カメレオンの作品情報・感想・評価

「カメレオン」に投稿された感想・評価

Canape

Canapeの感想・評価

3.2
藤原竜也だから見てみた。詐欺仲間と見てしまった拉致現場から巨大組織の渦に巻き込まれていくお話。陰あり、軽いオラオラ、じいばあに優しい、マッチで煙草ふかして、ほっとけない感じ。シュワちゃんとは違う細身の黒ずくめの魅力。お前って言われるの好きじゃないけど、この感じはあり。大ありです。100%善良じゃない孤独なゴーロの優しさと、はじき出された2人の愛が痛いよ。防犯カメラの中でも消せない存在感。極め付けの顔面アップの怒りの覚醒からのしばし舞台の藤原竜也感に感無量。藤原竜也だったから完走できました。もっと良くなりそうなのに作品の見せ方もったいなくて残念。
でもトータル満足。にしても老けない男、藤原竜也。
懐かしいワッフルヘアも新鮮でした。
抱擁~「私はゴーロ、ゴーロは私」
証明/シギ
jyave

jyaveの感想・評価

2.9
劇場公開日:2008/7/5
キャッチコピー:
すべては、色のない世界。
07

07の感想・評価

3.5
殺るか殺られるか、みたいな。

後半、手に汗握ってました。

痛々しい愛。

ただただ藤原竜也がかっこいい。
藤原竜也の顔面アップのシーンは
直視できないほど生々しかったです。

私は好きかな〜〜!!!

このレビューはネタバレを含みます

藤原竜也のアクションカッコいい
ラスト近くの撃たれて落ちた後の藤原竜也の芝居が凄い、カッコいい。
藤原竜也大好物の私、お気に入りです。これ!と言ってずば抜けた展開や映像でわないのだが、音楽、映像、総合的にクールな仕上がり感が逆にリアリティさを感じさせた。さすが阪本順治監督。でもって、私生活も含め、何を考えているのかわからない人物像を演じさせたら最強の藤原君、これまた素敵です。まさにカメレオン。基本採点は甘め甘め。
ICHIJIKU

ICHIJIKUの感想・評価

2.0
色々と纏まらないストーリーで終始退屈な展開が続く。復讐者となった藤原竜也のアクションと演技だけはマシに観れる……かも
中盤あたりのダサいアクションから「え?」という感じが最後までダサいまま続く。義手もよく分からなかった
KAORInn

KAORInnの感想・評価

1.0
残念だった。大好きな水川さん、藤原くん、他ACTORS、ACTRESS様大好きな方々なのに。どうしてこうなった?
勿論、脚本だろうけど…。大好きな役者様達だけに残念な仕上がり。
階段落ち?のシーンさえ、「ジャッキーの爪先にも齧らない…」なんて下手な雑念に浸り。要は見せ方も如何なものか?と。
しかし、俳優陣で星を付けたいです!…けど、出来ればこの俳優陣でリベンジ願いたい。
追記。今、オープニング見るとある場面で笑える気がする。(塩谷さんと…)(この辺に気付いたあたり私は本当に嫌な女だ)
とりん

とりんの感想・評価

2.0
詐欺師としてお金を稼いでいたある日、たまたま見かけてしまった政治家と裏金で繋がっている者の処分現場。
そこから裏の始末屋に追われることになる。

かなり前から気にかけてた作品でようやく鑑賞。
正直オープニングからやばい匂いがするなと思っていたら、案の定だった。
藤原竜也をはじめ、水川あさみ、豊原功補、平泉成、柄本祐など中堅、ベテランなど集めてこんな映画になるのか。
メインどころ以外の演技が下手すぎるのもかなり気になる。
任侠映画のような雰囲気を醸し出しつつ、すごく雑に描かれているようにも思える。
ストーリーもかなり荒く、観終わった後に特に何も残らないし、逆に疑問やツッコミどころばかり残る。
藤原竜也はわかるが、あんなに打ち込まれて水川あさみが生きてる理由がわからない
変な復讐劇みたいになるのもすごく雑な流れ。
相変わらずの藤原竜也の最強ぷりが出ている感じがすごい。
アクションシーンとしては少し見応えがあるけれど、ド派手な感じでもないため、物足りなさなどは否めない。
全体的に変にクラシカルにしてるのも気になった。
藤原竜也が見たくて見たけどびっくりするくらいつまらない。なんでこの人そんなことしてるんだとか思ってしまった。
>|