パトリオット・ウォー ナチス戦車部隊に挑んだ28人の作品情報・感想・評価

パトリオット・ウォー ナチス戦車部隊に挑んだ28人2016年製作の映画)

Dvadtsat vosem panfilovtsev/Panfilov's 28

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:112分

3.6

あらすじ

1941年、“バルバロッサ作戦”が開始されナチスドイツがロシアに侵攻。11月には、モスクワは大軍に包囲されようとしていた。首都郊外のヴォロコラムスクを守備していたパンフィロフ将軍指揮下の第4中隊は、ドイツ軍装甲師団による猛攻撃に直面する。圧倒的な敵の攻勢の前に、部隊は瞬く間に壊滅状態に。だが、「後退する場所はどこにもない。俺たちがモスクワを守る最後の砦だ」という指揮官の言葉に奮起し、生き残ったわ…

1941年、“バルバロッサ作戦”が開始されナチスドイツがロシアに侵攻。11月には、モスクワは大軍に包囲されようとしていた。首都郊外のヴォロコラムスクを守備していたパンフィロフ将軍指揮下の第4中隊は、ドイツ軍装甲師団による猛攻撃に直面する。圧倒的な敵の攻勢の前に、部隊は瞬く間に壊滅状態に。だが、「後退する場所はどこにもない。俺たちがモスクワを守る最後の砦だ」という指揮官の言葉に奮起し、生き残ったわずか28名の兵士たちは、降伏ではなく徹底抗戦を決意する。敵は54台のⅣ号戦車部隊。味方の装備は対戦車ライフルと爆薬だけ。それでも男たちは、絶対不利な戦いに挑んでゆくが……。

「パトリオット・ウォー ナチス戦車部隊に挑んだ28人」に投稿された感想・評価

temmacho

temmachoの感想・評価

4.0
ロシアでは知らない人はいない「パンフィロフの28人」の伝記映画。
Ⅲ号/Ⅳ号戦車が1/16のミニチュアらしいけど、実車にしか見えない再現力!
円谷プロも真っ青です。
戦車ファン必見‼️
第二次世界大戦、ナチスドイツの戦車部隊と相対したソ連軍の戦い。ロシア国民で知らない者はいないというほど有名な、「パンフィロフの28人」ロシア文化省後援、さらに映画化を熱望する多くの人々のクラウドファウンディングによる支援を受けて完成された戦争大作。

1941年、ナチスドイツが"バルバロッサ作戦"でロシアに侵攻。モスクワが包囲されそうな状況で、首都郊外のヴォロコラムスクにはパンフィロフ将軍指揮下の第4中隊が展開していた。

前半は戦車隊を迎え撃つための準備、建築資材で戦車の模型を作って演習したり、ひたすら塹壕を掘ったり、兵士は冗談まじりの会話を交わしながら命令通りに準備をするが、隊長たちが建物の中で深刻な会話をする中、窓の外で模型戦車を囲んで雪合戦している兵士の姿が少し寂しく見える。
戦地に向かう道中、大隊長にガンディロヴィチとクロチコフが敵の位置を分かっていながら何故先制攻撃を仕掛けないのかと質問すると、攻撃しつつ防御する武力はないから塹壕に身を隠し固守するしかないと言われ「死んでも守ります」と言うが「生きて敵の上に立て」と鼓舞されるシーンがある。

戦闘シーンのカメラワークが迫力があってとても良かった。
戦闘が始まる夜明け前、青白く光る雪景色の中、劣りを狙うドイツ軍の爆撃が近づいてくる。塹壕に身を潜める第4中隊の兵士たちに監視塔からの指令が入る。真っ白な雪に黒い兵士と黒い戦車…クライマックスで塹壕の上を這う戦車が死体を掘りごと埋めていく。弾切れの第4中隊が塹壕で銃剣や斧を持って息を潜める中、ドイツ軍の歩兵が近づいて来る。

「ダニルは魔術師だ。」

人と人が殺し合いをしてる映画なんですけどね…真っ白な雪景色が黒い戦車、黒い兵士、黒い煙、黒い土で塗り替えられていく、そして辺り一面が灰色の煙に覆われドイツ兵が近づいてくるときの音楽とか、やがてドイツ戦車隊が撤退する最後のシーンで白や黒の混ざった景色を夕陽が染めていくシーンがよかった。

あと…やっぱりディグチャレフ対戦車ライフルのシーンがめちゃくちゃかっこいい!

余談ですが、この"パンフィロフの28人"という旧ソ連圏でよく語り継がれる話がねつ造であるらしいということで、この一件について旧ソ連時代に行われた調査に関する文書がネット上で公開され、ロシア人が大事に語り継いできた戦時中の美談の信憑性をめぐり騒動が巻き起こっている最中に映画が作られたらしい。

ていうか、望まぬままに戦地で亡くなった兵士の立場からすりゃ、対戦車ライフルかっこいいなんて言ってる俺のことも、ねつ造疑惑にネットで言い争ってる人たちのことも、まとめて「冗談は顔だけにしとけよ」て感じだろうね。
tych

tychの感想・評価

3.8
二次対戦。ドイツ軍の進撃を僅かな人数で食い止めるソ連軍兵士たち。ドイツ軍の砲撃シーン、両軍の交戦シーン、かなり迫力があります。
前半は眠気を誘う感じだった。
クライマックスの戦闘シーンは迫力あったけど、登場人物のキャラ設定がイマイチ入ってこなく、物語としては心に残りにくい。
事実としてこんな戦いがあったのかと歴史を学んだ気分。
「パンフィロフの28人」。ロシアでは知らない人はいないくらい有名なエピソードなんだって。クラウドファンディングでの35000人の寄付金によって映画化。愛されてるんだなぁ。伝わってきた。
個人的には『ハクソー・リッジ』みたいな、内臓がー!とか、足もげてるー!とか、そういう過激(リアル)な描写よりは、このくらいの方がいいな。
戦争というのは不思議だ日常で人を殺せば殺人で戦争で殺せば英雄。両者とも祖国の為に戦う。口で言うのは簡単だが戦争を経験してない我々世代には到底理解するのは無理なのかもしれない。祖国を守る為に死をいとわず戦えるのか自分があの時代生きていたらどう思っただろうと考えてしまう。
ゆり村

ゆり村の感想・評価

3.8
前半ちょっと睡魔きたけど後半の戦場シーンは圧巻!!!!!!!!
一生懸命戦って生き抜くっていう兵士たちに何回も泣かされた😭
28人みんな英雄!!

丸太とかで戦車を作って練習してたシーンは微笑ましかった
「国のために散れ」――これが日本軍の考え方なら、ロシアは「生き抜いて皆と戦え」。

突破されれば国の陥落も見えてくる重要な拠点、そして迫り来るのは50台以上の戦車と随行する多数の歩兵達。
装備も兵士も足りない絶対不利な状況下で、国を守る最後の砦として戦った28人を描いた実話。

ロシアでは有名なエピソードを、クラウドファンディングによって資金を集めて映画化したとのことですが、なるほど作り手側の「半端な物は作らない」という熱意が画面に表れてますね。戦場の緊迫感が本当に凄い。

砲撃、爆発、鳴り響く轟音。特に終盤、ギリギリの局面での戦いには目が釘付けでした。
ハリウッドのヒロイックな演出とはまた少し違った泥臭い雰囲気も、当時の兵士達へのリスペクトを感じて好印象。

やっぱり世界には、自分の知らない壮絶な実話がまだまだたくさんありますね。
映画を通してこういったエピソードを知れるのは本当に有意義だと感じます。
まこ

まこの感想・評価

3.7
壮絶だった。
途中寝ちゃったけど、最後の方は目が離せなかった。
燃える映画です。

戦闘シーンと音楽の抜群な相性。

『国のために生きて戦え、生きてこそ英雄』戦時日本とは真逆の考え方でナチス戦車部隊に戦いを挑んだ彼ら。

敵の圧倒的な数にも冷静に、怯えることなく戦いその最後の結末は。
>|