない特異な友情で結ばれていく。 ゲイであることを隠し街では売春をする山田、そ…

若草ハルナ(二階堂ふみ)は、彼氏の観音崎(上杉柊平)が苛める山田(吉沢亮)を助けたことをきっかけに、夜の河原へ誘われ放置された<死体>を目にする。「これを見ると勇気が出るんだ」と言う山田に絶句するハルナ。さらに、宝物として死体の存在を共有しているという後輩でモデルのこずえ(SUMIRE)が現れ、3人は決して恋愛に発展しない特異な友情で結ばれていく。 ゲイであることを隠し街では売春をする山田、そんな山田に過激な愛情を募らせるカンナ(森川葵)、暴力の衝動を押さえられない観音崎、大量の食糧を口にしては吐くこずえ、観音崎との体の関係を重ねるハルナの友人ルミ(土居志央梨)。 閉ざされた学校の淀んだ日常の中で、それぞれが爆発寸前の何かを膨らませていた。そうした彼らの愛憎や孤独に巻き込まれ、強くあろうとするハルナもまた、何物にも執着が持てない空虚さを抱えていた。そんなある日、ハルナは新しい死体を見つけたという報せを、山田から受ける・・・。

「リバーズ・エッジ」に投稿された感想・評価

ardant

ardantの感想・評価

3.5
岡崎京子とは何者だったのだろう、何がすごいのだろう。漫画にまったく興味のない私にはわからなかった。後で知ったことは、彼女の壮絶な人生を。
行定勲監督は大好きだ。特に、美しい物語だった『クローズドノート』と個人的に思い入れのある『北の零年』が。
本作品は、最初から気合が入っているなと感じた。
だが、私は、画面に引きつけられたが、引き込まれはしなかったし、のめり込みもできなかった。
この映画がわかるには、年を取りすぎているのだろうか。
始まりから終始感じていた違和感。それは主人公のキャスティングが私に合っていなかったのかもしれない。他の出演者に見えた「あの頃の、鬱屈した何か」が彼女には見えなかった。
H

Hの感想・評価

3.9
静なのか動なのか。静な感情の中に突き動かしてる激しいものがあった
抱えるものが大きいほど 生きてる とか 死ぬ とか意識してるのかもしれないね、わかんないけど。

唯一の後悔はトレーニング後に見に行ったから序盤からずっとトイレ我慢してたこと
maho

mahoの感想・評価

4.1
ぞくぞくした。
一人一人の演技も魅力的で、
こういう話でまた見たいと思ったのは初めて。
tonton

tontonの感想・評価

3.0
当初、エンディングに「天使たちのシーン」をかけていたが、オザケンがこの作品はもっと明るいほうがイイと「アルペジオ」になったときいた。

終始、シリアスでドラマチックで意味ありげで。彼らの中でも特別だった日々だけを映したように見える。
もっとダラっと過ごしていたあの教室の雰囲気、意味のない行動、時間の無駄遣い、暴力性の中にある可愛げ、沈黙を隠すようなお喋り
原作にあったそれが映画にはない。

この作品、この時代で暗にしめした消費社会が行きつくところを僕たちはもう見てしまっている。
だからといって、ただただシリアスに、全てに意味を持たし、そこにある生活感を描かないでいいのだろうか?
もっといえば「消費する事、される事」「記号化する事、される事」これをただ嫌悪だけで描いていいのか?
それには監督の主義主張的な匂いすら感じ、それが僕の大好きなもの(原作漫画)を殺したように感じた。

「しばし君は消費する僕と、消費される僕をからかう」
「小沢君、インタビューでは何も本当の事言っていないじゃない?」

いつだって僕たちは気づいていて、でもここ以外にはいけないから、そんな事不安や恐怖を隠したり、曝け出しては笑いあったり。

平坦な戦場で僕らが生きる事

それはその詩そのものを渡さなくても、引っ越しする彼女にモンキーズのHEADをプレゼントして深夜の川沿いを歩き話すだけで、なんとなく呼んでみたUFOもやっぱりこないだけで表現できる。
というよりも、それが「平坦な戦場で僕らが生きる事」なのでは?
山田くんが黒焦げになったあの娘を好きだという。
死を意識しての生の実感ではない、生きる事ばかりを考えて過ごすには生き辛いから。
そしてそこにも何かはあるから。

レビューの3点はオザケンと、そんな演出の中あくまで原作の中で見れた若草ハルナのチャーミングさや狡さを醸し出そうと素晴らしい演技をしていた二階堂ふみという、今作へ誠実なアプローチをしていた二人への点数。
マイゴ

マイゴの感想・評価

3.5
やっぱり森川葵ちゃんの演技は間違いないなあと思った。
吉沢亮君の、ラスト近くのアップ、表情の変化が素晴らしかった!
philia

philiaの感想・評価

3.5
行定勲感はあまり感じられなかったけど、何より吉沢亮がすごく良かった。初めてちゃんと見たけど好きになった。

あとはエロいから1人で見るのおすすめ。
到着

到着の感想・評価

3.6
カッコいい映画

二階堂ふみの脱ぎっぷりがいい。
SUMIREがすごい。雰囲気むんむん。
wa

waの感想・評価

3.0
原作全く知らずに何も調べずにみた
山田の援交シーン、お金に困ってるからああいうことをしているのか、ほかの理由でああいうことをしてるのか…全くヒントを見つけらなくて理由がイマイチわからなかった

途中途中のインタビューは…なんか最近こういう邦画観てなかったからか、は…はあ…という感じだった。。生と死についての質問が極端かつド直球過ぎてなんとなく薄っぺらく感じてしまった…。
今まで観てきた映画の中でダントツで暗さだけが残ってしまった…。観音崎、絶対友達になりたくないタイプだった…

繰り返し見ることはおそらくないけど観に行ってよかったと思う 途中で帰る女の人が多かった。気のしれた人とじゃないと観ない方がいいと思った
あと高校の感じがうちの高校とめちゃめちゃ似ていて親近感湧いた
小沢健二の曲すごく良かった
boo

booの感想・評価

3.5
結局インタビューしてたの誰〜〜〜〜〜!?冒頭インタビュースタートだったから最後にでも明らかになるのかと思いきや最後もインタビュー終わりィ〜〜〜どういう視点でみればいいのーーーー!?
ってのが終始頭の中ぐるぐる

ほとんど大人がでてこないのがすごく若さというか青さというかをリアルにしてたね、高校生が自由過ぎないくらいの自由を過ごしていくそれはそれぞれ全く違う方向で。それは現代(原作は20年前くらいらしいけど)の問題ばかり、、、いろいろ再認識。

それにしても二階堂ふみはスクリーンで見るたびに好きになるね〜!!次の作品もたのしみ!!

釣りのシーン好き。笑
nori

noriの感想・評価

-
映画館鑑賞。

たぶん、ケータイもないから20数年前だと思われる。
制服もない自由な高校。
本当に生徒たちは自由そのもの。
勉強よりも、その他の活動が忙しい。

それでも、まだ、大人になりきれていなくて、親の庇護のもとにいる。
自由だけれど、自由じゃない。
高校生ぐらいが1番そう思うとき。
発散する方向はその子それぞれ。
考えもかなり偏っていて、この子おかしいんじゃない?もある。
思い込みの勘違いで、放火して自分が死んじゃうって訳わからないこともする。

二階堂ふみが、まともそうだったけれど、そうでもなかったし。
彼女が引越しをするときに、大騒ぎの原因を作った男子は平然とした顔。
男性が好きだと言った男子は、分かってもらえた子が引っ越しするのが少し寂しいかも。

今、彼らはどこでどうしているのだろう?と思ったりもした。
もっと不自由なところにいて、高校のときは良かったなんて思ったりもしているかもしれない。

男性が好きな彼、ボブっぽい髪型で、ファンのスピッツの草野マサムネに似てた。
顔はこっちの方が私の好みだなと思ったりした。

インタビューしてた人、誰?
>|