T-34 ナチスが恐れた最強戦車の作品情報・感想・評価・動画配信

「T-34 ナチスが恐れた最強戦車」に投稿された感想・評価

2020年10月18日 304作目
the cinema 字幕 録画
めあり

めありの感想・評価

1.8
タンクソルジャーと同じように、女性整備士が出てくるが、タンクソルジャーの方が個人的にはおもしろかった。
aoao

aoaoの感想・評価

3.0
戦車がカッコ良く見える。

ソビエト軍がナチスに勝てた兵器のお披露目映画。
レジェンドウォーと間違って借りた....
一応みたけどあまり好きではなかった...
風神

風神の感想・評価

3.3
技術者サイドの戦車の物語。

戦車好きしか見ないだろうけど。

いろいろ突っ込みどころ満載ですが、
戦車好きにはオススメ!
hccy

hccyの感想・評価

3.0
途中ギャグかな?って思う脚色だったけど、とりあえず実話に基づくということを忘れずに見ました。
小森

小森の感想・評価

-
途中で俺が観たかったやつじゃないと気付いた。タイトル似すぎだろ。でも面白い戦車ロードムービーだった。
zogli

zogliの感想・評価

2.6
この映画、本国ロシアではコメディ作品扱いなので!戦争映画を期待して観ちゃいけないやつです!

日本語化されたやつが手元になく、手軽に入手出来たロシア語円盤を英語字幕で鑑賞(なので、以下の文中の用語と劇中に使用した単語に相違がみられる可能性があります)

プロトタイプT-34を開発現場のハリコフからモスクワまで自走させた(その距離800km)とかいう信じられない史実を元にしたらしいロードムービー
上層部の命令無視して独断で赤の広場目指して走らせてるので道中何度も止められるしトラブルに巻き込まれるし…な珍道中を生ぬるーく見守る映画
テンポは決して良く無いんだけどそれでも最近のダレダレなロシア製謎アクション映画の数々よりもストーリーがブレないし目的見失わないしおもしろいと思うんだけどな〜〜〜!

開発者ミハイルとНКВД少尉ピョートル間の衝突もありつつ後に意気投合したりする人間模様とか、戦車爆走させてたら道中山賊に襲われたりとかナチ秘密部隊(スキンヘッドで顔が怖い)が襲ってきたりとか、森で橋を踏み抜いて落ちたりとか裏切り者がいたりとか……ほんと無茶苦茶!劇伴がやたら勇ましい行進曲だったりロックだったりしてそれも笑っちゃう

銃撃戦(一方的に撃たれる)はあって砲弾は一発だけ撃つけど戦闘シーンは無い
荒野や森の中をバリバリ進む戦車の姿を観てニコニコ出来る人にはおすすめ出来る
最後の最後に記録映像で戦場を走る本物のT-34たくさん観られるので、このために円盤買って良かったーって思った!
そしてプロトタイプなせいか、今まで観たどの戦争映画のT-34とも車体の細部が違って面白い!(何故か異常に車内が広いけど、これはセットで撮影しているからなのか?燃料タンクが外付けだからか??)
オープニングのセンスもかなり好き

まぁ何も知らずにこれを観たらハァ?ってなると思うけど

それにしてもロシア人はどうして仲良くなくて受け入れていない相手をこんなにもフルネームで呼ぶのか 長ったらしい
そして打ち解けてくるとどうして視聴者に断りもなく突然愛称で呼びかけるのか(日本語字幕がどうなってるのかは知りません)

カラシニコフ(映画)とかもそうだけど、ロシアの戦争(WW2までの)映画観てて思うのは本当に開発/設計サイドにあの時代あんなに女性技術者はいたの?ソヴィエトって婦人の武器産業系社会進出率高かったの?それとも映画用にとってつけたように役を作ったの?って事 いつも謎

なお、ナチ側の高官(肩章は中佐)の補助官?(ドイツ語喋ってるロシア人女性)は、本邦でも大ヒットしたロシア戦車映画 ”T-34レジェンドオブウォー” でイェーガー大佐を演じている俳優の実の嫁です こんなとこで何してんの&歩き方がバタバタしてて鬱陶しいけどコメディ映画だからか?
まぁ女性技術者と同様、当時現実にはあんな地位に女性の高官は居なかっただろうなーと思ってる
ママン

ママンの感想・評価

1.7
ムービープラスにて録画鑑賞👀

あれ❓💦
フィルマでは評価低いんだね😳

Twitterでは評判良いと見てたんだけど😳😳

個人的には「つまらん」かった😅

サーセン。なんちゅーか、タンク嫌いなので…

自分は戦闘機と特殊部隊と銃が好きで、
ドイツ軍とか興味なかったから、、、

合わなかったです🙇‍♀️
終わってから気づいたけど俺が見たかったやつとちがーう
ワクワクで見始めたのにタイトルで勘違いしてた
>|