スペシャルズ! 政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話の作品情報・感想・評価・動画配信

「スペシャルズ! 政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話」に投稿された感想・評価

コーシ

コーシの感想・評価

4.0
蜂に刺されたことある??
ジンジンして痒くなるんだけどそれに近いものがある
だけどその毒が心地よい感覚。

BGMの使い方が最高すぎる、ずるよ

温かく咽ぶ
べりぃ

べりぃの感想・評価

3.0
お金のないなかでも障がいのある方のために必死に働く姿かっこよかった。
コメディ要素はあまりなかったが、同じような施設で働いているものには特に考えさせられる問題だなと思う。
最強の2人の監督がまた最強の2人作ったやんって感じ。芝居がうますぎやろ。
うあー泣ける〜ってよりは、じんわり暖かくなる感じ。
Vカッセルかっけー😮‍💨
かなり良かった。
音楽が流れるタイミングが良すぎて見入ってしまったよ。
ラストのBGM流れてからのエンドロールまでが最高すぎ。
risa

risaの感想・評価

4.4
自閉症の人と居場所のない若者と
それを受け入れる施設。
施設側からの支援だけに見えて、
実はみんなが支えあっている。
ヴァンサンカッセルめちゃくちゃかっこいいし
うるっとする場面がなんとも美しい。
後半に連れてしっかり盛り上がっていく。
映像で言うと、
重症患者を監禁しかしない施設から、
出ていく瞬間のピントの合わせ方と
音楽がパーフェクトでした。
最後の音楽の音量は、
映像に集中というより、
自分の中でこの映画を噛み砕く時間。
無駄のない映画でした。
konitaro

konitaroの感想・評価

5.0
自閉症の子どもが支援員の人と2人1組でストレッチするシーンがあるのですが、すごくリラックスしてるかんじで、音楽もめちゃめちゃ良いかんじで、逆に、あー、普段相当ストレスを感じてるんだろうな、というのが映像を通して分かるというのが、この映画の地味に演出が凄いところじゃないかと思いました。
あと終わりに近いところで、彼らが解放されるシーンがあるのですが、そこから最後まで、すごく良かったです。
K

Kの感想・評価

3.6
他の施設などで見放された重度の自閉症の子どもたちをケアする無認可施設で働く人々の日常を描いた実話に基づく物語。

邦題やジャケットほどコメディ感も戦い感もなく、割と静かな日常が描かれている。

本物の介護者と自閉症の若者、その家族たちが多数キャスティングされているそう。

社会問題を描いた映画としては意義深いと思うが、面白さにかけるのが残念。
まるこ

まるこの感想・評価

3.6
ドラマコメディと書いてあるけど、全然コメディ要素はないです。そして実話。
お金とか関係なく、こんな風に人々の為に動けて、日々世話をするってすごい事だなぁ。

非常ボタンを何度も何度も押しちゃう人がいるんだけどまた押しちゃった時に、怒るんじゃなく、がっかりするんでもなく、もう少しだったねと言えるブリュノが素敵すぎた。
そんな人間になりたいものだ🥲

ラスト10分ぐらいの音楽と映像で胸がざわついた。良かった。
pochio

pochioの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

どこで鳴った?
鳴らしてしまった時、鳴らした事実よりも、あと少しだったねって言えるブリュノさんすごいなー

認知症 自閉症 政府で対応しきれない現状があり 無認可だけど断らない受け入れをしていて頭が上がらなかった。本人家族はそれでどれだけ救われただろうか。

最後駅まで無事到着したのすごく嬉しかった。
ゆき

ゆきの感想・評価

3.7
他の施設で断られたような重度の自閉症患者を受け入れる施設『正義の声』と、社会からドロップアウトしてしまった若者を支援する『寄港』という二つの施設。
無認可で無資格の支援員を多数雇っている事から監査局の調査が入り、施設が閉鎖に追い込まれそうになるが…。

ポップなジャケットとタイトルでもっと過度な感動作かと思ったら、淡々と進んでいく感じの作品でした。

ここに来る自閉症の子達は、それまで病院に閉じ込められ投薬治療のみを受けてきたような子ばかり。

それが『正義の声』に来てからはスポーツをしたり郊外の牧場に遊びに行ったりと、生き生きと人間らしい扱いを受ける。

たとえ無認可であっても主人公ブリュノとマリクの熱意は素晴らしく、並大抵の覚悟では務まらない仕事だと思います。

「ショート・ターム」などがお好きな方にぜひ観ていただきたい作品です。
>|