ウォルター少年と、夏の休日の作品情報・感想・評価

「ウォルター少年と、夏の休日」に投稿された感想・評価

risa

risaの感想・評価

3.8
もっとシリアスかと思ったら、ファンタジーでおとぎ話のような良い映画だった
ひょんなことから同居することになった少年と老人二人。
ハートフルな話でした。
少年ながらいろいろなことを感じながら生きていきます。

ただ話がすごく速く進むのでもうちょっと長い映画でも良いんじゃないかなあって思いました。
原作の小説とかもしかしたらあるのかな?って思ってしまうような流れでした。
最後よかったなあ!急だったけど。
ハブ叔父さんもガース叔父さんもどっちも素敵。
全然違う性格なのにその2人が兄弟なのがまたいい❤
私もあんな老後を過ごしたいなと思いました👴(笑)
2003年公開のファンタジーの要素を取り込んだアメリカ映画。
1960年代初頭のアメリカ・テキサスの片田舎が舞台。

原題は「SECONDHAND LIONS(中古のライオン)」
つまり、もう用はなくなった、老いぼれた男たちという意味で、
銃を撃ったり畑を耕しながら余生を楽しむ2人の叔父と、
動物園をお払い箱になったライオンとをかけている。

母親に見捨てられどこにも行き場所がない
ひ弱な少年ウォルター(ハーレイ・ジョエル・オスメント)が
彼らと出会い一緒に生活する中で、愛とは何か、
生きるにおいて大切なこと、信じるべきことは何かを学んでいく物語。

あの陳腐な回想シーンはまだ幼いウォルターの
頭の中の精一杯の想像力で描かれたシーンだから、
あんな安っぽい感じにしているんだな。

母親に見捨てられ、それでも母親がいるモンタナに
真夜中に会いに行こうと試みるウォルターを、
彼のプライドを傷つけずに引き止める彼らの優しさ。

叔父たちがセールスマンを追い払うために立てた
「引き返すなら今のうちだ!」と書かれた看板が、
ウォルターが母親に連れられて彼らの元を去る際には、
「引き返すなら今のうちだ!」の文面の意味が
180度変わってしまうという演出が好き。
2人のかっけー兄弟じいちゃんのお話。
心温まる映画。ハッピーエンドはやっぱりいい。
RikakoAoki

RikakoAokiの感想・評価

3.5
なっちゃんが永遠お勧めしてる映画をやっと見れた。
すっごいハートウォーミングな映画。なんというか、映画らしい映画。お手本みたいに真っ直ぐな映画。
AIの子役おっきくなったなー。
長いカットが多かった。時間がゆっくり流れる作品は心拍数ゆっくりで観られる感じがいい。
フライド グリーン トマトが浮かびました。こちらはおばあさんから昔話を話してもらうのですが、もっと壮絶な話だったりします。
ウォルター少年と夏の休日のおじいさんの昔話はメルヘンでワクワクしました。楽しく優しい気持ちで楽しめました。
すず

すずの感想・評価

5.0
アウトローじいちゃん達と過ごした、ひと夏の思い出( ¨̮ )

会った事のない伯父に突然預けられる事になったウォルター少年。
どうやら伯父は莫大な金を隠し持っているらしい。
母親はウォルターを利用して遺産相続を狙っていた。
半ば無理矢理置き去りにされたウォルター。
これが彼の休日の始まり!

温かい♡本当に温かいお話(*´ `*)
身勝手な母に散々嘘を吐かれ、誰も信用出来ないウォルター。
そんな彼が出会ったのは、猟銃片手に訪問者を脅かす、アウトローじいちゃん達!
この兄弟が最高にぶっ飛んでる!笑
兄弟の過去を話してくれる弟のガース。
彼の話を聞くうちに、ウォルターは2人の事が大好きになる!
兄弟が突然買ってきた年老いたライオンとも親友になったウォルター!
ライオンかわいいな〜♡
あんな風に仲良くなれたら幸せだな(*˙꒳˙*)

誰も信じられなかったウォルターだけど、2人の事だけは信じてる!
兄弟が彼に話す事一つ一つが温かくて素敵な言葉!
もうめっちゃくちゃ感動したよ〜(´;ω;`)

最期まで男らしく生き抜いた2人は、男の中の男!
心温まる良作!
こういう映画大好き!おじいちゃん×少年で外れたことない!現実ばなれした内容もあるけどこの作品はそこがまた良かったなー


おじいちゃん2人とも破天荒過ぎて面白い!
なんでもライフル打ちすぎ笑笑

ガース伯父さんが語ってくれた話は嘘のような話だったけど信じたウォルターはしあわせな選択をしたなー
湖の前でハヴ伯父さんと抱き合うシーンがいちばん好き!


マイケルケインとロバートデュバルの演技がとにかく最高でした!ステキな夏の物語だった!
>|