T-34 ナチスが恐れた最強戦車の作品情報・感想・評価・動画配信

「T-34 ナチスが恐れた最強戦車」に投稿された感想・評価

つよ

つよの感想・評価

3.0
戦車隊が捕まる。
戦争で使われた戦車の開発と自走実験。
色々な邪魔がありながら成功できるか。
umihayato

umihayatoの感想・評価

5.0
さすがロシア製作。ロシア文化省や軍事史協会が協賛の今日日なかなかメインストリーム映画では拝めない、軍国教育的国策臭!

こうやって簡単に「個々人」の行いの美しさや感情と「公」とを混同させていく様。
つまり、動機は「軍事的利益や国の理想の為」と言うことにも関わらず、そこをすっ飛ばして、道中に発生する個人の感動や自己犠牲云々を、フィクションを用いてあたかも個人が内発したものとして(現実には個人の感情はもちろん尊重すべきだが)美徳化して見せる国策手法というのがよくわかる。
女性技師がダメ押しでもついてける訳ないフィクション色恋はじめ、気持ち良いくらい全くもって反戦的な描写もなく自慢で終わるのは清々しい(笑
いくらその歴史に感動しても称賛しても、それ戦車や。戦争の為の道具やで。

んでそんな作品はどこの国でもあります。
アメリカの戦争映画でも、近年に割と大々的に公開されヒットした日本の戦争映画でも考えてみれば思い当たる節があるかと。

そう言った意味でも「はえーこんな自然な感じで教育されてくんやな」と気づく為に見るのも一興かと思います。

しかしこれがまたエンタメ映画としてかなり良作で普通に楽しい映画なのが困ったもんで、BGM含めてめっちゃダサいミリオタ感が最高。
映像も凄く綺麗だし、雄大な土地を昼夜戦車が走り回る画は、単純にかっこいい。
ちゃんとコメディしてるし、キャラ立ちもあり、アツい仲間感あり、ラブコメもありと。
終始ニヤニヤ楽しくみさせてもらいました。

割と滑稽な感じに描いてるくせに、ラストはバリバリに称賛してる感じ、どういうマインドなのだろう(笑
もはや高度に検閲をすり抜けた反戦反軍国作品であってくれ!
mhama723

mhama723の感想・評価

4.5
「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」と勘違いして観てしまった。でもすごくおもしろかった。実話だし。
登場人物(主役の人たち)がみんなキャラがしっかりしててすごくいい。
最後は実話モノらしく、ちゃんと本物の映像とか出て来て感動した。
他の方もレビューしてるように、アクションシーンとかはやや大味だけど、十分おもしろいし楽しめます👍
usupera

usuperaの感想・評価

3.8
こち亀の両さんが好きそうな戦車バトル映画。軍靴のバルツァーなどが好きな人にもいいかも。描写や展開、バトルシーンが大味なところはあるが、マトリックス的な表現と戦車バトルの相性の良さを感じた。登場人物のキャラもよかったので、さらに深くマニアックな描写と戦闘シーンに予算をどんと注ぎ込んで、ハリウッドリメイクしてくれないかな。
第二次大戦下ソ連時代を舞台にしたやたら話題のロシア戦車映画。

モスクワ閲兵式に間に合わせる為に、距離800キロの戦車試作機輸送=自走大作戦。ナチスの妨害ありらしい、果たして任務は成功するか⁉️ワクワク、、、なのですが、、、笑

軽快な音楽をバックに2台の戦車とトラックが抜きつ抜かれつ。本物の戦車による撮影凄いけど、なんだかノンビリしてるぞ🤣

途中馬賊やら出てきて、色々人質やら口論やらしてるけどなんやかんや謎解決笑

夜に走行中の戦車に、屋根に乗り込んで何やらバーナーで工作しているシーン長い😅それ結局次のシーンに関係なかったし笑
なんかこういった尺稼ぎ?がやたらとある。
ナチスの妨害とやらもなんだか大したことなかったし。いや大した事あったのかもしれないがストーリーがよく入ってこない笑意識が飛んだか❓😪

なんつうか期待と違ってました笑、“最強”戦車を表す派手な戦闘シーンとか、ほとんどないままモスクワ到着🤣そして、、、スターリンにやり笑
偉大なるソ連の戦車T-34はこうしてソ連を代表する戦車になったのでした!とか、なんだこれ?つまんねー🤣🤣
ツッコミ映画だったとしても、もう少しエンタメ的見せ場欲しかったよなあ。
tai

taiの感想・評価

3.0
1940年ソビエトで完成した最強戦車をナチスの襲撃を交わしながら800km離れたモスクワまで運ぶお話。
実話でシリアスなんかと思ったらちょっとコメディタッチが多めに入っててなんかもったいない気がした。
Sugizo

Sugizoの感想・評価

3.0
これは面白い。
ロシア映画でナチスドイツとの戦い。
狭い戦車の中での絶叫シーンが、臨場感満載で、言語がロシア語とドイツ語というのがまたいい。爆弾も爆発するし、会話も爆発している。
底抜けに楽しめる戦争エンターテイメント。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.0
ごく最近も映画の題材になった、実際に数百キロの道のりを駆け抜けた旧ソ連の戦車にまつわる実話ベースの話。といっても潔いほどに深刻さは皆無で、出発までのドタバタ劇、道中で行く手を阻む敵との双方おバカな戦い、ほんのりとしたロマンスなど基本的に「どう考えてもこんなにお気楽ではなかっただろう」とわかるほどにバカバカしく気楽に観られる感じで構成され、個人的にこの話への入門としては悪くない印象。ドンパチがほとんどなくてもこれだけただ戦車が走りそして立ち往生するだけで面白く、赤の広場のシーンではまさかの感動も覚えたw
yoruichi

yoruichiの感想・評価

2.9
レジェンドオブウォーの方が観たかったのに笑。評価が高い理由は なぜなんだろう?とずーっとモヤモヤしながら。キャストが違うことで やっと気づく。
lastpanzer

lastpanzerの感想・評価

2.8
試作戦車を1週間後のスターリンの観閲までに長距離輸送しようとする人々のロードムービー、戦闘シーンは無いが、ドイツ軍側のサボタージュが杜撰すぎて失敗する様は面白い。

ロシア戦争映画の伝統で、しっかり水浴びシーンがあるのが微笑ましい。そんなに面白い映画ではないが、如何にもロシアらしく及第点レベル。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品