パトリオット・ウォー ナチス戦車部隊に挑んだ28人の作品情報・感想・評価

パトリオット・ウォー ナチス戦車部隊に挑んだ28人2016年製作の映画)

Dvadtsat vosem panfilovtsev/Panfilov's 28

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:112分

3.6

あらすじ

1941年、“バルバロッサ作戦”が開始されナチスドイツがロシアに侵攻。11月には、モスクワは大軍に包囲されようとしていた。首都郊外のヴォロコラムスクを守備していたパンフィロフ将軍指揮下の第4中隊は、ドイツ軍装甲師団による猛攻撃に直面する。圧倒的な敵の攻勢の前に、部隊は瞬く間に壊滅状態に。だが、「後退する場所はどこにもない。俺たちがモスクワを守る最後の砦だ」という指揮官の言葉に奮起し、生き残ったわ…

1941年、“バルバロッサ作戦”が開始されナチスドイツがロシアに侵攻。11月には、モスクワは大軍に包囲されようとしていた。首都郊外のヴォロコラムスクを守備していたパンフィロフ将軍指揮下の第4中隊は、ドイツ軍装甲師団による猛攻撃に直面する。圧倒的な敵の攻勢の前に、部隊は瞬く間に壊滅状態に。だが、「後退する場所はどこにもない。俺たちがモスクワを守る最後の砦だ」という指揮官の言葉に奮起し、生き残ったわずか28名の兵士たちは、降伏ではなく徹底抗戦を決意する。敵は54台のⅣ号戦車部隊。味方の装備は対戦車ライフルと爆薬だけ。それでも男たちは、絶対不利な戦いに挑んでゆくが……。

「パトリオット・ウォー ナチス戦車部隊に挑んだ28人」に投稿された感想・評価

ゆり村

ゆり村の感想・評価

3.8
前半ちょっと睡魔きたけど後半の戦場シーンは圧巻!!!!!!!!
一生懸命戦って生き抜くっていう兵士たちに何回も泣かされた😭
28人みんな英雄!!

丸太とかで戦車を作って練習してたシーンは微笑ましかった
「国のために散れ」――これが日本軍の考え方なら、ロシアは「生き抜いて皆と戦え」。

突破されれば国の陥落も見えてくる重要な拠点、そして迫り来るのは50台以上の戦車と随行する多数の歩兵達。
装備も兵士も足りない絶対不利な状況下で、国を守る最後の砦として戦った28人を描いた実話。

ロシアでは有名なエピソードを、クラウドファンディングによって資金を集めて映画化したとのことですが、なるほど作り手側の「半端な物は作らない」という熱意が画面に表れてますね。戦場の緊迫感が本当に凄い。

砲撃、爆発、鳴り響く轟音。特に終盤、ギリギリの局面での戦いには目が釘付けでした。
ハリウッドのヒロイックな演出とはまた少し違った泥臭い雰囲気も、当時の兵士達へのリスペクトを感じて好印象。

やっぱり世界には、自分の知らない壮絶な実話がまだまだたくさんありますね。
映画を通してこういったエピソードを知れるのは本当に有意義だと感じます。
まこ

まこの感想・評価

3.7
壮絶だった。
途中寝ちゃったけど、最後の方は目が離せなかった。
燃える映画です。

戦闘シーンと音楽の抜群な相性。

『国のために生きて戦え、生きてこそ英雄』戦時日本とは真逆の考え方でナチス戦車部隊に戦いを挑んだ彼ら。

敵の圧倒的な数にも冷静に、怯えることなく戦いその最後の結末は。
副題にある「ナチス戦車部隊に挑んだ28人」
そのまんまのお話です!それ以外はない。

これが凄い(°Д°)!!これは凄いですよ!!
(なぜか2回言う…それだけ凄いんです)

「ロシア国民で知らない者はいない」
というほど有名な第2次大戦における
「パンフィロフと28人」のお話です。

零下20度の極寒のなかナチス戦車部隊に
生き残った28人のソ連兵がロシア侵攻を
止める最後の砦となり勇敢に立ち向かう
姿を描いたリアル戦争最前線ロシア映画。

大群のドイツ戦車を迎え撃つソ連兵の装備は
対戦車砲1基、対戦車ライフル2丁、重機関銃
自動小銃、手榴弾、火焔瓶・・・あとは気持ち!!
俺たちが食い止める!と民族を越えて団結し
勇敢に立ち向かい絶望的でも諦めず戦う姿に
グッ( ゚Д゚)ノ!!! ときましたよ。あたしゃー!

なんと言ってもこの作品の見所は・・・
戦車、武器のリアリティ!とにかく凄い!!

お好きな人(ミリオタさん)は
絶対観るべき作品です(・∀・)ノ


おしまい。



【余談】
ここからはいつも以上に映画と関係ないお話。

私がハマっているゲームがありまして・・・
※『World of Tanks』PS4版
https://youtu.be/VzWqOIW4my8

夜な夜な私は大好きなドイツ戦車に乗り込んで
戦場にルンルンと繰り出しているのです( ´∀`)/♪

今作品に出てくるドイツ戦車がまさにそう!
私がいつも乗っている (乗っているんですw)
Pz.ⅢとPz.Ⅳ 7.5cm短砲身型と装備も一緒☆
実写で動いているのが観れて嬉しいのだが、
なんせ敵役なので複雑な気持ち (´・ω・`)ウーン

劇中でドイツ戦車がやられる度に・・・
「あそこの装甲薄いんだよなぁ(´Д`)アーア」
と…そぉなんだよなぁ~妙に納得し落ち込む。

※劇中でソ連兵が戦車を学ぶシーンがある。
ちゃんとしている。わかっているなぁー!

World of Tanksのゲームの中でもそうですが
ドイツ戦車はカッコいいが装甲がペラい (ノД`)

この作品を観てわたくし・・・
米軍戦車シャーマンに乗り換えました☆
う~ん♪装甲厚いねぇ~(*゚∀゚*)イイ!!ねぇ♪

※ちなみにいい歳した大人のレビューです。
pinoco

pinocoの感想・評価

3.5
"パンフィロフの28人"という、ロシアでは有名な話らしいですね(よく分からなかったので調べてみた)
七人の侍の話とか出てきて、本当に有名なんだなぁ黒澤明監督と改めて感心した。

爆弾と機関銃の音が多くて、夢に出てくるかもと心配(・・;)

"絶対死んではならない"
"生きるために戦うんだ"
と、日本軍隊とはかなり違う。
爆撃された土地を見て
"もうだめだ、耕せない"
という部下に
"耕すんだ!生きて、もう一度耕すんた!"と。
誰一人死を恐れて無いし、敵の進軍を止める事が出来ると最後まで諦めない勇士が、力強くて逞しく思いました。
有名な話だけに、観とくのもいいと思います。
丁寧に大切に撮っている感じをひしひしと感じた。戦闘シーンでやるとこはしっかり撮られていて見応え十分ですっごいいい。
対戦車兵をしっかり観れる作品は初めてだったのでそれも良かった。
Lieechan

Lieechanの感想・評価

3.1
勝てる見込みもない程の装備の違いにも関わらず、残り3発まで粘って退散させた戦士たち。

音楽が緊迫した雰囲気を煽る。

戦争もの独特のグロさは全くないけど、心理的恐怖を感じる作品でした。

私は ダンケルク よりもこちらに惹かれます!
(´∀`)

今、上記後3週間です!

レンタル開始されたんで鑑賞しました!

結果、こちらが良かったです!

圧倒されるのはダンケルクですが、
惹きつけられるのはこちらでした(´∀`)

同じ戦争物でコンセプトが違うことを念頭において観ても、こちらの方が好みでしたね〜 実際の戦争体験者の方々にはどう映るんだろうか?

やっぱり戦争なんかしないがいい

全世界で兵士たちが一斉にボイコットすればいいのに

やっぱ、無理かな〜 (´∀`)
小一郎

小一郎の感想・評価

3.5
新宿シネマカリテの「カリコレ2017」での鑑賞2本目。ロシア国民で知らない者はいないとされるエピソード「パンフィロフの28人」。第2次世界大戦中、ナチスドイツの戦車部隊にわずか28人で立ち向かったロシア兵たちの“物語”を、ロシア文化省の後援とクラウドファンディングにより映画化。

このエピソードはねつ造疑惑があるという。制作者のアンドレイ・シャロパ氏は<映画は戦時中の伝説にまつわる芸術的な見方であってドキュメンタリー作品ではないとも強調>し、同氏にとっては<旧ソ連時代の戦争映画の輝きを取り戻すことが重要>で、<「人々はこうした映画を長い間求めていた」>という。
(http://jp.wsj.com/articles/SB12651166888765394352004581165943210406316)

ということでこの映画は、ロシア、ソビエトの誇りを取り戻せ系の映画、なのかな。ロシア政府も資金を出しているくらいだし。ドイツの攻撃を28人で跳ね返したって、本当なら物凄いエピソードだけれど、事実かどうかはあまり関係ないのかもしれない。

見どころはもちろん、戦闘シーン。これがナカナカの迫力。戦車や戦闘機、兵器が好きな人にはたまらないかもしれない。激しいドイツ軍の攻撃をしのぎにしのいで、絶対絶命と思ったら、ドラマチックなラスト展開。確かに盛り上がるよね。

第二次世界大戦中旧ソ連がフィンランドに侵攻した「冬戦争」で、「雪中の奇跡」と呼ばれたフィンランドの戦いぶりを描いた『ウィンター・ウォー 厳寒の攻防戦』という映画を観たけれど、それと似ている。もっとも『ウィンター・ウォー』は史実に基づいていて、全然劇的ではなく、観ている方も疲弊して終わる。

本作については内容がどうかという以前に、何故、今この時期に制作されたのかということが重要なのかもしれない。そう思うと、ボンヤリ観終えてしまったことがちょっと悔やまれる。

●物語(50%×3.0):1.50
・戦闘シーンに入るまで断続的に寝落ち。故に「ロシアは広大だ。だが、撤退できる場所はどこにもない。われわれの後ろにあるのはモスクワだ」があまり響かず。

●演技、演出(30%×4.0):1.20
・戦いぶりはナカナカ。こういうこともあるのかも、と思いつつ観てしまった。

●映像、音、音楽(20%×4.0):0.80
・戦闘シーンの迫力は凄いっす。
>|