パトリオット・ウォー ナチス戦車部隊に挑んだ28人の作品情報・感想・評価・動画配信

「パトリオット・ウォー ナチス戦車部隊に挑んだ28人」に投稿された感想・評価

良作、戦車映画発掘隊☆

これが最後!!!

正直に言います。
戦車への熱がやや冷めました(^◇^;)

私の数ある欠点の中の「熱しやすく冷めやすい」これが発動しまして。
これにて一旦終了したいと思います。

『特攻野郎Aチーム THE MOVIE 』『撃滅戦車隊3,000粁』『パットン大戦車軍団』だけはそのうち観ようと思ってます。

最後を飾る戦車映画。
実は実話です(あれ?笑)

ロシア国民で知らない者はいない、というほど有名なお話だそう。
だから余計にびっくり。
だってドイツ戦車軍団vs歩兵28人なんだもの!
武器だって大したものはない。
機関砲1台、対戦車銃2丁、小銃が人数分、その他お手製火炎瓶や手榴弾。

砲撃から身を守る為の溝(塹壕)をせっせか掘ってその中に身を潜め敵を待つ28人のロシア人たち。

冒頭『七人の侍』の話を彼らがしていたので何かそれにちなんだ戦いをするのかと思っていたんだけど、そこはあんまり関係なかったかな。

どう考えても無理でしょって感じのドイツの大軍。
これがね、敵側とはいえカッコ良かったんだなぁ〜。
ドイツ戦車、見た目はホントカッコ良い!
忍び寄りの効果音も不気味さ満点でイイ!

そんなドイツを相手に田舎くさいロシア人はどう戦うんでしょうか。

戦いのポイントはタイミング、冷静さ、正確さ。
うん、このポイント、いろいろと応用出来そうよね。

観ていて燃えました。
これが最後はやめようかなっとチラッと頭をかすめましたが。

ところでこの実話。
実はねつ造とゆう噂が持ち上がり。笑
そんなことはどうでも良いけど、なかなか見応えありましたよ〜☆


これまで戦車を読んで下さった方々、コメントとイイねを下さった方々、ありがとうございました!
毎回欠かさずコメントを書いて下さる方もいて、書くことないだろう、さぞかしお困りだろうと内心思っておりました。笑

ありがとうございましたっ!
これからもどうぞよろしくっ!
yaaa

yaaaの感想・評価

4.0
少数で大軍に挑むという燃えるプロットでしかも実話ということで興味ひく。
最初のほうで7人で多勢の軍団に勝利した伝説として「7人の侍」を持ち出してきて、黒澤オマージュ満載かと期待するがそうでもなく。
キャラの紹介、地形の映像による解説、減っていく仲間たちの見せ場…と映画的におもしろくなりそうな仕掛け・小技がほとんど無いのが勿体無いのだが、ゴリゴリ動く実物でないであろう戦車が結構みせる。
ナショナルジオグラフィックの綺麗な映像より、汚い小さい動物園で見る動物にちょっと歓喜するぐらいのおもしろさはある。
はる

はるの感想・評価

2.8
前半の会話が長すぎて、後半はずっと戦闘のシーンで、っていう印象。
Tak

Takの感想・評価

3.6
1941年モスクワへの侵攻を図るナチス戦車部隊と、それを阻止しようとするロシア第4中隊との激しい攻防を描いた実話ベースの戦争アクション。

前半、会話劇かと思うほど喋る、喋る。
延々と喋るシーンが続き寝落ちしそうになる。
ただ「敵戦車と刺し違えることは許さない。死んだら他の戦車を止められない。」
「生きて祖国を守れ。生き抜いた者こそが英雄だ。」の言葉が印象的。
当時の日本とはかなり発想が異なるようで…。

後半の戦闘シーンは見応えあり。
クラウドファウンディングで製作された映画👏

″アイアンスカイ″もそんな感じやった気が笑
(両方ナチスと戦ってるし笑笑)

戦車隊が攻めてきて
足止めをする展開は″フューリー″ぽかった👌

皆 髭面でドロドロやから区別つかんのが 悔しい😅


迫力あり👌
でも戦争の悲惨さってよりは戦争アクション寄り?かな🤔



十分楽しめた👏😁
非常に愛国的な映画だと思うのですが、なぜ製作費が出なかったのだろう。
その後の冷戦のことを考えるとちょっと複雑な気持ちにもなるけど、兵士の頑張りがすごい。
幸せな戦後を過ごして欲しい。
おな

おなの感想・評価

2.6
塹壕戦に一点特化した映画
最近の映画なのでソ連映画の哀愁とかはない
ロシアの28人がナチスの戦車を有する大部隊を追い払うお話。
ロシアではかなり有名との事。
パシフィックや、バンドオブブラザーズと比べてしまうと描写がやや物足りない感があるがなかなか楽しめた。
人物は掘り下げられていないが、あえてなのか…!?
ぽち

ぽちの感想・評価

2.9
ロシアでは「パンフィロフの28人」と言う話しで誰もが知っているほど有名らしい。

ただ調べて見るとどうも実際に戦闘はあったがそれにまつわる美談はプロパガンダとして作られたもののようだ。

映画としては戦闘シーンが迫力があり、塹壕の上を行く戦車など凄い。
キャラの掘り下げがほとんどないのは有名な話だからだろう。

映像や雰囲気は良い。対戦車砲がカッコよかった。
淡々としていて、死への恐怖が登場人物にほとんど見られなくて、でもしっかり人が死んでいるのが、逆に物悲しさがあった。
ロシア人はみんな強いんだ!っていうのを伝えたかったんだろうね。
戦闘シーンは見応えがあったし、やっぱり戦争なんてしないほうがいいって思えた映画でした。