架空OL日記の作品情報・感想・評価

上映館(50館)

「架空OL日記」に投稿された感想・評価

へいじ

へいじの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

癒やされた。
みんな個性がバラバラなのに、言いたいことはきちんと言って、受け入れ合ってて仲良しで微笑ましい。ちょっと足りない感じのさえちゃんとか、お局様ポジションの酒木さんとか、悪く描こうとすれば描けるような設定のキャラですら可愛く見えるのはそもそもの脚本の視点に人間愛があるからですか。みんな可愛かった。個人的には強盗に捕まってヘラヘラしてたまきちゃんが最高。あとノリよく踊りだす小峰様。こんな素敵な日常。ふと出る相槌やフォローのフレーズが優しくてクスッと笑えて愛。映像が青みがかってて綺麗だなと思いながら見てたけど、架空の部分と現実で分けてたんだなと最後になってわかるのね。バカリズムの馴染み具合が凄かったけど、ドレスはごめん、やっぱり笑った。
み

みの感想・評価

4.2
姉とふたりで住んでいたころ毎週ドラマをたのしみにしていたので、一緒に観に行った

満足
ヴレア

ヴレアの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

ドラマ版の最後が衝撃的だったので、どうやって話を続けるのかな?と思ったけど、ちゃんとまた同じ登場人物達が出てきていつもの日常が描かれていたのでほっとした。良かった。
でもラストはやっぱりああなるのね。
最初はとにかく寂しいというか、現実に引き戻されてしまうようで嫌だったけど、よく考えてみると
これまでの日常に別れを告げるあのシーンがあってこそ、この作品の持つシュールさをより際立たせる事になるのでやっぱり必要なのだなと思った。

なんか何言ってるかわからなくなってきたけど、とにかくドラマ版と同じような事を繰り返しているのに全然飽きないばかりかいつまでも見ていられるし常に笑っていられる凄い作品だなぁという事は確か。

「うちらに必要なのは真実じゃない。矛先だ!!」
っていうシーンめっちゃ好き。
いつも嫌な上司の悪口で盛り上がる更衣室の風景とか凄いリアルだなぁと感じた。

またバカリズムが妄想すればいつでもあの世界は戻って来るんじゃないだろうか。その時は絶対また観るだろうな。
M

Mの感想・評価

4.7
ドラマのテンションのまま映画になってるのに劣らない良さ。その辺にいるOLだもん。ジムのシーンが一番わかりやすい。素人とベテランの違い、日常を演じることの難しさ。なのにみんなその辺にいるんだもん。流石としか言えない。面白かった!
タイムラインのレビューを見て気になっていた架空OL日記をやっと!

どるはOLじゃなかった、、、。
共感!わかるー!(笑)って感じより逆に、ふおお、女の人の考えは大体こんな感じなのか、ふむふむ…。ってなってしまった( ・∇・)
けれど、女の人の共感ポイントはたくさんあったんだろうなあと思ったしクスッと笑えて面白かった!!
女の世界ってむずかしいなあ!
バカリズムの馴染み度すごし。
バカリズムさんらしい、斜め上から社会を風刺するスタンスを、OLというある種一般化された存在から男や女や上司や組織を愚痴ってく作品によって語っていく感じが本当にたまらなかった。本当にこんな話ありそうとか、ここまで毒を言うのかーとか、ちょっとシュールだがクスッと笑えて面白い。

最後はなんだろう、やっぱりあの世界には男はいらない、存在してはいけないというメタファーの表れか。彼女たちにとってのボラボラ島はああいう集団、話、愚痴なのかもしれない。そう解釈した僕は、少し悲しくなってしまった。
ao

aoの感想・評価

4.3
こんな時だからこそ笑える映画が見たくて。バカリズムの笑った顔が大好きなんだよな〜〜
ところどころの会話がリアルすぎて、いつも自分が感じてる嫌な感じを思い出してうっ、、、となったし、面白いところは面白いしサイコー!
nene

neneの感想・評価

3.8
終始ニヤニヤしてた(笑)

女子(OL)のあるあるをよく掴んでるな〜って思った

最後ちょっと震えたけど....
きょ

きょの感想・評価

3.5
本当に和む作品。
バカリズムがかわいい
ゆる〜くみたい人にオススメ
>|