生きてるだけで、愛。の作品情報・感想・評価・動画配信

「生きてるだけで、愛。」に投稿された感想・評価

sae

saeの感想・評価

3.8
寧子の津奈木に対する感情の当て付けみたいな部分が観ていてキツかった。なんで一緒にいるんだって思ってた。
けどカフェバーの奥さんの優しい言葉に鼻がツンとしたり、ウォシュレットでの分かり合えない失望だったり、屋上での心の吐露に心は動いて。
青いスカートが揺れたのが綺麗だからってのがいいなって思った理由でも、それでもいいんだなあ

メインふたりが危なくて、
津奈木が鬱になるのかなってヒヤヒヤした



すだまはやはり最強にうまいな
過去に鑑賞。
趣里さんの演技力が凄まじかった。菅田将暉をあんな、イケてない役にするのもすごい。
「私が悩んでいるのと同じくらい、あなたも悩んで欲しかった、ただうんうんって同調して欲しい訳じゃない。(完全ニュアンス)」みたいなセリフに共感した記憶がある。同じ温度感で居たいと思うもんな。
MAH

MAHの感想・評価

3.8
キャストさん達が凄すぎました。
スムーズにキャラ達ストーリーにのめり込むことが出来ました。
苦しい場面嬉しい場面 画面越しの私も泣いたり笑ったりしていました。
とてもよかった。
わたしは好きです
一瞬でも分かり合える瞬間があったなら、それで良いじゃんね
趣里めちゃ良かった
映画は良かったけど感動!とか共感!はなかった、かなあ
ただ ウォシュレットの話みたいに、突然まわりとの関係の何かが切れたり変わったり、自分の中で音を立てる感覚だけわかるな〜 と思った
らみ

らみの感想・評価

3.3
菅田将暉と趣里の二人の演技力がとても繊細。
映像の暗い景色の中での色の使い方が綺麗で切ない。
落ち着いている場面や感情的な場面でも2人の“声”がとても魅力的だった。
kurano

kuranoの感想・評価

3.8
単純に菅田将暉がカッコいい…
特にラストシーン!
ゆっくり話す声の感じもすきだわ…

なんか共感とかはないけど不思議な感動というか、ぞくぞくというか、なんとも言えない感覚だった。
Haruna

Harunaの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

終盤の屋上のシーン。寧子が自分の感情をちゃんと吐き出せる。津奈木はそれをしっかり受け止める。いい恋愛。
趣里さんの演技力やばい。。

ガチの変わり者のやすこに、ここまでリアルにイライラしたし、同情したし、共感出来たのは趣里さんが演じたからだと思う。


劇中の「寂しかったんだよ」

あれって簡単に聞こえるけど、それが全てなんじゃないかなとも思う。誰かに受け入れられるときのむず痒さ、恥ずかしさ、底から湧き上がるような嬉しさ。それが裏切られた時の全部朽ちてしまえってくらいの絶望、苛立ち。人との関わりは本当に沢山の感情を教えてくれるなー。

みんな寂しいんだよな
ユ

ユの感想・評価

3.0
鬱に「本当」も「嘘」も無い。
毎日大勢で食卓を囲めば「どうにかなる」なんて事は無い。
寂しいでは片付けられない。
生活を上手くやっていく方法。
「どうにか」等成らないから、或の人達は別世界の人間だと思う。一線を感じる。
ウォシュレットの恐怖。
同調してくれない。期待を裏切られた様で辛い、痛い。
解ってくれる様な家族が居ても、一時的な寂しいを埋めてくれる彼氏が居ても、足りない物は確かに在って、塞がらない事が事実。


趣里さんの少し低い声、まるでその者の様な演技。凄く素敵でした。
ラストシーンの菅田くんは、菅田くんじゃなくて、津奈木くんでした。存在していて、リアリティーが群を抜いていて。
全体的に演技が上手い方がとても多く作品にのめり込無ことが出来ました。
テーマが重い映画なので最初はやばい女の話かと思いきや、段々と自分にも重なる部分があるようで切なく悔しく心打たれるラストに涙するような不思議な映画だった。
全体的にうつ病がテーマなのか、コミニュケーションがかけてる人間がテーマなのかクライイメージだがなんだか美しく感じる部分も多く今後の日本映画も安泰だなと感じた。
趣里の演技が素晴らしく、役なのかなんなのかわからないくらいなりきりというか女がすごい、怖いけど愛おしい演技が凄い。なぜにアカデミー賞の最優秀賞をとらないのか疑問ってくらいなので観て欲しいです。
>|