AK-47 最強の銃 誕生の秘密の作品情報・感想・評価・動画配信

「AK-47 最強の銃 誕生の秘密」に投稿された感想・評価

FPS、TPSやサバゲー好きならたぶんだれもが知ってる有名な銃
銃の選ばれ方が知れる

このレビューはネタバレを含みます

うおー! 変な映画!
じっくり戦争の経験を描くのかなと思ったら開始20分で機関車工場で銃作り始めて声出た。しかも史実! すげーな。
冒頭の上司が使ってたマシンガンがジャムるのを目撃するところがフィクションっぽすぎて笑った。うーん。面白い。
クライマックスでねっとりとAKを泥水につけたり砂をかぶせるカットでは拍手した。
スピーディーな出会いとかもテンポがいいし90分で見られる映画としてとてもいい体験だった。心に残る変な映画だったなー。
GAIHI

GAIHIの感想・評価

2.3
AK47が主軸ではなく開発者のカラシニコフに焦点を当てていて少し期待外れ
例えは古いがプロジェクトX的な内容を想像していたが銃器の開発描写はかなりあっさりしている
かといってカラシニコフの物語が面白いかと言われると別にそうでもない
そもそもAK47の話でStG44もM1カービンも出てこない時点でどうかしてる
あとは少しソ連の暗部を見せつつ愛国心で締めるいつものロシア映画だった
とら

とらの感想・評価

2.8
ロシアの戦争映画が見る機会増えたよね

敗戦国である我々はこんな映画作れんからね、羨ましい限りよ。
かず

かずの感想・評価

3.5
史上最強自動小銃発明作品

カラシニコフの銃AK-47は水に浸しても砂の中に入れてもすぐに撃てるオールマイティで、さらに格安なため世界中に広められた最強の銃、世界のテロ組織等あらゆる場面で使用されていますね

そんな銃を発明した実在の人物カラシニコフの半生を描いた作品でした

第二次大戦ではトカレフ等が使用されAK-47は使用されませんでしたが、その後認められました

旧ソ連の戦争に対する意識が分かる作品でした

 (テトリス発明作品が観たいです)
有名な銃なんでどんなもんか観てみたけどあらすじ読めばそれで充分だった
Qya

Qyaの感想・評価

4.0
カラシニコフ銃の作者の伝記映画。

もちろん、ソビエト連邦万歳な作品。

カラシニコフ本人はアイデアがあったけど、実際に製図をしてた人は別だったり、とにかくシンプルに作るとか、スティーブ・ジョブズを連想させた。
ShinMakita

ShinMakitaの感想・評価

2.1
1941年。前線で負傷した戦車兵ミハイル・カラシニコフ軍曹は、搬送中にドイツ兵と遭遇した。その際、上官が使用した新しいSMG、PPShの欠陥に気づく。ドラムマガジンが水に弱く、雪のある場所で作動不良を起こすのだ。幼い頃からモノ作りが好きだった彼は、帰郷途中に思い立ち、以前勤めていた鉄道機関区マタイに出向き新型銃の開発を始めてしまう。機関区長に疎まれながらも、職人たちの協力を得て試作品製作に没頭するミハイル。やがて完成したSMGの試射を成功させ、研究施設のあるカザフスタンのアルマ・アタに向かった彼は、新型銃採用のコンペに出るよう命じられる。製図も下手で学位もなく階級も低いミハイルは、コンペで実力不足を思い知らされる。しかし、製図描きを助けてくれた女性技師エカテリーナとの出会いがあった。恋と情熱に燃えてSMG改良に邁進する日々。だが、結局ライバルのスダエフに敗北してしまった。落ち込みながらも周囲に励まされ、機銃・アサルトライフルの設計に宗旨替えしたミハイル。やがて結婚・終戦を経て、勤務先の銃器開発局も閉鎖が囁かれるようになる。失意のミハイルだが、党は次世代兵器の開発を承認してくれた。おかげで設計を続けられた彼は、ついに1946年、あの名銃を完成させるのだった。



「AK-47 最強の銃 誕生の秘密」


80年近くベストセラーとなっている小銃AK-47 がいかにして誕生したのか…を描いたロシア映画。フツーの青春伝記モノなんだけど、ネタがAKだからずっと楽しく観られました。シンプルかつ、強い耐久性こそが勝利のカギ…アサルトライフルも人間と同じかも…と思ってしまったな。
おりこ

おりこの感想・評価

3.5
カラシニコフって人名だったのかー!ついでにトカレフもー!てことで、それだけ知れただけでも十分だった。もうちょいソ連の黒さとか暗さが欲しかった。

子供の頃に体制のせいで色々あったみたいで、Wiki読んだ方が面白かった 笑。しかし学校中退してるのにAK-47を28才前後で作ったの凄すぎ。正に天才。
カラシニコフさん、2154年でもあなたの銃は人を殺してますよッ

めっちゃ人死んでんねんで!
だけど感動の巨編映画でしたよね
包丁は悪くない
だが包丁を持った人間は・・・?
それのAK開発秘話版でしたな
放り投げた骨はやがて宇宙船になった
完成したAKはやがてカスタマイズされてどこから撃っても人に当たるようになったッ
凄いね銃って火薬って
第一次といい二次といい、
ソ連てなんでこんな人しんでんの?
ホタルなんですぐ死んでまうん?
ソ連というかおそロシアって改めて見てて色んな文化が入り混じってるんだなとそこかしこで見られて楽しかったっす
青い目も黒い目もロシア、
ソ連ソ連共産党に
アホじゃったな
アホかどうかは未来が決める話だけれどもさ
でも悪は民主主義で、
邪悪は共産主義だって僕は今も信じてます令和4年
永遠にアホは過去呼ばわりなのでそこはなんともだけれどもカラシニコフだって祖国を守りたくてAK作ったんです~とか最後に言われても知らんがなに
ほんと銃はずるいからやめとこ?オセロとかじゃんけんで勝敗つけよ?
殺すとかやめよ?
なッ
ひき肉ミンチマシーンでも作ってなさいよ
ミンチは大事
ハンバーグも餃子だって作れるからね・・・
そう、
ロールキャベツだってさ・・・
みんなでおいしいもの食べよ?
おいしそうなスープを背中丸めてずーずー吸ってるとかそんな作法云々はどうでもいいしさ
生まれとかじゃないよ人間は
生まれも大事ではあるけれどもさ
みんなで一緒におしいものを食べよう
決して相手に鉛玉を食らわせるのはやめよう
食卓を・・・皆で一緒に・・・

見ようっAK‐47 最強の銃 誕生の秘密ッ
秘密も何もあったもんじゃねえけどさ!
あと偉い人がフィジカルあるって素敵ですよね
よくがんばった人を抱きしめ持ち上げられるくらいのフィジカル、
男ならいつでも備えてようぜ・・・?
>|

あなたにおすすめの記事