ぼくらの7日間戦争の作品情報・感想・評価・動画配信

「ぼくらの7日間戦争」に投稿された感想・評価

Miki

Mikiの感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

入国管理局の口の悪いやつはシンプルにムカつくし、お父さんの秘書(若い方)も最後俺もっと正直に生きます✨みたいな感じだったけどネットに高校生の写真載せた罪は重い
akr

akrの感想・評価

5.0
無駄のない展開に大胆なオリジナル要素、さすが監督!最高でした 地上波でバンバン流してくれ
Ton

Tonの感想・評価

3.7
色々ファンタジーな作品
ファンタジーの中で重いテーマを
扱うのは難しい
何か、もやもや感がハンパ無い

最後の登場人物に救われた!
宮沢りえ主演のやつのリブート版だと思ったけど、何年後かの話だった。
前作のホームアローンの攻防にSNS、移民問題、ジェンダーなどが付け加えられて単純な善悪だけのアニメ映画じゃなくなってる。意外と面白かった。
何より建物とかの細部までもが綺麗
a8k

a8kの感想・評価

2.5
現実離れしてて
でも現代っぽい描写もあって新鮮でした
大人の事情に子供は納得しないんですよ
子供の話も聞いてください!

自分らしく生きると決めた。
˗ˏˋ イマドキを詰め込みました〜 ˎˊ˗

序盤、まだキャラの立ち位置など何もかも
定まってないうちに、『君の名は。』演出っぽく
2曲流してやったぜ〜ワイルドだろぉ((≡ຶ⚲͜≡ຶ))
されて、これはもう立て直せないだろうと感じたら、本当にそのままで。
SNSの所はゾッとした。そこだけリアル。
実写の『ぼくらの七日間戦争』とは完全に別物として観るべし。
よくあの音楽流せてもらえたなぁ…(⚆_⚆)

2021/09/23GYAO無料配信
SAKURA

SAKURAの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

高校生?の5人が親に反抗して立て篭もるんだけど、その立て篭もった工場で違法入国してるタイ人の子供にあってその子を助けながら、お互い脱出する?みたいな話!
後々知ったんだけど、まもるくんのメル友の玉すだれさんって、たぶん1988年?に公開された7日間戦争の人だよね!そっちも見たくなった笑笑
かな

かなの感想・評価

1.0
何してんの...何考えてるの...😧💦
て感想しかない。

なんか全部適当すぎ、これでいいだろ?感がすごくてキモい。
処理出来ないなら、色々な社会問題に触れる意味ないでしょ。
蒼空

蒼空の感想・評価

1.5

このレビューはネタバレを含みます

脚本 衝撃的

反抗期
不法労働
LGBT
デジタルタトゥー
いじめ

などなど、全部入れて
大人はわかってくれない
を基軸に進む。

なぜ、特別仲良しでもないメンバーと突然ガッチリ過ごすのだ?

お嬢様は毎日ワンピースをお着替えされる。
幼なじみのご近所との事だと思ったが、敬語で話すマモルくん。
誕生日のプレゼントを購入していたのが少しキモイんだけどなんか民芸品みたいなキーホルダー。

入国管理局を暴力で撃退する時点で警察沙汰では???

ヒロイン17歳ぐらいのお父さん 
一体いくつよ?
70歳ぐらいの老けた声と言葉使いで
何回目かの結婚だろうか。親の都合で引っ越すのは仕方ないと思うが、ヒロインはそれが嫌なら、高校卒業までここにいますと言えばいいじゃないの。金持ちなんだから大丈夫だろ。とりあえず親は引越したらよし。

とにかく危険この上ないんだよ。
廃坑で。

「助けろよ大人だろ?」
いや、高校生だし。
モールス信号解読とか。

芳根京子と北村匠海は良かったと思うが、脚本を解釈するのは難しかったのでは?

マモルが告白するのが最大の見せ場だと思うが、思いもよらぬ事情で玉砕。
コムローイ(タイのランタン祭りのミニ気球)を急に作りだしたのはいいが、大量製造の上に人が乗れる気球まで。

子供たちもひどいし、大人の言動もひどい。親のカツラを笑うってひどい。

細野守と新海誠風にしたかったのだと思うが、演出もひどい。懇切丁寧な説明セリフも。
ふな

ふなの感想・評価

1.0
自分の好みではなかった。わざわざ『ぼくらの七日間戦争』を原作とする必要があったのかわからない。タイトルと解放区などの単語だけ拝借した別のものに感じた。

原作は1985年の作品なのでそれを現代版にリメイクするならば当然大きなアレンジは必要だと思うが、原作という存在が形骸化しているなら無意味な気がする。

そういうのを抜きにしても話が面白くなかった。大人との戦争に爽快感も緊張感もない。あっさり侵入を許すし間抜けなミスを連発する。

動機のないクラスメイトも参加しているしいうほど「大人と戦うぜ!」感がない。というより、「本当の自分を晒す」ことが主軸に置かれていた。そのテーマ自体は別に悪くないけど、七日間戦争という土台と融合できずに浮ついていたので、最初に書いたような感想を持ったのだと思う。

あととある演出がオマージュではなくパクリに感じてしまうセンスの無さだった。
>|

あなたにおすすめの記事