リバーズ・エッジの作品情報・感想・評価

リバーズ・エッジ2018年製作の映画)

上映日:2018年02月16日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.6

あらすじ

若草ハルナ(二階堂ふみ)は、彼氏の観音崎(上杉柊平)が苛める山田(吉沢亮)を助けたことをきっかけに、夜の河原へ誘われ放置された<死体>を目にする。「これを見ると勇気が出るんだ」と言う山田に絶句するハルナ。さらに、宝物として死体の存在を共有しているという後輩でモデルのこずえ(SUMIRE)が現れ、3人は決して恋愛に発展しない特異な友情で結ばれていく。 ゲイであることを隠し街では売春をする山田、そ…

若草ハルナ(二階堂ふみ)は、彼氏の観音崎(上杉柊平)が苛める山田(吉沢亮)を助けたことをきっかけに、夜の河原へ誘われ放置された<死体>を目にする。「これを見ると勇気が出るんだ」と言う山田に絶句するハルナ。さらに、宝物として死体の存在を共有しているという後輩でモデルのこずえ(SUMIRE)が現れ、3人は決して恋愛に発展しない特異な友情で結ばれていく。 ゲイであることを隠し街では売春をする山田、そんな山田に過激な愛情を募らせるカンナ(森川葵)、暴力の衝動を押さえられない観音崎、大量の食糧を口にしては吐くこずえ、観音崎との体の関係を重ねるハルナの友人ルミ(土居志央梨)。 閉ざされた学校の淀んだ日常の中で、それぞれが爆発寸前の何かを膨らませていた。そうした彼らの愛憎や孤独に巻き込まれ、強くあろうとするハルナもまた、何物にも執着が持てない空虚さを抱えていた。そんなある日、ハルナは新しい死体を見つけたという報せを、山田から受ける・・・。

「リバーズ・エッジ」に投稿された感想・評価

つる

つるの感想・評価

3.3
期待しすぎたかしら?という感じ。
もっとグロテスクでエロいのかと。

キャストは最高によかった。二階堂ふみちゃんはもちのろん、sumireさん、よき!浅野忠信好きな私が情報0で誰この子!?ってビビッときたからこれは◎あの冷めた目たまらん~~。
吉沢亮くんもこういう役もっと見たいってなった。演技うまし。

90年代の雰囲気とファッションは大好きだった。ストーリーがなぁ…何かが足りない。もうちょい刺激が欲しかった。
MIO

MIOの感想・評価

3.9
こういう映画が大好きなのに、数年前に比べて格段に減ってるなと思う。観るのを凄く楽しみにしていたけど、この映画を見てまず抱いたのはこれ以上歳を取りたくないっていう気持ち。思春期のこういう気持ちとか言動に共感出来る自分と、学生生活が終わって現実ではどんどんかけ離れた生活をしている自分とのギャップが日々大きくなっていって、いつかあんな頃もあったなってこういう映画を今みたいに同じ目線で見る事が出来なくなる日が来ると思うと寂しくて、悲しくなった。実際高校生の時に見ていた頃とは違う気持ちで見ているわけで。当たり前だけど。だからこそ、10代の頃にこの手の映画を見漁っていた自分は間違えていなかったなと改めて思った。俳優陣揃いも揃って好き過ぎて、この作品を真っ直ぐに楽しめなかったのが心残りだから原作を読もうと思った。其々の演技が衝撃的に良くて、絵面的に好きなシーンが本当に多かった。けどもう2度と見ないと思う。SUMIREちゃんがめちゃくちゃ良かったなぁ
kanaaalice

kanaaaliceの感想・評価

4.2
SUMIREちゃんの声の質といい、雰囲気といいマッチしてて存在感が凄かった。
カナコ

カナコの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

原作の再現度はまあまあ高めな気がする。
ただただ美の暴力。吉沢亮、スミレちゃん、森川葵、観音崎くん………。そして夜の工場がたくさん出てきて良かった。

森川葵が死んだ後に森川葵が生きてた頃の「生きててよかったことはある?」ていうインタビューが流れたのがよかった。いますごく幸せですって言いながら何も答えられないっていう。

あと、スミレちゃんの声が結構低くて良かった。自分の声が低いの嫌いだったけど気になんなくなったよね。

ただエンディングで小沢健二はなんか違うと思う
ayakuro

ayakuroの感想・評価

3.5
夏の甲子園高校球児を観た後に鑑賞。
真逆の青春。青春の振り幅。

若草はなんとなくもっと色素薄い系の人イメージだった。
maiko

maikoの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

だいぶ訳が分からなかった!
みんな病みすぎ、、、笑

けど展開とか構成とか映像とかは結構好みだった!!!!

二階堂ふみちゃんも良かったし、スミレが魅力的だった!!!

とりあえず、吉沢亮目当てで鑑賞したらヤケドする作品笑笑
猫

猫の感想・評価

3.5
高校生の弟と見るには刺激強すぎた(笑)
セックスしすぎ、そんないる?
またかよ、もういらねえよ、やめろ。きまずいわ。と思いました(笑)
notitle

notitleの感想・評価

3.7
岡崎京子のリバーズエッジ。再現度は高め。でも、もっとライトで、もっと爛漫で、残酷で、緩急あって、ハッとなる原作は、やはりすごい。生きるってとても大変なこと。孤独や葛藤等、色んなものを背負い、苦しみ生きている。でも、それが生きるということ。
HONEY

HONEYの感想・評価

2.5
二階堂ふみのパイオツ見れるシーン2回あったよね~きれいな形のパイオツで驚いたよね~!
闇深い、教育に良くない、爽やかさゼロ、精神崩壊、不良、歪んだ高校生の青春、メンタルくるやつ、理解難解、エロス、SEXし過ぎ、どんな高校、時代背景いつ?、ズシンと重い、狂人一歩手前、行定監督っぽくない、映画を通したメッセージが激むず、エンディング曲がやけにポップで作品に合わん、「リリィシュシュのすべて」を思い出した。そんな感じ。恋人と見るもんじゃないかもな。面白い映画ではなかった。
はや波

はや波の感想・評価

3.0
二階堂ふみ身体張ってたけど
特に印象に残ってない、、、、不思議
吉沢亮のケツの方が鮮明なんだけどわしはホモか
>|