パトリオット・ウォー ナチス戦車部隊に挑んだ28人の作品情報・感想・評価

パトリオット・ウォー ナチス戦車部隊に挑んだ28人2016年製作の映画)

Dvadtsat vosem panfilovtsev/Panfilov's 28

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:112分

3.4

あらすじ

1941年、“バルバロッサ作戦”が開始されナチスドイツがロシアに侵攻。11月には、モスクワは大軍に包囲されようとしていた。首都郊外のヴォロコラムスクを守備していたパンフィロフ将軍指揮下の第4中隊は、ドイツ軍装甲師団による猛攻撃に直面する。圧倒的な敵の攻勢の前に、部隊は瞬く間に壊滅状態に。だが、「後退する場所はどこにもない。俺たちがモスクワを守る最後の砦だ」という指揮官の言葉に奮起し、生き残ったわ…

1941年、“バルバロッサ作戦”が開始されナチスドイツがロシアに侵攻。11月には、モスクワは大軍に包囲されようとしていた。首都郊外のヴォロコラムスクを守備していたパンフィロフ将軍指揮下の第4中隊は、ドイツ軍装甲師団による猛攻撃に直面する。圧倒的な敵の攻勢の前に、部隊は瞬く間に壊滅状態に。だが、「後退する場所はどこにもない。俺たちがモスクワを守る最後の砦だ」という指揮官の言葉に奮起し、生き残ったわずか28名の兵士たちは、降伏ではなく徹底抗戦を決意する。敵は54台のⅣ号戦車部隊。味方の装備は対戦車ライフルと爆薬だけ。それでも男たちは、絶対不利な戦いに挑んでゆくが……。

「パトリオット・ウォー ナチス戦車部隊に挑んだ28人」に投稿された感想・評価

ネコ

ネコの感想・評価

3.0
祖国を生きて守り抜く、というその一部分を色濃く描いてあった。
oji

ojiの感想・評価

3.4
クラウドファンディングでの寄付とラストシーンがマッチしてる…
WOWOW 録画鑑賞,
穴掘って、カモフラージュして、空爆始まって、いよいよ地上戦が始まるぞって時の緊張感、半端ないって。
GAIHI

GAIHIの感想・評価

3.0
戦闘描写に関してはハリウッドと比べても見劣りしない
人間描写はどうにもステレオタイプ
ドイツ軍があまりにも弱すぎるので本当に実話なのか疑ってしまう
ぶん

ぶんの感想・評価

3.5
前半チンタラ。お喋りしてないで早く進んでーってなったけど、兵士28人になってからはなかなか!
ただ攻めまくる戦いではなく、ジワジワとやってくる敵の戦車や歩兵に待ち構えてやっつける。
今までお喋りでふざけたロシア兵がいきなり真剣な顔つきになりカッコイイ。

当然いつもの「実話を基に」なんだろうから結末はどうなんだろうと思ったけれど、頑張る頑張るロシア兵。これもしかしてイケるんじゃね?と思う瞬間でおおっ!となった。

死んでお国の為にっていう日本軍より、最後まで生き抜けっていうのはイイね。

このレビューはネタバレを含みます

戦争映画に珍しく、塹壕から顔だしてヘッドショットくらうシーンがなかったです。
血が出たり、手足が吹き飛んだりするシーンもないんで、ライトな戦争映画という印象。
おりこ

おりこの感想・評価

3.1
この手の映画には珍しくロシア周辺国のカザフスタン人と共に戦っていた。塹壕からパパパーっと撃つだけ、各キャラがたってないのでストーリーとしては平坦だったけど、実話で英雄としての慰霊公園まであるのね。ちょっとプロパガンダ的だったかな。
好戦的な大国ゎクラウド・ファンディング35,000人で、こんな映画を製作しちゃうのね❗

「七人の侍」の話をする兵士達 ...
冗談を云い、恐怖をまぎらわせながら、敵戦車大隊を迎え撃とうとする中隊だが、僅かな銃器と穴堀にハリボテゃ囮しか対抗手段がない

モスクワ寸前の最前線、ソ連 vs ナチスの壮絶な攻防戦の結果ゎ?

( ̄ー ̄)
ナチスドイツのソ連侵攻時の話。
圧倒的な銃器に戦車に飛行機とでモスクワ一歩手前まで攻め込んで来たドイツ軍をひ弱な銃器に援軍も来ずただひたすら穴を掘って塹壕を沢山作り応戦する、その数28名
以下にしてこの状況を死守できるのか…ってお話。

クラウドファンディングにより作られた作品だが、戦争の描写はなかなか迫力もあり見応えはある。
yas

yasの感想・評価

3.9
ノーマークだった映画だけど、そこそこの評価なので鑑賞。

戦闘シーンの迫力に驚いた。
想像以上に高い完成度。

キャラ設定がちょっとわかりにくかったのが残念だが、充分楽しめた。
>|