スターリングラード大進撃 ヒトラーの蒼き野望の作品情報・感想・評価・動画配信

「スターリングラード大進撃 ヒトラーの蒼き野望」に投稿された感想・評価

mlt

mltの感想・評価

4.0
どうしてこんなタイトルがついたんだろうか…

どの辺が大進撃なのかよくわからないし別にヒトラーも出てくるわけじゃない。

タイトル詐欺なんですけど、ただ、しみじみとよい。

処刑が決まった将校のオルガコフを連れて、本部まで連れて行くまで死なせるなという言葉を愚直に守るズラバエフ兵卒の二人のロードムービー。
最初は敵対的な態度とっていたオルガコフ・深入りしないようにしえいたズラバエフの二人が道中での様々な出来事を通じて少しずつ心通わせて行くのが、静かで丁寧。戦闘シーンももちろんあるんですけど、そっちよりも二人の交流の積み重ねとか、村や道中の非戦闘時の描き方が素敵。

ラスト、切ないんだけど、そこも含めて好きです。
gakupapa

gakupapaの感想・評価

2.5
死刑囚とその護衛のロードムービー。
戦闘シーンはオマケ。
邦題とのギャップに戸惑うが、それなりに楽しめる。
ZAKI

ZAKIの感想・評価

3.0
友情ロードムービーとして面白かった。
赤軍の夏軍服がたくさん見れて嬉しい。情景が美しくて、その辺の村とか、野営地とか、野に咲く花の変化とかを旅するように楽しめた。
こういう私的な視点の作品だと、細かい点が見れるのもいいよね。軍法会議とか、手続きとか、牢とか、処刑方法とか、野戦食とか、配給とか、ふつうの家とか。戦車より運搬系のお車たち(馬含む)に興奮した。

ちなみに大進撃しないしヒトラーはカケラも出てこない。
スターリングラードってタイトル多すぎなのでそっちをどうにかした方がいいのでは…?
YukiUme

YukiUmeの感想・評価

2.8
邦題の意味がわからん。
本作品とかけ離れた題名。
愚直に任務を全うしようとする融通の効かない兵隊さんと、戦争には向かない優柔不断の若い将校。
一緒に行動するうちに若い元将校に一本、筋が入っていく。
戦争とは人を変えていく、若しくは内面を無理やり、さらけ出させられるものかも。
Asami

Asamiの感想・評価

3.2
ポスターや邦題と違って、ロードムービーでありヒューマンドラマでした。
BRILLIANT

BRILLIANTの感想・評価

3.9
とても素晴らしい映画です。
ちゃんとしたロードムービーです。

ジャケと邦題がまず軍法会議モノ💢
バカにしているとしか思えない。

スターリングラード?どこがって思うほどストーリーに関係ない。少しロードムービーのような感じがした。邦題はいったいどうした。
死刑予定の中尉と愚直な護衛の移動の物語。
こういう映画は好きなんだけど、邦題がぶっ飛び過ぎてて混乱した。
最後まで何処がスターリングラードなのか解らなかったし、劇中に出てきた村がスターリングラードだと言うのなら、ナチス・ドイツのソ連侵攻はいいところまで行ってたと思う。
映画自体より、こんな映画をつくる背景を邪推したくなるソビエト風味の人情モノ。

あんたたち、本当にソビエト時代の方が良かったのか、と言いたくなるが、
ソビエトと一緒に、大事なモノまで無くなったのだろうと推察する事にしよう…。

いや、
そんなもん昔から無かったんじゃねーの、とさらにお節介をいってみたくなる。

ははぁ、これは修正主義的良さだな。

でも、
こんなヤツいる訳ないだろ的な良さがある。

(地味ながら良作です。ご心配なく。)
BoltsFreak

BoltsFreakの感想・評価

2.6
独ソ戦の描写かと思いきや…
邦題にある大進撃や副題の「ヒトラーの蒼き野望」って誰がつけたんだ??
大進撃もないし、ヒトラーどころかナチ軍すら殆ど出てこず。。
単にソ連の軍法会議に諮られた兵士と連行する兵士の友情物語。。