下忍 赤い影の作品情報・感想・評価

「下忍 赤い影」に投稿された感想・評価

シネマート新宿 劇場②にて鑑賞(鑑賞日は2019年10月9日)

なんとなく、タイトルに惹かれて観に行きました。主人公役の人って初めて拝見したのですが、あの佐藤浩市氏のご子息だったんですね。ということは、三國連太郎氏のお孫さんということか。うん、わかんなかった(笑)。
アクションはそつなくこなしていたけど、セリフ回しとか表情とかがまだまだだと、(私は素人ですが)思いました。
映画自体もまー酷いという出来映えで。時系列をいじるのは相当な才能で処理することが求められるのに、何故この映画でやるかな。意味がないのに。

このレビューはネタバレを含みます

突っ込みどころ満載なのは否定しません。
下忍少なすぎるし、忍者の末裔なのに諜報出来てないし、勝海舟は名乗らないし、姫は家出した女子高生みたいだし。
主題歌もいらないレベルで合ってないし。

でも!それでも!この映画には一見の価値があります!!
竜の踊るような戦い方にはワクワクさせられるし、
普段はクールな尚が、戦いになるとアドレナリンが高まって好戦的な顔になるとこも最高です。

こじんまりした作品で、上映館も2館しかない中、たぶん劇場で見る人、見られる人はシネコンなどでかかる映画に比べたら相当少ないと思います。

そんな事も相まって、寛一郎と結木滉星が今この映画をやったことの価値が、後々語り継がれそうな映画でした。
カメラワークとかうーん。
忍者なのに存在感ありすぎ。
じーさんの歌もハーて感じ、残念。
長回しアクションは良かった。しかしカット割った方がテンポ悪いのってどーよ。
あと音声が籠り気味でセリフが聞き辛かった。
アクションシーン良かったよ。

個人的な好みを言うと
主人公達も傷を負ったり
もっとボロボロになりながら
戦うシーンが欲しかったかなと。
それとも11月に公開の続編(?)の方で
そういうのやるのかな?

途中、
「このシーンもっと短くてもイイんじゃない?」
ってシーンも正直あったけど、
アクションシーンが良かったので
概ね満足かな。

2019年9月に映画館で鑑賞